2016年 11月 30日

昇仙峡

                          昇仙峡「覚円峰(左)と めまい岩・天狗岩(右)」
d0124388_1642494.jpg

                                              水しぶきが虹色に輝く仙蛾滝
d0124388_14571819.jpg2日目、昨日より多少暖かく感じますが、
甲府市内は霧に覆われて陽射が無く寒いです。
8時前ホテルを出て大菩薩峠に向いました。

途中、弁当を調達する前に大菩薩峠の山小屋「介山荘」に
連絡し、登山口までの道路の状況を尋ねました。
国道から上日川登山口までの林道積雪25cm。
現在除雪作業中だがスノータイヤでないと無理とのこと。

私の車は4WDなのでスノータイヤでなくても何とかなると
思いましたが、林道よりも山はもっと雪が深い
可能性があり、初めての山を雪の中歩くのは
危険と判断し大菩薩嶺登山を諦めました。

葉山を出る前日、54年振りの早い積雪があったが、
天気予報ではその後2日間晴天が続くので
何とか登山は可能と判断して出てきたが甘かった。

林道は冬期閉鎖と聞いていたがので問い合わせると
通常12月中旬だとの回答だったので、雪も直ぐ解けると
判断したが、考えてみると登山口でも標高1700m。
九州の山と同じに考えたのは非常識でした。

大菩薩峠を諦め急遽「昇仙峡」観光に変更しました。

                                         
d0124388_221118.jpg昇仙峡、地名だけは知っていたが初めてです。
大菩薩への途中で引き返したので9時前に
昇仙峡観光の入口・長潭橋に着きました。

昇仙峡観光する予定でなかったので、
どのように行動すればよいか見当つきません。

うろうろしていると親切な地元の方が、
渓谷沿いの道をドライブして上流の無料駐車場
に車を止めて観光するのがよいと教えてくた。

その渓谷沿いの道は「後5分、9時で通高止め
になる、早く急ぎなさい」と言われ、
何とか間に合ってゆったりと渓谷を眺めながら
グリーンライン駐車場へ向いました。
9時以降は渓谷沿いではなくバイパスを通おる。

d0124388_239565.jpg

d0124388_10212638.jpg駐車場からは乗合いタクシーでロープウエイへ。

朝早かったので待つことも無く、ゴンドラも空いて
周りの景色をゆったり楽しめましたが、
下山の頃のゴンドラはすし詰め状態でした。

ロープウエイから見る周りの樹木は樹氷状態で、
展望台の売店の方も50年以上商売しているが 
11月に雪が降ったのは初めてと戸惑っていた。








d0124388_1183887.jpgロープウエイから見下ろす
昇仙峡上流の荒川ダム(能泉湖)は多目的の
ロックフィルダムでサクラの名所だそうです。

展望台から見下ろす甲府の街は厚い霧に覆われ
雲海の中に沈み何も見えませんでした。

その雲海のおくには御坂山地が横たわり、
富士山は山地や雲海を睥睨するように聳え
朝日に輝いていました。




甲府の街を覆い隠す雲海と富士山 ↓

d0124388_11433691.jpg

d0124388_23183662.jpg昇仙峡は奇岩怪石と紅葉の景勝地として
古くから全国的に有名で名前の由来は、
「渓谷の美しさが千岳に昇る想い」から
名付けられたそうです。

駐車場や休憩所の周辺には店舗が
立ち並んでいますが、その殆どは水晶・宝石店と
名物の「ほうとう」を出す飲食店です。

両方扱う店もあり宝石屋さんか食堂かどちらが
本業か分らないような店もありました。

私たちの昼食も「ほうとう」↓ にしましたが、
初めてだったのでその美味しさが良く分らなかった。


d0124388_11583314.jpg巨大な花崗岩に囲まれた「石 門」 ↑
 先端が僅かに離れている。

昇仙峡の見所は長潭橋から荒川ダムまで
約5kmもあります。
観光の仕方も幾つもあるので事前の予備知識が
必要ですが今回はぶっつけ本番。

予備知識無しに訪ねたので見落としたところも
たくさんあるようでした。
機会があれば紅葉のピーク時に改めて訪ねたい。









[PR]

# by dojyou38 | 2016-11-30 16:49 | 旅行 | Comments(9)
2016年 11月 28日

信玄の国・甲州へ(2)

d0124388_15463247.jpg

d0124388_15563257.jpg  JR塩山駅前の信玄像 ↑ 

大菩薩峠をトレッキングするために甲府に宿を取り、
初めて甲府に入る以上やはり信玄公に挨拶
すべきと、信玄所縁の地を何箇所か訪ねました。

甲府周辺には土産物など信玄の名前が溢れて、
信玄の国だな~を実感しました。

でも大河ドラマ・風林火山の放映していた頃の
華やかさ・活気はありませんでした。
 (その頃のことは知りませんが・・・)

甲府駅南口の信玄像 →



d0124388_9405146.jpg甲府駅で信玄の出迎えを受けた後、
信玄公を祀る武田神社に参詣。

神社は大正8(1919)年創建され、国定史跡に
なっている信玄の居城「躑躅ヶ崎館跡」に
鎮座していて、参道は大手門 のようでした。
 (実際の大手門跡は別のところです)

七五三参りの家族連れでそれなりに賑わっていま
したが観光客が押し寄せる状況では有りません。

風林火山放映の頃はさぞかし賑わっていたと、
周りの状況から忍ばれました。




d0124388_1214930.jpg1枚目の写真はJR塩山駅前の信玄像ですが、
塩山駅の傍に『甘草屋敷』として有名な
重文の旧高野家住宅があり見学しました。→

そこに何故か「盾無鎧」(レプリカ)が飾られていた。

盾無鎧は武田氏の神器のようなもので源義家が
天皇より賜り、代々受け継がれ源氏から分かれた
甲斐源氏・武田氏に伝えられたもの。

盾が無くても矢も鑓も通さない頑丈な鎧
と言う事で、「盾無鎧」と言われている。
ドラマでも何度か戦いの場で「御旗・盾無」が
唱えられたシーンがあったと記憶している。



d0124388_114134.jpg武田神社の宝物館でも「盾無鎧」がありませんでした。

聞くと市内にある別の神社「菅田天神社」にあるというので
出掛けましたが、菅田神社の境内に新羅宮と言う堅固な
小社が有り、そこに納められていているようでした。

そして説明は殆どなく「盾無鎧」は見世物ではないぞと
言われているようでした。
新羅宮は盾無鎧を武田氏にもたらした
祖先源(新羅三郎)義光を祀っているのでしょう。


その外、信玄火葬塚(最初のお墓)などを廻りましたが、
甲府周辺には信玄袋・信玄餅の他プリン・ラーメン・
温泉・飲食店などなど信玄が溢れていました。

それだけ信玄様が400余年を経てもなお甲府・山梨の人たちに
愛され尊敬されていることは信玄が天下に覇を唱えるだけ
でなく、領民の安寧に腐心したことを証明しているようでした。


昼食は甲府名物・鳥もつ煮とソバ、
夜は温泉と甲州ワインなどで1日が終わりました。

ホテルの窓からは夕日に輝く富士。
明日の大菩薩峠トレッキングは好天が約束されいます。
d0124388_153439.jpg

[PR]

# by dojyou38 | 2016-11-28 13:37 | 旅行 | Comments(16)
2016年 11月 26日

信玄の国・甲州へ(1)

                        江ノ島付近から朝日に輝く富士山
d0124388_22241534.jpg

d0124388_1005340.jpg先月から中里介山の『大菩薩峠』を読んでいます。
「大菩薩峠」は文庫本20冊の未完の超長編小説。

昭和56年刊なので字が小さい上に
1冊400pもあり、まだ3冊目ですが
その舞台・大菩薩峠 を歩いてみたくなりました。

大菩薩峠が小説「大菩薩峠」の舞台と言っても、
小説に出てくるのは、私が読んだ範囲では1冊目の
話がスタートする場面で、後は殆ど出てきません。


圏央道の真向かいに現れた富士山 →




d0124388_19571288.jpg大菩薩峠に向うためにホテルなど予約していたが、
前日季節はずれの大雪。
雪は1日で止み、翌日からは好天の予報。

雪は1日で消えるだろうと予測して連合いと2人で
マイカーで出掛けたが、 通行止めではないが
道路沿いはブリリアントな初雪風景。

富士山もバッチリの雪化粧で私たちの
大菩薩峠行きを歓迎しているようでした。
談合坂SAでは外国人など大勢の観光客が
スノウパウダーに大はしゃぎしていましたが、
私は2000mの大菩薩は?ちょっと心配になる。

← SAでスノウパウダーに戯れる観光客


d0124388_20595235.jpg
このような景色・紅葉と雪のコラボレーションを楽しみながら甲府に向いました。
甲府に1泊して翌日大菩薩峠を歩く予定、それまでには雪も解けるだろう。
山梨県へは富士山登山や信州に向う途中、何度も訪れていますが、甲府など中心部は初めてです。

山梨・甲府を訪れるには先ず信玄公に挨拶が必要だろうと、今日は信玄所縁の地を廻ることにしました。
 
                           つづく

[PR]

# by dojyou38 | 2016-11-26 22:24 | 旅行 | Comments(8)
2016年 11月 24日

記録的な初雪

d0124388_1413382.jpg

d0124388_14155440.jpg初雪が降りました。

この時期雪が降るのは54年振りだとか。
私が此処に転居して約1年ですが、
湘南は温暖なところ昨年は1度も雪を見なかった。

今年は秋の到来が遅く、裏の藪の木々が
やっと色付いてきたばかりだと言うのに、
いきなり雪が降ってきました。

関東の各地ではこの時期に積雪するのは
観測し始めて以来の記録だとかと騒いでいます。
9時前から振り出して昼過ぎには殆ど止みました。

d0124388_148174.jpg

[PR]

# by dojyou38 | 2016-11-24 13:36 | 街並みウォッチング | Comments(8)
2016年 11月 22日

身近に晩秋を探す

d0124388_17285182.jpg

d0124388_173497.jpg朝夕めっきり冷え込んで
錦秋の秋を迎えましたが、
雑用に追われ紅葉狩りにも行けません。


そこで今日は自宅周辺に秋を探して
みましたが、秋は結構近くにあるものです。


上は町内のマンションで紅葉しているハゼ


自宅に近接している藪のヤブツバキ




d0124388_185781.jpg
d0124388_1833521.jpg














      ムラサキシキブ↑ とムラサキシキブ↓ の実

d0124388_18133330.jpg
[PR]

# by dojyou38 | 2016-11-22 13:21 | 植物観察 | Comments(1)