2009年 10月 20日

20年目の上高地ー3(明神~ウエストン碑)

3日目 明神から河童橋へ梓川左岸を歩いて帰途に着きました。
名古屋空港までの途中、高山・白川郷に寄り道しましたが、
今日のブログでは2日目に歩いたコースの内、梓川右岸の様子をUPします。

宿泊した明神館で穂高連峰山頂へのご来光を写真に収め朝食の後、
明神橋を渡り穂高神社奥宮に参り、明神池~河童橋~ウエストン碑へと
カミコウチヤナギ・白樺・イチイノキ・カラマツなどの巨木の林を歩きましたが、
梓川と林の中の沢の清流の美しさ穂高連峰の雄大さに満足しました。
総てが素晴らしい、とても私のカメラに切り取ることは出来なかった。


ご来光を受ける明神岳
d0124388_10545833.jpg
ご来光に輝く明神山頂
d0124388_1055534.jpg明神地区で最初にご来光を受けるのは明神山頂です。
それが徐々に明神岳全体に、そして穂高連峰全体へと広がっていきます。

山頂へのご来光は5時50分、
その様子は大変神々しく、
何時までも見とれていました。




d0124388_11345293.jpg 明神岳を映す明神池

明神池は穂高神社奥宮の神域で、10月8日には池に船を浮かべ「御船神事」が行われます。
穂高神社の祭神は九州に由来する海の神・綿津見神、
それで御船神事を行うそうです。


梓川河畔の落葉樹林
d0124388_115726100.jpg

d0124388_13102861.jpg林の中にはたくさん梓川に
注ぐ沢があり、大きな岩魚が泳いでいました。










河童橋から穂高連峰を望む
d0124388_13155346.jpg

d0124388_13331074.jpg天狗岩上空のヘリコプター

当日2機のヘリが盛んに
ジャンダルムに向けて
飛び交っていましたが、
先般遭難救助中に
墜落したヘリの残骸の撤去をしているとのことでした。





河童橋から焼岳を望む
d0124388_1325361.jpg

d0124388_13491738.jpg梓川右岸のホテル群

20年前は梓川の右岸には殆んど建物は無かったと思う。

現在では写真のように近代的なホテルが林立していましたが、流石に景観に配慮して周辺の樹木より高くならないよう、2~3階建の低層ばかりでした。


d0124388_13504029.jpgウエストン碑

ウエストンは英国の宣教師でしたが、明治20年代に
上条嘉門次の案内で上高地周辺の山々に登り、その魅力を日本のみならず世界に紹介したことが
現在の上高地の賑わいの基となった。



久しぶりのツアー参加での国内旅行だった。
今回、上高地では河童橋から上流へ涸沢登山口辺りまで歩いてみようと思っていた。
交通事情などで、前回泊まった大正池周辺を1日目に歩けなかったので、上流へは取りやめた。

そのため、上高地の中心部を行ったり来たりしましたが、
さすが全国ブランドの景勝地、見るところがたくさんありました。
周辺の峰々の景色のみならず、河畔の樹木や沢の流れにもその美しさに嘆息するのみでした。

近くであれば何度も訪ねたいところだ。

[PR]

by dojyou38 | 2009-10-20 07:08 | アウトドアー | Comments(4)
Commented by taminamikawa1 at 2009-10-23 21:26 x
上高地ツアー(3/明神~ウエストン碑)は数多いツアーのなかでも、
独断と偏見で言わせていただくと、間違いなくベスト1にランクされます。
その景観は絶景の連続であり、誰もが一度は行きたいエリアです。
勿論、私もそのなかのひとりです。
Commented by udon at 2009-10-24 10:19 x
20年以上前に行きました、梓川の川沿いに歩きお弁当を食べ、最後は
かっぱ橋から、井上靖の氷壁の舞台、乗鞍岳の全容を見て、感激しました。ホテルではホットコーヒーだけ飲みました。
Commented by dojyou38 at 2009-10-24 22:03
taminamikawa1さん
確かに、上高地は山岳リゾートの1級品ですね。
私も、もう少し近ければ何度も訪ねたいところです。
九州からはいささか遠いのが難点です。
Commented by dojyou38 at 2009-10-25 10:23
udonさん
20年以上も前に行ったことが有るのですか。
映画・氷壁の舞台と言えば徳沢園ですね。
私が今回 泊まった明神から梓川を更に1時間も上流へ歩いた処ですね。

徳沢は北穂高・槍ヶ岳の登山口で、
私も是非行きたかったのですが予定が変わり行けなかった。
残念です。


<< ご来光を求め紅葉の大船山へ-1      20年目の上高地(2)ー大正池... >>