行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 24日

糸島のハマボウ

日本最大級といわれるハマボウの群生地を天草で見てきましたら、
近くの糸島・雷山川(泉川)河口に九州最大の群生地があるというので見に行きました。

天草の群生地は堤防・散策路から少し離れていますが、
雷山川河口では堤防敷に群生しているので観察しやすいです。


可也山をバックに咲くハマボウ
d0124388_11471239.jpg
ハマボウは1日花ですがたくさん花を付け、遠くからはみかんが生っているように見えます。
8月下旬までが花のシーズンのようですが、観賞するのは午前中早い方が綺麗です。


d0124388_11494095.jpgハマボウの群落地として
泉川河口で発見された昭和42年頃は
九州最大といわれていたが、
その後 鹿児島や天草でも
より大規模な自生地が発見されている。

ただ、泉川河口は堤防敷きに
 自生しており観察が容易です。

発見された当時は約730本が自生と
記されていますが、現在ではもっと
増えてるのではないでしょうか。

天草にも負けない広がりがありました。


ハマボウはハイビスカスやフヨウ(芙蓉)の仲間で、アオイ科の植物だそうです。

アオイといえば黄門様の紋所「三つ葉葵」を連想するが、
三つ葉葵の紋はフタツバアオイ(ウマノスズクサ科)を図案化したもので、
アオイ科のハマボウとは全く関係ないそうです。

[PR]

by dojyou38 | 2010-07-24 11:49 | 街並みウォッチング | Comments(7)
Commented by matutaka31 at 2010-07-25 10:07
ハマボウは、やはり朝見るに限りますね。
午後見ると、咲き終わった花がぐったりしているのが目立って、せっかくの花のイメージが壊れてしまいますね。
Commented by tetsu807-2 at 2010-07-25 11:59
ハマボウは毎年見に行っているのですが、今年は行きそびれて
います。皆さんの写真を見せていただいていると、見に行った
ような錯覚になっていたのかも・・・です。
Commented by taminamikawa1 at 2010-07-25 17:43
可也山をバックに咲くハマボウの写真はベストショットですね。
泉川河口のハマボウは一昨年、見ましたし、昨年は
津屋崎(浄化センター前)/黒石川沿い(千間橋)のハマボウを見ました。
この他にも古賀市あたりでも咲いているそうです。
鹿児島のそれは見たことはありませんが、機会があれば、観賞したいですね。
Commented by dojyou38 at 2010-07-26 09:41
matutaka31 さん、 tetsu7-2 さん

泉川河口にハマボウが自生していることは何年に知りましたが、
自覚してハマボウを観賞したのは今月で天草が初めてでした。

観賞するには、お説のようにアサガオと同じで朝でないと全く意味が無いですね。
Commented by dojyou38 at 2010-07-26 09:56
taminamikawa1 さん

私はハマボウを観たのは、ここ泉川と天草だけですが、
泉川は観賞するには絶好の立地条件ですね。

福岡には泉川の他にも津屋崎や古賀にもあるのですか。
私は福岡では泉川だけかと思っていました。
Commented by 愛宕の清太郎 at 2010-07-26 11:47 x
糸島市泉川のハマボウの写真、可也山をバックに良く撮れてますね。
Commented by dojyou38 at 2010-07-27 09:08
愛宕の清太郎 さんの情報で、泉川河口に行って来ました。
泉川はハマボウ観賞の好適地ですね。
こんなに近くに居るのに、泉川に言ったのは今回が初めてでした。


<< カラフルなハウス      天神のアボカド >>