2010年 11月 18日

紅葉の英彦山

英彦山(1200m)九州修験道の総本山だが私には登山の対象、
今まで3回ほど登っているが修験の山だけに北岳~中岳~南岳~鬼杉を回ると相当ハードな山です。
今回は 歩こう会の仲間と登山でなく紅葉狩りに出かけた。
今日のは英彦山大権現の庭園見学と銅鳥居から奉幣殿までのウォーキング。

英彦山(ひこさん)の名は享保14年(1729年)、
霊元法皇より、天下に抜きん出た霊山であるとして「英」の字が授けられ、「英彦山」と称するようになったそうです。



英彦山大権現参道
d0124388_14473659.jpg
英彦山は天台宗系の修験道道場の要で有ったが、明治の廃仏毀釈の嵐の中で神社に衣替えして生き延びた。
それが英彦山神宮です。
昭和54年、廃棄された仏教的な祭りの場所として英彦山大権現が再建され庭園が整備された。
紅葉が見事ですが春にはシャクナゲの名所にもなります。

英彦山大権現鐘楼
d0124388_14493512.jpg


英彦山神宮銅鳥居
d0124388_14513526.jpg
この鳥居は「カネノトリイ」と呼ばれ、1637年佐賀藩主鍋島氏の寄進によるもので、国指定の重要文化財です。

英彦山神宮参道
d0124388_14531765.jpg
参道は銅鳥居の下から続くが、鳥居から奉幣殿まででも約1km、勾配が相当有るので一汗かく。
参道沿いには修験道全盛期の宿坊跡や、雪舟が築庭した旧亀石坊庭園が並んでいる。

今年は厳しい残暑が異常に長く、その後 秋らしい日和も無く一挙に晩秋の季節に突っ込んだ。
こう言う気候変動はどんな紅葉を見せてくれるのかと思っていましたが、
例年以上に見事な風景を各地に作ってくれたようです。

このシーズンも何箇所も紅葉見物をしたが、私には今日がgood timing 英彦山が最高!!!

[PR]

by dojyou38 | 2010-11-18 12:07 | アウトドアー | Comments(6)
Commented by matutaka31 at 2010-11-18 22:33
英彦山の紅葉、もうかれこれ50年くらい前に見たきりだから、一度見てみたいと思い、今年こそはと思いながらも毎年計画倒れ。
九州屈指の紅葉の名所と言われるだけあって、見事なものですね。
居ながらにして、素晴らしい紅葉を見せていただき、有難うございました。
いずれも、見応えのある素敵な写真ばかりです。
Commented by hibochan at 2010-11-19 08:05 x
紅葉前線も九州まで
素晴らしい紅葉ご紹介に感謝
雪舟の庭園があるとか
以前国立博物館で雪舟展を拝見 国宝級の絵画たのしみました。
その博物館の裏庭に小堀遠州の庭園が公開されてるようなので
紅葉見物 東大寺展を兼ね見てこようと計画中
Commented by dojyou38 at 2010-11-19 08:47
matutaka31 さん

英彦山の紅葉は見ごたえがありました。 運良くベストのタイミングでした。
英彦山参道と大権現の庭園を見ましたが、
さすがに参道は歴史があり、風格を感じました。

大権現は計算された美しさがありましたが、何といっても未だ若い。
参道の域に達するには何十年も掛るのではと思いました。
Commented by dojyou38 at 2010-11-19 08:59
hibochan さん

雪舟の庭園がありましたが、良い写真がなかったのでUPしませんでした。
九州にはたくさん雪舟が造った庭園があるようですが、
現在 観賞できるように保存・管理されているのは少ないようです。

ここ旧亀石坊庭園も修験の宿坊・亀石坊の建物は有りません。
庭園のみが何とか原型を留め、それなりに手入れされているようでした。
雪舟庭園の特徴である石組は落葉の厚いベールを被っていました。
Commented by taminamikawa1 at 2010-11-24 22:16
英彦山にはドライブで行ったことはありますが、
紅葉の季節に行ったのは初めてでした。
耶馬溪、九酔峡、九重、竹田城等の紅葉もそれなりに
良かったですが、やはり、英彦山の紅葉がベスト1です。
英彦山道路両側の紅葉を初め、参道の真紅の目の覚めるような紅葉、真黄のいちょう、雪舟庭の見事な紅葉、奉幣殿周辺の紅葉、しゃくなげ温泉下方の山峡紅葉等、満足・納得の紅葉狩りでした。
Commented by dojyou38 at 2010-11-25 16:37
taminamikawa1 さん

紅葉も花も好天に恵まれてベストシーズンに見るのが最高。
紅葉も花もベストシーズンは短い。
この短いシーズンと好天を掛けるとタイミングは非常に少ない。
その点、先日の英彦山の紅葉はまさにこの二つが揃っていて大変な僥倖でした。
世話役さん、 ありがとう


<< ウエストンも登った祖母山      ブナの原生林が残る白髪岳に登る >>