行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 23日

河川敷(不法)マリーナ

今日は寒さ少し和らぎ、歩いて買い物。 途中で見かけた風景。
自宅(マンション)の少し西、漁港(博多湾)に通じる小さな河川・長柄川です。
地元の方の話では不法係留のようです。

d0124388_1632119.jpg
この道を時々通るが、船を動かしているのを見るのは稀。殆んど全てレジャーボート。
人目を気にして夜間・早朝に出入りしているようです。
この川の河口は漁港、漁船はすべて漁港に係留されています。

d0124388_16392419.jpg西福岡マリーナ

この川の河口の直ぐ近くに
立派なマリーナがあります。

この有料のマリーナの方は
まだまだ桟橋設置の余裕がありそうです。






d0124388_16422915.jpgマリーナ内の桟橋にも
空きバースが目立ちます。

このマリーナの利用料は
ボートの大きさにもよりますが、
海置きで小型船でも
約70万円。







有料マリーナの利用料が高いので、不法に河川に係留しているのだが、
地元の人の噂では不法と言いながらちゃんと管理している人・グループがいるようです
役所(河川管理は県)も警察も積極的に取り締まっているようには見えません。

大雨による洪水や津波が発生した時に大きな被害が出なければ良いのだが・・・
被害が出なくても、不法な係留料の行方が気になります。

[PR]

by dojyou38 | 2011-01-23 16:31 | 街並みウォッチング | Comments(8)
Commented by taminamikawa1 at 2011-01-23 19:45
立派なマリーナー係留所がありながら、年間70万円と高額のために、
不法係留のようですね。
それも少ない数ではなく、川の両岸に多数係留されていますね。
皆で係留すれば、怖くないと言ったところでしょうか。
行政と係留している人等で話し合い出来ないものでしょうか。
一般道路で車を不法駐車したら、道交法で罰金を取られたり、強制撤去されます。
そのあたりにヒントがありそうですが・・・。
Commented by dojyou38 at 2011-01-23 20:10
taminamikawa1 さん

ボートは車の何倍も維持管理費がいるようです。
小さいボートはマリーナの陸上保管の場合は約20万円。
それ以外にも利用するたびにクレーンで上げ下げの費用等がが掛るようです。
税金の使わない、民間の安い係留施設が普及すれば良いと思うのですが・・・

Commented by ippu at 2011-01-24 06:59 x
おはようございます
≪河川敷(不法)マリーナ≫
以前は私の市でも同じようなじょうたいでした。
どんな経緯だか判りませんが、現在では解消しているようです。
Commented by hibochan at 2011-01-24 07:58 x
豪華なレジャーボート
こんな高価な船を持ってても不法係留ですか
それにしてもマリーナ使用料が七十万とは 驚き
Commented by dojyou38 at 2011-01-24 10:59
ippu さん

以前、東京都でも同じことがあったようですが、行政の強制執行などで解消したと聞きました。
福岡の場合、どうも闇のグループの利権になっているようですが、それに対する行政の弱腰が問題です。
Commented by dojyou38 at 2011-01-24 11:10
hibochan さん

陸上艇置の場合は20万くらいらしいのですが、1回の上げ下ろしに1万以上掛るようです。
どちらにしても、車の何倍も維持費が掛るので少しでも安くと思うのは人情。
しかし、防災の妨げになったり、利権が闇の世界に支配されているのが問題です。
Commented by matutaka31 at 2011-01-24 15:44
見事な?不法係留、同じ市民として恥ずかしくなる光景。
交通事故y事件等々何でもワースト5以内に入る、不名誉な県の実態を象徴しているようです。
レジャーボートを買う程のお金持ちだから、どんどん正規の係留料を徴収すればいいのに・・・。
行政(警察)の力が弱いのか、県民の意識が低いのか・・・。
Commented by dojyou38 at 2011-01-24 23:30
matutaka31 さん

この問題は大なり小なり、他の都市でもあるようです。
不法係留して、やがては放置自転車ならぬ放置ボートとなることも有るようです。
防災上の問題でもあり、放置ボートなどは都市環境・景観の問題でもあります。
行政と警察が一体となって、強い指導・執行が待たれるところです。


<< 何故山に登るのか。      初の雪山:難所ヶ滝 >>