行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 15日

岳切渓谷(歩こう会 7月例会)

私たち歩こう会の7月例会があった。
何しろ参加者が平均年齢約70歳なので、世話人が最も気を使うのは猛暑に何処を歩くかだ。
今回は世話人で協議・下見をして水中ウォークが出来る岳切渓谷を選んだ。

その甲斐あって、募集メールに僅か半日で45名の定員が埋まった。
ところが、この猛暑に高齢者ばかりなので前日になって体調不良などでキャンセル相次ぐ。
それでも、40名の参加をえて好天に恵まれ例会が催行された。



d0124388_21154652.jpg岳切渓谷入り口


岳切渓谷は大分県宇佐市・駅館川上流にある。
渓谷と云うと、奇岩怪石が織りなす深淵を想像するだろうが、
この岳切(たっきり)渓谷はフラットな河床で、
深さ僅か10~15cmの沢が何処までも続く渓谷です。

浅い水深の河床は2km続くが、
溶結凝灰岩が作った一枚岩で出来ている。




d0124388_21353155.jpg

d0124388_21405660.jpg流れる水は透明度が高く自然豊かな水だが、
水深浅く河床が平坦な岩盤のためか、
魚などは見かけませんでした。

河床の岩盤にはびっしり苔がついているが、
何と云う苔か足が滑ることなく、
高齢者に歩いてもらっても安心だ。

天気予報では32度を越える真夏日だったが、
緑の自然林に覆われた渓谷は涼しく、
木漏れ日に輝く水面も暑さを感じさせなかった。


d0124388_2243065.jpg
私はこの渓谷に4年前にも、この時期に来ている。
今回も例会の5週間前にも下見に来ているが、何れの時も水流が無かったり増水していることは無かった。
どのような自然の摂理が水量を調節しているのか大変不思議な渓谷です。
d0124388_22123085.jpg
フラットな河床を歩いていくこと約2km、これより先危険進入禁止の立て札とロープ。
立ち入り禁止と言われると覗いてみたくなるもの、
そのフラットな河床の先は いきなり27mの落差のある大飛の滝になっていました。
滝壺に降りるルートは無いかと探したが徒手空拳では無理と判断した。

大飛の滝
d0124388_22142459.jpg
往復4kmの水中ウォーク、側道が有るので水に疲れたら水から出ることも出来る。
しかし殆んどの参加者は往路は最後まで水中ウォークを楽しんだ。

小鳥の囀りと蝉・カジカ蛙の合唱を聞きながら、童心に帰り初夏の風情を堪能してもらったものと、
参加者のお礼メールを読みながら、世話役一同 夏の企画にぴったりと自画自賛しています。

当日は岳切渓谷で弁当を摂った後、菊池寛の「恩讐の彼方に」で有名な青の洞門を廻った。

[PR]

by dojyou38 | 2011-07-15 20:10 | アウトドアー | Comments(10)
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-07-16 10:51
dojyou38さん、おはようございます。
 炎暑の夏にもってこいの散策コースですね。
仲間同士で和気藹藹とした雰囲気、涼しさと楽しさをブログからから感じます。
色んな所をご存知ですね、今夏中に行ってみたくなりました。
Commented by ippu at 2011-07-16 11:17 x
おはようございます。
≪何しろ参加者が平均年齢約70歳なので・・・≫
昔そのようなことを聞くと「ジジイばかりだ!」と思いましたが。もう自分が70代半ばを超えてしまいました。
Commented by dojyou38 at 2011-07-16 14:39
甘党 さん
もし行かれるとしても、夏休み中は気をつけてください。
子供・学生で凄く混んでいるそうです。
Commented by dojyou38 at 2011-07-16 14:45
ippu さん
私たち歩こう会はジジイ・ババアばかりの集まりです。
私も世話が出来るのはこの2年と思っています。
Commented by hibochan at 2011-07-17 07:52 x
涼しそうこんな体験したことなし
青の洞門ご紹介お願いします。
我が地区昨日より本日まで八坂神社の祇園祭り
子供たち猛暑の中山車を引っ張ります。
Commented by dojyou38 at 2011-07-17 09:25
hibochan さん
宇佐市院内町の山間部部にはこのような一枚岩からなるフラットな小川・せせらぎを良く見かけますが、他では見たことがありません。
この時期、全国各地で祇園祭がありますね。
福岡の「祇園山笠」も有名ですが、ブログUPの時期を逸しました。
Commented by taminamikawa1 at 2011-07-17 21:53
お世話役、ごくろうさまでした。
このような2kmにわたる一枚岩の川床ウォークが快適にできる観光地は世界的にも少ないのではないでしょうか。
避暑と森林浴も兼ね、楽しい清流ウォークを楽しめました。
できれば、来年は妻と一緒に歩きたいものです。
Commented by dojyou38 at 2011-07-17 22:22
taminamikawa1 さん
本当にこのような渓谷は私も他に知りません。
私たちが行った時は夏休み前のウイークデイですいていましたが、
夏休みになると子供たちで賑わい駐車場も満杯らしいですよ。 奥様と行かれる時は気をつけてください。
Commented by matutaka31 at 2011-07-17 22:23
地元メンバー10名の、歩こう会例会の場所探しをしているところでした。
いいところを紹介いただいたと喜んだのですが、残念ながら公共交通機関では無理なようですね。
それにしても、素晴らしい渓谷ですね。一度行って見たい!
Commented by dojyou38 at 2011-07-18 09:08
matutaka31 さん
ユニークな渓谷で、猛暑にぴったりなウォーキングコースです。
交通機関については全く自信ありませんが、中津市役所尋ねられたらどうでしょう。
無責任な回答ですが、もしかして夏場期間限定で何か有るかも・・


<< 恩讐の彼方に(青の洞門) 7月12日      あるビール愛好会の創立60周年 >>