行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 25日

愛子と三岳

今日 屋久島から代金引換で芋焼酎「愛子」が届きました。
昨年9月末の屋久島・愛子岳(1235m)登頂記念に予約したものです。
注文して10ヶ月、殆んど忘れていました。

この焼酎、屋久島で醸造・販売されていますが地元で人気絶大、殆んど島外に出ることは無い。
無いとなると欲しくなる。 以前屋久島を訪問した時も どこの販売店にも無く、
案内してもらったタクシー運転手私蔵のものを譲ってもらったことがある。

平素私が愛飲している焼酎は屋久島産の「三岳」ですが、「愛子」と同じ醸造元です。
愛子は2000年発売のブランドですが、その後 敬宮愛子 様の誕生があって一気に人気上昇。
「愛子」の小さな上のラベルに赤く慶祝の文字が。



d0124388_17132172.jpg 「愛子」と「三岳」


私は三岳を愛飲しかけて15年以上になる。
その頃は隣のスーパーに定価で置いてあった。
まろやかな味と香りが気に入り、
夏でもお湯割で楽しんでいる。


ところが、数年前からスーパーの棚からは消え、
酒ディスカウントストアーでも倍以上の値がついている。
私はコネを伝って定価に近い値で・・・。


「愛子」の名は端正な山容の愛子岳に因んだものだが、
「三岳」は屋久島の山岳信仰に由来している。

屋久島は洋上アルプスと言われ、
1900m級の山が幾つも肩を並べているが、
その中で宮之浦岳(1935m)・永田岳(1886m)・
栗生岳(1867m)は三岳(御岳)として信仰されている。





屋久島には三度旅行したことがある。 
三度も訪ねていながら、屋久島のシンボル・縄文杉にも宮之浦岳にも行っていない。
二度は観光だったので、島の奥・山には立ち入っていない。

三度目の昨年は登山目的だったが宮之浦岳には登らず、
標高は低いが宮之浦岳よりも厳しいと言われる愛子岳とモッチョム(富本)岳に登った。
四度目の機会に恵まれたら、是非宮之浦岳に登りたいと思っています。

[PR]

by dojyou38 | 2011-07-25 13:33 | 嗜好品 | Comments(14)
Commented by taminamikawa1 at 2011-07-25 22:16
敬宮愛子様の誕生にあやかり、人気上昇で品薄の本格芋焼酎「愛子(あいこ)」が予約して10ケ月ぶりに届いたとの由。
晩酌が楽しみですね。
Commented by ジジイ at 2011-07-26 04:59 x
登山には、ご当地アルコールを買い求める楽しみもあるのですね!!
登山が苦手な私には羨ましいかぎりです。
Commented by hibochan at 2011-07-26 07:29 x
医者からは ビールより焼酎をと言われてますが
聞いたことがない銘柄てすが探してみます。
ミニトマト愛子は 植え込んであるのですが
Commented by dojyou38 at 2011-07-26 09:10
taminamikawa1 さん
予約したのをすっかり忘れていました。
夏休みに子供たちが返ってくるので一緒に飲みます。
Commented by dojyou38 at 2011-07-26 09:15
ジジイ さん
普段は下山後地酒を買うことがたまにはありますが、
愛子岳の時は本当に現地でしか買えない希少品だったので予約までして買い求めました。
Commented by dojyou38 at 2011-07-26 09:18
hibochan さん
ミニトマトにも愛子という品種があるのですか、知りませんでした。
三岳はそちらでも売っているかも知れませんが、愛子は無いと思います。
Commented by ippu at 2011-07-26 10:29 x
≪愛子と三岳≫
味覚の落ちた私は、酔いが第一目的で微妙な味には拘れなくなってしまいました。残念!
Commented by dojyou38 at 2011-07-26 13:52
私も微妙な二つの微妙な違いには自信がありませんが、愛子はロックで美味しく、三岳はお湯割りが良いと思っています。
私は三岳が好きですが、愛子は希少品なので注文してみました。
Commented by Uchan at 2011-07-26 16:50 x
「世界遺産屋久島の芋焼酎」愛らしく、美味しそうな名前ですね。
皇太子殿下・妃殿下にも献上され、愛子様にちなんで、女性に愛飲者が多いとか!!
ネットでも注文できそうですが、機会があたら取り寄せてみたいと思います。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-07-26 19:37
今晩は、dojyou38さん。
 思い出します、
飲助にも拘らず愛子とか三岳の存在を知らずに屋久島山登りをしました。
民宿で鹿大の男性が廊下で、「こんな所に愛子が」と興奮した声を聞いてその焼酎の希少価値を初めて知りました。
 2千数百円だったともいます。三岳はもっと安かったと思います。
酒屋では全くなかったように思います。
屋久島の伏流水で出来上がった焼酎、東北の日本酒と同じで喉越しが素晴らしかった記憶があります。
Commented by matutaka31 at 2011-07-26 22:36
私はもっぱら芋焼酎党ですが、「三岳」と「愛子」のことちっとも知りませんでした。これから何処かで出会ったら、是非飲んでみたいものです。
Commented by dojyou38 at 2011-07-27 11:21
Uchan さん
皇太子殿下に献上したのは知りませんでした。
愛子は地元の企業・寺田商店が三岳酒造に愛子岳に因んでネーミングし、醸造させている焼酎です。
観光客でも発売元・寺田商店に予約すると定価(送料など含まず)で購入できますが、半年以上待たされます。
Commented by dojyou38 at 2011-07-27 11:28
甘党 さん
私はたまたま以前・屋久島に旅行するまえら三岳を愛飲していたので愛子のことも知っていただけです。
地元での値段は甘党さんのおっしゃる通りです。
でも、福岡の一般の酒屋では2~2.5倍の値がついています。
Commented by dojyou38 at 2011-07-27 11:29
matutaka31 さん
四国生まれで関西勤務が長かった私は42歳で大分に赴任、初めて麦焼酎を知りました。
その後、福岡に来てからは30年ずっと芋派です。
三岳を置いてある酒屋・飲み屋は時々見かけますが、愛子は見かけません。
私も購入したのは今回が2回目で、何れも屋久島に旅行した時。



<< 校区の夏祭り      念願の根子岳に登る(7月14日) >>