行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 02日

札幌に到着(バーチャル日本一周歩こう会) 12月2日

北海道に本格的な冬がやって来たようです。 平地にも雪が積もり始めたようです。
そんな中、11月22日に小樽を通過して本日12月2日札幌に到着しました。
10日間で41km、11月としてはまずまずのペースだったように思います。

d0124388_216891.jpg


d0124388_2171223.jpg大倉山シャンツェ

スタートハウスに立つとその高さに、
ランディングバーンが小さく見え
少しの風で観覧席に飛び出す様に感じた。
           (2006年6月)

北海道には三度来たことがあります
このジャンプ台の他、
ススキノ・ビール園・大通り公園・
日本三大がっかりの名所 時計台・
北大・羊が丘展望台・中島公園など
思い出の地はたくさんありますが、
何れも雪の無い時節です


雪の札幌を訪ねたいとは思うが、
もう叶わないことだろう。



d0124388_21473142.jpg


これから厳冬の北海道を日本で最低気温を記録したという旭川を経由して最北端・稚内を目指します。
福岡も日本海気候、天候不順の日が続く。ピッチは上がらないだろう。
風邪引かないように気をつけて頑張ります。

[PR]

by dojyou38 | 2011-12-02 17:18 | アウトドアー | Comments(9)
Commented by ippu at 2011-12-03 12:02 x
≪札幌に到着(バーチャル日本一周歩こう会)≫
私もつい先日行ってきましたので、大倉山シャンツェの写真を見て懐かしくなりました。
1日に10,000は歩けても、なかなか10日間で40キロは歩けません。
Commented by dojyou38 at 2011-12-03 20:45
ippu さん
たまたま、同じところを訪ねていたのですね。
これからは天候不順が多くなり、暫くはピッチが上がらないと思います。旭川まで何日掛るか見当も付きません。
Commented by hibochan at 2011-12-04 08:42 x
大倉山シャンツェ思い出すのは 日の丸飛行隊
大昔三ー四回ゴルフ遠征札幌を起点に夜は すすきのでした。
最近サツポロ素通りのコースで立ち寄ったことありません。
ゆっくり楽しんで下さい。
Commented by matutaka31 at 2011-12-04 09:57
もう札幌ですか。快調なペースですね。
札幌といえば、若い頃4年半過ごした想い出が一杯あります。
札幌プレオリンピックのとき、応援に行ったときのことが思い出されます。
Commented by dojyou38 at 2011-12-04 16:57
hibochan さん
オリンピックでの日の丸飛行隊思い出しますね。
スタートハウスまで登ってみてその高さを改めて認識させられたのを覚えれいます。
寒くなってきたのでさっさと進みたいのですが、天候不順でそうは行かないでしょうね。
Commented by dojyou38 at 2011-12-04 17:03
matutaka31 さん 札幌で4年半も勤務したことが有るのですね。
北海道に渡ってからは秋の行楽シーズンだったので札幌までは予想以上に順調に歩いてきました。
これからは天候不順でペースダウンするでしょうね。
Commented by taminamikawa1 at 2011-12-04 17:23 x
天候の大荒れの札幌入りですね。
吹雪や寒さとの戦いで距離も進まないでしょうが、
風邪を引かないように防寒具対策をして
頑張ってください。
私事ですが、
dojyou38さん達にあやかって、
昨日より、バーチャル日本一周歩こう会に登録し、
スタートしました。長旅ですが、
お付き合いの程、宜しくお願い致します。
Commented by dojyou38 at 2011-12-04 22:38
taminamikawa1 さん
バーチャル日本一周登録おめでとうございます。
歩けども、歩けどもゴールは見えません。
継続は力です。焦らずに頑張って続けてください。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-12-08 11:22
こんにちはdojyou38さん
 「日本一周歩こうかい」
仲間の方々と一緒に、夢があって如何にも楽しそうですね。
私よりお歳召されているようですが、幅広い活動のブログを見ていていつ楽しんでおります。
 90m級の大倉山シャンツェの上に立った時、その傾斜に奈落の底を見るようで、その怖さは今でも思い出すとぞっとします。
 屋久島にも杉などに取り付いて寄生木を枯らす蔓がありましたが、テイカカズラは初めて知りました。
また、山での楽しみが一つ増えました。


<< 川内 優輝      テイカカズラ >>