2012年 03月 19日

八つの神様ご利益めぐり

日本には八百万の神様があり、身体にまつわる守り神・仏も各地にあるが、
ここ熊本県北部の和水(なごみ)町には僅か半径3km以内に8つの身体の神様があります。

それは それぞれ目、イボ、胃、性・腰、歯、命、耳と手足の8つの神様です。
8つの神様を廻ると11km余、私たちの歩こう会の4月例会で歩くことにし、先日下見しました



d0124388_2145426.jpg

d0124388_14554763.jpgこれらの神様の多くは里山の山裾にひっそりと祀られ、
どの神様も小さな社でお札などは売っていません。

夫々の神様の謂れを見ると古いものは鎌倉期、
新しいものでも戦国末期から祀られていたようです。










d0124388_14562086.jpg性・腰の神様

8つの神様の中では社が大きく神域も広かった。
傍には立派な公衆トイレまで整備されていました。

供え物を見ると安産や子・孫の誕生の
お願いやお礼参りがたくさん有りました。
他の神様に比べお賽銭が多いのでしょう。







d0124388_14572266.jpgイボの神様

最近はイボで悩む人は少ないのでは・・・
私が子供の頃はイボに悩んだこともあった。

この神様が祀られた頃はイボに悩む人が
たくさんいたのでしょう。

地元では『いぼ石さん』と呼んで、
自分の年齢の数だけ煎った大豆を献上している。




これら8つの神様は地域の人々の素朴な信仰から祀られるようになったのでしょうが、
こんなに狭い地域に身体にまつわる8つもの神様が集まったのが不思議です。
町の観光案内にもその理由は説明されていません。

最近になって、町はこの特異な風景を町おこしのアイテムにしたようです。
夫々集落の方が神様の周りや神様を巡る小径の清掃を丹念にしているようでした。

[PR]

by dojyou38 | 2012-03-19 21:45 | アウトドアー | Comments(8)
Commented by taminamikawa1 at 2012-03-19 22:01
歩こう会のお世話役、ごくろうさまです。
おかげさまで我々会員は安心して参加できます。
何か由来のありそうなと言いますか、
意味シンな8つの身体の神様みたいで、
どんな神様か早くお参りして、拝みたいですね。
Commented by hibochan at 2012-03-20 08:08 x
いい名前の町名気に入りました
まして八つの神様があるとは 御利益間違いなし
孟宗竹がきれい
今年は 好きな筍遅れそう。
Commented by ippu at 2012-03-20 10:51 x
≪八つの神様ご利益めぐり≫
11km余を歩いて殆んど全ての病から解放されるとは嬉しいことですね。
行ってらっしゃい!
Commented by matutaka31 at 2012-03-20 10:56
八つの神様 のご利益があるならば、11kmもなんのその・・・。
八つの神様が仲良く鎮座する町は、珍しいですね。
大勢の参加が見込まれるでしょう。
Commented by dojyou38 at 2012-03-20 15:55
taminamikawa1 さん
手違いで編集の途中でコメントさせてすみません。
村の人に守られて素朴に祀られている神様、何でも聞いてくれそうです。
Commented by dojyou38 at 2012-03-20 16:06
hibochan さん
手違いで編集の途中でコメントさせてすみません。
和水町は2006年、菊水町と三加和町が合併して出来た人口11000人ほどの町です。
二つの旧町名から造語したにしては良い名前ですね。
Commented by dojyou38 at 2012-03-20 16:09
ippu さん
手違いで編集の途中でコメントさせてすみません。
狭い地域に8社も鎮座してくれているので、忙しい現代人には助かります。
Commented by dojyou38 at 2012-03-20 16:13
matutaka31 さん
手違いで編集の途中でコメントさせてすみません。
気候も良くなるし、ご利益求め1日で45名の定員が埋まると思います。


<< 薩摩富士・開聞岳に登る(3月21日)      1 億円トイレ >>