行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 12日

苫小牧に到着(バーチャル日本一周)

目の疲れからブログUPをサボっている間に、前回バーチャル日本一周の状況をUPしてから79日が経過した。
79日間に458kmを歩いて苫小牧に着きました。1日平均、約5.8km。 
この距離に私自身驚いている。 真夏の暑さにも、長かった残暑にもメゲズよく歩いたと思う。
この調子で順調に歩けば新年は本土まで帰れるかもしれない。


d0124388_17192968.jpg

d0124388_17195238.jpg

この間に歩いた釧路~帯広~襟裳岬~苫小牧のルートは学生時代に逆ルートで旅行したことがある。
旅行といっても、殆んど学友と通過しただけでこれと言った記憶が無い。
襟裳岬の先端が太平洋に岩礁となって沈む荒涼とした風景。
帯広では甘藷糖工場を見学した記憶がある。

あれから50年余、変わらぬ風景とか変わった風景があるだろう。
もう一度旅してみたいと思うが適わないだろう。

[PR]

by dojyou38 | 2012-10-12 16:43 | アウトドアー | Comments(4)
Commented by hibochan at 2012-10-13 07:58 x
苫小牧学生時代に近くの白老アイヌ集落記憶にあります
社会人になりゴルフ遠征に出かけたものです。
やっと門司本日九州へ思い出を辿りたいと思ってます。
Commented by dojyou38 at 2012-10-14 15:34
hibochann さん
私も白老のアイヌ村に言った記憶があります。
ゴルフは関東・甲信以北でプレイしたことがありません。
九州に入ると、10号線沿いに別府~宮崎へと冬に向かって暖かいところで良いですね。
Commented by matutaka31 at 2012-10-19 14:03
1日平均、約5.8km・・・、快調ですね。
dojyou38さんの後姿が、だんだん小さくなります。
襟裳岬から苫小牧の海岸には、良く釣りに行った場所です。
そして苫小牧は、仕事で数え切れないほど通った想い出の街です。
Commented by dojyou38 at 2012-10-21 06:29
matutaka31 さん
私は夏の暑さには抵抗力があり、夏ばてすることも無く歩きました。
matutakaさんには日高の海岸は思いで多い土地のようですね。
私はエリモ岬に行く為苫小牧から日高本線に乗りましたが、記憶に残っているのは何処かの駅のホームに
缶詰工場に運ばれると言う小牛がカマスに入れられ並べられていたことだけです。


<< 錦秋の石鎚と西条祭り-1(登山...      石鎚への足慣らし第3弾・金山 >>