行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 06日

野方ルート In 叶岳(1月20日)

     叶岳・野方方面からの眺め
d0124388_16335139.jpg

d0124388_16385089.jpg今日は特に予定はない。
天候もまずまずなので連合いを誘い、
何時もの叶岳に向かった。
 なお、これは1月20日(日)の登山です。

何時もと違うのは、登るルート。
平素は今宿側からだが、
今日は何年か振りで野方側から登ることにした。


9:50 薬師堂右側から登山道に入る。

野方側からの登山道も叶嶽神社への参道。
今宿側ほどではないが寄進された鳥居が
幾つも登山道を跨いでいる。



d0124388_165548.jpg野方側は叶嶽神社の裏参道だが、
鳥居は少ないがお地蔵さんが多く、
今宿・表参道より立派な地蔵さんが多い。














d0124388_1762221.jpg本当に久し振りに野方から登ったが、
登山道は表参道のように手入れをしないのか、
随分と荒れて雨水による浸食が激しい。

表参道ルートは登山口から山頂まで約1.5m
に比べ短く約1km、それだけに急坂が多い。











     中国からのスモッグに煙る福岡市内(山頂付近から)
d0124388_17192898.jpg
登山の大きな魅力の一つは山頂からの眺望・大パノマラを楽しむことです。
それが、最近では晴天の日でも霞んで見えないことが多い。
その大きな原因は中国からの黄砂や有毒スモッグのようです。
中国も大国になったのだから、軍事拡大や生産効率にのみに邁進するのでなく、
近隣諸国にまで迷惑を掛け無いように、公害対策もしっかりやってもらいたいものだ



d0124388_17252211.jpg10:50 山頂到着
今宿ルートより距離は短いが、
急坂・悪路のため今宿ルートと同時間を要した。

下山は悪路の裏参道を避け、
同じ野方側だか『わんわんルート』を下りる。

このルートはシャシャブ・アオキなど
潅木が繁り、
先日の雪がまだ林床に多く残っていた。 







d0124388_17465679.jpgワンワンコースを下りてくると
分岐点の道標があった。

小さな低山・叶岳にもたくさんのルートが有る。
今宿側は殆んど歩いているが、
野方側は登っていないコースが多い。

次回には新しいルートを歩いて見たい。









d0124388_17531647.jpg登山口に近付くと足元から
グランドの子供達の元気な声に迎えられた。

通常、登山をして下山の時に沢音が大きくなると、
登山口が近いことを知りホッとする。

登山口近くで子供達の賑やかな声に
迎えられるのは如何にも里山らしい風情です。

今日は日曜日、登山客が多かった。
登下山中も多くの人と声を交わした。
その中に、何年か振りに旧知に合った。

この様に山で旧知に合ったり、初めての人とも
山の情報を交換するも登山の楽しみの一つ。

[PR]

by dojyou38 | 2013-02-06 16:24 | 登山 | Comments(10)
Commented by hibochan at 2013-02-07 07:47 x
近くに親しめるコースがあり楽しめますね
絶景も中国からのスモッグ残念 こちら時々黄砂が飛来
すれ違う方たちとの挨拶も楽しみのひとつかも
Commented by dojyou38 at 2013-02-07 10:34
hibochan さん
中国からの大気汚染、本当に困ったものです。
山登りの眺望は辛抱するとしても、
アレルギーや花粉症のある人は症状が更に悪化するそうです。
中国も軍事拡大を止め、その予算で公害防止に注力してもらいたいです。
Commented by tetsu807-2 at 2013-02-07 19:30
叶岳には野方ルートがあるのを忘れていました。以前はこの
コースが主だったことを思い出しました。有難うございました。
Commented by dojyou38 at 2013-02-07 22:13
tetsu807-2 さん
私も知らなかったのですが、叶岳の野方ルートには薬師如来堂の右側が昔からのルート、
それ以外に薬師如来堂の左側からは3本のルートに分かれているようです。
私も次は左側から登ってみたいと思っています。
Commented by siawasekun at 2013-02-08 01:27 x
おはようございます♪♪

野方ルート In 叶岳、・・・・・・。
良かったようですね。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
心和みました。
ありがとうございました。

昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。
Commented by dojyou38 at 2013-02-08 10:48
siawasekun  さん
コメント有難うございます。
夜遅くまでPCやっているようですね。
叶岳は私のホームグラウンド、でも野方側は本当に久し振りでした。
Commented by Ucyan at 2013-02-08 16:56 x
冬場の山の羨望写真は空気が澄んでいて綺麗なはずですが、中国の北京・上海の大気汚染すでに九州で観測されているようですね。
近畿も少し観測されているそうですが、春先の黄砂に混じって偏西風に乗ってくるものと警戒しています。
 それに加え神戸海洋気象台は今年はスギ花粉が例年より多いと予報しています。
Commented by dojyou38 at 2013-02-09 10:27
Uchan さん
折角、晴天好日を狙って登山しても、眺望が台無しではがっかりします。
スギ花粉に大気汚染が加わると症状が悪化すると言われています。
私は今のところ花粉アレルギーは無いのですが、花粉症の方は心配ですね。
Commented by matutaka31 at 2013-02-09 11:39
私の叶岳登山は、いつも決まって表参道ルートです。
と言うのは、他のルートは、その登り口を知らないからです。(^。^)
今度機会があれば別ルートを登って見ましょう。
山頂からの眺望がぼやけていると、山登りの醍醐味が半減しますね。
益々ひどくなる中国産の黄砂、PM2.5、最近は腹立たしくなります。
Commented by dojyou38 at 2013-02-10 10:11
matutaka31 さん
叶岳・飯盛山は私のホームグランドですが、何時も足慣らしと同じコースを歩いています。
私の未経験ルートがたくさん有るようです。
これから一つ一つ潰して行こうと思います。
大気汚染、本当に困りものです。
中国からは「迷惑掛けてます」一言のコメントも近隣諸国にありません。
どう言う国民性なんでしょうね。


<< 姜 尚中氏の講演(九州市民大学...      『恵方巻き』 On 男の料理教室 >>