行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 01日

エンジュ(槐): 今日の散歩で出あった木

d0124388_219116.jpg今日の散歩で出あった木はエンジュ(槐)です。
近くの集合住宅の緑地帯で見つけました。
この木は主幹を途中で切断されているようです。

この住宅団地は緑地帯の樹木に名札を付けています。
名札がないと何の木か分かりませんでした。
名札には漢字でとありました。

私は槐と云う名前はよく知っていましたが現物は初めてです。
私の生家の近くの海岸堤防に針槐の並木がありました。
地元ではアカシアと云っていましたが、正確にはニセアカシアでした。

そんな理由で槐を懐かしく観察しました。
エンジュ(槐)とニセアカシア(針槐)は兄弟か従兄弟くらいの近さですが、
アカシアとは同じマメ科の木でもかなり遠い親戚のようです。

なお、西田佐知子の「アカシアの雨がやむ時」も
石原裕次郎の「赤いハンカチ」、白秋の「この道」のアカシア
すべてニセアカシアだそうですからややこしい。

ともあれ、私はニセアカシアのあの甘い香りの白い花の下で
海苔養殖の準備作業をしていたことを懐かしく思い出しました。


d0124388_224748.jpg←僅かに残っていた
   エンジュの花
   (花期は8月) 
d0124388_2245035.jpg
エンジュの実 →
[PR]

by dojyou38 | 2013-10-01 21:09 | 街並みウォッチング | Comments(10)
Commented by sibuya at 2013-10-02 20:00 x
我がマチには「ニセアカシア」が多く 鋭い刺で子供たちが負傷したり
自転車がパンクしたり 市の環境課では伐採を行っています。
白い花が咲いてロマンチックなの花ですが 外来種でもあり 生育が
旺盛で一部の公園では困っているのが現状です。
Commented by とんぼ at 2013-10-02 20:29 x
こんばんは
エンジュとハリエンジュは異なるのですよね。
見分けが難しいですね。
エンジュはあまり見ないですね。
Commented by dojyou38 at 2013-10-02 20:57
sibuya さん
コメント有難うございます。
ニセアカシアで自転車がパンクですか、初めて聞きました。
確かに鋭い硬い棘がありますが。
ニセアカシアが外来種であることは最近知りました。
私の何代か前の先祖が遠浅の干潟に堤防を築き新田を干拓しました。
その時、松よりも育てやすいニセアカシアを堤防に植えたようです。
Commented by dojyou38 at 2013-10-02 21:04
とんぼ さん
アカシアもエンジュも意識してみたことは殆どありませんでした。
私が馴染んでいたのは、アカシアと読んでいたニセアカシアだけです。
エンジュとニセアカシア、マメ(実)の形状が随分違うようです。
ニセアカシアのマメはエンドウのようです。
Commented by ジジイ at 2013-10-03 06:20 x
エンジュ(槐)の木・・・初めて知りました。さすがdojyou38さまです。
目の付けどころが違いますナ。私だったら、気にもせず通り過ぎた事でしょう。
Commented by hibochan at 2013-10-03 07:06 x
エンジュ初めて聞きました
アカシヤは 歌にも唄われてますが
蜂蜜アカシヤは 美味なそうです。
Commented by dojyou38 at 2013-10-03 13:19
ジジイ さん
私は中高生の頃、針槐(はりえんじゅ:ニセアカシア)の下で、海苔養殖の準備作業に汗を流していました。
その頃の甘い花の香りが鮮明な記憶があったから槐に注意がいったのでしょう。
Commented by dojyou38 at 2013-10-03 13:19
hibochan さん
日本の唄や詩に出てくるアカシアは殆どニセアカシアのことのようです。
私の郷里でもニセアカシア(針槐)をアカシアと言っていました。
そのニセアカシアの並木もも干潟の埋め立てと道路拡張で殆どなくなりました。
Commented by taminamikawa1 at 2013-10-03 20:56 x
エンジュ(槐)がアカシアの木だtったとは知りませんでしたし、
槐の字がアカシアとは読めないですね。
アカシアの木を見かけても、何の木か知らずに、
見過ごしていたのかも・・・。
Commented by dojyou38 at 2013-10-03 21:10
taminamikawa1 さん
エンジュ(槐)、ニセアカシア(針槐)とアカシアの三角関係複雑です。
日本では一般にニセアカシアのことをアカシアといっています。
この三つともマメ科の樹木です。


<< 糸島富士(可也山)に沈む太陽      岩峰・津波戸山に攀じ登る >>