2014年 04月 24日

自然観察 IN 油山市民の森(4月20日)

                  センペルセコイヤの森を行く自然観察参加者
d0124388_1615820.jpg

d0124388_16125917.jpg 福岡市の油山市民の森で
「春の油山自然観察ハイキングがあり参加しました。
油山市民の森は油山(597m)の北斜
面に広がる(93ha)
自然観察とアウトドアーの総合施設です。

雨模様で中止になるのではと思っていましたが、
申込者の半数近くが参加したので催行されました。

10::00 からの予定でしたが雨で若干遅れたが、
予定の3時間ベテランのボランティアガイドが植物だけでなく、
野鳥・昆虫・カエルなどの植生や生態を話してくれました。



          センペルセコイヤ 
常緑針葉樹、油山に植えられたのは約40年前。
大きいものは直径約1m、高さ20以上?成長が早いようです。
樹皮は杉に似ているが分厚く少し柔かく硬いスポンジのようです。
原産地・アメリカ西海岸には高さ100mに及ぶものもあるそうです。




           油山市民の森管理棟前広場(雨模様で人出がありません)
d0124388_1428869.jpg


今日観察した花の中から8点
   (写真はクリックで大きくなります
   雨模様のため開花が不十分な花も有ります。

d0124388_10381599.jpgホウチャクソウ

名前は寺院の軒先に吊り下げられている宝鐸に
見立てたもの。
有毒だそうです。











d0124388_10541428.jpgハナイバナ(葉内花)















d0124388_1192799.jpgホウノキ
(蕾)


モクレン科
ホウノキのホウは包で物を包むと言う意味。
樹皮は漢方薬にもなる。
材は刀の鞘、鉛筆などに。

ホウノキは山にたくさんありますが、高木で花は樹冠に
付くため私は長いこと花に気が付きませんでした。
 (幼木や日陰では花を付けない)




d0124388_11371335.jpgカキドウシ

子供の疳の虫など生薬の原料に使われる。
別名:カントリソウ












d0124388_13403727.jpgヤマフジ















d0124388_1342231.jpgモミジの花















d0124388_13461859.jpgキツネノボタン

毒草
誤食すると胃腸の粘膜がただれる。
皮膚に付けると腫れて水泡が出来る。











d0124388_1352062.jpgウマノアシガタ

キツネノボタン同様の毒草
[PR]

by dojyou38 | 2014-04-24 15:21 | アウトドアー | Comments(6)
Commented by とんぼ at 2014-04-25 05:09 x
おはようございます。
雨の中での観察会、お疲れさまでした。
センペルセコイアが植えられているのは珍しいのではないでしょうか?
ホウチャクソウやカキドウシなど可愛らしい花も観察できて皆さんも喜んでおられたでしょう。
Commented by hibochan at 2014-04-25 07:21 x
筑波実験植物園のプロムナードメタセコイアですが最近訪れてません時期的には さくらそう展なのですが
紹介された植物知りませんむでした
Commented by dojyou38 at 2014-04-25 14:42
とんぼ さん
雨の中の観察会嫌ですね。
花は開いていないし、レンズに雨露が借ります。
ただ、動物・昆虫や花が雨の中でどう行動するかを見るには良い機会だと言っていました。
Commented by dojyou38 at 2014-04-25 14:49
hibochan さん
メタセコイヤは針葉樹では珍しく落葉しますね。
明治中期に中国から入って来たそうですが、繁殖力が強いのか、
全国の里山に進出しているようです。
Commented by tetsu807-2 at 2014-04-26 10:56
油山には何度も登っているのに、センペルセコイヤに気が付き
ませんでした。どこを見て登っているのでしょう?我ながら
疑問符が付きます。ところで、モッコウバラ(木香)も今は盛りですね。
こども病院にも綺麗に咲いていて挿し芽でも簡単につくそうですね。
Commented by dojyou38 at 2014-04-27 11:46
tetsu807-2 さん
センペルセコイヤは私も今回始めて知りました。
モッコウバラと言うのは私は知りません。
こども病院には行く機会がないのでネットで調べて見ます。


<< 国東の最高峰・両子山(4月26日)      二度目の石割岳(4月19日) >>