2014年 08月 18日

郷里・西条に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

7月18日 宇和島を通過して、28日間で本日8月18日郷里・西条に到着しました。
 (ウォーキングマップでは小松が通過ポイントになっていますが、西条市小松町です)
28日間で128km、1日平均4.57kmでした。

お盆に帰省して墓参りが出来ないので、せめてバーチャルでお盆までに郷土入りして
お墓に手を合わせたかったが、天候不順と頑張りが足らなく間に合わなかった。 残念。
高知県を歩いていた間は1日6kmをオーバーするペースだったので、
天候不順でも目標の5kmはキープできるだろうと思っていたが考えが甘かった。

d0124388_17385897.jpg
d0124388_17391834.jpg


                    西条祭り(最終日・加茂川川入り)
d0124388_22515574.jpg
宇和島を通過するとき、愛媛県は南予・中予・東予の3ブロックからなると説明しましたが、
西条は東予の中心・県東予地方局が置かれ、裁判所など国の出先も多く人口は約11万です。
 (人口的には東予ブロック内でも今治市・16万や新居浜市・12万の方が多いです)


d0124388_9371775.jpg西条は江戸時代、紀州徳川家の支藩
3万石の城下町。城は無く濠に囲まれた
陣屋・御殿と呼ばれる一郭は県立西条高校になり、
当時の大手門が校門として使われている。
  (写真はネットより借用)

西条は3万石の小藩だが常府の親藩で参勤交代や賦役がなく、石鎚山からの伏流水打ち抜き水)で
水飢饉もなかった。
 (現在でも市の中心部は水道施設は無く、
各家で飲み水も水田も自噴水で賄っている)

江戸期には農業以外にこれと言った産業も無いのに、盛大な祭りが維持できたのは租税も安く百姓一揆なども無かったせいではと思っています。

私は西条でも瀬戸内(燧灘)の遠浅海岸で育ち、
子供の頃は海苔養殖などの手伝いもしましたが、その遠浅の海は大規模に埋め立てられ、
日本一の造船量を誇る今治造船や四国唯一のビール工場など一大工業地帯に変身しています。

たまに帰省しても潮干狩りや泳いだ海は無くなり寂しいですが、
西日本の最高峰・石鎚山(1982m)だけは昔の姿で迎えてくれます。、
以上、長くなりましたが郷里の報告です。


[PR]

by dojyou38 | 2014-08-18 17:38 | アウトドアー | Comments(10)
Commented by PANDORA at 2014-08-19 11:00 x
お早うございます!
 西条到着、ご苦労様でした。
 10月末か、11月初旬には「歩き遍路」で西条を通過予定です。
 来年は石鎚山にNさんと登りたいと思っています。
Commented by dojyou38 at 2014-08-19 11:35
PANDORA さん
歩き遍路で西条は10月末ですか。
西条祭りは10月14~15日、終わって静かな街になっていると思います。
打ち抜き水疲れを癒して歩いてください。
石鎚山へは都合が付けば案内したいと思いますが・・・
Commented by  taminamikawa1 at 2014-08-19 14:51 x
一昨年、石鎚山登山の帰りに、
西条市内観光時に大手門が校門に使われていることを
見ましたし、
西条おどりも暗くなるまで楽しんだことを
懐かしく思い出しております。
Commented by dojyou38 at 2014-08-19 21:50
taminamikawa1 さん
1昨年の石鎚は山頂泊まりで日没・ご来光が拝めてよかったですね。
西条祭りはフェリーの出航時刻が気になりゆっくり見物できずちょっと残念でした。
Commented by とんぼ at 2014-08-19 22:10 x
こんばんは
市内に水道施設がないというのは驚きです。一度訪れてみたいです。
Commented by hibochan at 2014-08-20 07:03 x
西条と聞けば悲運の名投手藤田 文武両立の高校
松山城と道後温泉昔子供たちが扇子をもって登場する伊予漫才みた記憶が 私札幌
Commented by dojyou38 at 2014-08-20 10:29
とんぼ さん
「打ち抜き水」は農耕にも使われていますが、環境省選定の日本の水100選にも選ばれている水です。
もし、西条に行かれるのなら祭りがある10月14日前後が良いです。
Commented by dojyou38 at 2014-08-20 10:34
hibochan さん
藤田は私の母校西条高校の先輩、でも甲子園には出場していません。
その頃は四国で1校、決勝戦で徳島商業?に破れました。
母校が甲子園で優勝したのは私が卒業して2年後、昭和34年でした。
Commented by matutaka31 at 2014-08-22 11:48
早くも、四国一周の終盤ですね。
雨の少ない地域で水飢饉がないのは、素晴らしい天然の惠ですね。
市内に水道がなく、石鎚山の伏流水で、美味しい水で生活できるとは
羨ましい限りです。
私はやっと四国に入りました。
Commented by dojyou38 at 2014-08-22 12:29
matutaka31 さん
私の郷里は昔から水には恵まれたところ、その水も名水100選の』水です。
同じ愛媛県でも松山などは時に取水制限される年もあります。
郷里に入ってから、安心したのかウォーキングのピッチが上がりません。


<< 孫③の帰省      伸びる山・縮む山 >>