行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 11日

二子山ハイキング(山楽会例会)

今日のハイキングコース  
   長柄バス停~南郷講演入口~公園西登山口~上二子山~下二子山~阿部倉山~畠山地蔵~川久保交差点 
                 
                   常緑樹に覆われた上二子山
d0124388_11121913.jpg

d0124388_11261125.jpg地域ボランティア団体「葉山山楽会」の例会に参加。

この団体は地域の里山のハイキングコースの
保全を目的としたグループで、例会は常に鋸・
剪定バサミなどが必携で、コースにはみ出した倒木・
つるなどを除去しながらハイキングします。


9:30 長柄バス停をスタート、
途中、最近開業した葉山ステーションに立ち寄る。
ステーションは町の遊休地に地域の業者が共同で
出店したショッピングセンター。

想像したよりこじんまりした施設でしたが、
開業直後なのでそれなりに賑っていました。


 d0124388_16373357.jpg 11:20 上二子山(208m)山頂に着く。
今日のコースで最高点で眺望が開けているのは
此処だけなので、少し早いが昼食とする。

三浦アルプスと呼ばれる二子山山系は
標高が低く主に常緑樹に覆われているので、
夏場は藪蚊の巣窟で昼食するような
眺望のきく開けたポイントが少ない。


山頂にはKDDIのアンテナと1等三角点がある。
僅か標高208mだが、この周辺では最高点であり、
地盤がしっかりしているので両施設が選ばれた
のだろうと勝手に思っています。



d0124388_17285978.jpg今日は上二子山・下二子山、阿部倉山の
3つのピークを縦走します。

何れも200mほどの山ですが、森戸川の源流を
抱えているので縦走路には距離は短いが
それなりの急坂急登が続きます。

そのことも有ってか、ここを三浦アルプスと
呼ぶのであろうか、アルプスと呼ぶにしては
谷底を歩くような眺望の悪いコースが続く。

13:30 予定の時間に川久保に下山し解散。  
 昼食後は殆ど剪定バサミでシノダケや
 蔓を切りながらのハイキングでした。 



     上二子山頂から横浜・横須賀方面を望む(条件よければスカイツリーも見えるそうですが・・)
d0124388_21372298.jpg


今日出会った花
PANDODAさん、トンボさんのコメントで花の名訂正しました。 有難うございました。

この花の名は? センニンソウ                        ヒルガオ
d0124388_22122567.jpgd0124388_22125047.jpg













フヨウ                                           ヘクソカズラ
d0124388_22153510.jpgd0124388_22155791.jpg













ク ズ                                             ツユクサ
d0124388_2218467.jpgd0124388_22271593.jpg













イワシャジン ?  ツリガネニンジン                      ヤブラン d0124388_2222363.jpg
d0124388_2221966.jpg


















[PR]

by dojyou38 | 2016-09-11 22:29 | Comments(18)
Commented by PANDORA at 2016-09-11 23:59 x
こんばんは!
 ボランティア登山は以前もよく行かれていたので、
楽勝の登山だったのではないでしょうか!

 最後の「イワシャジン?」は「ツリガネニンジン」
ではないでしょうか?白山にもありましたが・・・
Commented by shimasaan at 2016-09-12 04:30
dojyouさん、おはようございます


「三浦アルプス」で検索すると、2番目に出てくる
この山域のハイキングコースを開発したと言われる
横浜の「みろく山の会」のホームページに、
「大楠山からの展望」という画があり、ソレを見ると、
確かにアルプスのように峰々が連なる連山になっています。

その後、8年ほど前に、京浜急行が集客キャンペーンの一環として「三浦アルプストレッキングMAP」を発行し(このMAPの実地調査をしたのは、私の知人の逗子在住の山岳ガイドですが)、
ソレ以後、急激にこの山域に訪れるハイカーが増えて
京急のMAPは、今でもこの山域を歩く人のバイブルのようになっています。

なかでも、山ヤの間で一般に「三浦アルプス」と一言われているのは、南尾根コースのことで、二子山や北尾根はハイカー向けのコースという位置づけのようです。

で、特に首都圏の雪山に行けない中高年登山者が、冬場のトレーニングとして、この南尾根コースを鍛錬登山として利用してきたのですが……

3年ほど前に、地元自治体や地権者(西武鉄道と大和ハウス)がこの山域の将来について話し合う協議会が発足し、
以後、それまでは”手作り道標”しかなかった尾根のあちこちに立派な道標を設置しはじめて、さらに「二子山山系主要分岐図」を作成し、ソレを普及しようとしています。

ちょっと長くなってしまいましたが、ご参考までに。
Commented by とんぼ at 2016-09-12 06:48 x
花の1枚目はセンニンソウに似ていますね。

低い山のようですが一部分はなかなか厳しそうですね。
Commented by hibochan at 2016-09-12 07:21 x
山楽山名前がいいですね
楽しんでください
海抜は 低いようですが楽しみは 一杯
Commented by dojyou38 at 2016-09-12 09:50
PANDORA さん
今月の例会は距離が短かったので物足らないくらい楽勝でした。
「イワシャジン」でなくて「ツリガネニンジン」のようですね。
指摘、有難うございました。
Commented by dojyou38 at 2016-09-12 10:11
shimasaan さん
「三浦アルプス」についての詳細で親切な説明有難うございました。
大変勉強になりました。
九州・四国など西日本では地域の連山・山塊を〇〇アルプスと言う名称で呼び方は聞きません。
こちらに転居して、鎌倉アルプスとか沼津アルプスとか言うのを聞き、
関東では連山・山塊をアルプスと言う習慣があるのかなと思っていました。
Commented by dojyou38 at 2016-09-12 11:11
とんぼ さん
蔓や葉の形状からもセンニンソウに間違いないようです。
指摘有難うございました。
コースは登り下りありますが、そんなに大きいものでなく、
今日の行程は全体の距離も短いので厳しいと言うほどではありませんでした。
Commented by tetsu807-2 at 2016-09-12 15:52
葉山山樂会・・良い響きですね。まさに楽しく登る会ですね。
私も糸島山歩会に属しているときは、その当時の会長が
奉仕精神のある方で、手分けして鋸、剪定鋏など持って立札
を立てたり、道つくりをしたりしたものでした。年齢的に引退されたのちは、自然と世話役の方がまとめて山歩き続いています。

Commented by dojyou38 at 2016-09-12 18:24
hibochan さん
自宅から一番近い足慣しのコースです。
標高低いですが、天候さえ良ければスカイツリーから富士山まで見えるポイントもあります。
Commented by dojyou38 at 2016-09-12 18:25
tetsu-7-2 さん
糸島山歩会と言うのがあったのですか。知りませんでした。
私も歳とって厳しい山には挑戦できなくなりました。
今まで山を楽しませてもらったお返しに山楽会で活動しています。
Commented by matutaka31 at 2016-09-13 06:58
「ハイキングコースの保全を目的としたグループ」、いいグループに出会われましたね。
きっとハイキングも楽しくなることでしょう。
出会った花たち、福岡でも同じように咲いています。
植生はあまり変わらないようですね。
Commented by dojyou38 at 2016-09-13 08:56
matutaka31 さん
このグループの多くのメンバーは若い頃からの山のベテランです。
高齢になって、これまでの山からの恩恵に恩返しの積りでボランティア活動をしているようです。
私も体力的に活動できる間は参加しようと思っています。
Commented by kiyotarou at 2016-09-15 08:43 x
ボランティアでの剪定、草刈り登山、お疲れ様です。三浦半島の二子山って、良い山ですね。
Commented by dojyou38 at 2016-09-15 09:06
kiyotarou さん
二子山、山と言うほどの山ではありませんが、適当にアップ・ダウンがあり、
自宅から歩いていけるところなので手軽な足慣しには良いところです。
Commented by taminamikawa1 at 2016-09-15 22:04
「葉山山楽会」は単なる登山が目的の団体ではなく、保全を目的としたグループで、例会では常に鋸・剪定バサミなどが必携で、コースにはみ出した倒木・ つるなどを除去しながらハイキングとの由、素晴らしい会ですし、社会貢献大ですね。
朝次郎山の会でもと思いますが・・・。


Commented by dojyou38 at 2016-09-16 09:23
taminamikawa1 さん
最近大きな山や厳しい山はきつくなりました。
それで、里山でボランティアしなが自然を楽しむようにしています。
Commented by Uchan at 2016-09-17 12:01 x
山歩きのブログサイト活き活きしてます。
もうご存知かもしれませんが、花の名前を調べるサイトがありました。まだ利用したことはありませんが
「花の名前知りたいみんなの花図鑑」を⇒検索
Commented by dojyou38 at 2016-09-18 09:06
Uchan さん
「花の名前知りたいみんなの花図鑑」たまに見ることがあります。
花・植物の名前は何度教えてもらっても、自分で調べても直ぐ忘れてします。
困ったものです。


<< ハヤトウリ      美ヶ原で出会った花 >>