2016年 12月 07日

再び三浦アルプスへ

                三浦アルプス(連絡尾根)から見た富士
d0124388_21232626.jpg
今日のコース
 新沢バス停~南尾根~森戸川林道終点~中尾根~六把峠~森戸源流~森戸川林道~川久保~長柄バス停


d0124388_21194932.jpg今日は山楽会忘年例会の下見ハイキング、
参加者7名、全員 ノコギリ・剪定ハサミを携帯。

 9:40  新沢バス停に集合。
今日のコースはあまりポピュラーでないルート。
参加者も最近は殆ど歩いていないとのこと。

民家や畑を通って山道に入ると、
もうそこから荒れていて最近使われていない
道のようです。

山道の入口に置かれてあった朝鮮風の石像。
どこから持ってきたものだろうか?→




d0124388_1002527.jpg新沢登山口から南尾根へのルートは
歩く人が少ないようです。

先日降った雨で谷筋はぬかるんで、
ツタやササが道を塞ぎ、その上に倒木まで。

私たちは選定ハサミや鋸で取り除いて
道を広げながら登ったので、
30分も掛らないところを約1時間を要した。

この時期、花は少ないが注意して歩くと
トリカブトなど幾つかの花が残っていました。





d0124388_10373252.jpg10:55 ようやく南尾根に上ってきました。

暫く休んだ後、南尾根から南北の
連絡尾根を通って森戸川林道終点に向いました。
連絡尾根で木の間に雪を戴いた富士が望めました。
富士は何時見てみ何度見ても
見飽きない美しさと威厳があります。


連絡尾根ではちょっとしたアクシデント。
どこで道を失ったのか藪漕をしてやっとの思いで
森戸川林道に飛び出しました。

そこから、正規の連絡尾根道を逆戻りして、
道を間違えた地点まで帰り、何処でどうして
間違ったかを確認し道標を付けました。


    シロヨメナ ?                                ヤマトリカブト ?
d0124388_1056058.jpgd0124388_10562353.jpg














d0124388_12105421.jpg道を間違えた地点に道標を付けて、
林道終点広場まで帰って昼食としました。


林道終点から中尾根通り六把峠まで歩き、
森戸川源流の沢に沿って林道終点に
帰って着ましたが沢筋は大変荒れていて
一般参加者に歩かせる道ではないようでした。

検討の結果、この沢筋は例会のコースから
外し、別のルートに変更しました。


雑草が繁り狭い歩径路の中尾根コース→



d0124388_16385688.jpgその後は、通りなれた林道を経由して
川久保へ出て長柄バス停まで歩き解散。
私は解散後、自宅まで歩きました。

今日、歩いたコースの内
連絡尾根・林道終点~六把峠~森戸川源流部は
私は初めて歩くコースでした。

私は忘年登山に参加できないので、
何時か再度一人でゆっくり歩いてみます。


←歩行に困難を極めた森戸川源流の沢筋




ヤブコウジ(実)                                  サラシナショウマ ?
d0124388_1735092.jpgd0124388_1735258.jpg

















[PR]

by dojyou38 | 2016-12-07 11:44 | アウトドアー | Comments(10)
Commented by PANDORA at 2016-12-09 10:23 x
お早うございます!
 山楽会の下見兼伐採作業ご苦労様です。
 私も先月油山で清掃活動をしましたが、のこぎりや剪定バサミ
を使った作業は経験ありません。今月で70歳の大台に乗りますので
そろそろボランティアにも手を出そうかと思っていますが、中々
その機会に恵まれません。待つのではなく自分から率先して探さな
いと見つからないのでしょうね!
Commented by taminamikawa1 at 2016-12-09 12:03
すでに富士は全山、冠雪ですね、先日もマスコミ報道によりますと、富士登山された方/60歳代の方と20歳代の方が滑落され、亡くなられましたね。
冬山登山は雪山でなくても要注意ですね。
Commented by dojyou38 at 2016-12-09 14:13
PANDORA さん
山楽会は一般市民の方が里山に親しみ楽しんでいただくためにハイキングルートを整備しています。
殆どのメンバーは後期高齢者ですが、若い頃は皆さんそれなりの山屋だったようでで、
山に詳しいメンバーが多いです。
月一回の例会では皆さん、ハサミ・カマ・ノコや道標に使うテープなどを持参で参加するのが慣わしになっています。
Commented by dojyou38 at 2016-12-09 14:18
taminamikawa1 さん
雪の富士へ挑戦する人は相当のベテランだと思いますが、それでも遭難するのですから、
その厳しさは想像以上なんでしょう。
Commented by matutaka31 at 2016-12-09 14:40
下見登山とは言え、登山道を整備しながらの登山、ご苦労様でした。
後から登られる方々は、きっと喜ばれることでしょう。
この時期、富士山の眺めはいいですね。
日々変わる富士山の様子を、いろんな角度から眺められるのは、羨ましい限りです。
Commented by dojyou38 at 2016-12-09 16:12
matutaka31 さん
湘南に住んでいると富士は眺める機会は多いのですが、
何時見てもやはり富士は美しく気高いです。
特に雪を戴いた富士の姿を眺めると姿勢を正したくなります。
Commented by hibochan at 2016-12-10 07:39 x
どこからも富士山がきれいに見えうらやましい
三浦アルプスありましたか
先日テレビで三浦半島三大市紹介
三崎 金田湾 葉山でした 葉山は 百円ケーキが大人気だとか
Commented by dojyou38 at 2016-12-10 09:56
hibochan さん
クリアーな富士の姿は何度見ても見飽きません。特に雪を頂いた冬の富士山は。
三浦半島の付け根にある標高200mほどの二子山山系を地元では三浦アルプスと呼んでおります。
三浦半島三大市も、百円ケーキも知りませんでした。
Commented by とんぼ at 2016-12-11 19:12 x
 景色を楽しみ花を観察しながら歩くのは楽しいでしょうね。
 トリカブトの花があったのですね。まだ野生のものは見たことがないです。
Commented by dojyou38 at 2016-12-12 09:34
とんぼ さん
トリカブトは里山から標高2000m近くまで、山では比較的ポピュラーな花です。
でも、育成地によって種類が違うようですが私には同定が出来ません。


<< 初冬の裏山・黄葉3題      ハヤトウリ その後(最終報告) >>