2017年 03月 02日

久し振りの万作・萬斎(能狂言公演)

d0124388_937577.jpg先日近くの逗子「なぎさホール」で能狂言公演がありました。

こちらでも能狂言は逗子や横須賀で時々上演されるが、
今回は野村万作・萬斎が揃って出演するというので
連れ合いと2人で出掛けました。

福岡ではときどき大濠の能楽堂に出掛けていましたが、
こちらに来てからは初めてです。
演目は仕舞「花筺」、狂言「貰聟」、能「安達原」の3題。

花筺は春の恋の物狂能で世阿弥の傑作だそうですが、
正直私にはよく理解できませんでした。

貰聟は酒好き親父が引き起こす
家族間のトラブルを狂言らしいコミカルに
演出していましたが、シテの「万作」さんにしても
年齢85歳はさすがに隠せないな~が私の感想。

安達原は福島県安達太良山の麓が舞台。
巡礼の山伏とそこに棲む鬼女との戦いの物語だが、
その合間にアイ役として「萬斎」がシリアスな能の中で
良く通る声でコミカルな演技をしていたのはさすがでした。


「なぎさホール」は逗子文化ホールの中にあるのですが
開演の前から大勢の和服を召したご婦人方がたむろして、観劇会独特の雅な雰囲気を漂わせていました。
そんななかで、野暮ったい普段着で出かけていたのは私たち2人でした。

[PR]

by dojyou38 | 2017-03-02 17:37 | 映画・観劇 | Comments(12)
Commented by とんぼ at 2017-03-03 07:41 x
中学時代に狂言を見たことはありますが正式な公演はまだ見たことがありません。
Commented by dojyou38 at 2017-03-03 11:03
とんぼ さん
おはようございます。
春を告げる花は次々と咲きますが寒さは一向に緩和してくれません。
私は能狂言が趣味と言うほどではありませんが、
何時の頃からか野村万作萬斎のファンとなり、二人の公演には時々出掛けます。
Commented by taminamikawa1 at 2017-03-03 22:47
大濠能楽堂には数回、行ったことはありますが、
野村万作・萬斎の舞台は見たことはありません。
機会があったら、鑑賞したいものです。
Commented by matutaka31 at 2017-03-04 10:01
ご夫婦お揃いで能狂言観賞 、良い余生を送られていますね。
私はその筋は、めくら同然。
なかなか、その心境になれません。
Commented by tetsu807-2 at 2017-03-04 10:56
能の船弁慶、狂言の素袍落は2~3年前見に行きました。
かなり前に、佐賀のお城で薪能を見に行ったことを思い出し
ました。近くにありながら大濠能楽堂には行ったことが
ないのですが、機会があればと、思っています。
Commented by dojyou38 at 2017-03-04 17:45
taminamikawa1 さん
野村万作を大濠の能楽堂で見ていた頃はさすが人間国宝と納得させていましたが、
今では迫力に欠けるように見えました。
その点、萬斎の芸は軽妙で狂言の特徴が私のようなものにも良く分りました。
Commented by dojyou38 at 2017-03-04 17:57
matutaka31 さん
普段は身体を動かすことしか能のない私で、音楽や美術など藝術の鑑賞能力は全くありませんが、
たまには日本の伝統芸術に親しむのもよいかな~とでかけました。
能狂言や歌舞伎は日本の古典文学が外題の殆どで、
演出の仕方は何百年もの伝統から来る形式美・伝統美が見所の一つで分りやすいかな~と思っています。
Commented by dojyou38 at 2017-03-04 20:14
tetsu807-2 さん
私も薪能は阿蘇神社で見たことがあります。
情緒があっていいですね。でも寒かった。
ずいぶん前のことで、演目が何だったか忘れました。
Commented by hibochan at 2017-03-06 07:09 x
私苦手の分野ですが
お二人で観賞これすばらしい よい一日過ごされました 古い町並みでお雛様みてきました
Commented by dojyou38 at 2017-03-06 09:03
hibochan さん
何時もアウトドアーしかやっていないので、
たまには藝術に親しむのもいいかな~なんて格好いいでしょう。
Commented by Uchan at 2017-03-06 16:46 x
能狂言は室町時代の将軍、足利義満により能楽・狂言・茶道は武家の嗜みとされ京都で発展しましたが京都には能狂言の家元・流派が沢山ありましたが、政権が江戸に移ると金剛流を除いて家元は江戸に移り変わり京都には金剛流だけしか有りません。
金剛流の常務理事(事務局長)に先輩がおり、2度ほど観劇しました。金沢にいた頃、加賀独特の加賀宝生流が盛んででしたが観劇したことはありませんでした。
神戸でも能・狂言が盛んで同じマンションの人から観劇券を頂戴して一度だけ家内と観劇しました。
Commented by dojyou38 at 2017-03-06 17:30
Uchan さん
何はともあれ無事退院おめでとうございます。
少し長かったので心配していました。

能狂言の歴史など詳しいのですね。
家元は京都かと思っていましたが、残っているのは金剛流だけですか。
加賀のことは北嶋三郎の「加賀の女」で知りました。


<< 田浦梅園観梅ハイキング(山楽会...      ミモザの花が咲いたよ~ >>