行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 29日

季節はずれの雪に見舞われ2泊3日の伊豆周遊(1)3月26日

                  季節はずれの雪に覆われた箱根仙石原
d0124388_11224140.jpg

d0124388_11344482.jpg家族との調整でこの時期に二人で伊豆周遊を決め、
早めにホテルを予約していた。

4~5日前までは好天が予想されていたが、
その日が迫るにつれ雲行きが怪しくなってきた。

出発当日朝、箱根は前夜に雪が降ったことを知る。
でも、3月末の雪は大したことはないと判断し
マイカーをスタートさせました。

宿泊は伊豆長岡温泉ですが、途中 箱根湿生花園の
ミズバショウを見ていこうと国道1号から
仙石原方面に入ると前から来る車が雪を被っている。

路肩の雪は進むにつれて多くなります。


d0124388_1529334.jpg11:50 湿生花園に着きましたが、『積雪のため閉園』
という告知板とともに『午後から開園』の告知板が
ありましたので近くで昼食をして再訪しました。

しかし『午後から開園』の告知板が外されていました。
残念ながらミズバショウを諦め長岡に直行することに。

仙石原から長岡へは芦ノ湖スカイラインが近道。
ゲートに向う途中は1枚目の写真のような雪景色。

標高1000mのスカイラインの通行止めを心配しながら
ゲートにいくと、御殿場方面は閉鎖だが三島方面は
今除雪が終わり通れるようになったとのこと。




                         スカイラインからの芦ノ湖(静かなモノトーンの世界ですが漁する船が出ています)
d0124388_15585676.jpg

d0124388_1631131.jpg芦ノ湖スカイラインは湖の北端から南端まで
標高1000m近いところを約12kmの長さです。

乗り入れるとまさに除雪が終わったばかりのようで、
すれ違う車は殆どありません。

スカイライン両側は樹氷の壁で、
私には登山の時にしか見られない景色を楽しみながら
順調に国道1号へとドライブしました。

道路わきのパーキングには除雪作業を終えたばかりの
スクレーパーを作業員が掃除していました。

   
     つ づ く




[PR]

by dojyou38 | 2017-03-29 10:58 | 旅行 | Comments(6)
Commented by hibochan at 2017-03-30 07:26 x
箱根雪でしたか 箱根なんて二十年前訪れただけ
地の利がうかがわれます
突然の大雪で高校生が雪崩事故残念です
Commented by dojyou38 at 2017-03-30 13:17
hibochan さん
葉山から箱根へは渋滞さえなければ90分の距離です。
那須スキー場での高校生の事故は遺族・関係者には悔やんでも悔やみきれない惨事です。
登山には危険がつきもので、私も何度か落命の危険に遭遇したこともありますが、
今回の事故は前途ある高校生で指導者の下での訓練中だっただけに納得できないものがあります。
Commented by tetsu807-2 at 2017-03-30 16:55
季節外れとはいえ、銀世界の中のドライブ旅行はそれなりに
楽しかったことでしょう。水芭蕉に会えなかったのは残念
でしたね。私は尾瀬ヶ原で木道を歩きながら楽しみました。  
Commented by dojyou38 at 2017-03-30 20:34
tetsu807-2 さん
葉山にいては滅多に雪景色は見られないので興奮気味でした。
でも今日から続く旅程を考えるとちょっと憂鬱。
私はミズバショウの尾瀬は経験ありません。
草紅葉の頃、一度行ったことがあります。
Commented by matutaka31 at 2017-03-30 21:29
季節外れの大雪、聞きしに勝る景観に驚いています。
スカイラインを夏よく走りましたが、途中野猿の出会ったことを思い出しました。
この寒さでは、サルも尻込みしていることでしょう。
Commented by dojyou38 at 2017-03-31 08:31
matutaka31 さん
スカイラインは私は初めてでしたが、野猿にもシカにも会いませんでした。
快晴であれば標高1000mからのパノマラが楽しめるのでしょうが、
雪交じりの濃霧に包まれて景色は望めませんでした。


<< 季節はずれの雪に見舞われ2泊3...      小網代の森(今日のウォーキング) >>