行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 14日

六甲山縦走 2(有馬温泉街)

六甲最高峰から思いのほか順調に下山できたので、夕食までの時間を利用して温泉街を散策した。
温泉街は夕闇迫る頃からが雰囲気がよいのだろうが明日も早朝からトレッキングが待っているので、
僅かな時間を利用して中心街のみを駆け足で廻った。


d0124388_9272031.jpg

d0124388_9465578.jpg有馬温泉の歴史は道沿いに
掲げられていた上の説明板の通りで
日本最古の歴史を誇るそうです。

歩いてみると狭い温泉街にたくさんの寺院が
ありましたが、上の説明のように行基菩薩や
仁西上人が有馬の発展に寄与したことが
分り納得しました。

温泉街の道路沿いには神社仏閣の他、
当然のことながら泉源幾つもあるのですが、
写真の天神泉源のように湯煙を出している
ところは他に見当たらなかったです。
湯煙では別府が一番かな・・・

太閤通に通じる商店街 ↓(定休日でした)

d0124388_9275922.jpg有馬温泉は関西の奥座敷と言われているが、
私達が訪れたのは連休明けの平日で、
雰囲気ある街並みも商店の定休日だったため、
写真のように閑散としたもの。

もう少し賑わいのある風景を期待していたが残念。

湯煙では別府の後塵を拝するとしても、
歴史上の物語では有馬に勝るところは無いだろう。

その一つは秀吉の度々の来駕で、
その縁を語るものとして中心を流れる有馬川には
太閤橋とねね橋が架かり、其々の袂には
其々の像が据えられていました。



                                 秀吉とねね の像

d0124388_223724.jpgd0124388_2233855.jpg










クールダウン程度と軽い気持ちで出掛けたが、宿泊するホテルは街の一番上、山沿いにある。
見物するうちにどんどん下って有馬川まで下ってしまいました。
帰りはずーと登りの坂道と階段、結構きつかったです。

温泉をゆっくり楽しんだ後、宴会の時間です。
父の葬儀のためリタイアーしたAさんのことを思いながらも、過去約10年共に歩んだ山旅を振り返ったり、
来年の計画にまで話が及び時間があっと言う間に過ぎていきます。
明日の予定もあるので2時間で切り上げたが、この辺で切り上げるところに歳をとったことを実感しました。

[PR]

by dojyou38 | 2017-05-14 05:48 | 街並みウォッチング | Comments(12)
Commented by Uchan at 2017-05-15 21:41 x
天下を取った太閤秀吉のドラマには必ず有馬温泉のシーンが出てきます。
有馬の土産店街の近くに日曜日には猿回しの大道芸あり、家族連れの温泉客に人気があり、投げ銭の篭にはお金が沢山入っています。
正月には有馬芸妓のパホーマンス踊りもありこれも人気があり、一度行ってみたいと思っていますが、TVでみるだけです。
Commented by taminamikawa1 at 2017-05-15 22:41
関西には現役の頃、16年間住んでいましたので、有馬温泉には何度か来たことがありますが、ゆっくり散策したことはありませんでした。
今回、温泉街やねね橋、ねね像、太閤橋、金の湯、銀の湯等をゆっくり散策しました。
Commented by とんぼ at 2017-05-16 07:59 x
六甲山へは若いころ行った記憶があります。ただし登山ではなくドライブです。自然との触れ合いはほとんどありませんでした。
有馬温泉へは子度がまだ小さかったころ家族で行った記憶があります。神戸方面は近いようで遠いです。
Commented by dojyou38 at 2017-05-16 08:04
Uchan さん
有馬では日曜や正月には様々なパフォーマンスが楽しめるのですね。
私達が泊まったのは平日でしかも商店街の定休日だったので閑散としていました。
Commented by dojyou38 at 2017-05-16 08:07
taminamigawa1 さん
今回の有馬温泉は登山の途中、山小屋代わりにたまったようなもの。
それでも、僅かな時間を有効に使って温泉街を散策できたのはよかったですね。
Commented by dojyou38 at 2017-05-16 08:16
とんぼ さん

私も阪急沿線に在住していた若い頃、六甲をドライブしたり有馬温泉にも
行ったことが有りますが明瞭な記憶が殆どなかったです。
阪急沿線から奈良が遠いと同様に京阪沿線からは六甲は遠いと感じることでしょう。
Commented at 2017-05-17 07:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hibochan at 2017-05-17 07:18 x
ハイキングの後の温泉うらやましい
仲間と話しが弾むことでしょう
半世紀前北陸時代宝塚歌劇と有馬温泉のかすかな記憶
秀吉の話は 後になってから知りました
Commented by dojyou38 at 2017-05-17 08:47
matutaka31  さん
私もこれまでは温泉に行っても温泉街を散策することは殆どありませんでした。
Commented by dojyou38 at 2017-05-17 08:50
hibochan さん
九州にいるときは登山の後は何時も温泉でした。
山行を計画する時から下山後の入浴を何処の温泉にするかを決めていました。
Commented by tetsu807-2 at 2017-05-17 11:51
有馬温泉は中学時代の親友4人が久しぶりに再会した
場所です。当時私が人吉の方に移転したため、音信普通に
なって居て、探し当ててくれて東京と熊本の中間あたりで設定してくれたようです。秀吉とねねの像や六甲のケーブルカーを想い出します。
Commented by dojyou38 at 2017-05-17 19:03
中学時代からの友情が続くよい友達がいて素晴らしい。
私は大阪に17年も勤務しながら、有馬の温泉街を散策したのは初めてでした。


<< 六甲山縦走 3(有馬三山)5月11日      六甲縦走 1(東おたふく山~六... >>