行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 17日

六甲山縦走 3(有馬三山)5月11日

                      落葉山麓のシャガ群生地を登る
d0124388_2220858.jpg

二日目の予定:有馬三山の縦走
 有馬と六甲を東西に貫く尾根の間に南北に並ぶ落葉山(533m)灰形山(619)湯槽谷山(801m)を有馬三山と呼ぶ。
今日の予定
 8:00 登山口~落葉山~灰形山~10:30湯槽谷山~12:30極楽茶屋跡(昼食)~六甲ガーデンテラス
 14:00バス=ケーブル=バス=15:30阪急六甲にて解散。

 
d0124388_8211041.jpg今日は予報どおり朝から晴れ渡る。
8:00 ホテルを予定より少し遅れて出発。

昨日散策した温泉街を太閤道まで下り、
8:20 登山口より登り始める。

落葉山への登山道は山頂近くに祀られている
妙見堂の参道でもありるので、
良く整備されているが初めからかなりの急勾配。

暫く登ると登山道沿いはシャガの群生地に
入りましたが、シャガは花の艶やかさと比較し
匂いを殆ど感じませんでした。
 (1枚目の写真)



d0124388_21561883.jpg 8:50 落葉山登頂。
登山口での遅れを10分取り返す。
これから登る灰形山や湯槽谷山が眼前に、
六甲最高峰の山頂は雲に霞む。

落葉山山頂に隣接するように
立派なお堂(妙見堂)が鎮座しています。

室町時代 後小松天皇の勅願により
有馬温泉鎮護の寺として妙見大菩薩本尊とする。

今日のハイキングの安全を祈願して
灰形山に向いました。




d0124388_95221.jpg灰形山へは
落葉山から100mほど下りてから上り返します。

急坂が続きますがモチツツジやシロバナツツジが
登山道を飾り癒されながら登ります。



d0124388_1055887.jpg







d0124388_1010182.jpg
















d0124388_10274657.jpg 9:30 灰形山登頂
予定より相変わらず10分遅れだがまずまず順調。


← 灰形山頂より湯槽谷山を望む

灰形山より湯槽谷山へも150mほど下ってから
上り返すが、山頂直下は急な階段が続く。









d0124388_1051244.jpg10:25 湯槽谷山登頂
頑張って遅れを取り返し予定より早く到着。

急坂の階段を登ってきたのに鈍頂で
樹木にに囲まれ眺望がありません。

山頂から湯槽谷に下って、番匠屋畑尾根を
ドライブウエイが通る六甲山頂へ上り返す。

途中にはミツバツツジが有りました。
九州にいるときは毎年ミツバツツジを求めて、
幾つもの山に出掛けていたので懐かしかった。





d0124388_1134198.jpg12:00 計画より30分早く極楽茶屋跡に
着いたので少し足を延ばし、
六甲ガーデンテラスで昼食としました。

計画書を見直すと阪急御影16:40のバスまでは
約2時間の余裕時間があることが分り、
その余裕の時間でで六甲植物園を散策。

(植物園で見た花はページを改めUPします)








               六甲ガーデンテラスから俯瞰した神戸港は濃い霞の中でした
d0124388_1711923.jpg


その後、ケーブルとバスを乗り継いで阪急六甲まで下りてきましたが、
まだ時間に余裕があり駅近くのカフェに立ち寄りビールで乾杯して解散。

今回の計画を中心になって企画段取りしてくれたAさんは、父の急逝で忙しくしていることだろう。
彼は奈良在住だが父の看病のため約10年間、主に福岡に在住していて私達の仲間となり、
ここ数年は若手のホープとして山行の世話役をして私たちの面倒を良く見てくれました。

父がいなくなると彼は当然家族の待つ奈良に帰るるだろう。
そうなれば福岡グループの平均年齢は一挙に上がり、来年からの遠征登山がこれまでのように出来るか不安に思う。
同時に私自身も体力・脚力の衰えを自覚するだけに、もし実施されても来年以降の遠征に参加できるだろうか・・・
そんなことを思いながら大阪伊丹空港からの羽田便で当日の内に帰宅しました。



[PR]

by dojyou38 | 2017-05-17 12:10 | 登山 | Comments(10)
Commented by とんぼ at 2017-05-18 12:25 x
ミツバツツジがまだ咲いていたのですね。モチツツジも咲いてにぎやかだったのですね。
山で花を見ると癒されますね。
Commented by dojyou38 at 2017-05-18 16:39
とんぼ さん
ミツバツツジが咲いていたのは六甲の北斜面でした。
それにしても咲くのが遅いと思いましたが、
九州でミツバツツジを見慣れている同行の人たちが、
そのように言うのでミツバツツジとしました。
Commented by PANDORA at 2017-05-18 21:47 x
こんばんは!
 二泊三日の六甲・有馬三山ご苦労様でした。途中でリタイアして大変ご迷惑をおかけ致しました。
 福岡での登山はこれで終わりますが、関西では続けようと思っています。
 本州での山行は是非参加したいと思っていますので、dojyou38さんもご一緒しましょう!
 福岡の方は強力な女性陣も加わり、しばらくは安泰だと思っています。
 次の再会を楽しみにしています!
Commented by hibochan at 2017-05-19 07:28 x
有馬三山踏破ご苦労様でした
心地よい汗だったでしょう シャガ目に付くようになりました
六甲の夜景とルミナリエ合言葉にしてましたが
実現できません
Commented by dojyou38 at 2017-05-19 11:50
PANDORA さん
お父さんのご葬儀などでお疲れになったことと思います。
私達はPANNDORAさんが私たちの脚力を考慮して余裕のあるコースタイムを設定してくれたので、
お陰様で2日間計画通り歩くことが出来ました。
有難うございました。
Commented by dojyou38 at 2017-05-19 11:55
hibochan さん
私も六甲からの夜景は独身の頃見ただけで、何十年も見ていません。
ルミナリエ、連れ合いは福岡から見に行きましたが私は未体験です。
これからもTVで我慢することになるでしょう。
Commented by Uchan at 2017-05-19 22:01 x
六甲ガーデンテラスは長女家族と数度行きましたが大阪湾がスッキリと一望できる日は滅多にありません。やはり、綺麗に観られるのは晴天の11月下旬~12月だろう思います。
1月に家内と六甲ガーデンテラスの近くの「氷の彫刻展」へ行ったときは、かなり大阪湾(瀬戸内)が綺麗に羨望できました。
Commented by dojyou38 at 2017-05-20 09:41
Uchan さん
六甲から眺めも葉山から富士を眺めるのと同じで、
冬場でないとすっきりとした展望は難しいようですね。
Commented by taminamikawa1 at 2017-05-20 21:35
関西には16年も住んでいましたが、その頃は登山には縁が無く、六甲山にはドライブで行った思い出があります。
今回の5座は勿論、初めての山歩きでしたが、ハイキングコースで歩きやすかったですね。
Commented by dojyou38 at 2017-05-21 08:44
taminamikawa1 さん
私も社会人スタートから17年間大阪勤務でしたが、その頃は休みも少なく、
ハイキングなどする機会は殆どなかったです。
六甲も会社の行事や仕事で行ったくらいでした。


<< 六甲縦走 4(六甲高原植物園)      六甲山縦走 2(有馬温泉街) >>