2008年 05月 15日

三度目の英彦山

英彦山のシンボル・(かね)の鳥居
d0124388_11501267.jpg
英彦山は修験の山として有名ですが、佐賀・鍋島公の尊崇熱く、
この鳥居も1637年藩主・鍋島勝茂によって寄進されたものである。
d0124388_11511380.jpg
坊は修験者の住まいで、その一つ財蔵坊は修復され民族資料館となり、
見学者にお茶の接待をしており、そのため囲炉裏に火が入っていた。
d0124388_11531180.jpg


英彦山の参道には珍しく三椏の群落があちこちにありましたが、既に花の峠は過ぎていました。








d0124388_11544440.jpg


英彦山一帯は平成3年の19号台風で甚大な被害を受けました。
この立ち枯れた杉もその時、枝葉をむしりとられ枯れたものである。

また、登山道には何箇所も巨木が倒れ行く手を阻んでいます。

初めて登ったのは、まさに19号の直後で、枝葉を付けたままの巨大な倒木の下をくぐり、
上を跨ぎ難儀して登ったことを覚えています。









d0124388_11574817.jpg


d0124388_1159015.jpg

英彦山山頂

英彦山には北岳・中岳・南岳の三峰があり、ここは上宮が祀られている中岳です。

登山のベテランに案内されて2回目に登った時はこの三峰を踏破し、
更に下って鬼杉と言う巨木をみて、玉屋神社に参って奉弊殿に上がってきたのですが、
辺りは真っ暗 右ひざガクガク泣きながら下山しました。









山頂からの眺望
d0124388_120969.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2008-05-15 11:56 | アウトドアー | Comments(4)
Commented by tetsu807-2 at 2008-05-15 22:04
dojyouさん 冬のトンネルから抜け出したとたん、待ってました!と、ばかりに春から初夏へこの素晴らしい季節を充分に謳歌しておられますね。
英彦山は何度登ってもよい山です。私はもう少しお預けです。
Commented by dojyou38 at 2008-05-16 11:05
tetsu7-2さん
そうなんです。寒がりの私は冬山は最初から諦めています。
暖かくなると、体調も良く出かけたくなります。

英彦山は変化に富み、ルートもいろいろあり楽しい山ですね。
全快したら一緒に出かけましょう。
Commented by taminamikawa1 at 2008-05-16 22:19 x
英彦山へは観光で車で行った事はありますが、
登山経験はありません。
昨年10月から歩こう会に入会しましたので、
初心者コースの登山から始めたいと思っております。
まず、手始めに
先日、近くの片縄山に登りました。
登山というより、ハイキング?でした。
小生の下記ブログ「日々是好日」にアップしております。
http://taminami.exblog.jp/7082076/
Commented by dojyou38 at 2008-05-17 09:10
taminami1さん
英彦山は福岡では高い方の山で、眺望もよく、途中修験道の史跡など
変化に富んだ山ですが、前半 急登の坂が多く登山と言う感じがします。
でも、ゆっくり登れば大丈夫、行けますよ!

片縄山は知りませんが(ブログ見ました)、
私の近くで良く登る叶岳(340m)と変わりませんね。
私も登山は現役中は殆どなく、5年前からぼつぼつ始めました。



<< 呼子大橋      発芽率 >>