行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 15日

九千部山に登る

秋晴れに誘われ思い立ち九千部山(848m)に向かいました。
九千部山は今年8月に登った背振山(1055m)の東に連なる山です。
山の名は平安の昔、僧が風水害を鎮めるため1万
部の読経に入ったが、
9千部で命を落とした故事に由来するとのことです。


d0124388_1102971.jpg

那珂川グリーンピアに駐車し、
林道を10分ほどで左折し登山道に入る。

いきなり、
「毒ヘビ」注意の看板が・・・嚇かすなよ~




桜 谷 川
d0124388_16414346.jpg
登山は那珂川の支流・桜谷川に沿って、何回か沢を渡りながら上っていきます。
小川であるが急勾配なので中腹までは沢のせせらぎが良く聞こえる。

広葉樹林
d0124388_1646068.jpg
杉林を過ぎると、樹林は広葉樹の自然林となり沢山の野鳥のさえずりが耳に心地よく、
沢のせせらぎと相まって疲れを癒してくれる。
落葉樹もまだ夏の装いで、紅葉への衣替えは未だこれからのようでした。 
頂上に近づくにつれ道はなだらかになり、気軽な散歩道となる。

九千部山頂d0124388_16471841.jpg

山頂には不動明王や弁財天を祀る石祠や展望台があり、平坦な広場がありたくさんの人が弁当を広げていた。














頂上に林立する鉄塔d0124388_16484132.jpg
昔 信仰の山も今は
ITの司令塔に

放送・電話などの電波塔が
たくさん立つ。

そのメンテのためか頂上まで車道が通る。






                                 マムシ注意の警告d0124388_16552974.jpg

山頂の広場でビール飲んで、昼飯食って、
展望台から四方を眺め、満足!満足!
さー下山しようかなと展望台を降りると、
目の前にこの看板。
登山口にもあった。
ここにはそんなに毒蛇が多いのだろうか。
[PR]

by dojyou38 | 2008-10-15 11:01 | アウトドアー | Comments(18)
Commented by tetsu807-2 at 2008-10-17 10:13
九千部山は2年くらい登っていないような気がします。
仲間が登ったと聞くと、山きちが頭をもたげてきますが、そうそうは体力がついていかないのが、なんとも歯がゆいところです。
Commented by udon at 2008-10-17 10:18 x
九千部山は我が家の窓から、毎日見ています。お天気予報のバロメーターになるので、いつも黒雲がかかりここだけは雨が多いのですが
最近は秋の空、電波塔がスッキリと見えます。それにしてもお元気ですね
Commented by taminamikawa1 at 2008-10-17 11:34
九千部山は小生が住んでいる那珂川町のシンボル的な山でありながら、
まだ登っていません。

>沢のせせらぎが良く聞こえる
>沢山の野鳥のさえずりが耳に心地よく、
>沢のせせらぎと相まって疲れを癒してくれる。

灯台下暗しで、九千部山は良山のようですね。
是非、機会を作って登頂したい山ですね。
Commented by dojyou38 at 2008-10-17 16:20
tetsu807-2さん
しょっちゅう登山していても、もう2年も登っていませんか。
そうですね。山はたくさん有りますからね。
私なんか、2度以上登った山は数えるほどです。
同じ山をルートを変えながら登るのも楽しいと思うのですが・・・
Commented by dojyou38 at 2008-10-17 16:21
udonさん
自宅から九千部山が見えますか。
登ってみて知ったのですが、車道が山頂まで整備されているので、
若いペアー・熟年ペアー・子供連れなどピクニックにたくさん来ていました

自宅から眺めるだけでなく、一度山頂からの眺めも楽しんでください。
Commented by dojyou38 at 2008-10-17 16:24
taminamikawaさん
おらが町の山ですね。
登るルートは幾つも有るようです。
車で山頂まで行って、九千部から石谷山まで稜線を往復2時間の
トレッキングも楽しいと、山で会った地元の方が言っていました。
Commented by mr-okina at 2008-10-18 07:37
いつも元気でタフなdojyou38さん・・最近は登り過ぎでは無いですか?
九千部山には07年7月にこのコースをマムシの居そうなコースですね!
昔は山頂に駐車して石谷山への尾根縦走を楽で好きなコースでした、
今度は同行登山お願い致します。
Commented by dojyou38 at 2008-10-18 09:12
mr-okinaさん
一度右膝を痛め,もう山は駄目かなと思ったもですが、最近調子良いです。 
それで、もう先が無いですから今の内にと思っています。

それと、私はまだビギナーですから人を誘う勇気がありません。
mr-okinaさん、 どこか誘ってください。よろしく。
Commented by reo7137 at 2008-10-18 10:33
dojyouさん、本来、山にはあまり縁のない方ですが最近は足をと腰を
痛めてとんと無沙汰状態です。それだけに積極的に山を求めて且つ気軽に行動されるdojyouさんが羨ましいです。
Commented by gxmwm944 at 2008-10-18 13:46
dojyou38 さん 九千部山登頂おめでとうございます。メダカさんとお二人での登山は気軽で良いものですね!内はかみさん登らないので気合の這入りようが違いますね!那珂川グリンピアからの登山は中々きついコースですね!距離はありますが坂本峠方ですと
かなりフラットに登れたのを記憶しています。
こんごもドシドシ福岡の山を制覇され写真をUPして下さい。
楽しみにいたします。
Commented by dojyou38 at 2008-10-18 16:29
reo7137さん
私は学生時代チョコット山登りの手ほどきを受けましたが、
社会人になってからは殆んど登ったことがありません。
リタイアーして登り始めたら右ひざを痛め、もう山は駄目かと思っていたら、
最近調子が良くなったので、今のうちにと せっせと登っています。
もう長くは続けられないと思っています


Commented by dojyou38 at 2008-10-18 16:39
gxmwm944さん
本当の山好きさんは一人で登るのでしょうが、私は1人ではどうも・・・
他の人を誘うには経験不足。
メダカはモルモットのような物です。 しばらく、2人で登ります。
Commented by metase36 at 2008-11-12 22:46 x
那珂川町の方から九千部山に登りたくてネットを見ていたらdojyou38
のがありました、参考にさせていただきます。
グリーンピアが閉鎖し、登山口が分からなくなっていました。
Commented by dojyou38 at 2008-11-13 01:08
metase36さん
私は山登り初めて1年余りのビギナーなので、
殆んど山の先輩についていきます。
最近は自分でガイドブックを見て登ることもありますが、
山の中で迷うより先ず登山口を見つけるのが一苦労です。

登山口までの進入路道が工事中で通れなかったり、
目印になる施設の状況が全く変わっていたりすることがありますね。
那珂川グリーンピアもその一つのようです。 私も迷いました。
Commented by metase36 at 2008-11-13 17:22 x
dojyou38さん   早速の返信ありがとうございます。
今日行こうと用意したのですが、急用ができ行けませんでした。
仕方なく昼近く、超近場の山を歩いてきました。
早い時期に行きたいと思っています。

昨晩は、敬称が漏れてしまい済みませんでした。
Commented by dojyou38 at 2008-11-16 22:10
metase36さん
もう登られましたか。
休館したグリーンピアを通り過ぎて、少し進むとグリーンピアキャンプ場管理棟の
駐車場に駐車して登ってください。
Commented by metase36 at 2008-12-13 20:50 x
dojyou38さん   こんばんは
延び延びになっていた、九千部山きょう登ってきました。
教えていただいた、キャンプ村の入口すぐ分かりましたが、
10月末で営業が終わり入口閉まっていました。(来年3月まで)

少し戻り、グリーンピア入口に車を止め登りましたが、桜谷コース
への入口(林道)を通り越してしまいましたので、そのままグリーンピア
の中を登りました。

帰路は、桜谷コースを降りました、沢に沿って歩くのは
気持ち良いですね。
登りが単調でしたから、余計に感じます。
でも、念願が叶い良い山行ができました。
ありがとうございました。



Commented by dojyou38 at 2008-12-14 23:17
metase36さん
念願の九千部山登頂おめでとうございます。
昨日は天候もまずまずだったでしょう。

キャンプ村、シーズンオフで休業していましたか。予定が狂いましたね。
私も単独行の時は、何時も登山口が間違ってないか不安になります。

私が登った時は未だ暖かかったので、
頂上にはたくさんの登山者が居ましたが昨日は如何です高。


<< マンション大規模改修-5:改修...      野草観察 >>