行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 06日 ( 1 )


2017年 11月 06日

3度目の相模大山ハイキング

三回目の大山ハイキングですが今回は山楽会の例会で、
足弱の方も参加しているので山頂は目指さず下社から日向薬師へ下りるコースを設定しました。

コース
 大山バス終点(9:30)~茶湯寺~こま参道~ケーブル追分駅=大山寺駅=下社駅(阿夫利神社)~
 二重の滝~見晴台(昼食)12:10~12:40)~勝五郎地蔵~
 林道出会~石雲寺~日向薬師~(15:25)日向薬師バス停


d0124388_09493033.jpg
8:50 伊勢原駅に集合しましたが、
大山と言うだけでハードと思われたのか
参加者は僅か11名と少なかった。

朝から晴れ上がり絶好のハイキング日和。
伊勢原駅前に阿夫利神社の大鳥居がありましたが、
旧参道はここから始っていたようです。

駅北口ターミナルに次々とバスが入ってきますが、
土曜日と言うこともあって、どのバスも
ハイキング・参拝客で満席、臨時便が出ています。
私達は何とか2台目に乗り込めました。



d0124388_10192299.jpg
足弱な参加者のために、
下社まで徒歩組とケーブル組に分けました。
私は世話役で大山ケーブル未体験だったので、
ケーブル組に付いて上ることにしました。

9:30 大山ケーブル駅バス停で準備運動して
歩き始めましたが、大勢のハイカーで
ケーブル駅までのコマ参道は
スムーズに歩けないほどです。

バス終点からケーブル駅までは
大山の代表的な土産・独楽の名をとって
コマ参道と言いますが、道の両側には宿坊や
名物とうふ料理店・みやげ物店が立並んでいます。


d0124388_11011706.jpg
コマ参道の途中にある茶湯寺を拝観しましたが
没後101日目を迎えた多数の故人の縁者が
静かに茶供養をしていました。

ケーブル駅には乗車待ちの客が駅前に溢れ
私達も30分待ちました。
これは全くの想定外の時間ロスでした。

ケーブルは標高400mから678mの下社駅まで
登りますが私達は大山寺駅で途中下車しました。
大山寺にはケーブル待ちをしている間に
女坂を歩いた組が先に着いて待っていました。
        中間駅・大山寺駅 →


d0124388_15092191.jpg
大山は真言密教の修験道場であったが、
明治の神仏分離により阿夫利神社は山頂に残り、
大山寺は下社の下に移されたそうです。

弘法大師が住職を勤めた寺としても有名で、
大師に纏わる言い伝えが幾つも残っている。

江戸時代には春日局が2回も参詣され、
家康も仏教道場として整備に尽したようです。

私達はここからも女坂を上る組と
ケーブルに分かれて下社に登りました。


d0124388_16055493.jpg


11:20 阿夫利神社下社に上ると大勢の参拝客やハイカーで賑わっていました。
こんなところにも外国人がたくさん混じっていて、国際化していることを実感しました。
早く着いたケーブル組が色付き始めた黄葉を楽しんでいると、
間もなく徒歩組も上ってきましたので、一緒に下社拝殿に向いました。

d0124388_16062016.jpg




d0124388_21011610.jpg
阿夫利神社拝殿で今日のハイキングの
無事安全を願って拍手を打ち、
昼食場所の見晴台に向いました。

途中にある二重の滝を見て、
杉の大木・絆の木やモミの原生林などの
森林浴を楽しみながら上っていきました。

見晴台は今日の最高点770mで緩やかな坂で
歩きやすい登山道でしたが、絆の木を過ぎた頃から
参加者の1人が遅れだしました。

皆でフォローしながら歩を進めましたが、
見晴台の先、九十九曲の下りが心配になる。

12:10予定より少し遅れて上がってきました。
見晴台は予想した通りハイカーで賑わって
いたが、何とかテーブルを確保して昼食。

快晴で見晴台から見上げる大山の紅葉は
相当進んでいるようでした。 ↓
     
d0124388_13181051.jpg

d0124388_10552290.jpg
12:40 日向薬師に向けて下山を始めました。

700mばかり下りたところに等身大の
勝五郎地蔵がありますが、そこまではルンルンの
平坦な稜線はススキの穂が陽に輝いていました。

この大きなお地蔵さんは鎌倉の石工が建てた
というだけで詳しいことは分りません。

お地蔵さんを過ぎると「九十九曲」と云われる
ジグザグの急坂が1kmほど続きます。




d0124388_10561248.jpg
道はしっかりした1本道なので先頭組は快調に下り
見えなくなる一方で、予想したとおり1人が極端に
遅れだしました。
仲間がリックを担いだりしてサポートしますが、
ペースが上がりません。

二人の世話役以外は全員初めてのルートなので、
私は先頭と故障者の間を行ったりきたり。

先頭を待たせていた林道出会いに
全員揃ったところで、故障者と3人の
サポータは林道を下りるルートに変更。

相談の上私は他のメンバーを
予定コースに案内することになりました。


d0124388_13454138.jpg
林道出会いから山道を下り、日向川沿いの
舗装道路を日向薬師に向う途中、大友皇子の
墓標がある石雲寺に立ち寄りしましたが、
まだ修復工事中でした。

日向薬師までの道中にある美しい三重の塔が
ある浄発カ願寺などにも寄る予定だったが、
計画より遅れていたのでパスしました。

その後、日本三大薬師と言われ奈良初期に
行基によって創建された日向薬師を拝観。
15:25 予定のバスにぎりぎり間に合い
伊勢原駅に向かいました。
  ←日向薬師仁王門

              薬師堂(本堂) ↓
d0124388_13393604.jpg
私たち7名はこのようにして、ほぼ計画通りに例会を遂行し
大船駅で途中下車して反省会を兼ねて餃子の王将で夕食をしました。

故障者をサポートしてくれた方たちは林道を下り日向キャンプ場の駐車場で
親切な車に同乗させてもらって、私達より1時間ほど早く伊勢原駅に着き帰途に就いたそうです。

その報告を電車の中で聞いていたので、安心してビールが飲めました。
山楽会の例会でこんなにトラぶったことは初めて。
でも、これから会員の体力・脚力も衰えていく、
今後の計画に今まで以上に注意を払わなければと思いました。


[PR]

by dojyou38 | 2017-11-06 11:40 | アウトドアー | Comments(10)