行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:植物観察( 28 )


2017年 04月 30日

大船フラワーセンター(2)

                    大船フラワーセンター和風庭園
d0124388_21314932.jpg

d0124388_21403846.jpgフラワーセンターには当然のことながら温室、
牡丹園、バラ園、などたくさんのエリアがありますが、
植物園には珍しく日本庭園もありました。

バラ・フジ・チューリップなど今を盛りと咲いている中で
日本庭園は咲いている花が少なかったです。
その中で目を引いたのがシダレエンジュ →

春なのに葉は無く枯れ枝のようなこの枝振り。
エンジュと言うからマメ科でしょうから花は白と思うが、
どんな姿になるか想像するだけで楽しい。






d0124388_2271252.jpg  次に注目したのはバクチノキ
バクチノキに初めて出会ったのは立花山。
大濠公園にもありましたが、
こんな名前の木あるものかと思った。

何れも花は見ていなかった。今日初めて花に会う。
この木は正確にはセイヨウバクチノキ。
福岡で見たものとは木肌の感じが少し違うようです。

福岡での記憶では博打で身包み取られて丸裸。
木肌はやや赤みを帯びていたがこれは黒っぽかった。

何時ものことで植物園ではその種類の多さは
当然だが、花の色・形だけでなく名前のユニークさに
驚き、かつ少々食傷気味になって疲れました。

出会った花の中から幾つか紹介させていただきます。
しかし、温室で見た4点は名札が付いていたが正しいかどうか怪しいのではと思っています。

ネオレゲリア(パイナプル科南アメリカ)                    ウォールフラワー
d0124388_937874.jpgd0124388_9373719.jpg













ダツラインシグニス(オレンジ)                           エルドラド
d0124388_1523575.jpgd0124388_15254613.jpg













ボタン・太陽                                       ボタン・島錦
d0124388_15422927.jpgd0124388_15434978.jpg

















[PR]

by dojyou38 | 2017-04-30 15:50 | 植物観察 | Comments(8)
2017年 04月 26日

県立フラワーセンター大船

d0124388_11535112.jpg鎌倉の大船で車の定期検査を受けました。

車のサービスセンターの近くに大船フラワーセンター
があり、検査の待ち時間を利用して見物しました。

もう既に八重桜もピークを過ぎていていましたが、
何とかその名残を楽しむことができました。

チューリップ・ボタンやフジなども満開を迎えようと
していました。


d0124388_9412764.jpg








d0124388_1040386.jpg


















d0124388_1055938.jpg 
これまで落葉したハンカチの木しか見たことが
無かったので期待したが、まだ白いハンカチには
なっていませんでした。

私は白いハンカチをぶら下げたような写真で見て
いたので、その白いハンカチが花弁かと思っていた。
大変な勘違いでした。

花を包むように出ている2枚の薄緑葉が大きくなり
白く変色してハンカチのように見えるのだそうです。
黒っぽく見えるのは蕾で、花が咲くと白っぽくなる。

  ハンカチノキ ⇒

限られた時間だったので隅々までは見られなかったが
フラワーセンターですからたくさんの花がありました。
それらは、ページを改めて紹介したいと思います。




当日出会った桜(その中から9種)





白妙(シロタエ)                                 手弱女(タオヤメ)              
d0124388_1259533.jpgd0124388_12592676.jpg
















福禄寿                                        兼六公園菊桜d0124388_1324892.jpgd0124388_1333078.jpg













 
泰山府君(タイザンフクン)                              王昭君d0124388_1361769.jpgd0124388_1372677.jpg














千里香(センリコウ)                                  御衣黄(ギョイコウ)
d0124388_16494738.jpgd0124388_16502359.jpg














     関  山
d0124388_13125523.jpg




[PR]

by dojyou38 | 2017-04-26 11:46 | 植物観察 | Comments(10)
2017年 04月 20日

箱根湿性花園(2) 4月12日

d0124388_12492794.jpg先日 箱根湿性花園のミズバショウとカタクリを
紹介しましたが、他にもたくさんの湿性植物が
展示されていました。

まだ降雪があったばかりの高地だったので、
この時期に花が咲いているのは多くは有りません。

僅かですが身近に里山などでは滅多に出会えない
ものなので紹介させていただきます。



 箱根湿性花園の管理棟(入場ゲート) →




ミスミソウ                                        ニリンソウ
d0124388_1403618.jpgd0124388_1417100.jpg













エゾリュウキンカ                              ???PANDORAさんからイワウチワではとの指摘
d0124388_1435350.jpgd0124388_1441412.jpg














オオバナノエンレイソウ                              ザゼンソウ d0124388_147974.jpgd0124388_147255.jpg















d0124388_1411082.jpg山野草や花木がたくさん植えられ展示されて
いましたが、時期的に開花しているものが少なく、
硬い蕾のものも多かったです。

ゴールデンウイークの頃になると、
賑やかに華麗な姿のになると思われるので
その頃にまた訪ねたいと思います。

水辺の堤を彩るトサミズキ
[PR]

by dojyou38 | 2017-04-20 12:15 | 植物観察 | Comments(10)
2017年 04月 12日

ミズバショウとカタクリ(箱根湿性花園)

d0124388_1829067.jpg

d0124388_21123725.jpg先月26日伊豆への途中、箱根でミズバショウカタクリが見られると言うので湿性花園に立ち寄ったが、
残念ながら積雪で閉園であった。

それ以降、天候不順が続いていたがやっと
回復したので連れ合いと 箱根まで出掛けました。

今日は常に渋滞している西湘バイパスも国道138号も
比較的すいすい、2時間足らずで駐車場に入る。

今日の箱根の天気は晴天の予報であったが、
曇り勝ちで薄ら寒い。それでも久し振りの好天予想に
園内はそれなりに大勢の観光客で賑わっていました。




d0124388_2275177.jpg箱根町立湿性花園は箱根の仙石原温泉地区にあり、
秋のススキで有名な台ヶ岳山麓に隣接しています。
湿原環境保護を目的に40年前に作られました。

園内には湿性植物を中心に高山植物や外国の
植物まで約1700種が育成されているそうです。

でも、今の時期はミズバショウとカタクリが
有名で人気があるようです。

ミズバショウは尾瀬が有名ですが、ミズバショウの
シーズンに尾瀬を見たことが無く、私はミズバショウを
見るのは初めてでした。




d0124388_9164250.jpgミズバショウとカタクリの開花は最盛期でしたが、
両方ともその美しさに少し淋しさを漂わせていた。
その原因の詳しい理由は知りません。

ミズバショウの場合、純白の苞の先端が欠けたものが
多かったのは開花直後の季節はずれ」の積雪が
原因ではないかと思っています。

カタクリは花に勢いが無く花柄が傾き、
弱弱しい花弁のものが多かったが、
開花後に続いた断続的な雨だろうと思っています。

私が東北の雪解けの中で見たカタクリや、
山で見るものに比べ、ここのカタクリは随分大柄で
品種が違うのではと思いました。
d0124388_917449.jpg


d0124388_1030294.jpg湿性花園ではミズバショウやカタクリ以外にも
たくさんの花に出遭いましたが、
ページを改めて紹介します。

箱根湿性花園へは国道1号から早川に沿って上流に
向いますが、途中に架かる「さくら橋」近くの堤は
桜並木になっていて、これから満開を迎えるようでした。

平地では既に散り始めていますが、この辺りの
標高は600mで枝垂桜の多くはまだ蕾でした。

帰りも交通渋滞もなくスムーズなドライブで帰宅。
仙石原へはススキの輝く秋にも訪ねようと思います。

d0124388_10491976.jpg




[PR]

by dojyou38 | 2017-04-12 18:03 | 植物観察 | Comments(17)
2017年 02月 23日

我が家にも春の訪れ

d0124388_1964673.jpg

d0124388_21234292.jpg我が家の貧弱な庭にも春の訪れ。

朝 庭に出ると何処からとも無く芳しい芳香。
ジンチョウゲです。
その横にはボケの蕾です。

ボケの方が早く蕾を付け、今日は咲いている
かと訪れてみると、哀れなり鳥に齧られています。
多分ヒヨドリの仕業と思われます。

だから、未だに咲いたボケを見ていません。

d0124388_2138657.jpg


生垣で囲まれた我が家の狭い庭は菜園と芝生。

花は殆ど植わっていません。
今咲いているのはジンチョウゲとボケだけです。

それも手入れの仕方を知らないので、
ほったらかしですから自慢できるような開花ではありません。

それでも、この二つの花が咲くと我が家にも
春が来ていることを実感します。

d0124388_21535374.jpgこの二つ以外に、枯れた芝生にピンクの花が
私も見てちょうだいと咲いています。

これは私が育てているものでは有りません。
芝生の中に勝手に咲いています。

勝手に咲いていますが花の少ない庭では目立ちます。
名前はオキザリス?何方か名前教えてください。
カタバミに似ていますが葉の形が全く違います。

この3つの花が我が家に春を継げる花の全てです。



[PR]

by dojyou38 | 2017-02-23 18:24 | 植物観察 | Comments(8)
2017年 01月 11日

トビの集団帰宅

d0124388_1741619.jpg

先日 アオサギを出しましたので序でに今日はトビです。

私はバードウォッチャーでは無いのですが、
自宅のリビングから丘を眺めていると、しばしばトビが20羽くらい集団で舞っていることがあります。

相当高い50m?くらいのところなので餌を狙って舞っているようではありません。
時間帯は今の季節で概ね午後4時過ぎです。
10分間ほど舞った後、何時の間にか姿が全く見えなくなります。

私は瀬戸内海の海岸生れで、フィッシングしているトビは良く見かけましたが、
こんなに集団で高いところを舞っている姿を見たことがありませんでした。
福岡の市街地でマンション暮らししている時も、トビは良く見かけましたが集団行動は知りませんでした。

不思議に思ってネットで調べて見ると、
トビは塒(ねぐら)から餌場にいく時と、餌場から塒に帰る時、集団で舞うそうです。
トビに集団行動をせねばならないほどの天敵がいると思えないのに不思議な行動です。

多分、リビングから見える丘の藪に塒(ねぐら)が有るのでしょう。
私が葉山に来るまでトビの集団を見なかったのは、
瀬戸内の実家や福岡のマンションの近くにトビの塒が無かったからでしょう。

[PR]

by dojyou38 | 2017-01-11 17:39 | 植物観察 | Comments(12)
2016年 12月 29日

リスと野鳥の共存

d0124388_14413279.jpg

d0124388_2244568.jpg自宅に近接して小高い山(丘)があります。
県有の保全緑地で約4000㎡。

その緑地は周りに柵が施され一般の人の立ち入りが
禁止されていて、中に遊歩道などは全くありません。

人手が入らないので針葉樹は殆どありませんが、
常緑樹・落葉樹が混在する伸び放題の自然林です。

タブノキなど高木の梢の一部はアオサギの営巣地に
なっていて、タイワンリスも多数生息しています。

リスの活動状況は晩春から秋にかけては生い茂った
樹木の葉で昼間見かけることは殆どありません。

落葉が進む晩秋から初冬になると野鳥と共に
リスもハゼやセンダンの実を啄みに現れます。

d0124388_2145093.jpg次に、木の実が少なくなると、リスは木の
皮食べるようになり写真のように
丸裸にされた樹木を見かけるようになります。

何の木か、センダンのようですが良く分りません。

リスが皮を食した後に、野鳥が来ます。
写真はヒヨドリ?だろうと思いますが、
メジロやハトなども来ています。

皮を剝かれたところに出る樹液を食べに
来ていて、恰もリスと野鳥の共生を見るようです。

私の菜園もヒヨドリの餌場になっていますが、
共生しているのではなく困っています。



d0124388_22161779.jpgd0124388_22163414.jpg
















[PR]

by dojyou38 | 2016-12-29 14:37 | 植物観察 | Comments(11)
2016年 12月 11日

初冬の裏山・黄葉3題

d0124388_11152521.jpg

d0124388_17310100.jpg夏から秋になっても裏の山の緑は衰えず、
全山常緑樹のような様相でしたが、さすがに
数日来の冷え込みでやっと広葉樹が色付きました。

裏の山は雑木林で常緑樹に混じってセンダン・
イヌビワ・アカメガシワ・ムラサキシキブ・サクラ・
キズタなど黄葉するものが多く、ハゼやカエデなど
紅葉するものは大変少ない。

ただ、人手が入らない荒れ放題の雑木林なので
紅葉しても絵になるような風景にはなりません。

       アカメガシワ →


  ムラサキシキブとセンダン 

d0124388_1004122.jpgd0124388_1012780.jpg














d0124388_10101091.jpg藪の中の見える範囲では花は
ツワブキヤブツバキだけです。
ムラサキシキブの実も落ちてしまいました。

この頃になると野鳥の声を良く聞くようになりますが、
姿を見ることは稀です。
もっとも、姿を見ても名前が分かりません。

メジロだけは分りますが、
メジロはこのヤブツバキの蜜を狙っているようです。





d0124388_10273791.jpgこの藪に飛来している野鳥で
他に名前を知っているのはアオサギです。

アオサギは何故か晩春から初秋の頃までは
姿や鳴き声が有りません。

落葉樹が色付き始めた頃にやって来て、
営巣を始めるようです。

やってくるのは6~7羽ですが、
木の葉が繁っていてまだ良く見えません。
木の葉が散って良く見えるようになれば
改めてブログUPします。




[PR]

by dojyou38 | 2016-12-11 20:35 | 植物観察 | Comments(8)
2016年 11月 22日

身近に晩秋を探す

d0124388_17285182.jpg

d0124388_173497.jpg朝夕めっきり冷え込んで
錦秋の秋を迎えましたが、
雑用に追われ紅葉狩りにも行けません。


そこで今日は自宅周辺に秋を探して
みましたが、秋は結構近くにあるものです。


上は町内のマンションで紅葉しているハゼ


自宅に近接している藪のヤブツバキ




d0124388_185781.jpg
d0124388_1833521.jpg














      ムラサキシキブ↑ とムラサキシキブ↓ の実

d0124388_18133330.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-11-22 13:21 | 植物観察 | Comments(1)
2016年 11月 17日

ヒメツルソバ

d0124388_18551318.jpg

d0124388_1611407.jpg自宅に近接して県有の緑地があります。
緑地と言っても公園ではない小高い丘で雑木林。
原則 立入り禁止で全く人の手が入らない山林です。

その緑地に向って6.5mの道路が突き当たっている。
その行き止まりは階段と階段状の擁壁です。
擁壁にサツキなどが植わっているが歯抜け状態。

擁壁周りを県が年2回清掃に来る。
今年も5月に清掃が行われ貧弱なサツキなど低木を
まばらに残して地肌が露出状態になっていました。

だが直ぐに雑草が茂りサツキなども見えなくなるので、
私は余りの見苦しさに草引などを日々しています。
その中でヒメツルソバだけを残すようにしました。


d0124388_1653292.jpg何時の間にかヒメツルソバが繁茂して擁壁の
グランドカバーになり他の草が生えなくなりました。
ピンクの金平糖のような花をたくさん付けました。

ヒメツルソバはヒマラヤ原産の多年草だそうですが、
病害虫にも炎暑にも強くメンテナンスフリーで
肥料も不要な花・雑草?です。

これから寒くなると濃い緑の葉が赤紫に紅葉し、
花も12月まで楽しめて無粋な擁壁を華やかに
飾ってくれると楽しみにしていました。

ところが、今日県が今年2回目の清掃をしました。
華やかだった擁壁が↓の写真のように
丸裸になりました。

日常的にヒメツルソバに生える雑草や林から落ちる枯葉を除いたりして見守っていただけに、
無二無三に刈り取られたのは何とも淋しい。
でも、お役所仕事ではヒメツルソバを残すことが出来ないのも理解できるが・・・
d0124388_17203297.jpg





[PR]

by dojyou38 | 2016-11-17 18:50 | 植物観察 | Comments(10)