行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:植物観察( 35 )


2016年 04月 22日

家庭菜園(4月)

d0124388_1802080.jpg

d0124388_1893627.jpg10坪程の家庭菜園を楽しんでいます。
ブログ仲間のhibochanやmatutaka31さんと
比べるとままごとのような菜園ですが、
さまざまな種類を栽培し結構忙しいです。

一応夏野菜の植え付けを済ませました。
現在 植えているのはトマト(2種5本)ピーマン(3)
オクラ(3株)ハヤトウリ(1)キウリ(3)ゴーヤ(2)。

他にコマツナ・コネギ・ナツダイコン・エダマメ、
オオバ・バジルの種蒔きもしています。

現在収穫できるのは春菊・レタス(3種)に
スナップエンドウ・サヤエンドウ・セロリなどです。


    ピーマン                                              エダマメ
d0124388_2212354.jpgd0124388_22125711.jpg













私の菜園は原則マルチとか虫除けネットもしていませんので、これから雑草だけでなく昆虫・虫や鳥との戦いが待ち受けています。
この畑は必ずしも日当りに恵まれてないので、豊作を期待して世話をしていますが大して期待できないでしょう。

それでも世話をしている野菜たちが種蒔きの後、
芽を出し花を咲かせ実を付ける様々な様子を見るのは何とも楽しく、癒されストレスの解消になっています。


庭の花

スナップエンドウ                                     サヤエンドウ
d0124388_22405481.jpgd0124388_2241113.jpg














     トマト                                         フジ
d0124388_22461683.jpgd0124388_224639100.jpg
















[PR]

by dojyou38 | 2016-04-22 18:00 | 植物観察 | Comments(12)
2015年 12月 20日

散歩で出会った植物:オキナワスズメウリ

d0124388_2252348.jpg

d0124388_2255047.jpgオキナワスズメウリはブログ友のブログで
知っていたが、現物を見たのは今日が初めて。
近くのペットクリニックのフェンスに絡まっていました。

ウリ科の雑草でカラスウリやスズメウリの親戚。
カラスウリより一回り小さく10円玉よりやや大きい。

日本では西南諸島に自生するそうですが、
最近は観賞用として関東でも栽培されている。

ネットによると、厄介な植物・雑草扱い。
花は黄緑色で夏に咲くが目立たず、
もっぱら実が装飾用として本土で珍重される。



d0124388_22301100.jpg実は薄緑から緑に、やがて白い模様が出来て、
黄緑から赤に変る。

沖縄ではヤマゴーヤとも呼ばれるそうですが、
味悪く果実と根に猛毒でないが毒があり、
中国では毒ウリと言われている。

でも、外国では新芽を食用にする地域もあるそう。



雑草扱いされているが、実がかわいいので
私は機会があれば育ててみたいと思っています。
[PR]

by dojyou38 | 2015-12-20 22:06 | 植物観察 | Comments(8)
2015年 12月 16日

もう春!? ツツジが咲いています

d0124388_1711825.jpg

d0124388_17253289.jpgここは葉山町役場に隣接する公園です。
役場に用があり公園の前を通りながら、
花壇を見ると何か花が咲いています。

何の花かと近づいてみるとツツジでした。

春咲く花が秋や初冬に咲いているのは
山などでも良く見ることがあります。

良く見るのは1本の木に一輪か2輪で、
返り咲き・狂い咲き、二度咲きとも言われる。






d0124388_17432415.jpgこれも、それには違いないと思うが
こんなに公園全体にピンク・白・朱色など
様々な花がたくさん咲いているのは珍しい。

さすがに、
花に季節咲きのようなみずみずしさはなかった。

このところの高温続きがこのような景色を
演出させたのだろう。
皆さんの周りでもきっと見られることでしょう。







d0124388_17485567.jpg同じ公園にスイセンの花が早くも満開。

こちらは狂い咲きではないようですが、
このところの地球温暖化傾向と
天候不順が季節感を狂わせているようです。

この傾向は今後もますます進み、
日本の季節循環の特色である四季の
メリハリがなくなるのではと懸念されます。
[PR]

by dojyou38 | 2015-12-16 16:44 | 植物観察 | Comments(10)
2015年 06月 17日

コナラ(小楢)にリンゴ(林檎)が生っている!

d0124388_16211559.jpg

d0124388_1622246.jpgこれ!何でしょうか?
写真に納めたのは4月の23日で、
場所は私が足慣らしに良く通う叶岳です。

遠くから見て、リンゴ?ザクロ?モモ?ナシ?
新緑の葉を広げている木に1個だけ付いている。

近づくと木は間違いなくコナラです。
コナラにこんな実が付くことはあり得ない。
誰かのいたずらか?と思った。

触ってみました。すこしぶよぶよ柔かいです。
枝から離そうとしても外れません。

持ち帰ろうと思ったが山では写真以外はだめ。
4~5日後に行くと跡形もありませんでした。
誰かが取ったのか、自然消滅したのか。


なぞ 深まるばかり。
山のメーリング仲間に写真を添付して尋ねました。あるメンバーから直ぐ回答がありました。
 ナラメリンゴブシ
(楢芽林檎五倍子)だそうです。
ナラメリンゴタマバチという、極小さな蜂の虫嬰(虫こぶ)とのこと。

こんな大きな虫こぶ初めてです。小さな蜂がこんな大きな虫こぶです。
10年山歩きしますが、はじめて見た虫こぶです。
しかも、自分のホームグランドにこんな虫こぶがあるとは! 小さい里山でも山は奥が深い。


[PR]

by dojyou38 | 2015-06-17 15:57 | 植物観察 | Comments(10)
2015年 06月 09日

早くも真夏 !!!

                       デイゴキョウチクトウ
d0124388_9172711.jpg

d0124388_9254987.jpg福岡が梅雨入りして1週間になります。
平年より3日ほど早かったようですが、
早くも真夏の光景が見られます。

ウォーキングの途中で立ち寄る公園には
赤いデイゴとピンクのキョウチクトウが咲いてる。
私のイメージではデイゴとキョウチクトウは真夏。

デイゴもキョウチクトウもインドなどが原産で
デイゴは沖縄県の花、キョウチクトウは鹿児島市
などの花に指定されている。



d0124388_10241737.jpg調べてみると、この児童公園に
咲いているデイゴは沖縄の島歌などに
出てくるデイゴではないようです。

福岡などの公園や緑地で見かけるデイゴは
アメリカデイゴという種類だそうです。

でも、やはりデイゴと聞くだけで私には
やはり何故か炎暑の中の花のイメージです。
そして、キョウチクトウも同じです。





d0124388_1053846.jpgデイゴも生命力強い花だそうですが、
キョウチクトウも環境に強い花のようです。

日照りが続く炎暑の中でも、
排気ガスを浴びる道路沿いでも元気に咲いています。

アメリカデイゴの花期はそんなに長くないようですが、
キョウチクトウは猛暑をものともせず長く咲き続けます。

寒がりの私も暑さには比較的強いです。
これから始まる長い夏を
キョウチクトウに負けず乗り切りたいと思っています。

d0124388_1110532.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2015-06-09 20:10 | 植物観察 | Comments(10)
2015年 06月 02日

イスノキ(今日の散歩で出会った樹木)


                    イスノキの生垣(小戸ヨットハーバー)
d0124388_16333938.jpg

d0124388_17573725.jpg特別話題にするような特徴有る樹木ではありません。
ただ、名前が面白いと思っただけです。

この木に初めて出会ったのは10年ばかり前、登山を始めて間もない頃、
クスノキの原生林で有名な立花山で、こんな名の木があるのを知る。
それ以来忘れていたが、先日ブログ友のとんぼさんがUPしていた。

その前後、私の散歩コースの
小戸ヨットハーバーの生垣にあることを知る。
調べるとマンサク科常緑高木で、樹高20m・直径1mにもなる。

イスノキは木刀・家具・楽器などに利用され、生垣にも使う。
木の特徴は写真のように葉にムシコブがたくさん出来ること。
そのムシコブも2種類あるそうですから、虫のための木のようです。

関東以西 九州にも自生しているとのことなので、
多分、山で出会っていたが気が付かなかったのだろう。
これから山中を歩く時、ムシコブに注意して観察します。







イスノキコムネアブラムシのムシコブ                      イスオオムネアブラムシのムシコブ
d0124388_17181044.jpgd0124388_185214.jpg













里山歩きをするようになって、様々な植物に出くわします。
名前を知らないものが殆どだが先達に植物の名を聞くと、何でそんな名前か訝るものが多いです。

このイスノキも椅子と関係あるのかなと考えたくなりますが、そうではないようです。
この木の別名をユスノキと云うそうで、その別名が訛ってイスノキになったのではと思っています。

[PR]

by dojyou38 | 2015-06-02 16:34 | 植物観察 | Comments(10)
2015年 05月 28日

ハマナス(今日の散歩で出会った花)

d0124388_1134177.jpg私のウォーキングコースの一つが
長柄川沿いの住宅地。

その中の或る大規模集合住宅の緑地は
様々な花や樹木で植栽されていて、
それを観察しながら歩くは楽しいものです。

この時期シモツケの花が目立ちますが、
その間にハマナスが点々と咲いています。

ここの植栽にハマナスがあることは
知っていましたが、暫く来ない間に
ピークが過ぎて青い実も点いていました。




d0124388_531725.jpgハマナスという花は私には馴染が無い。
この団地で知っただけだが、ず~と以前から
名前だけが記憶に残っている。

知床の岬に はまなすの咲く頃~
知床旅情の歌詞でした。

調べてみると、バラ科で北海道から
山陰の海岸に自生しているそうです。
私の育った瀬戸内の海岸では見覚えが無い。

現在では園芸用として
各地で植えられているのだろう。
実は赤く熟し食べられるそうですが、
どんな味がするのだろうか。


d0124388_5272349.jpgd0124388_5274299.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-05-28 10:09 | 植物観察 | Comments(10)
2015年 04月 08日

改組 新第一回日展

                    福岡市立美術館
d0124388_22355350.jpg

d0124388_22411340.jpg改組 新第一回日展を見に福岡市立美術館へ。
日展 何年振りだろう?社会人になっては初めて。
高校の美術部にいた弟について
高松で開かれた日展を見に行った記憶がある。

芸術的センス皆無の私ですが、折角チケット貰った
ので連合いと2人で出かけました。
平日で9:30の開館を待って入ったので空いていました。

日本画・洋画・彫刻・美術工芸の順で見ました。
兎に角どのジャンルも数が多い、
しかも絵画では100号以上の大作ばかり。

展示の壁面が足らないのか、その大作を2段に
展示していました。疲れたので2時間で切り上げ。
他にもありましたが全く見ませんでした。

余りにも展示数が多かったので『改組 新第一回日展』をネットで調べてみました。
改組とあるのは、以前は社団法人であったが今回から公益法人になったため。(意味・理由知りません)

日展の総応募数 12,638人、入選 2,288人(内 初入選400人)
  入選の内訳 日本画 205、洋画 640、彫刻 104、 美術工芸 396、 書 943。
  この他に無審査の出品が150

美術館を出て思いました。 あんなに沢山の展示、芸術的センスと興味ある人でもうんざりするのではと。
作品は日展出品の基準関係か大作ばかり、とても個人の住宅に飾れるサイズではないようでした。
その上、作品の題の殆どは抽象的・哲学的・宗教的なネーミングです。私の理解を越えていました。
もっと、一般の人が親しめるようなネーミング・展示方法が無いものでしょうか。


明日から2泊3日で、宮崎県五ヶ瀬町へ。
目的は『霧立ち越え』山地の未踏ルート探索です。
地図を頼りに、古老の話や古文書に出てくる地点を探ります。
私はベテランに付いて歩くだけですが、どんな山旅になるのか楽しみです。


美術館周辺で出会った花など
  (美術館は大濠公園の一郭にあります)

ヤマザクラ                                       メラノキシロンアカシア  
d0124388_1852240.jpgd0124388_1854031.jpg














アラカシ(新芽)                                    ヒラドツツジ(蕾)d0124388_1875771.jpgd0124388_1881435.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-04-08 22:31 | 植物観察 | Comments(8)
2015年 04月 05日

ド根性桜

d0124388_21501572.jpg私の何時もの散歩コースから少しはなれたところに博多湾に浮かぶ小島・能古島への渡船場があります。


ド根性桜はその待合所前の
大きなソテツにしがみ付いた宿り木です。
私がその存在を知ったのは5~6年前。


毎年綺麗に花を咲かせていますが、
路地に植わっているようには
大きくなりません。


多分、野鳥が種を運んだのでしょう。
種類はソメイヨシノではあり得ず、
私はオオシマザクラではと思っています。








d0124388_22281794.jpg普段見ることのないサクラの根。
水生栽培の植物のように大小の根が
むき出しになっていますが、
ごつごつしたソテツの幹をしっかりと、
タコが吸い付いたように抱きかかえています。


このソテツは毎年、剪定されているが、
植木屋さんもサクラの根性に
敬意を表して自然に任せているようです。







d0124388_2250188.jpg私が思いついて立ち寄った時は
既に満開を過ぎていました。

来年は満開の時期に
見に来てやりたいと思いました。
[PR]

by dojyou38 | 2015-04-05 21:37 | 植物観察 | Comments(8)
2015年 03月 22日

コブシ(辛夷) 3月21日

d0124388_11435450.jpg

d0124388_1144289.jpgモクレンに続いてコブシが青空の下に咲いています。

コブシという花を知ったのは千昌夫の
白樺青空南風 こぶし咲く・・・北国のああ北国の春

私の生れた四国には自生しているコブシはありません。
街路樹などには有ったかも知れませんが
気が付きませんでした。

千昌夫のせいにするわけではありませんが、
コブシは北国のものと単純に思っていました。

山歩きを始めて九州にもあると聞きましたが、
未だ自生しているコブシに出会ったことありませんが、
公園や街路樹にはあちこちで植栽され珍しくありません。

コブシもモクレンやソメイヨシノなどと同じように葉に先立って花が開くが、
コブシは花の基部に1枚だけ葉を付けて咲くユニークな花です。
花の咲く時期はソメイヨシノより概ね1週間早いそうですから、いよいよ花見のシーズン到来ですね。
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-22 11:41 | 植物観察 | Comments(6)