行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:湘南風景( 34 )


2017年 03月 20日

同窓会 IN 日吉(横浜)

d0124388_17502785.jpgたまの旅行を除いて私の遠出は横浜と決まっています。
その殆どは知友人との懇親昼食会です。
今日は神奈川地区の同窓会で日吉(横浜)へ。

日吉は横浜から東横線で行くことだけ調べました。
横浜までは新逗子から京急電車。
羽田空港行きのエアポート急行で30分です。

乗車時間1時間も有れば日吉に着くのですが、
11時30分から始る懇親会に、自宅を9時に出て
ヲーキングを兼ねて徒歩で新逗子に向いました。

9:44 の列車に乗車。


d0124388_20222655.jpg横浜では中央出口から
東横・みなとみらい線乗り場の地下プラットホームに向う。
ホームに着くと森林公園行き特急が入って来た。

森林公園がどこか、特急が日吉に止まるかが分りません。
近くの人に聞くが分からないと言う。

時間に余裕があるのでその特急をやり過ごしました。
次に保谷行き各駅停車が来ました。
急がないし、各停なら確実に日吉に止まるので乗り込む。

電車の中では本を読みながらも、
乗り過ごさないようきょろきょろ。全くのお登りさんです。


d0124388_20315491.jpg10:50 日吉に到着
今日の会場は日吉にある有名私大のキャンパス内に
あるレストラン。

そのキャンパスはサテライトキャンパスのようですが、
さすが有名大学、広壮なものです。

駅前に真直ぐ伸びる銀杏並木の道路を挟んで両側に
大きなビルが並んでいます。

ここは私達の母校ではありませんが、美味しい料理が
リーズナブルな値段で提供され20名以上の
個室があるので決めたようです。




d0124388_14593676.jpg懇親会までに時間があったので、
キャンパス内を少し散策しました。

キャンパスの施設では陸上競技場が目を惹きました。
聞けば、全天候型で日本陸連の公認競技場とのこと。

隣接する建物には、立派なフィットネスクラブがあり、
大勢の利用者で賑わっていました。

また、少しはなれたところにはサッカーグランドや
その付属施設も整っていました。

噂によれば、このキャンパスの陸上競技場などが、
2020年の東京オリンピックでは、イギリスチームの
練習拠点に決まっているそうです。


d0124388_1556262.jpg11:00 懇親会は予定通り始りました。

この神奈川地区の同窓会の登録会員は22名で、
4ヶ月毎に開かれるが毎回の参加者は
15~6にとどまることが多い。

懇親会では毎回、飲食をしながら参加者が一人一人
3分間スピーチをしますが、質問があったり脱線が
あったりで常に時間オーバーとなります。

スピーチの内容は政治や経済など時事問題が多いが、
参加できない友人の消息や学生時代を振り返る
ことなど、談論風発で制限時間の15:00があっと言う間。


結局、席を同じキャンパスのカフェの移し、4ヶ月に1度、略同じメンバーで会っているのに、16:30まで延々と話が続きました。
昼食会に参加するのに、自宅を9時に出て帰宅したのは18時近くでした。
女は話が長いといいますが、男の話も結構長いものです。



[PR]

by dojyou38 | 2017-03-20 16:59 | 湘南風景 | Comments(10)
2017年 02月 03日

天皇 皇后両陛下 葉山で御静養

d0124388_21341614.jpg

d0124388_21403345.jpg1月30日天皇皇后両陛下が
7ヶ月ぶりに葉山の御用邸に静養に来られました。

葉山の御用邸は一色海岸に面して、
下山川を挟んで両側に広がっています。
手前の橋は一般の人も通行して海岸を
散策できますが奥の橋は御用邸専用です。

陛下が滞在していない時でも、御用邸の周りは
警察官が巡回警備していますが、今回のように
滞在しているときは周囲を50m置きに複数の
警察官が警護しています。

両陛下は滞在中海岸を散策され出会った市民と
歓談されることもあるようです。

                  御用邸の海岸を警護する警察官と冨士山
d0124388_221153.jpg

両陛下は5日間滞在されて、今日3日午後3時30分に御用邸を後にして帰られました。
来られる時もそうでしたが今日も沿道にはたくさんの町民が出てお見送りをしていました。
天皇の退位も決まっているようですから、天皇として葉山の御用邸に来られるのも後何回でしょうか。



[PR]

by dojyou38 | 2017-02-03 21:31 | 湘南風景 | Comments(12)
2017年 01月 08日

アオサギ

d0124388_17424172.jpg

d0124388_17455858.jpg近接する藪にアオサギの営巣地があるようです。
毎年と言っても私は2度目ですが、秋が深まるころ
アオサギの一群れがやってきます。

アオサギは繁殖期を迎えるとクチバシや足が
ピンク・オレンジ色になるそうですが、
そのように思ってみるとそのように見えます。 

私は野鳥・アオサギに特別の思いは無いのですが、
朝夕余り美しいとはいえない鳴き声を聞かされ、
庭や玄関先の道路に余り歓迎しない落し物も
しばしば残してくれるので、
自ずから毎日顔を上げて注目せざるを得ません。




d0124388_18161674.jpg営巣地があるといいましたが、
子育てしているところは見ていません。
常緑高木・タブノキなど葉陰に作っているようです。

左の写真は何年か前のものらしい。巣の周りを
覆っていた枝葉がなくなり使ってないようです。

巣を葉陰に作るのは雨露を凌ぐ他に
外敵から卵や雛を守るためでしょう。

この森は人手が入らないので野鳥だけでなく、
リスやヘビなど様々な生物が生息していますが、
一番の外敵はカラスのようです。




d0124388_21501495.jpgトビもやってきますが、アオサギと仲良く並んで
羽を休めているのを見ますが、カラスが来ると
数羽のアオサギがチームワークで威嚇しています。














d0124388_20445241.jpg ← アオサギの傍で羽を休めるトビ















d0124388_2051599.jpg



.
[PR]

by dojyou38 | 2017-01-08 17:31 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 12月 31日

来年もよろしく。

d0124388_10333599.jpg

今年1年様々なことがありましたが、
大晦日は素晴らしい夕焼けを残して穏やかに暮れていきました。
来る新しい年が平和で平穏な年であることを願っています。

今年1年度々訪問いただきまして、本当に有難うございました。
来年も宜しくお願い致します。
それでは、皆さん良いお年をお迎えください。
d0124388_10341366.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-31 10:41 | 湘南風景 | Comments(8)
2016年 12月 25日

風の無い休日の葉山海岸

d0124388_1741531.jpg

d0124388_17102580.jpg温暖な湘南もクリスマスを向かえ冷えてきました。
今朝の最低気温は4℃最高は11℃の予想。

今日は風が無いのでサーフィンや
ウインドサーフィンは出ていませんが、
寒くなっても葉山の海岸はヨットSUPなどが
雪化粧をした冨士を眺めながら
楽しんでいるようです。

右側の濃い島影は江ノ島(上の写真)
右の写真の山々は冨士山の左・箱根の山塊です。



d0124388_19595775.jpg私は瀬戸内の海岸育ちですが、
子供の頃より夜と冬の海は危険と教えられていた、
ので、未だに冬の海が遊び賑わっている様子には
違和感を感じています。

(もっとも私は寒がりですが、真冬に遠浅の
干潟で貝掘りや海苔の漁はしていました。)

温暖な湘南海岸では冬でも夏と変わらぬ
大勢のマリンスポーツの愛好家が楽しんでいるのを
日常的に見て感覚を新たにしています。

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-25 17:04 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 12月 22日

朝な夕なの富士

d0124388_10112286.jpg

d0124388_10201227.jpgこのところ天候が安定し朝から
日没まで冨士山が眺めらられる日が多いです。

葉山の海岸には天気の良い日は太公望が
押し寄せます。車のナンバーを見ると都内や
大宮方面など遠くの方も多い。 

朝7時ころから釣りボートが漁船に曳航されて
次々と1km先の岩礁のある釣り場に向う。
午後2時ころ漁船が迎えに行くようです。

日没を迎える頃にはヨットやウインドウサーフも
いなくなり静かな海に戻りますが、海岸には
夕日を眺めながら散歩を楽しむ人で賑わいます。

この時期、葉山からは太陽は冨士山の左、
伊豆半島の山並みに美しい夕焼けを残して沈みます。
d0124388_10182614.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-22 10:03 | 湘南風景 | Comments(12)
2016年 12月 14日

葉山近代美術館

神奈川県立近代美術館葉山(中庭よりエントランスを見る。手前のモニュメントはイサムノグチのこけし像)
d0124388_15303890.jpg

d0124388_16504141.jpg葉山近代美術館は御用邸に続く一色海岸にあり、
もと華族の別荘跡で抜群の風光明媚な
ロケーションに立地しています。

美術館に付属するレストランも素晴らしい海を
眺めながら食事が出来るところと聞いていました。

私は芸術・美術の鑑賞眼などまったくありませんが、
その美術館の見学と素晴らしい眺めでランチを
楽しみたいと思って出掛けました。

美術館では「陽光礼賛」のタイトルで
谷川晃一・宮迫千鶴展が開催されていて、
展覧会では珍しく写真撮影がOKでした。

d0124388_1746246.jpg      大室山脈・秋 ↑(谷川晃一)

 ← 雑木林の生命(谷川晃一)

失礼ながら私は谷川も宮迫も名前すら
存じ上げない方ですが二人はご夫婦で、
現在伊豆・伊東にアトリエを構え
作家活動をしている方でした。

作品のことは良く分りませんが、二人の作品とも
展覧会のタイトルのとおりアトリエのある南伊豆の
明るい陽光と風を感じさせてくれました。




             一色海岸に突き出したレストラン棟
d0124388_2111938.jpg

d0124388_21194298.jpg作品の鑑賞もそこそこにレストランに向いました。
11時半過ぎだったので待つことも無く席に着く。

料理が来る頃にはテーブルは満席になり
何組もの方が廊下で待っていて、レストランの
人気振りを物語っていました。

窓から明るく大きく広がる湘南の海を眺めながら
シーフードカレーを頂きましたが、エーゲ海か
南イタリアの海岸で食事している気分でした。

ワインを飲みたい気分でしたが、車で来ているし
ローカで待っている方もあるので、
デザートの後は早々に席を立ちました。



d0124388_10135943.jpg
レストランを出た後、美術館の庭園を1周しましたが、
広い庭園にはイサム・ノグチや柳原義達ほか有名な作家の彫刻やオブジェがたくさん配置されていました。
庭園に続く砂浜では今日は風が少し強いのでサーファー達が寒さに負けず良い波を求めて海に入っていきました。

この美術館に隣接して、葉山御用邸付属邸跡地に『葉山しおさい公園・博物館』が開設されていますが、
まだ入ったことがありません。
博物館には昭和天皇の海洋生物研究の標本やヨットなどが展示されているそうなので近いうちに立ち寄り、
あわせて美術館のレストランにも再び入りたいと思いました。

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-14 15:16 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 11月 11日

大船観音

                  大船駅からみた大船・白衣聖観世音菩薩像
d0124388_16402132.jpg

d0124388_10522672.jpg東京へ行くときは逗子から横須賀線を利用する。
横須賀線で鎌倉を過ぎて大船駅を通過する時、
丘の林の中から巨大な白い観音像の顔が浮き現れる。
ネットで調べると通称大船観音として親しまれている、
曹洞宗「大船観音寺」の白衣聖観世音菩薩胸像でした。

更に調べると、九州に縁のある金子堅太郎・頭山満・
清浦圭吾などによって昭和2年に観音思想の
普及のため発議され建立されたとのこと。

九州に縁あるお寺であればと参詣しました。
発議されたのは昭和2年で奈良の大仏よりも大きい
高さ33mの大観音立像が計画されたそうです。

その後諸般の事情により幾多の変遷を経て、
25mの胸像に変更されて、
戦後昭和45年に開眼供養したそうです。

仏像の胸像はこれまで見たことないので、
駅から見ると坐像か立像に見え、
その大きさにびっくりさせられます。

d0124388_1043373.jpg

急坂参道を進むと慈光堂などの伽藍が
配置されていて、白衣観音像は更に長い石段を登りきった
高台に安置されていて姿は見えない。

石段の前に移動してもまだ観音像のお顔だけしか見えず、
その大きさに圧倒されます。階段を登りきって、
やっと観音胸像全体を見ることが出来る。

これが立像だったら奈良の大仏より大きかっただろう。
真っ白な石膏像のような仏像の胸像を見るのは初体験。
観音さんに無礼だが図工室にあった石膏像を思い出す。


d0124388_10442672.jpg








参詣したのは平日の10時過ぎでしたがグループ・団体は
いませんでしたが、次々と参詣者が途切れません。
観光客は少なく、近くの信者が多いように見受けられた。

境内を廻ると鎌倉市戦没者慰霊碑のほか、
神奈川県原爆被災者の会による原爆犠牲者慰霊碑も
祀られていて、地元の参詣者が多いのに納得しました。

原爆慰霊碑の前に「原爆の火」の灯篭がありましたが、
これは広島が被爆した時の火災の火で福岡県星野村など
幾多の変遷を経て分火されて灯され続けられているそうです。

観音思想の普及を目的として発議された観音像が
どのようにして戦没者や原爆犠牲者の慰霊と
結びついたのか、良く理解出来ないまま境内を後にしました。

それにしても、「発議者」から「原爆の火」に至るまで九州に縁を感じる巨大な白衣聖観音菩薩胸像でした。

d0124388_11173791.jpg





[PR]

by dojyou38 | 2016-11-11 11:34 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 10月 10日

横浜ランドマークタワー

               ランドマーク68Fから横浜港を俯瞰
     左にベイブリッジ、右に山下公園前の岸壁に氷川丸が係留展示されている。手前に大桟橋・赤レンガパークが見えます
d0124388_9462895.jpg

d0124388_10232190.jpg今月も横浜まで出てきました。
横浜に来るのは殆ど知友人からの呼び出しです。
 
私の神奈川移住を知った
関東在住の知友人から次々と呼び出しが掛かります。

東京での集まりは遠く億劫なので参加しないが、
横浜まで出向いてくれる知人の申し出は断れません。

地理不案内なので今日も
横浜駅東口のデパートで待ち合わせです。

d0124388_10105247.jpg



← 国指定重文・帆船 日本丸とランドマークタワー

横浜ランドマークタワーに移動、
68Fホテルのレストランでランチすることになりました。

ランドマークの展望台へは現役の頃、
一度上ったことあるが、その頃エレベーターは
有料だったような気がするが、記憶定かではない。

今日 ランチしたのは元社の後輩と、
共通の知人・提携先だった企業の元九州支店長です。

68Fからの展望を楽しみながら話題は多岐に。
最近、小池知事がらみで週刊誌にで話題になった
元社のことや互いの近況などなど。


d0124388_11543575.jpg


元社の後輩たちの近況も話題に。
私の知っている後輩たちも既にリタイアーしているが、
まだ第二のステージで活躍しているようだ。

早速、その内の一人に後輩が電話。
また、近いうちに彼とランチすることになるだろう。

         食後のカプチーノ →
このようなシャレたカプチーノは初めてだった。

今日の食事代は後輩が払うとたっての願い。
私もリタイアーした先輩を良く接待していたので、
遠慮なくごちそうになった。




[PR]

by dojyou38 | 2016-10-10 13:04 | 湘南風景 | Comments(12)
2016年 10月 06日

    台風一過

d0124388_13584284.jpg
              富士山          江ノ島             丹沢の連嶺


18号台風が爪あとを残して去っていきましたが皆様には被害がなかったでしょうか。
お見舞い申し上げます。

湘南地域には夜間若干の強風があったようですが、
今日は晴れ上がり、葉山の沖には朝から何時ものように多数のヨットが遊弋しています。
 
ヨットの上に富士山が薄い雲をまとって聳えています。
富士には先月初雪があったそうです。
そのご解けたのかどうか分りませんが私のカメラでは分りません。

何時までも残暑が続いていると思っていましたが、朝夕は涼しくなり裏の林の木の葉は黄色く色付きはじめ、
秋の風物詩 アオサギが帰ってきて巣作りを始めたようです。
だみた鳴き声がしきりに聞こえるようになりました。

d0124388_14182745.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2016-10-06 14:18 | 湘南風景 | Comments(14)