カテゴリ:アウトドアー( 154 )


2016年 12月 07日

再び三浦アルプスへ

                三浦アルプス(連絡尾根)から見た富士
d0124388_21232626.jpg
今日のコース
 新沢バス停~南尾根~森戸川林道終点~中尾根~六把峠~森戸源流~森戸川林道~川久保~長柄バス停


d0124388_21194932.jpg今日は山楽会忘年例会の下見ハイキング、
参加者7名、全員 ノコギリ・剪定ハサミを携帯。

 9:40  新沢バス停に集合。
今日のコースはあまりポピュラーでないルート。
参加者も最近は殆ど歩いていないとのこと。

民家や畑を通って山道に入ると、
もうそこから荒れていて最近使われていない
道のようです。

山道の入口に置かれてあった朝鮮風の石像。
どこから持ってきたものだろうか?→




d0124388_1002527.jpg新沢登山口から南尾根へのルートは
歩く人が少ないようです。

先日降った雨で谷筋はぬかるんで、
ツタやササが道を塞ぎ、その上に倒木まで。

私たちは選定ハサミや鋸で取り除いて
道を広げながら登ったので、
30分も掛らないところを約1時間を要した。

この時期、花は少ないが注意して歩くと
トリカブトなど幾つかの花が残っていました。





d0124388_10373252.jpg10:55 ようやく南尾根に上ってきました。

暫く休んだ後、南尾根から南北の
連絡尾根を通って森戸川林道終点に向いました。
連絡尾根で木の間に雪を戴いた富士が望めました。
富士は何時見てみ何度見ても
見飽きない美しさと威厳があります。


連絡尾根ではちょっとしたアクシデント。
どこで道を失ったのか藪漕をしてやっとの思いで
森戸川林道に飛び出しました。

そこから、正規の連絡尾根道を逆戻りして、
道を間違えた地点まで帰り、何処でどうして
間違ったかを確認し道標を付けました。


    シロヨメナ ?                                ヤマトリカブト ?
d0124388_1056058.jpgd0124388_10562353.jpg














d0124388_12105421.jpg道を間違えた地点に道標を付けて、
林道終点広場まで帰って昼食としました。


林道終点から中尾根通り六把峠まで歩き、
森戸川源流の沢に沿って林道終点に
帰って着ましたが沢筋は大変荒れていて
一般参加者に歩かせる道ではないようでした。

検討の結果、この沢筋は例会のコースから
外し、別のルートに変更しました。


雑草が繁り狭い歩径路の中尾根コース→



d0124388_16385688.jpgその後は、通りなれた林道を経由して
川久保へ出て長柄バス停まで歩き解散。
私は解散後、自宅まで歩きました。

今日、歩いたコースの内
連絡尾根・林道終点~六把峠~森戸川源流部は
私は初めて歩くコースでした。

私は忘年登山に参加できないので、
何時か再度一人でゆっくり歩いてみます。


←歩行に困難を極めた森戸川源流の沢筋




ヤブコウジ(実)                                  サラシナショウマ ?
d0124388_1735092.jpgd0124388_1735258.jpg

















[PR]

by dojyou38 | 2016-12-07 11:44 | アウトドアー | Comments(10)
2016年 11月 07日

ワシントンDCに到着(バーチャル世界1周歩こう会)

ペルーのリマを通過して僅か1日でアメリカも首都ワシントンに到着しました。
リマの位置は西経77度3分、ワシントンは西経77度2分、その差僅か1分で距離にして約2kmなので1日で十分です。

ワシントンから私の実際の行程とは逆にニュヨークに向けて歩きます。
ワシントンとニューヨークの赤道上の距離は約330kmです。

d0124388_14453940.jpg

d0124388_14461651.jpg私がワシントンを訪問したのは30年前、1986年7月。
日本生産性本部主催の営業中堅幹部研修に
勤務先から選ばれて様々な業種の方と共に参加したときです。

ワシントンへはニュヨークから列車で入ったのですが、
兎に角 暑い暑い猛暑の日でした。
ホワイトハウスの前ですが思わず上着を脱ぎたくなりました。→

d0124388_1561455.jpg



研修旅行は13日間の日程でしたが、平日はシンクタンクや
政府機関・大学・先進企業の訪問で忙しかった。
ワシントンでは土日を挟んでいたのでゆったり観光もしました。

スミソニアン博物館も訪ねましたが、そのスケールの大きさに驚くと共に、
何処も観覧料は無料で、大勢のボランティア監視員がいましたが、
教科書に出てくるような芸術品も撮影も模写もオールフリーに
アメリカの懐の深さに感銘した記憶が今でも残っています。

 ← スミソニアン美術館



d0124388_1552142.jpgワシントンでの印象は暑かったこと、街は整然として美く
博覧会の会場のようにさえ思えました。

街では黒人・ヒスパニック系が多く白人が大変少なかったこと。
聞くところによれば、政府機関などの幹部は殆ど白人だが、
その白人たちはワシントンの市内には住まず、
離れた郊外の高級住宅地に住居を構えているとのことでした。

これは30年前のこと今はどうなのだろうか。

ケネディー大統領の墓標の前 で(ワシントン国立墓地)→





[PR]

by dojyou38 | 2016-11-07 22:00 | アウトドアー | Comments(8)
2016年 11月 07日

リマ(ぺるー)に到着 (バーチャル世界1周歩こう会)

ネットのアプリで世界1周歩こう会に出でいます。
赤道上を日付変更線からスタートし東に向って、
過去に訪れた街の経度に到達したところで旅行した時のアルバムを捲っています。

今年6月21日アトランタを出て138日間で699km歩き、西経77度2分48秒のリマ(ペルー)に着きました。
1日平均 5.07km歩いていました。 

夏場天候不順の日が多かったので、
目標の4kmクリアー出来れば上出来と思っていましたが5kmをクリアーしていて本人が驚いています。
平素は4kmクリアーも難しいのだが、登山や公式ウォーキングでの稼ぎが大きかったと思っています。

地球1周のグラフに示された11,331kmは1回目の日本1周8955kmに2回目の2376kmを合算した距離です。
世界1周のまだ28%です。果たしてどこまでいけるだろうか。


d0124388_16314657.jpg


私がペルーを訪れたのは1999年、勤務先でフルムーン休暇制度が出来、合わせて祝い金も出たときでした。
何処へ旅行するか決めるにあたり、デルタ航空の福岡~アトランタ直行便が近いうちに廃止になる予定だったので、
それを利用する旅行を計画しました。(現在、福岡~アトランタ便は再開されている)

9日間の旅行でペルーではリマ・クスコ・マチュピチュ・チチカカ湖・ナスカの地上絵・マチピチュなどを廻りましたが、 
世界1周歩こう会のルールに従い西から順次紹介するので、 。
ペルー旅行の間にワシントンやニューヨークが入りますが了解ください。


d0124388_1828218.jpgリマでは日本大使公邸人質事件が解決して2年後のことで、
大使公邸は解体されて更地になっていましたが、
観光名所になっていて見に行きました。
今はどうなっているのかな~

リマ滞在中にナスカの地上絵を見に行きました。
地上絵観光の基地イカまで小型機で行き、
セスナに乗り換えて地上絵を観光しました。

サルやハチドリなどたくさんの地上絵がある砂漠の
真ん中を無粋にも南北アメリカを貫くフリーウエイが
突き切っていたのを覚えています。

なぜか地上絵の写真が残っていませんが、
弥生時代の望楼のようなイカ空港の管制塔
写真がありましたので貼り付けます。

リマからチチカカ湖などの観光のためアレキパ空港に
降り立ちましたが、空港の前にはペルー富士と呼ばれ
親しまれれるミスティー山(5822m)が堂々と聳えていました。

d0124388_20381931.jpg

チチカカ湖はプーノまで歩いて到達した時紹介します。
なお、赤道上ではリマの直ぐ隣はワシントンDCなので次の訪問地はワシントンです。



[PR]

by dojyou38 | 2016-11-07 16:05 | アウトドアー | Comments(8)
2016年 10月 30日

第4回横須賀海道ウォーク

d0124388_22104351.jpg横須賀海道ウォークがあり参加しました。
コースは京急三崎口から浦賀コミュニティー広場
までの18kmで、殆どは浦賀水道沿いを歩きます。

三崎口は久里浜線の終点だが、私が
乗った8:28着の列車にはウォーキング専用かと
見紛うほどウォーキングスタイルの
乗客で溢れていました。

天候は晴れ、最高気温20度とウォーキングには
少々暑そうだが風が少し強めなので
海岸沿いは気持ちよく歩けそうです。




d0124388_1022346.jpg受付は9時~10時ですが、私が着いた8:40には
既に大勢の参加者が列を作っていました。



コースは18kmの健脚コースのほか、
10kmのスタンダード、5kmのファミリーがあり、
全体の参加者は約3000人と聞きました。



9:15 私は受付を済ませてスタート。
受付で参加証・コース案内(チェックカード)と
ミネラルウォーターを貰いました。


d0124388_10303294.jpg

d0124388_1183133.jpgスタートして住宅街を過ぎると農地が広がる
穏やかな丘陵地帯に出ます。

農地は歩いても歩いても、
見渡す限り畑は濃いみどり色。 
三浦だいこんの畑です。

三浦半島がダイコンの産地と聞いていましたが、
単一の作物がこのように大規模に
耕作されているさまを見せ付けられた感じです。

遠景には浦賀水道を越えて房総半島の
低い山々が連なっています。

丘陵を東に向って下ると三浦海岸です。

d0124388_11344556.jpg

d0124388_11383858.jpg三浦海岸は凡そ10km。

部分的に砂浜を歩きましたが、
子供の頃親しんだ瀬戸内海燧灘の砂浜と
同じ感触で大変懐かしかったです。

三浦海岸から長沢方面を眺めると、
白波が立つほど強い風にもかかわらず
無数のウインドサーフィンが出ていました。

砂浜で乗馬を楽しむシーンは大変新鮮でした。
(2頭の馬の向こうに無数に浮かぶ
   ウインドウサーフィン見えますか)




d0124388_1332815.jpgペリー提督上陸記念碑 →

久里浜は黒船の提督ペリーの上陸の地。
ぺりーの名を冠した施設がいろいろありました。


最後のチェックポイントはゴールの
5km手前のペリー公園でした。 

公園はチェックポイントであると共に
ファミリーコースのスタート地点になっています。

スタートする人・チェックのスタンプを貰う人・
昼食をする参加者でごった返していました。



d0124388_13242661.jpg13:40 ゴール・浦賀コミュニティー広場に到着、
完歩証と参加賞を頂きました。

ゴール会場では大人やちびっ子たちのダンス
などのアトラクションで賑やかに歓迎してくれました。

途中史跡の説明板を読んだり、写真を撮ったり、
小休止しながら行動食を取りながらも
目標としていた時速4kmで18kmを歩く。

でもコースは殆ど舗装道路で、
里山を歩くよりは足の疲れが大きかったです。
やはり私には山の方が好みに合っているようです。





[PR]

by dojyou38 | 2016-10-30 17:48 | アウトドアー | Comments(6)
2016年 06月 21日

アトランタ (バーチャル世界1周歩こう会)

d0124388_17485052.jpg

                                     アトランタ空港ホテルバスターミナルにて
d0124388_9434269.jpgアトランタに行ったのは’99年9月、17年前です。
ペルーを旅行した時の行き帰りでした。
デルタ航空のハブ空港でしたがその大きさにびっくり。

行きはトランジットだけでしたが、帰りに1泊しました。
9日間の旅行の帰りで、疲れていたのと余り時間が
無かったので、せっかくにアトランタでしたが
殆ど観光をしませんでした。

ただ空港で大変嬉しいアクシデントがありました。
早めにチェックインして広いターミナルビルを
ウロウロしていると、Mr.KS&Mrs.MS
インフォメーションへ
のコール。

海外で旅行中に何度か知人に遭ったことがあるが、
まさかアトランタでと訝しながらカウンターへ。

d0124388_10172868.jpg私たちのチケットがダブルブッキングとのこと。
それで、ファーストクラスへのチェンジ

あの枡添知事も使ったファーストクラスです。
何十回も海外フライトしているがファーストは
後にも先にもこれ1回でした。

フライトはポートランドでトランジットして
福岡までの長時間 約20時間の直行便。

食事は立派な陶器の食器でフルコース。
旅の帰りで疲れた身体を福岡まで
をファーストのシートに沈められて夢心地でした。

なぜ、ペルーに行ったかにつてはリマで紹介します。


昨年6月25日、バーチャル日本1周歩こう会を完成。
もう1度、日本1周ということも考えましたが、残された健康な時間を若い頃海外旅行した街を訪ね、
想い出を手繰って歩こうとバーチャルでの世界1周に旅立ちました。

世界1周は赤道1周の距離で40,000kmです。
とても元気なうちに完成するとは思えないが、それこそ行けるとこまで歩いてみます。

このパソコンのバーチャル世界1周は日付変更線スタートで赤道上を西回りで歩きます。
日本1周で既に歩いた距離 8955kmが含まれているので、
私が旅行したことがあるハワイ・アラスカ・西海岸は通過していました。

アトランタは西経84度23分、日付変更線から赤道上では10,632kmにあります。
今日 6月22日、日本1周を含む歩行距離がジャスト 10,632kmで アトランタに到着しました。
世界1周にスタートして353日で1677km歩いたことになります。 1日平均 4.62km です。

日本1周が完成してからは1日4kmをクリアー出来ればと思っていたので、
坐骨神経痛の発症などを考えると自分ながら良く歩いたと
思っている。

次のチェックポイント・リマ(ペルー)までは赤道上の距離で約825km、6ヶ月先になるだろう。




[PR]

by dojyou38 | 2016-06-21 09:35 | アウトドアー | Comments(12)
2016年 01月 07日

七福神廻り

    逗子市で最も歴史あるお寺 高野山真言宗延命寺(本尊・大日如来)
d0124388_1754220.jpg

d0124388_1830631.jpg関東には九州のような三社参りの風習はないが、
初詣の他に「七福神廻り」が広く行われているようです。
七福神の秘仏が正月10日まで御開帳されているので、
その秘仏を参拝するのが正月の風習のようです。

私が今日巡った「湘南七福神」は逗子市と葉山町に
またがって配置されていて、地元のボランティア団体
が案内する巡礼に参加しました。

最初に参拝したのは弁財天を祀る延命寺。
このお寺は行基の開山で、空海が『延命地蔵の
厨子
』を設けたことからこの地を厨子と呼ぶように
なり、現在の「逗子」になったそうです。
      厨子弁才天 像  →
弁財天は智識・学芸の神とされる。

d0124388_22471799.jpg2番目に参詣したのは
鎌倉時代創建の宗泰寺
本尊・阿弥陀如来で祀る七福神は大黒天
大黒天は財福の神とされる。

3番目は鎌倉時代創建の東昌寺
本尊・大日如来で祀る七福神は宝仙福禄寿を祀る
福禄寿は長寿安泰を願う神

ここには二階堂信濃守行心の墓と伝えられる
国重文の五輪塔がありました。

五輪塔から東昌寺本堂を見る




d0124388_13482196.jpg4番目は鎌倉時代創建の光照寺 


源義朝の長男・悪源太義平を供養するために
建てられた寺院
本尊・阿弥陀如来・祀られている七福神は寿老人
寿老人は不老長寿を願う神

光照寺の門前で参拝の順番を待ちながら
ボランティアガイドから説明を受ける巡礼参加者 

この4番目までが逗子市市内で
   5番目以下が葉山町 


d0124388_14265327.jpg5番目 室町時代創建の真福寺仙光院
本尊十一面観音菩薩・祀られている七福神は
長柄毘沙門天

毘沙門天は力・武運の神とされる

長柄は鎌倉幕府創建の功臣一族の名で、
この地域の地名。
高野山真言宗の寺院のせいか毘沙門天の両側に
   コウヤマキが供えられていました。





d0124388_1534261.jpg6番目 室町時代創建の長運寺
本尊・不動明王、
祀られている七福神は円満布袋尊
             

布袋さんは七福神の中で
唯一実在の人物・中国唐代の僧だそうで、
不老長寿の神 






d0124388_15332299.jpg最後は天平時代創建の遍照寺玉蔵院
東大寺別当の良弁によって創建された葉山町
 最古の歴史を有する寺院。
本尊は大日如来、祀る七福神は葉山恵比寿

恵比寿さんは七福神の中で唯一日本の神。
イザナミ・イザナギの間に生まれた
最初の子供・蛭児命とされている。

西宮恵比須神社の祭神で商売の神

どの地域の七福神廻りも歩いて1日で参拝出来る
限られた地域の寺院が選ばれているようです。


七福神めぐりの参拝客で賑う遍照寺玉蔵院
d0124388_1628539.jpg
私の今日の七福神めぐりは初詣とか願掛けと言うよりは、
正月休みの運動不足解消と、地域の歴史や地図を知るために参加しました。
今日、巡礼で歩いた距離は約9km、私は自宅から集合・解散場所まで歩いたので延べ13km余でした。

地元のボランティアは御開帳の十日間に何回も案内しているようでしたが、
今日だけでも50余名、3班に分れ其々の寺院や地域の歴史を丁寧に説明してくれました。

なお、今日巡った「湘南七福神」は全て真言宗の寺院で、
七福神巡りが定着したのはまだ新しく、精々40~50年前からのようでしたが、
それでも神奈川県内の七福神めぐりでは歴史が有る方だそうです。

七福神巡りは初めてでしたが七福神のこと、鎌倉幕府創建に係るこの地域の武士団のことなど
大変勉強になり、この地域のことが少し分ったような気がしました。


今日出会った花
出会った何れの花も例年より随分早く開花または開花の準備が進んでいるようでした。

ミツマタ(蕾)                                       コスモス
d0124388_17222380.jpgd0124388_17225169.jpg













アザレア ?                                       ロウバイd0124388_17312085.jpgd0124388_17314895.jpg














スイセン(ペイパーホワイト)                            シロバナジンチョウゲ(蕾)
d0124388_17344910.jpgd0124388_17353314.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-01-07 17:39 | アウトドアー | Comments(10)
2015年 07月 10日

今日の小戸公園(ウォーキング)7月9日

d0124388_1113232.jpg

d0124388_112598.jpg七夕前日からずーっと雨。
福岡は七夕になってから本格的入梅かと思った。
ところが今日は打って変わって朝からピーカン。

後立山遠征の足慣らしに近くの山へ行きたいところだが、
昨日までの雨では連合いを誘うにはぬかるみ過ぎ、
そこで久し振りに小戸公園に連れ出しました。

自宅から公園までは2kmほどだが、
連合いは舗装道路を歩くのが苦手なので車で出かける。
広い駐車場もウイークデーでがらがら。

駐車場から海岸沿いの小山を一回りしました。
博多湾は干潮で風もなく波一つありません。

波打ち際には海草を拾う散歩中の人や
子供に水遊びをさせるお母さんなどちらほら。

ヨットハーバーも静かで出入りするのは僅か数隻、
申し分ない天気なのに本当に静かな公園でした。



今日 公園で見た木の実

 この時期 公園の丘の林には花は殆ど無く、
 木の実だけが目立ちましたが何れも未熟実。
 野鳥に食べ残されたヤマモモだけが無残に落果していました。
 これは?はシナサワグルミでした。メルトモが教えてくれました。

イヌビワ                                        ノブドウ
d0124388_14252018.jpgd0124388_14254118.jpg












クロガネモチ                                      トベラd0124388_14271220.jpg
d0124388_14284920.jpg













これは ? シナサワグルミ                                       落果したヤマモモ
d0124388_14332143.jpgd0124388_14334580.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-07-10 11:02 | アウトドアー | Comments(4)
2015年 07月 04日

片道切符で世界旅行へ(バーチャル歩こう会)

d0124388_1253226.jpg

d0124388_1129398.jpg

                                       1986年7月 ゴールデンゲイトブリッジ(サンフランシスコ)
d0124388_1132211.jpgバーチャル日本1周歩こう会をゴールして、
毎日のウォーキングにファイトが湧きません。

私は今しばらくは里山ハイキングを続ける予定。
そのためには脚力のトレーニングは欠かせない。

ウォーキングは認知症予防にもなるそうなので、
ウォーキングを積極的に続けたいが何らかの
目標・指標があると意欲が湧きます。

そこで、思い立ったのが世界1周です。
バーチャル日本1周のゲームに世界1周が
用意されていたので、それに乗ることにしました。

このバーチャルゲームでの世界1周は日付変更線から
東回りに、赤道上を歩くことになっています。
しかも、日本1周した分は実績として
世界1周の22%を歩いたことになっています。

それでも、どんなに頑張っても世界1周には
私のペースではあと20年要します。

とても1周することは出来ませんが、これまでに旅行した
海外の街を赤道上で再訪しながら行けるとこまで歩きます。


   1995年8月  マタヌスカ氷河(アラスカ)
d0124388_11593397.jpg日付変更線からの出発ですから、日本1周で
過去に旅行したことのあるハワイ・
アメリカ西海岸・アラスカ
などは通過しています。

次の目標アトランタを目指して歩きますが、
これまでのように1日5kmと言う目標は卸して、
成り行き任せでのんびり歩こうと思う。

そして、赤道上で過去に訪問した街の経度に
達したとき、アルバムをめぐり旅行したときの
思い出に浸りたいと思います。

現地点から次の街アトランタ(西経84度)までは
約1800km、少なくとも1年は掛かるだろう。

従って、このジャンルで皆様にお会いするのは1年後と言うことになるでしょう。


                                                                                                 
[PR]

by dojyou38 | 2015-07-04 10:26 | アウトドアー | Comments(12)
2015年 06月 26日

日本1周 ゴール 6月25日

d0124388_163111100.jpg
6月12日最後のチェックポイント佐賀を通過して、13日目本日6月25日にスタート地点・福岡にゴールしました。
最後は1日平均は4.32kmにペースダウンしましたが、
途中から目標とした7月13日の誕生日に余裕を持ってゴールすることが出来ました。

このアプリゲームを教えてくれたのは福岡から千葉へ引越ししたアウトドアー仲間のTさんからのメールで、
私は2010年2月16日からこのゲームに参加しました。
最初は歩行目標などは定めず、なりゆきでその日の歩数だけを入力していたので、
スタートから10ヶ月間はスローペースで1日平均3.76kmでした。

その後ブログ友が次々参加し、その多くのメンバーが1日目標5kmを掲げて頑張っていました。
その方たちの刺激を受け、私も途中から1日5kmを目指すようになり、
喜寿の誕生日7月13日までにゴールすることを目標としていました。

このゲームでは日本一周は8955km。 
5年4ヶ月余・1955日間を要しましたので全体の1日平均は4.58km歩いたことになります。
途中で投げ出すことが多い私ですがブログ仲間が励みとなり、自分なりに頑張ったと満足しています。

この間、思い出すのは北海道の広さを実感したことです。
北海道1周だけで426日間を要し、その距離は1981kmで日本1周の22%でした。

また、私はこの5年間に何度も関東・東北までロングドライブをしたので、
バーチャルで歩いている地点に遭遇することがしばしばありました。
そこでは車を停めて写真を撮ったり休憩したことが不思議な体験として思い出に残ります。

ブログ仲間の皆さん 長い間 応援有難うございました

[PR]

by dojyou38 | 2015-06-26 20:31 | アウトドアー | Comments(12)
2015年 06月 13日

佐賀まで帰ってきた。(バーチャル日本1周歩こう会)

5月17日に長崎を通過して、日本1周歩こう会もいよいよバックストレッチに入った。
それから25日目、6月12日に隣接県の県都・佐賀に到着しました。
その間、歩いた距離は111km、1日平均 4.44kmでした。

ずっと目標にしてきた1日5kmを大きく下回りました。
それは梅雨入りで天候不順もあったが、
残り少なくなって日本1周が早く終わってしまうのが寂しい気分になりペースダウンした結果です。

ゴールまでの残りは56km、指呼の距離です。
ペースダウンしても、当初の目標7月13日の誕生日より前倒しの6月中には確実にゴール出来そうです。
残り少ないウォーキングを2010年2月スタートしてからの5年4ヶ月を振り返りながらゆっくり歩きたいと思います。

ゴール後のことはゴールしてから考えたいと思います。

d0124388_10344619.jpg
d0124388_103531.jpg

d0124388_1044216.jpg佐賀県は福岡市から半径75kmに納まり、
現役時代業務に出ても県外と言う感覚が無かった。

現役時代の思い出の一つに、私が加入していた
異業種交流会が佐賀県の招待で1泊2日の
観光旅行をしたことです。

博多駅から2つのTVクルーが密着取材です。
それから2日間べったり、食事中もカメラが廻る。
佐賀駅では県知事のお出迎えがありました。

唐津に泊まり、2日間にわたり佐賀県内の
名所旧跡をくまなく案内していただく。
初期稲作文化の環濠遺跡・吉野ヶ里公園見学


d0124388_17273671.jpg2日間の観光をアゴアシ付きでの招待と
言うことでメンバーこぞって気軽に参加したが、
そこには注文が色々付いていました。

名所も見学の歩行コースが決まっていたり、
撮影のため同じところを何回も歩かされたり。

食事も佐賀特産の絶品料理でしたが、昼も夜も
TVのカメラ密着で料理の感想を聞かれます。


有田の陶器博物館での絵付け体験



最後は中身の濃いアンケートが待っていました。
タダより高いものはないなど言うメンバーもいましたが、思い出に残る課外活動でした。
後日、TV取材の放送がありましたが、どの局も2日間べったりの取材が30分番組になっていました。
[PR]

by dojyou38 | 2015-06-13 09:43 | アウトドアー | Comments(8)