行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アウトドアー( 155 )


2014年 08月 11日

今日のウォーキングで出会った花・アオイ科 4 題

d0124388_2139184.jpg台風一過、福岡にも久し振りに青空が戻って、
午前中は暑くなる予感がありましたが、
午後はそれほど気温が上がらず28度止まりでした。

私は午後の日差しを受けながらウォーキング。
例により途中はお気に入りのカフェで
  休憩を兼ねて暫く読書。

今日のウォーキングではアオイ科の花が特に眼に
とまりましたので、その中から4点をUPします。 

     フヨウ 
民家の垣根に咲いていました。
芙蓉峰は富士山の雅称で、
新田次郎原作「芙蓉の人」は現在TVで放映中。


d0124388_20434097.jpgアメリカフヨウ

昨年と同じ駐車場の緑地帯に一輪咲いています。
直径20cmほどあり、遠くから目立っています。
午後3時過ぎ、花には勢いがありませんでした。












d0124388_212427.jpgムクゲ

集合住宅の北側の日当りの悪い 
緑地帯に咲いていました。
サルスベリと同じように次々と100日間咲くと言う。

中国名・木槿を音読みしてムクゲと呼ぶ。
韓国の国花。









d0124388_21292815.jpgモミジアオイ

家庭菜園に野菜に混じって咲いていた。
原産地 北米 
名前は葉の形がモミジに似ているため。

アメリカフヨウもそうだがアメリカ原産の
花は花弁が大きく派手な花が多いようです。
[PR]

by dojyou38 | 2014-08-11 09:15 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 07月 21日

宇和島(愛媛県)に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

昨日 長かった梅雨も全国の多くの地区で明けたようです。
私は八ヶ岳登山に出かけていましたが、昨日6日間の旅から帰ってきました。
登山中、最高気温15度の山から32度の福岡に降り立ち本格的な夏を実感しています。

八ヶ岳登山を先に報告すべきですが、登山中は1日4万歩以上も歩いたこともあり、
バーチャル日本1周の方では何時の間にか私の郷里・愛媛に入りましたので、
愛媛入りを先にUPします。

6月21日高知を通過して、7月20日宇和島に到着しました。
この30日間で196km、1日平均6.53km 予想以上にピッチが上がり日本1周の80%に到達。
梅雨の最中とは言え福岡は概ね雨が少なく、飾り山笠見物や3回の登山などで歩行距離が伸びました。

このまま、順調に歩くことが出来れば、来年の8月中には日本1周し福岡にゴールできるでしょう。
そのようになるよう頑張りたいと思います。

d0124388_94453.jpg
d0124388_951964.jpg

私の郷里なので愛媛のこと、宇和島のこと少し詳しく述べます。
私の出生地は西条市、ルートマップの小松は西条市内の1地区です。
宇和島は同じ県内でも西条から140kmも離れ、県庁所在地・松山の反対側なので何度か訪れていますが詳しくありません。

愛媛の旧国名は伊予宇和島藩を中心とする南予松山藩が中心の中予
西条藩などを中心した東予の3ブロックに分けられています。
松山は比較的知られているので、ここでは宇和島と西条のことを記しますが西条のことは小松到着時に回します。

宇和島藩は仙台伊達藩の支藩(初代藩主は伊達政宗の長男・秀宗、庶子だったため本家を継げず宇和島10万石を領した)
そのため、今でも仙台と宇和島は姉妹都市で年中行事などでも共通点があるといいます。
そして、同じ愛媛でも宇和島を中心とする南予は中予・東予と人の気質が違うそうです。

d0124388_17223791.jpg
            還暦記念に高校同級生と宇和島に旅行(宇和島・和霊神社にて)
             和霊神社は伊達藩の和霊騒動に由来する神社で牛鬼まつり が有名です。
     
[PR]

by dojyou38 | 2014-07-21 21:53 | アウトドアー | Comments(12)
2014年 06月 30日

キノコ観察会 IN 油山市民の森

d0124388_2215813.jpg
        レクチャールームでのオリエンテーションの様子


d0124388_226279.jpg油山市民の森でキノコ観察会があり、
サポーターとして参加しました。
サポーターと言っても、私はキノコのこと
全く分からないのでもっぱら力仕事が担当です。

キノコ観察会のスケジュール
 10:00~10:20 観察・採集方法の説明など
 10:25~12:00 フィールドでの観察・採集
 12:00~12:55 レクチャールームで同定・説明

当日 朝から雨模様 キノコのような地味なテーマ、
参加者が来るのだろうかと私は勝手に心配したが、
続々と親子連れなどが集まりました。

事務局の話では50人の定員に、34組71名応募。
参加当選者は26組54名で、当日の参加47名。

d0124388_16321562.jpg雨模様で若干のキャンセルが有りましたが、
キノコの観察会がこんなに人気が有るとは
私には信じられない驚きでした。

若い女性、小中学生が多かったです。
山ガールはポピュラーですが、
キノコ ガールもいるようです。

参加した小中学生や若い女性の熱心な観察と
キノコの知識の豊富さに更に驚かされました。
私はもっぱら彼らが採取したキノコの運搬係。

平素は油山域内では植物などの採取は
禁止されていますが今日は
キノコ類に限りフリーです。

d0124388_16493763.jpg
        講師によって同定されたキノコ

私が珍しいと思ったキノコ

ホソツクシタケ (枯れたホウノキの実に発生)                      ムラサキフウセンタケ
d0124388_17582744.jpgd0124388_17584847.jpg







             







冬虫夏草(ハナサナギタケ)                          ハナホウキタケ
d0124388_1845841.jpgd0124388_1855258.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2014-06-30 13:50 | アウトドアー | Comments(12)
2014年 06月 20日

高知に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

5月31日徳島・阿南を通過して、本日(6月20日)高知に到着しました。
この20日間で歩いた距離は121km、1日平均6.05km。
この期間も梅雨とは言え福岡地方は空梅雨で、順調に距離を延ばす事が出来ました。

このように順調に歩ければ、夏休みが終わる頃には、四国を出て山陽路に入ることが出来るかもしれない。
その前に、高知県の次はいよいよ私の郷里・愛媛県です。
懐かしさと思い出をかみ締めながら歩きたいと思います。

d0124388_15282874.jpg
d0124388_15284454.jpg

d0124388_15381230.jpg私は高松に前後2回勤務したことがあり、若い頃 
高知事業所の開設にかかわり暫く責任者だったこともあり、
高知は思い出多い街です。
   
                                      
なかでも、酒宴の多い地方で酒に纏わることが多い。
その頃は焼酎ブームの前で、宴席は殆ど日本酒だった。
皿鉢料理と共に「酔鯨」「司牡丹」など今でも思い出す。

酒宴に遅れての出席はOKだが、早退は失礼とされる。
高知の酒宴は兎に角長く、12時間以上飲み続けたことも。

2度目の勤めの時、高松から出張の度に寄せてもらった
のが「はりまや橋」から程近い料亭『得月楼』。
ここは見事な盆梅の多さでも有名ですが、
宮尾登美子『陽暉楼』 の舞台としても有名です。
                                        得月楼の外観(ネットより拝借)
今、高知を訪ねても懐かしいが昔のような日本酒一辺倒や長尻の酒宴にはお付き合い出来そうに有りません。
一方、現在の高知ではそのような習慣も薄らいでいることと思います。

[PR]

by dojyou38 | 2014-06-20 20:28 | アウトドアー | Comments(12)
2014年 06月 09日

油山市民の森「自然案内人の研修」に参加(6月8日)

                            展望台から見た油山直下の福岡市住宅街
d0124388_9542555.jpg

d0124388_10521926.jpg油山市民の森は広さ70.7haの広大な敷地を持ち、
自然観察から野外活動まで幅広いアウトドアーを
楽しむことが出来る施設です。

市民の森自然観察センターでは様々な自然観察会
を開くため、「森を育てる会」「自然案内の会」
「野鳥調査の会」「植物保護の会」などが
ボランティアとして活動している。

「自然観察の会」のスキルアップのため
研修会が開かれたので参加しました。

当日は朝から雨模様、花弁を閉じている花も
あり観察日和でなかったかもしれない。


高い山・厳しい山への挑戦をしなくなって、里山を歩くようになり足元の花木・山野草に興味が移り、
機会有るごとに植物の名前など覚えようとしているが、教えられる傍らから忘れていきます。
今日教えられた木や花は20種あまり、次に出会ったとき幾つ覚えているだろうか。
せめて、ここにUPした7種くらいは覚えたいものだ。



油山市民の森で観察した花 (7種)
写真はクリックで大きくなります。
花の名など、しっかり教えられたので間違いは無いとおもいます。

d0124388_15475244.jpgヒメジョオン

姫女苑
キク科の花で、道端でよく見かける雑草










d0124388_15555176.jpgヨウシュヤマゴボウ
(花・蕾)

洋種山牛蒡
アメリカからの帰化植物
名前から誤食されやすい。
誤食すると嘔吐・下痢・けいれんをおこす。








d0124388_16105825.jpgノグルミ


野胡桃
中心が雌花、周りは雄花。
落葉高木、樹皮はタンニンの原料。
建材にはならず、容器材に使われる。







d0124388_16205591.jpgロウバイ(実)

蝋梅
落葉広葉低木
種子は有毒
花はよく見るが葉や実を見るのは初めてでした。









d0124388_16334881.jpgホタルブクロ


蛍袋
キキョウ科
花は2種あり、白は西日本に紅紫は東日本に多い。
名前はホタルの虫篭・提灯の古名(火垂る袋)など
 諸説ある。







d0124388_1649833.jpgトウオガタマ
(花・蕾)

唐招魂
モクレン科常緑低木
花の香りがバナナに似ているので、
英語名はbanana shrub.

江戸時代中国から帰化、
日本在来の高木・オガタマノキ(招霊木)と
区別するためこの名が付いた。




d0124388_1718848.jpgクチナシ
(蕾)

梔子
アカネ科常緑低木
実は着色料や漢方(打撲・腫れ物)の原料になる。
[PR]

by dojyou38 | 2014-06-09 09:43 | アウトドアー | Comments(10)
2014年 05月 31日

徳島県に入る(バーチャル日本1周歩こう会)

 5月1日大阪を通過し、現在徳島県を歩いています。
大阪では現実とバーチャルが重なりましたが、現実の方は13日間のドライブ旅行で横浜から信州へ、
旅行から帰ってからは、たまたま登山が続きこの間に、相当歩行距離を稼いだようです。

そのため、バーチャルではあっと言う間に大阪から兵庫県に入り神戸・明石・淡路島を経由し、
予想以上に早く郷里・四国に入ったように思います。
現在は徳島の阿南市から海南(海陽町)に向かっています。

大阪を出て30日間で181km、1日平均6.03km。  日本1周の77%達成
自分でも良く歩いていると思います。 それもこれも長期旅行と山歩きの賜物です。
これからは、暑さに強いと思っている私も、このハイレベル維持は難しいと思っています。 

d0124388_17135573.jpg
d0124388_2363142.jpg

徳島は現役で高松勤務の頃は毎月のように出張していましたが、有名な阿波踊り』も本番では見ていません。
また、その頃観光をした記憶も殆ど有りません。

一番最近徳島を訪ねたのは、昨年6月西日本第2の高峰・剣山(1955m)に登った時です。
徳島自動車道の美馬ICから国道438号で登山口に至りましたが、その国道はこれでも国道?
曲がりくねり狭くて行き違いできない箇所が多く運転が不安だった記憶が今も残っています。

剣山は名前に似ず鈍頂で、ケーブルもあり夏はファミリーピクニックに適した山のようでした。
d0124388_238558.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2014-05-31 16:40 | アウトドアー | Comments(10)
2014年 05月 02日

大阪に到着(バーチャル日本1周歩こう会)5月1日

4月3日、和歌山県南部を通過して本日大阪に到着しました。
私はライブでも、今ロングドライブ旅行で大阪に滞在中です。
こんなふうに、バーチャルとライブが重なったのは昨年11月ドライブ旅行中静岡で有って以来2度目です。

南部を通過して、今日まで比較的天候に恵まれ登山の回数も多く28日間で177kmも歩きました。
1日平均は、なんと6.31kmです。 6kmの大台になったのは福岡を出発以来始めてのことです。


d0124388_9344018.jpg
d0124388_9355678.jpg

                谷町筋から見た日本一のノッポビル・ハルカス
d0124388_9554042.jpg
d0124388_956638.jpg大阪は私にとっては社会人スタートの地で、17年間勤務しました。
その間、結婚し2人の子供も大阪で生まれました。
しかし高度成長・モーレツ時代、子供の世話は連合い任せ。

関西地方の観光も会社の付き合いで訪ねたところが殆どです。
後になって長男が大阪に住まうようになったこともあり、
大阪を離れからのほうが関西を楽しんだように思います。

今回も、ドライブ旅行を兼ねて奈良の山に登ったり、
あべのハルカス(高さ300m)を見に行ったりしています。

あべのハルカスは最近完成したビルで、
横浜のランドマークタワー(296m)を越える
日本一のノッポビルですが、
ランドマークタワーのような存在感が無いように見えました。

事業主は近鉄で百貨店(近鉄)・都ホテル・美術館などが
主なテナントです。



       ビル直下から見たハルカス  → 
[PR]

by dojyou38 | 2014-05-02 09:22 | アウトドアー | Comments(6)
2014年 04月 24日

自然観察 IN 油山市民の森(4月20日)

                  センペルセコイヤの森を行く自然観察参加者
d0124388_1615820.jpg

d0124388_16125917.jpg 福岡市の油山市民の森で
「春の油山自然観察ハイキングがあり参加しました。
油山市民の森は油山(597m)の北斜
面に広がる(93ha)
自然観察とアウトドアーの総合施設です。

雨模様で中止になるのではと思っていましたが、
申込者の半数近くが参加したので催行されました。

10::00 からの予定でしたが雨で若干遅れたが、
予定の3時間ベテランのボランティアガイドが植物だけでなく、
野鳥・昆虫・カエルなどの植生や生態を話してくれました。



          センペルセコイヤ 
常緑針葉樹、油山に植えられたのは約40年前。
大きいものは直径約1m、高さ20以上?成長が早いようです。
樹皮は杉に似ているが分厚く少し柔かく硬いスポンジのようです。
原産地・アメリカ西海岸には高さ100mに及ぶものもあるそうです。




           油山市民の森管理棟前広場(雨模様で人出がありません)
d0124388_1428869.jpg


今日観察した花の中から8点
   (写真はクリックで大きくなります
   雨模様のため開花が不十分な花も有ります。

d0124388_10381599.jpgホウチャクソウ

名前は寺院の軒先に吊り下げられている宝鐸に
見立てたもの。
有毒だそうです。











d0124388_10541428.jpgハナイバナ(葉内花)















d0124388_1192799.jpgホウノキ
(蕾)


モクレン科
ホウノキのホウは包で物を包むと言う意味。
樹皮は漢方薬にもなる。
材は刀の鞘、鉛筆などに。

ホウノキは山にたくさんありますが、高木で花は樹冠に
付くため私は長いこと花に気が付きませんでした。
 (幼木や日陰では花を付けない)




d0124388_11371335.jpgカキドウシ

子供の疳の虫など生薬の原料に使われる。
別名:カントリソウ












d0124388_13403727.jpgヤマフジ















d0124388_1342231.jpgモミジの花















d0124388_13461859.jpgキツネノボタン

毒草
誤食すると胃腸の粘膜がただれる。
皮膚に付けると腫れて水泡が出来る。











d0124388_1352062.jpgウマノアシガタ

キツネノボタン同様の毒草
[PR]

by dojyou38 | 2014-04-24 15:21 | アウトドアー | Comments(6)
2014年 04月 07日

南部に到着(バーチャル日本1周歩こう会)4月3日

2月16日 伊勢を通過して本日4月3日 和歌山県南部に到着しました。
その間、46日間で259kmを歩きました。 1日平均5.63kmです。
寒い日、悪天候の日もあったのに自分ながら頑張って、1日の目標5kmをよくクリアーしたと思う。

でも奈良を通過するときは
サクラの頃には和歌山市~大阪辺りと予想していたが、そんなに甘いものでは有りませんでした。
やっと、日本1周の73%に達しました。


d0124388_22485856.jpg
d0124388_22491439.jpg

d0124388_23204657.jpg
d0124388_2321832.jpg和歌山は大阪勤務が長かったので仕事でプライベートで何度も。
高野山、和歌山市、湯浅、白浜温泉、すさみ、潮岬などなど。
なかでも、熊野古道中辺路トレッキングの印象が強く懐かしい。

中辺路を歩いたのは2004年12月、世界遺産登録の直後。
世界遺産登録によって、その後観光客が急増。

そんな中で、中辺路のシンボルとも言われた牛馬童子
頭部が心無い者によって壊され持ち去られたそうです。
現在はレプリカの頭部で復元されている。

私たちは田辺からバスで滝尻王子に入り、2泊3日で山道を約40km。
瘦せ尾根・谷筋・渡渉を繰り返し、古人の旅の苦労を偲びました。

2日目、近露王子から熊野本宮大社に詣でたあと、
小栗判官で有名な湯の峰温泉で疲れを癒した。
3日目、田辺で弁慶誕生の史跡をめぐったのも印象深い。



今月下旬、大阪から横浜へドライブ旅行を計画しています。
昨年のドライブ旅行では、静岡でバーチャル日本1周とライブが重なりました。
今年も何処かでそのような出会いになれば面白いと思っています。




 
[PR]

by dojyou38 | 2014-04-07 22:39 | アウトドアー | Comments(6)
2014年 02月 17日

伊勢に到着(バーチャル日本1周歩こう会)2月16日

1月25日 奈良を通過し伊賀上野・津を経由して、本日 式年遷宮で賑う お伊勢さん に到着しました。
その間 要した日数は22日、歩いた距離は126km、1日平均5.73km歩いたことになります。

22日間と言う短い期間でしたが、目標の1日5kmを優にクリアー。
この時期、寒がりの私にしては良く頑張ったとおもいます。
そして、いつの間にか日本1周の70%をクリアーしていました。

d0124388_21504066.jpg
d0124388_21511851.jpg

d0124388_2294895.jpg私が最後に伊勢神宮に参ったのは4年前の5月、
既に式年遷宮の工事準備をしていました。
その時、宇治橋前・後の鳥居(高さ44m)が前回の式年遷宮で
解体された旧正殿の柱が使われたことを知りました。

何年か振りに訪れた おかげ横丁が見違えるように
綺麗にはなっていたが、全てが人工的に改築され
昔の面影が無かったのは少し寂しかった。

だが、そこで戴いた名物「赤福」の味は
以前と変わっていませんでした。 



          旧正殿の柱が使われている宇治橋の鳥居
d0124388_2244766.jpg

これから紀伊半島を時計回りに熊野・和歌山を経由して大阪に向かいます。
頑張れば桜の頃、和歌山を通過して、ゴールデンウイークには大阪の予定です。
皆様に次の途中経過報告は熊野古道(南部・田辺)辺りになるでしょう。

[PR]

by dojyou38 | 2014-02-17 21:22 | アウトドアー | Comments(8)