行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アウトドアー( 161 )


2014年 11月 22日

小倉に到着(バーチャル日本1周歩こう会) 11月22日

11月6日 山口県防府を通過し、本日北九州市小倉に到着しました。
この16日間の歩行距離はジャスト100km、1日平均 6.25km。
気候も良く、山歩きの回数も多かったので、目標の1日5kmを大きくクリアーしました。

2010年2月に福岡を出発、時計回りに日本列島を廻り4年9ヶ月で九州に帰ってきました。
でも、ここから直接福岡には帰れません。
アプリのプログラムにしたがって、これから九州を日豊線沿いに南下、沖縄に渡って九州西海岸を北上します。
日本1周完遂までに後1053km、1日5kmがクリアー出来れば、来年6月中には福岡に帰館できる予定。

冬の寒さが苦手なので心配ですが頑張りたいと思います。

d0124388_2003510.jpg
d0124388_2005731.jpg


北九州市は謂わば隣町のようなものだが、リタイアーしてからは年に何回か山歩きに出かけるくらいなもの。
それと共に、毎年の孫めぐりのロングドライブで通過する街です。
最近では往路は門司からフェリー利用が多いが、以前は往復とも自動車道で関門海峡大橋を利用していた。

下の写真は2010年5月、自動車道の深夜割引を利用するため福岡を夕方出発し、
夕日を見ながら食事をした関門大橋傍の『めかりSA』から関門海峡を撮ったもの。
関門海峡は海上交通の大動脈、ひっきりなしに貨物船が往来します。

あれから僅か4年だが、もう深夜割引を利用するためにSAで仮眠しながらドライブするエネルギーが失せたのは寂しい。
気を取り直し別府・大分に向います。

d0124388_2325113.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2014-11-22 17:51 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 11月 08日

防府に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

10月22日に広島を通過して、15日間半月で山口県防府に着きました。
15日間で歩いた距離は106km、1日平均 7.07km。

15日間と言う短い期間であったが7kmとは私自身驚きです。
たまたま、三俣山・大船山・一目山・四王寺山など登山が続いたことが功を奏したのだろう。

2010年2月16日に福岡を出発し、日本海側を北上するときに山口県を通過しているが4年8ヶ月ぶりに、
ようやく北海道から太平洋側を廻り再び山口に帰ってきました。 考え深いものがあります。
今月中にも九州福岡に上陸し、残すは九州7県と沖縄になりました。

d0124388_11111633.jpg
d0124388_11114287.jpg


山口県は福岡の隣接県ですが、現役時代は業務のテリトリーが違っていたので仕事で行くことは殆どありませんでした。
観光やゴルフなどで下関・秋吉台・錦帯橋・浄瑠璃寺など何回と無く訪ねたものです。
リタイアー後も山陽自動車道でよく走り抜けますが、約160kmと通過に長い時間を要す県です。

下の写真は防府天満宮で平成12年3月にお参りしたときのもの。

防府天満宮は大宰府天満宮、北野天満宮と共に三大天満宮の一つで、
現在の本家大宰府より早く創建されて元祖天満宮だそうです。
確かに社殿の豪壮さも境内の広さも本家に肩を並べるほど立派でした。

d0124388_14594712.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2014-11-08 10:41 | アウトドアー | Comments(6)
2014年 10月 27日

広島に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

9月23日倉敷を通過して、1ヶ月10月22日広島に到着した。
その間歩いた距離は168mk、1日平均5.6km。
この1ヶ月間には屋久島登山旅行やロングドライブ旅行があり1日目標の5kmを軽くクリアーできました。

このところ、3ヶ月くらいほぼ1日5kmをクリアーしています。
このペースを保つことが出来れば、来年7月13日の私の誕生日までには日本1周が完成するでしょう。
喜寿の祝い日本1周達成の祝い が同時に出来るように頑張りたいと思っています。

d0124388_16475159.jpg
d0124388_16481182.jpg


d0124388_1655699.jpg


d0124388_2052199.jpg広島へは現役時代何度も訪れたことがありますが、
リタイアーして一番最近訪ねたのは3年前の5月。

その時、改めて原爆ドーム平和資料館へ行きました。
ドームの前で、被爆2世のボランティアガイドから
当時の惨状と凄惨さの説明を受けましたが、今も記憶に残る。

一方で福島原発事故の直後だったが、
原爆被災地の広島ですらここまで復興・繁栄している。
福島も必ずや復興するだろうと、その時は思いました。

バーチャルで広島に着いた10月22日は現実の旅行でも
広島をドライブで通過すると言う奇遇がありました。
過去にも2度、バーチャルで新潟と静岡を歩いている時 、
その地をドライブしたことがありました。

今回のドライブでは広島の宮島SAで夕食休憩しました。
夕食ではSA お奨めの「宮島海鮮フライ寿司定食」を戴きました。
広島名物牡蠣などのフライがすし飯にのったユニークな料理でしたが
新感覚の料理で美味しかったです。

次回このページで皆様にお目にかかるのは山口県防府になると思います。
ここ数ヶ月の快調なペースを維持し、11月中には実現したいと思っています。
[PR]

by dojyou38 | 2014-10-27 11:14 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 09月 26日

倉敷に到着(日本1周歩こう会) 9月23日

9月10日高松を通過して13日目瀬戸大橋・岡山を経て倉敷に到着しました。
歩いた距離は88km、僅か13日と短期間ではありましたが
1日平均は6.77kmと5kmの目標を大きくクリアーすることが出来ました。

こんなに歩行距離が伸びたのは、この間に低山ばかりですが
宝満山・天拝山~天拝湖・白髪山に飯盛山と4回も山歩きをした成果でした。
これから暫くは気候も良いと思うのでピッチを上げ、冬場のスローダウンに備えたいと思います。

d0124388_11483329.jpg
d0124388_11485578.jpg

d0124388_12411970.jpg                   倉敷市:大原美術館 
                   (写真 ネットより借用)


岡山県は郷里・愛媛と17年間勤務した大阪の中間にあり、
仕事でもプライベートでも頻繁に訪れたところです。

岡山県の様々なところに足跡を残しているが、倉敷も思い出多い街。
結婚前、見合い後始めてデートしたのが倉敷。
彼女が西条から私は大阪から出向いて大原美術館などを廻りました。
半世紀前のことです。

倉敷には美観地区と云われる一郭に美術館他・ホテル・文化センター・
考古館・民芸館・郷土玩具館・陶器館など様々な文化施設があるが、
クラレ・クラボーを創業した大原家とその関係者によって整備されたものです。

それらの全ての施設は大原氏と関係深かった当時私が勤めていた
ゼネコンが建設したものでした。


明日から3日間 九州の最高峰・宮之浦岳(1935m・屋久島)登山に出かけます。
[PR]

by dojyou38 | 2014-09-26 09:09 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 09月 10日

高松に到着(バーチャル日本1周歩こう会)9月9日

先月18日に郷里・小松(西条)を通過し、22日目 9月9日 高松に到着しました。
歩いた距離は123km、1日平均は5.59km。
この間、天候の優れない日も多くありましたが、長距離縦走ハイキングなどもあり目標の5kmをクリアーできました。

これから1度通過した坂出に引き返し、瀬戸大橋を渡り岡山から山陽路九州に向かうことになります。
日本1周ゴールまでの残りの距離は1515kmです。

1日平均5kmをキープ出来れば、
来年 喜寿を迎える私の誕生日7月13日には日本1周が完成することになります。
寒がりの私は冬場が苦手なので、大変難しいと思いますが健康に気をつけ頑張ってみたいと思います。

d0124388_10452738.jpg
d0124388_1045506.jpg

高松は郷里に近く、初めて訪ねたのは小学校の修学旅行。
以来何度となく訪れているが、何よりも2度にわたって延べ約7年間勤務したところです。

高松・香川にもいろいろ名物ありますが、なんと言っても うどん県と云われるように『讃岐うどん』です。
腰のある麺に生姜と小ネギ、セルフで天ぷらなどトッピングして戴きます。
私は高松を離れてからも、うどんは讃岐うどん以外は戴きません。

d0124388_1153713.png高松は松平藩12万石の城下町。
水戸藩の支藩で初代は水戸(徳川)光圀公の兄。

高松城は中津・今治と共に日本3大海城で、
お濠は瀬戸内海に直結、海の魚が泳いでいます。

松平氏の前の藩主・生駒氏の時代に、
大河ドラマの主人公・軍師官兵衛の指南と
縄張りで造られたそうです。
 (中津城も官兵衛による築造)


7年も高松にいたが
高松城の写真がないのでネットより借用
[PR]

by dojyou38 | 2014-09-10 09:57 | アウトドアー | Comments(6)
2014年 08月 18日

郷里・西条に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

7月18日 宇和島を通過して、28日間で本日8月18日郷里・西条に到着しました。
 (ウォーキングマップでは小松が通過ポイントになっていますが、西条市小松町です)
28日間で128km、1日平均4.57kmでした。

お盆に帰省して墓参りが出来ないので、せめてバーチャルでお盆までに郷土入りして
お墓に手を合わせたかったが、天候不順と頑張りが足らなく間に合わなかった。 残念。
高知県を歩いていた間は1日6kmをオーバーするペースだったので、
天候不順でも目標の5kmはキープできるだろうと思っていたが考えが甘かった。

d0124388_17385897.jpg
d0124388_17391834.jpg


                    西条祭り(最終日・加茂川川入り)
d0124388_22515574.jpg
宇和島を通過するとき、愛媛県は南予・中予・東予の3ブロックからなると説明しましたが、
西条は東予の中心・県東予地方局が置かれ、裁判所など国の出先も多く人口は約11万です。
 (人口的には東予ブロック内でも今治市・16万や新居浜市・12万の方が多いです)


d0124388_9371775.jpg西条は江戸時代、紀州徳川家の支藩
3万石の城下町。城は無く濠に囲まれた
陣屋・御殿と呼ばれる一郭は県立西条高校になり、
当時の大手門が校門として使われている。
  (写真はネットより借用)

西条は3万石の小藩だが常府の親藩で参勤交代や賦役がなく、石鎚山からの伏流水打ち抜き水)で
水飢饉もなかった。
 (現在でも市の中心部は水道施設は無く、
各家で飲み水も水田も自噴水で賄っている)

江戸期には農業以外にこれと言った産業も無いのに、盛大な祭りが維持できたのは租税も安く百姓一揆なども無かったせいではと思っています。

私は西条でも瀬戸内(燧灘)の遠浅海岸で育ち、
子供の頃は海苔養殖などの手伝いもしましたが、その遠浅の海は大規模に埋め立てられ、
日本一の造船量を誇る今治造船や四国唯一のビール工場など一大工業地帯に変身しています。

たまに帰省しても潮干狩りや泳いだ海は無くなり寂しいですが、
西日本の最高峰・石鎚山(1982m)だけは昔の姿で迎えてくれます。、
以上、長くなりましたが郷里の報告です。


[PR]

by dojyou38 | 2014-08-18 17:38 | アウトドアー | Comments(10)
2014年 08月 11日

今日のウォーキングで出会った花・アオイ科 4 題

d0124388_2139184.jpg台風一過、福岡にも久し振りに青空が戻って、
午前中は暑くなる予感がありましたが、
午後はそれほど気温が上がらず28度止まりでした。

私は午後の日差しを受けながらウォーキング。
例により途中はお気に入りのカフェで
  休憩を兼ねて暫く読書。

今日のウォーキングではアオイ科の花が特に眼に
とまりましたので、その中から4点をUPします。 

     フヨウ 
民家の垣根に咲いていました。
芙蓉峰は富士山の雅称で、
新田次郎原作「芙蓉の人」は現在TVで放映中。


d0124388_20434097.jpgアメリカフヨウ

昨年と同じ駐車場の緑地帯に一輪咲いています。
直径20cmほどあり、遠くから目立っています。
午後3時過ぎ、花には勢いがありませんでした。












d0124388_212427.jpgムクゲ

集合住宅の北側の日当りの悪い 
緑地帯に咲いていました。
サルスベリと同じように次々と100日間咲くと言う。

中国名・木槿を音読みしてムクゲと呼ぶ。
韓国の国花。









d0124388_21292815.jpgモミジアオイ

家庭菜園に野菜に混じって咲いていた。
原産地 北米 
名前は葉の形がモミジに似ているため。

アメリカフヨウもそうだがアメリカ原産の
花は花弁が大きく派手な花が多いようです。
[PR]

by dojyou38 | 2014-08-11 09:15 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 07月 21日

宇和島(愛媛県)に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

昨日 長かった梅雨も全国の多くの地区で明けたようです。
私は八ヶ岳登山に出かけていましたが、昨日6日間の旅から帰ってきました。
登山中、最高気温15度の山から32度の福岡に降り立ち本格的な夏を実感しています。

八ヶ岳登山を先に報告すべきですが、登山中は1日4万歩以上も歩いたこともあり、
バーチャル日本1周の方では何時の間にか私の郷里・愛媛に入りましたので、
愛媛入りを先にUPします。

6月21日高知を通過して、7月20日宇和島に到着しました。
この30日間で196km、1日平均6.53km 予想以上にピッチが上がり日本1周の80%に到達。
梅雨の最中とは言え福岡は概ね雨が少なく、飾り山笠見物や3回の登山などで歩行距離が伸びました。

このまま、順調に歩くことが出来れば、来年の8月中には日本1周し福岡にゴールできるでしょう。
そのようになるよう頑張りたいと思います。

d0124388_94453.jpg
d0124388_951964.jpg

私の郷里なので愛媛のこと、宇和島のこと少し詳しく述べます。
私の出生地は西条市、ルートマップの小松は西条市内の1地区です。
宇和島は同じ県内でも西条から140kmも離れ、県庁所在地・松山の反対側なので何度か訪れていますが詳しくありません。

愛媛の旧国名は伊予宇和島藩を中心とする南予松山藩が中心の中予
西条藩などを中心した東予の3ブロックに分けられています。
松山は比較的知られているので、ここでは宇和島と西条のことを記しますが西条のことは小松到着時に回します。

宇和島藩は仙台伊達藩の支藩(初代藩主は伊達政宗の長男・秀宗、庶子だったため本家を継げず宇和島10万石を領した)
そのため、今でも仙台と宇和島は姉妹都市で年中行事などでも共通点があるといいます。
そして、同じ愛媛でも宇和島を中心とする南予は中予・東予と人の気質が違うそうです。

d0124388_17223791.jpg
            還暦記念に高校同級生と宇和島に旅行(宇和島・和霊神社にて)
             和霊神社は伊達藩の和霊騒動に由来する神社で牛鬼まつり が有名です。
     
[PR]

by dojyou38 | 2014-07-21 21:53 | アウトドアー | Comments(12)
2014年 06月 30日

キノコ観察会 IN 油山市民の森

d0124388_2215813.jpg
        レクチャールームでのオリエンテーションの様子


d0124388_226279.jpg油山市民の森でキノコ観察会があり、
サポーターとして参加しました。
サポーターと言っても、私はキノコのこと
全く分からないのでもっぱら力仕事が担当です。

キノコ観察会のスケジュール
 10:00~10:20 観察・採集方法の説明など
 10:25~12:00 フィールドでの観察・採集
 12:00~12:55 レクチャールームで同定・説明

当日 朝から雨模様 キノコのような地味なテーマ、
参加者が来るのだろうかと私は勝手に心配したが、
続々と親子連れなどが集まりました。

事務局の話では50人の定員に、34組71名応募。
参加当選者は26組54名で、当日の参加47名。

d0124388_16321562.jpg雨模様で若干のキャンセルが有りましたが、
キノコの観察会がこんなに人気が有るとは
私には信じられない驚きでした。

若い女性、小中学生が多かったです。
山ガールはポピュラーですが、
キノコ ガールもいるようです。

参加した小中学生や若い女性の熱心な観察と
キノコの知識の豊富さに更に驚かされました。
私はもっぱら彼らが採取したキノコの運搬係。

平素は油山域内では植物などの採取は
禁止されていますが今日は
キノコ類に限りフリーです。

d0124388_16493763.jpg
        講師によって同定されたキノコ

私が珍しいと思ったキノコ

ホソツクシタケ (枯れたホウノキの実に発生)                      ムラサキフウセンタケ
d0124388_17582744.jpgd0124388_17584847.jpg







             







冬虫夏草(ハナサナギタケ)                          ハナホウキタケ
d0124388_1845841.jpgd0124388_1855258.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2014-06-30 13:50 | アウトドアー | Comments(12)
2014年 06月 20日

高知に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

5月31日徳島・阿南を通過して、本日(6月20日)高知に到着しました。
この20日間で歩いた距離は121km、1日平均6.05km。
この期間も梅雨とは言え福岡地方は空梅雨で、順調に距離を延ばす事が出来ました。

このように順調に歩ければ、夏休みが終わる頃には、四国を出て山陽路に入ることが出来るかもしれない。
その前に、高知県の次はいよいよ私の郷里・愛媛県です。
懐かしさと思い出をかみ締めながら歩きたいと思います。

d0124388_15282874.jpg
d0124388_15284454.jpg

d0124388_15381230.jpg私は高松に前後2回勤務したことがあり、若い頃 
高知事業所の開設にかかわり暫く責任者だったこともあり、
高知は思い出多い街です。
   
                                      
なかでも、酒宴の多い地方で酒に纏わることが多い。
その頃は焼酎ブームの前で、宴席は殆ど日本酒だった。
皿鉢料理と共に「酔鯨」「司牡丹」など今でも思い出す。

酒宴に遅れての出席はOKだが、早退は失礼とされる。
高知の酒宴は兎に角長く、12時間以上飲み続けたことも。

2度目の勤めの時、高松から出張の度に寄せてもらった
のが「はりまや橋」から程近い料亭『得月楼』。
ここは見事な盆梅の多さでも有名ですが、
宮尾登美子『陽暉楼』 の舞台としても有名です。
                                        得月楼の外観(ネットより拝借)
今、高知を訪ねても懐かしいが昔のような日本酒一辺倒や長尻の酒宴にはお付き合い出来そうに有りません。
一方、現在の高知ではそのような習慣も薄らいでいることと思います。

[PR]

by dojyou38 | 2014-06-20 20:28 | アウトドアー | Comments(12)