行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家族( 79 )


2017年 10月 19日

6日ぶりの晴間に


d0124388_08470412.jpg



d0124388_08473854.jpg
長雨続きで6日ぶり待ちに待った晴天です。
順延を繰り返した孫の運動会が5日ぶりに行われた。
土曜日の予定が平日の水曜日に。

孫の出番に合わせて少し遅れて出掛けたが、
予想していたが運動会にしては校門が淋しい。
でも、運動場に廻るとそこそこ応援の父兄が
集まっていてホッとした。

私の頃は運動会と言えば源平合戦よろしく
紅白2組に分かれて競争したが、この小学校では
赤黄緑の3組に分かれての競争になっていだが
帽子は何故かおなじみの紅白。



d0124388_15294596.jpg
更に気がついたことは、私の小学校の頃は
運動会で応援団は無かったが、
ここでは今年も立派に応援団が編成され、
甲子園さながらのパフォーマンスと
気合の入った大声で
応援合戦を繰り広げていたのは立派でした。


天候不順で順延に次ぐ順延で一番残念なのは
孫と一緒に弁当が食べられないこと。

平日開催になって孫の昼食は学校の
給食になったので弁当は作りませんでした。


それで、私は近くのお魚食堂・海人へ。
その食堂へ行くと、私のような運動会応援の
父兄がたくさん来てていました。
同じようにファミレスに向うファミリーも。

小4の孫は4~6年の選抜リレーに
選ばれていましたが、
1人抜いて面目を施し誇らしそうだった。


それにしても4回も順延になった運動会も滅多にないだろう。
学校の先生方も大変だったろうが、家庭も何回も弁当準備などで戸惑った。

個人競技にしろ団体演舞にしろ子供達のあの真剣な表情を見ていると、
順延になっても平日になっても、子供達が何週間にもわたって
練習した成果を父兄の前で友達の前で発表できて本当に良かったと思いました。

このところ南関東は本当に雨続き、昨日は束の間の快晴だった。
今日も朝から雨、明日からも未だ数日雨模様、家にカビが生えそうです。
私のアウトドアーも菜園作業も暫くお預けです。
d0124388_17271540.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2017-10-19 08:40 | 家族 | Comments(10)
2017年 10月 12日

やぐら・鎌倉時代の墳墓遺跡について


まんだら堂やぐら群(名越)
d0124388_23353732.jpg

d0124388_20282844.jpg
上の写真の要塞のように見える岩窟は何だと思われますか。
鎌倉時代の墳墓遺跡で南関東以外にはないそうです。

先日、鎌倉アルプスと呼ばれている天園ハイキングコースを
歩きましたが、そのコース沿いでこのような遺跡を
幾つも目にしました。

鎌倉では通常「やぐら」と呼んでいます。鎌倉時代に
作られたもので入口には立派な扉もあったようですが
幕府が鎌倉から京都に移って以降、
墳墓は寂びれ朽ち果てていたようです。

江戸時代、山に入った人が門扉の崩れた岩窟を見て、
武具の倉庫「矢蔵」か戦火から家財を守るための「屋敷蔵」と勘違いして「やぐら」と呼んだそうです。

そもそも、このような墳墓が何故作られたか。
治承4(1180)年 鎌倉幕府が開府、三方山に囲まれた狭い鎌倉の地に大勢の人が住むようになった。
そして、有力御家人・有力者が競って豪華な墳墓・法華堂を作ったので、
市中の土地が足らなくなり幕府は市中に墳墓造成の禁止令を出したそうです。

そのため、このような山際に岩窟を穿ち立派な門扉を設け墳墓としたようです。
その後、元弘3(1333)年 鎌倉幕府が滅亡し幕府が京都に移ってからは墳墓が放置されたようです。
鎌倉周辺の山は柔らかい凝灰岩で掘削するのは容易だが、
逆にメンテナンスを怠ると容易に崩壊してご覧のような姿になってしまいます。

鎌倉地区にはこのような「やぐら」が約200群2~3窟あると言われている。
鎌倉周辺以外にも鎌倉幕府御家人の支配地・千葉県など南関東に残っているそうです。

大平山やぐら群
d0124388_09550587.jpg





[PR]

by dojyou38 | 2017-10-12 20:34 | 家族 | Comments(10)
2017年 06月 18日

父の日

d0124388_1623342.jpg

私への父の日プレゼントは毎年焼酎

私の晩酌は原則焼酎。 もう20年以上も変わらず屋久島の芋焼酎『三岳』です。
だが1年に一度、この時期だけは目新しい変わった焼酎と飲み比べが出来る。
子供達からのプレゼントです。

毎年、どんな焼酎がプレゼントされるか楽しみにしている。
今年は長男からは岐 阜・天領酒造のそば焼酎『飛騨
     次男からは阿久根・鹿児島酒造の芋焼酎『にごり酒・芋

そば焼酎は久し振り、しかもこれは30度です。
「にごり酒・芋」も変わった焼酎、蒸留酒なのに「にごり酒」とはこれ如何に!
暫く「三岳」と共に3種類を飲み比べ楽しみます。




[PR]

by dojyou38 | 2017-06-18 16:23 | 家族 | Comments(14)
2017年 05月 05日

頼朝の兜

d0124388_9511134.jpg今日はこどもの日


天気の良い朝を迎えましたが、
孫は友達のところへお泊り、静かな朝。

兜飾りだけが端午の節句を現している。
この兜飾りを買ってやるとき爺婆の見栄で
もっと大きなものを選んでいたが、
次男が社宅が狭いからと小さいものに。


その孫も今年から小学4年。
もう、兜飾りを喜ぶ歳でもないが
飾り付けをしていると、歴史好きの彼は
これは頼朝の兜と得意そうでした。

鎌倉に近いから相応しいかもしれない。

昨年まで野球とサッカーのクラブを
掛け持ちしていたが、今年からサッカー
に絞って楽しんでいる。


何歳まで兜を飾るのだろうか。
もしかしたら孫が関心なくなっても
爺婆の楽しみだけで何時までも
飾るかもしれないと思ったりしている。






[PR]

by dojyou38 | 2017-05-05 09:43 | 家族 | Comments(10)
2017年 02月 19日

雛飾り

d0124388_9505672.jpgひな祭りの話題が聞こえてくる季節です。

しかし、実家では私の兄弟は男ばかり、
子供2人も男で、今同居している孫も男。

そんな訳で私の子供の頃も、
私の子供が小さかったころも雛飾りをしたことが無かった。

でも、何時の頃からか雛祭りの頃になると、
写真のようなケースに入った内裏雛だけが
飾られるようになった。

この雛飾りは連れ合いが木目込み人形を習っていた頃、
ある作家の展示会で求めた作品だそうです。

連れ合いとしては男ばかりで余りにも殺風景なので
せめてもの潤いをと飾るようになったのだろう。

今となっては「女の子」いない我が家だが、
ひな祭りシーズンに年に一度のお出ましです。
[PR]

by dojyou38 | 2017-02-19 09:51 | 家族 | Comments(8)
2017年 01月 01日

謹賀新年

d0124388_16532825.jpg

あけましておめでとうございます

今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
葉山の元旦は雲ひとつ無い穏やかな暖かい日本晴れ、冨士山も相模湾の上にくっきり雄姿を現しています。
[PR]

by dojyou38 | 2017-01-01 14:35 | 家族 | Comments(10)
2016年 06月 25日

高齢者講習(免許更新)

d0124388_18524838.jpg3年に一度の免許更新が迫ってきたので
高齢者講習を受講しました。

葉山には自動車教習場がないので、
横須賀の自動車教習場まで出向きました。

私のような75歳以上で免許を更新する者は
高齢者講習に先立って
講習予備検査を受けなければなりません。

講習予備検査は記憶力や判断力の検査です。
受講当日の年月日・時刻、時計の文字盤、 
前もって見せられた絵・品物の名前などを答えます。
(時計やスマホを見れないようにして)
  


d0124388_1853101.jpg100点満点で76以上 記憶力・判断力 心配なし。
        49~76点           少し低い
        49点以下           低い。  
因みに、私は81点でした。

予備検査の結果が49点以下でも
直ちに免許更新が不可となることは無く、
医師の認知症検診が必要なこともあるようです。
なお予備検査の問題はネット上に公開されている。

予備検査の次は高齢者講習です。
高齢者講習は運転適正・動体視力・夜間視力の
検査がありました。

←運転適正検査の風景


d0124388_116138.jpgその後で実車運転指導です。
高齢者講習はすべて3人1組で行われました。
全ての講習が終わって、
講習終了証明書が交付されます。

朝、8時30分に受付を済ませ、
講習が終わったのは12時前、約3時間掛かりました。

新しい免許証の交付は原則所轄の警察署で、
講習終了証明書を持参すれば写真も不要で、
申請当日その場で交付されるそうです。

私の住んでいる葉山署の場合は自分で写真を
準備させられた上に、交付は即日でなく、
後日改めて出直さなければなりません。

葉山署の場合、規模が小さいので即日交付に必要な設備が整ってないようです。
田舎に暮らすと、このような点でも利便性の悪さを痛感しています。

それはさて置き、次回は80歳です。
免許証を更新するか、返上するか、真剣に考えなければなりません。




[PR]

by dojyou38 | 2016-06-25 08:49 | 家族 | Comments(14)
2016年 06月 19日

今年も届きました。父の日プレゼント

d0124388_1041721.jpg長男からは信楽焼き壺入り江州米焼酎『琵琶之誉

次男からは薩摩芋焼酎『亀寿の明り

今年も子供たちから焼酎が届きました。

私の晩酌は20年以上前から晩酌は
  屋久島の芋焼酎『三岳』と決まっていますが、
毎年 父の日には子供たちから趣向を凝らした
各地の銘品が届き、その時だけは三岳以外の
味を楽しむことが出来ます。

因みに、連合いには毎年 日本酒が届きます。
子供たちも親が揃って酒好きなので
プレゼント選びが楽だろと笑っています。

プレゼントは何であれ嬉しいものですが、子供たち家族がこの日を覚えていて気にかけてくれて、
プレゼントを贈る余裕のある生活をしてくれているのが私には一番嬉しいプレゼントです。




[PR]

by dojyou38 | 2016-06-19 10:27 | 家族 | Comments(12)
2016年 05月 05日

端午の節句

d0124388_20261830.jpg今日はこどもの日であり、『端午の節句』でもあります。
男の子の健やかな成長を願い祝う日です。

端午の節句を祝うようになったのは
武家社会になった鎌倉時代と言われています。

私が子供の頃は庭に5~6mもある孟宗竹か
杉丸太を立てて何匹もの大きな鯉幟の吹流しを、
座敷には桃太郎などの五月人形を飾っていた。

私の子供にも端午の節句を祝ったが、
都会の社宅住まいでは鯉幟を揚げることも出きず、
その頃 流行った兜を飾りました。

大人でも被ることが出来るような大きな兜飾りであったが、
転勤で転宅を繰り返すうちに誰かに譲ってしまった。

男の孫Kが生れて、改めて兜飾りを贈ることになったが、
新婚の長男の狭い社宅では大きな段飾りも
ままならず写真のような小さな飾りとなった。

今となっては、あの時独断でもう少し大きい兜に
しておけばと悔やむ爺であります。
 
小3の孫 Kは今 武士に憧れていて、どこで調べたのかこの兜は源頼朝のだといっています。
確かに頼朝の兜を模したもののようです。
後に掲げた袱紗の家紋を見て、眞田丸の六文銭と比べながら俺のトレードマークだとはしゃいでいます。

まだ小さいKを何時まで見守って遣れるかわからないが、
健康で道誤ることなく育ってくれることを願う婆と爺です。


[PR]

by dojyou38 | 2016-05-05 08:29 | 家族 | Comments(8)
2016年 03月 01日

得点王

d0124388_1112245.jpg

d0124388_22124871.jpg地域のU-8のサッカー大会が横須賀フットサルクラブであり、
孫の K が出場するので久し振りに応援に行きました。

各地域にあるサッカー教室(クラブ)の小学校2年までの
生徒で編成されたチームの対戦です。
各チームは7人で編成され、コートは通常のサッカーより
狭いフットサルのコートで試合をします。

優勝までは7試合戦わなければなりませんが、
試合時間は10分と短いので試合数は多いのですが、
試合はどんどん消化されていきました。

Kのチームは優勝戦まで残り、PK戦まで持ち込みましたが
残念ながら優勝することは叶いませんでした。

それでもKは全試合にフル出場し、7試合で6得点の成績で得点王に輝き
ましたが、表彰式では大勢の父兄の拍手に緊張しぱなしでした。
横須賀まで1時間のドライブを費やし駆けつけた私も応援のしがいがありました。

Kも来年からは一クラス上がって、U-10の仲間入り。
今でも、チームでは小さい方ですが、今日の表彰を糧に新年度からも
これまで以上のモチベーションを持って練習に取り組むことだろう。

[PR]

by dojyou38 | 2016-03-01 11:12 | 家族 | Comments(10)