行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます
d0124388_20221180.jpg

訪問いただきました皆様、昨年1年間ありがとうございました。
新年を迎え皆様方のご健勝をお祈りいたします。
年とともに、怠け癖が顕著になりブログの更新も滞り勝ちですが今年もよろしくお願いします

注連飾りを改修でリメイクされた門扉に飾って新年を迎えました。
マンションの大規模改修で壁を塗り替え、
インターフォンも新機種に取替えるなど外装は殆んど新しくなりました。

世の中もこんな風にリメイクできれば良いのですが、
日本は首相の顔を何度もリメイクしましたが世相は一向に良くなりません。
100年に1度の経済恐慌と言われていますが、
政府にそれに立ち向かう気概が感じられません。

年相応に体力は衰えていきますが、せめて自分だけでも元気で
今年1年「行けるとこまで」歩いて行きたいと思っております。
[PR]

by dojyou38 | 2008-12-31 11:43 | 家族 | Comments(6)
2008年 12月 27日

マンション大規模改修-7:工事用足場撤去

マンションの改修工事も着工して約4ヶ月、ほぼ完了し工事用足場の撤去が始まりました。
足場が設置され、落下防止のシートが張られて約3ヶ月、入居者は晴天の日中も朝靄・
薄暮の中での生活で洗濯ものも干せず、プランターや植木鉢も部屋に取り込むなど
我慢を強いられてきましたが、これでやっと正常な生活を取り戻しました。
d0124388_21595744.jpg

d0124388_2205242.jpg
足場の解体は先ずシートが外され、その後 上から順次解体されます。最上部から下で待ち受けるトラックまで足場の各段に鳶と呼ばれる職人が何人も張り付いて、足場を作っていた鋼製部材を勇ましい掛け声を合せてバケツリレーの要領でトラックに積み込んでいきます。

この職人たちは社員教育が行き届いているのか、
私達住民に笑顔で接し礼儀正しく仕事振りもテキパキとして大変好感の持てる若者の集団でした。
最近の若者にあまり良い印象を持っていなかったのだが認識を新たにしました。






改修なった外観
d0124388_222478.jpg

外装のタイルは14年間の垢がクリーニングされ、ひび割れなど欠損あることろは張り替えられ美しくよみがえりました。
屋上やバルコニーの防水改修もしました。漏水に就いては10年の保障が付いています。
日本のマンションもこのように定期的に改修すれば、西欧の石造住宅のように何百年は無理でも、60年70年は十分使用に耐えるのではないでしょうか。

工事の完成に伴って私たち改修委員は竣工検査をしなければなりませんが、
仕事の仕上がり具合の程度をどの基準に置くか悩ましいところです。
管理組合としては費用を掛け、組合員に不便を強いたので100点の出来栄えを望みたい。

しかし、改修工事では新築のようにスカッとならないところ・工種もある。
業者の事情を斟酌し過ぎると、組合員に申し訳ないとも思う。
許容範囲を何処におくか、悩ましい日が続きましたがやっと終わりました。

[PR]

by dojyou38 | 2008-12-27 21:58 | 地域活動 | Comments(8)
2008年 12月 18日

マンション大規模改修-6:窓の外に怪しい人影

マンションの大規模改修工事は工事用足場の組み立て、修理・改修箇所の選定、
入居者側でのベランダや共用廊下に飾っていた植木などの片付けなどが終わり
本格的な工事が急ピッチで進んでいます。


窓の外に怪しい人影
d0124388_1036525.jpg

d0124388_10371246.jpg部屋でくつろいで居ると、いきなり窓の外に
人影が現れます。それも頻繁に!
カーテンをしていなくても、昼間は光線の関係で外から部屋の中は殆んど見えません。
分かっていても、
見られているようで落ち着きません。

この状態が3ヶ月近く続きます。
←カーテンをしてないと諸に職人の姿が・・・


洗濯乾燥機d0124388_10382581.jpg

工事中はベランダに洗濯物を干せない日が多いので、
各階の共用廊下に乾燥機が設置されています。









天候などの影響で改修工事は予定の工程より多少遅れているようですが、
着実に完工に向けて進んでます。
入居者は其々 日常生活で何かと不便を感じながらも、
マンションが綺麗にリニューアルされるのを楽しみに辛抱しているようです。

年末には工事が完了し、新装成ったマンションで正月を迎えることになります。

[PR]

by dojyou38 | 2008-12-18 10:25 | 地域活動 | Comments(4)
2008年 12月 06日

貫山(平尾台)トレッキング

私の登山で、九州100名山の20座目となる登山が貫山になりました。
貫山(712m)は北九州に広がる平尾台、石灰岩石台地の主峰です。
平尾台は南北7k・東西2kの典型的なカルスト地形として天然記念物に指定されている。


吹き上げ峠
d0124388_22145567.jpg
トレッキングのスタートとゴールを吹き上げ峠としました。
ジグザグの草原を過ぎるとススキの原っぱに、そこから先ず大平山(687m)を目指す。

大平山から見た羊群原
d0124388_22164297.jpg
草原の中に広がる石灰岩塔はまさに羊の群れ

石灰岩を塔を縫って貫山へ
d0124388_22181375.jpg
薄日射す緩やかな道を、雄大なパノマラを楽しみながら登っていきます。

陽光に輝くススキ
d0124388_22194496.jpg
雲の晴れ間から射す太陽にススキが銀色に光り輝いている様は草原に雪を置いたようだ。

ドリーネ(大平山~貫山)
d0124388_2223036.jpg
これはカルスト地形特有の石灰岩穴で草原のあちこちに見られます。
右後方の最高峰は福知山(901m)

d0124388_22262386.jpg ← 登山道にタイヤ痕

このような天然記念物の中まで
バイクを乗り入れる不届き者がいるようだ。
これはススキの切り分け(大平山~貫山間)に
残されたもの。





 響灘にかすむ北九州空港 ↓ (貫山山頂より)

d0124388_22275231.jpg
山頂には樹木が無いので360度の眺望を楽しむことが出来るが、
当日はうす曇で北九州市街や響灘もかすんでいた。


羊群原ーその2
d0124388_2229936.jpg
これは下山中に中峠~茶ヶ床園地の風景だが、あたかも滝のように見える石灰岩。
[PR]

by dojyou38 | 2008-12-06 22:18 | アウトドアー | Comments(6)