<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 30日

鏡 餅(正月準備)

d0124388_1656436.jpg今年も余すところ明日 1日となりました。

近くに縁者も居ず、現役も離れ来客もなく
今年は孫達も帰省しないので、
何もかも簡略化、大してすることも無い。
準備の最後は注連縄鏡餅飾り。


玄関扉に小さな注連飾り、
床の間には縮緬で作った鏡餅。

数年前からこれを使っている。
この餅は食べられないけど、
硬くなってカビが付く心配も無く毎年使え、
無精者の私にはなかなかの優れもの。





以前から正月飾りは「一夜飾りは不吉」と言われて、毎年一夜飾りにならないぎりぎりの30日と決めている。
最近は年末が迫っても正月を迎える雰囲気になれないが、
この注連縄と鏡餅を飾ると正月を迎える気分になるから不思議だ。

皆さん、今年1年何度も来訪して頂きまして有難うございました。
新しい年が日本にとって、また皆様にとって良い年で有りますよう願っています。

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-30 16:57 | 家族 | Comments(6)
2010年 12月 25日

正月準備

自宅から一番近い神社、私たちの氏神様は 姪浜・住吉神社です。
買い物の途中、神社の前を通ると今日 X'mas dayですが、既に正月飾りが出来ていました。

日本人は忙しい。今日 X'mas を楽しんだら、
もう1週間もしないうちに初詣をして正月を祝わなければならない。


d0124388_9534770.jpg

通常 正月飾りは門松と思っていましたが、ここでは破魔矢でした。

住吉神社は住吉三神と神功皇后を祀るが、三神は古事記・日本書紀によると、
イザナギノミコトが「筑紫のヒムカの橘の小戸のアワキハラ」で禊ぎをしたときに生まれたと云う。

その小戸はこの住吉神社の近く、福岡市西区小戸2丁目・「小戸大明神社」あたりと云われている。
この姪浜住吉神社が小戸に一番近いのだが、何故か住吉神社の総本部は現在では大阪の住吉大社

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-25 20:39 | 街並みウォッチング | Comments(8)
2010年 12月 23日

280人の大忘年会

今年も皆さん忘年会をたくさんされたと思いますが、
私が出席した忘年会より大規模なものは無いと自負します。
出席者は280名です。 この会は某ビールメーカーの応援団と言うか、その愛飲者の会です。
私は16年前からの会員です


d0124388_2132469.jpg
普段の例会は原則ビールのみですが、今日はメーカーの系列が出しているワイン・焼酎・清酒なども出ますが、
やっぱりビールが一番旨い。
午後6時開宴ですが20分も前からビールが配られる。

d0124388_21344846.jpg神田 虹 とその弟子

特別ゲストは
日本講談協会会長 神田 紅(福岡出身)。

会宴に先立ち、
福岡在住の弟子との共演で
黒田長政(ダイジェスト版)を語りました。






d0124388_21442823.jpg カラオケタイム

会長Kさん(前九州経済団体連合会長)の
挨拶や例会皆勤(24回)者の表彰、
続いてカラオケ、福引等あり
2時間の宴会は盛会の内に散会。







この会はビールメーカーA社の福岡工場誘致活動が母体となって出来たとか。
そんな関係で歴代会長は福岡の有名知名人が勤めています。
通常、この類の会はメーカーが販促活動の一環としてメーカー主体でするものですが、
この会は会員から選ばれた幹事団によって自主的に運営されています。
何故か、流れ者の私も3年前からその幹事団の末席を汚しています。

会員は現在465名、例会は月2回。
今回の忘年会は第1401回の例会で、来年には結成60周年を迎えます。

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-23 21:30 | 地域活動 | Comments(8)
2010年 12月 21日

九州最古の山:祇園山

祇園山(1307m)は数億年前の化石がある九州最古の山と言われて登っては見たが、
地質学・博物学の知識の無い私には、そのことが全く分かりませんでした。
ただ、露岩は多くなかったが全体的に岩山で、九州最古の山の条件を満たしているようでした。

登山的には登山口からの標高差は277m、歩行距離往復僅か2km余り。
ハイキング気分で登れるよと山友から言われて、連れ合いと一緒に登りました。
ところが、途中何箇所も大きくないが上り下りを繰り返し、
全体的に急登の連続で連れ合いには相当ハードだったようです。


   中腹から 『霧立ち越え』 の山々を望む。
d0124388_15271524.jpg
   幽かに白く見えるところは五ヶ瀬ハイランドスキー場、背後の峰は向阪山(1684m)

d0124388_10484546.jpg大石越え登山口
大石越えは西南の役で西郷軍の布陣地として有名。
立派な詳しい説明板が有りました。

同時にこの道・林道を県道への昇格アピールの看板も。
この道・国道と国道を結ぶ7km余の林道です。
そこを通過する間に対向する車は1台も無し。
木材荷役中のトラック数台のみ。

既に立派な道、
県道に格上げ整備
する必要あるのでしょうか。

d0124388_11144678.jpg 松の大木

登山道は中腹まで
ミズナラやリョウブの自然林帯と
桧の人工林の境・稜線を登る。

自然林の中に点在する松が
他の山より多いようでした。





 d0124388_1211368.jpg
天 狗 岩

山頂近くは
このような巨石の露岩があり、
この山が岩山であることを示す。












d0124388_114364.jpgロープで急坂を下りる

山頂近くはこのような岩壁を
何回か上り・下りする。



何時降ったのか
日陰には残雪があちこちに。




d0124388_11555554.jpg登頂証明写真
山頂からは東に祖母の山塊、
北に阿蘇の山並みが遠望できた。



立派な温度計が設置されていたが、
気温は7℃を指していて
北側斜面にたくさんの残雪。




登山口へは高千穂町側から入ったので全体の山容を見れなかった。
帰り五ヶ瀬町に抜けたが、後ろを注意していなかったので最後まで登った山を見なかった。

祇園山の名は、その昔 京都の祇園感神院で修行した行者が祠を建て、
修業を続けた事から付けられたとのことですが、今は何も残っていませんでした。
山麓・五ヶ瀬町側に祇園と言う地名があります。

登頂時間はガイドブックには1時間とあったが、急登が多く休憩したり、
写真を撮ったりと ゆっくり登ったので、2時間30分も掛った。
下りは50分で下山、天候良く風もなく気持ちの良い山歩きでした。 

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-21 15:27 | 登山 | Comments(12)
2010年 12月 21日

高千穂夜神楽 再訪

d0124388_1041686.jpg前回は高千穂夜神楽の初日に村の集会所で開催されたのを見たが、
今回も登山を兼ねて、本来の夜神楽の姿・神楽宿(民家)での開催に
一夜氏子として参座した。 

今日の神楽宿は浅ヶ部と言う集落の甲斐常男さん宅です。
この集落 山間部の行き止まり、
すっかり夕闇に包まれ道、聞く人家もまばらな
1台の車がやっとの道を訪ね訪ね辿り着きました。

神楽宿近くの棚田が駐車場。
宿の周囲は幟が建ち 注連縄が張り巡らされ、
宿の庭では赤々と焚き火が焚かれていました。

神楽宿に着いたのは6時過ぎ、
既に舞は始まっていて、
座敷は見物客で埋まっていました。

d0124388_11111529.jpg 焚き火 

焚き火は神楽が舞われている知らせであり、
客が暖を取る場所でもあります。

前回も書きましたが、
神様が神楽座敷に入れるように、
座敷は四方明けっぱなし。

踊り手は汗だくでも
見る方は着込んでいても寒い寒い。





d0124388_11395669.jpg 七貴人

農神の舞














d0124388_11585175.jpg岩潜(いわくぐり)

安産祈願の舞

女性の帯を
たすきして舞う





他の舞は11月22日
前回ブログ(記事)を
ご覧いただければ・・・



d0124388_12115858.jpg神楽宿の設え

朝明けて神楽宿の外を見ると、
屋根には神社を模した千木、
3本の御幣と破魔矢を飾る。

庭には神が降臨する
外注連(そのじめ)が作られ、
神はここから注連縄に沿って
座敷(神庭)に導かれる。



それから座敷のタタミも
真新しくされていました。


高千穂の夜神楽は古事記に出てくる、岩戸に隠れた天照大神に出てもらうためにアメノウズメが
面白く舞ったことが起源とされ、鎌倉時代末期には既に始まっていたとする記録があるとのことです。

私が不思議に思うのは、
舞ったのは女性の神なのに高千穂夜神楽の舞手(ほしゃどん)は全て男性であること。
何時の頃から女人禁制になったのか、歌舞伎のそれと関係有るのでしょうか?

夜中 神楽の途中、車で仮眠しましたが眠い目をこすりながら、これから山登りです。

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-21 10:06 | 街並みウォッチング | Comments(6)
2010年 12月 16日

はかない初雪

今日 福岡は初雪、10時前一瞬猛?吹雪。
でも、10分も続いたでしょうか。 その後、あっと言う間に消えたはかない初雪でした。
所詮 福岡の初雪なんてこんなもの、それでも福岡気象台も初雪と発表。 その時の気温 3℃ 。


d0124388_23988.jpg


今日は里山歩きの仲間と近郊の低山・十坊山(535m)に登る予定でしたが、
寒気来襲 天候悪しの予報に、昨晩 当番世話役から延期の連絡を貰っていました。

寒がりの私は延期の連絡にホッとしましたが、ここ暫く山歩きをしていないので、
初雪を被った山を歩いてみたかったと言う天邪鬼の心でした。

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-16 22:10 | 街並みウォッチング | Comments(12)
2010年 12月 14日

冬のメダカ

メダカを10年ぐらい前から飼っている。 近郊のクリークで捕ったものです。
時々クリークから補充したり、自宅で産卵・孵化させながら飼育しています。
一時は50匹以上も居ましたが、ここ数年補充もしていないので少なくなり20数匹。

水温が下がった近頃は水槽の底の方に固まって動きが鈍いです。
暖かい頃は近付くと一斉に浮き上がり、ガラスに近寄って餌をねだっていましたが、
今は近付いても知らん顔。


d0124388_1285372.jpg

d0124388_13564756.jpg←餌を啄ばむメダカ

それでも天気が良く、
水温が少し上がった日は
餌をねだることがあります。

以前はピータンの甕・金魚鉢などでも
飼っていましたが、
今はこの水槽(25L)だけにしています。





ここ数年クリークへ補充に行かなくなり、水草だけペットショップで買っています。
クリークから採ってきた水草は良く成長・繁茂したので間引くほどでした。
だが買ってきた水草は殆んど成長しません。

水草が生長・繁茂しないためか、今年の夏も産卵が少なかった。
来春暖かくなったら久しぶりにクリークに水草取りに行ってみようと思います。
ペットショップの水草は輸入品とのこと、水草まで輸入!?

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-14 23:29 | ベランダ | Comments(12)
2010年 12月 12日

光のファンタジー IN 福岡・天神

11月頃からクリスマスイルミネーションの話題が TV や新聞に出るが、
歳取って好奇心が薄れたのか街に出かけても、用件(飲み会など)を済ますとさっさと帰宅することが多い。
クリスマスが近付き、たまたま先日は忘年会が都心のデパートの近くだったので、
地下鉄の駅までの通り道のイルミネーションを覗いていみた。


大丸エルガーラ・ガレリア
d0124388_13182677.jpg

三越・ライオン広場
d0124388_1320662.jpg

福岡イムズ・プラザ
d0124388_13273955.jpg

天神地区にはこの他にも幾つもイルミネーションしている場所があるようですが、
帰宅の通り道沿いの3箇所だけ見せてもらった。

何れも昨年見たものとモチーフは同じ物を少し改良したもので、余り変化は無かったが、
やはりクリスマスイルミネーションは12月の都心を飾る風物詩として定着しているようです。

それにしても私が見物したのは午後9時前だったが、もうその時間に人通りは極端にまばらだった。
豪華な飾りの中では直のこと寂しい限りです。
勿論デパートの営業時間は過ぎていたが、私が現役の頃は酔客などで賑わっていた時刻・場所です。
平日だったが、風の強い寒い日ではなかった。 
 やはり不景気の風が吹いていたのかな~

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-12 23:31 | 街並みウォッチング | Comments(9)
2010年 12月 09日

福岡城址を歩く

私が加入している「歩こう会」の12月例会がありました。
12月は例年市内を歩き、その後は忘年会を兼ねた食事会。
今年は赤坂駅から福岡城址~大堀公園ルートをボランティアガイド付きで歴史の勉強です。


福岡城本丸跡からドーム方面を望む
d0124388_22173618.jpg

d0124388_222144.jpg←松の木坂御門前


d0124388_22222284.jpg









                          天主台石垣 →



d0124388_2239754.jpg ←潮見櫓と下の橋御門

福岡城の名は黒田氏の故郷・
岡山県邑久郡福岡に由来する。

その広さは24万坪、
熊本藩より石高は少ないが
その城郭の広さは熊本城より大きいそうです。

でも天守閣については礎石は残っているが、
未だにその存否は不明とのこと。


大濠公園浮見堂越に能楽堂方面を見る
d0124388_230532.jpg
大濠公園は福岡城外堀の役目をなしていた入り江(草ヶ江)であった。
1925年 博覧会開催時に中国杭州の西湖を模して整備、後に公園となったそうです。

福岡に住み着いて25年、福岡城址~大濠公園は幾度と無く足を運んでいる。
しかし、観光ガイドの説明を聞きながらの散策は初めてでした。

福岡城址の一角に飛鳥~奈良時代の遺跡・ 鴻臚館 が有り、発掘調査が進んでいることは知っていたが、
その鴻臚館がこの地に有ることを唱えたのが、(それまでは博多区呉服町と思われていた)
大正末期・中山平次郎九大医学部教授であったとは驚きである。

福岡では福岡城天守閣再建の話があるが盛り上がらないにのは、
元々天守閣が存在したか否かが証明できないなど、(礎石が有るので、建設の途中で中止になった?)
福岡城に関するたくさんのエピソード・歴史を学んだウォーキングでした。

昼食会の後、帰路地下鉄3駅分歩いたので当日の歩数計は20,534歩となっていました。
11月20日 祖母山以来の2万歩越えである。

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-09 15:41 | 街並みウォッチング | Comments(8)
2010年 12月 08日

ある忘年会

今年も忘年会シーズンたけなわの季節です。
リタイアー後も相変わらずこの季節になると毎週のように忘年会。

今日の忘年会は現役時代、異業種交流会で遊んだ仲間達。
最初は私たちを応援している新聞社役員の挨拶、知事の祝電披露、年間活動報告など
硬苦しく真面目に始まりますが、杯を交わすうちに・・・


d0124388_23272331.jpg

d0124388_23334745.jpg私たちのグループを取材に来る
某経済誌の記者F嬢へ結婚祝い。

d0124388_2337338.jpg












d0124388_23384855.jpg


d0124388_23403485.jpg












d0124388_2342557.jpg何十年ぶりのフラフープ。
このフラフープの持続時間で
お土産を決めます。

皆さん真剣に頑張りました。









現役を外れ、北九州や熊本等に散っている仲間も集まります。
互いに企業の看板も立場も気にすることも無く、バブルの頃の思い出話など、
毎年の事ながらユニークな忘年会でした。

[PR]

by dojyou38 | 2010-12-08 23:27 | 地域活動 | Comments(6)