<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

透頂香 ういろう

風邪を引いた。 昨年は風邪で通院してないので2年ぶりだろう。
玉子酒飲んで、家でおとなしくしていたが一向に頭痛・咽喉痛・咳・痰が止まらない。
薬箱を見ると以前飲み残しの風邪薬が1日分、飲んでみたがやはり治まらない。

もう1度何か無いかと薬箱を捜す。 「ういろう」が出てきた。
確か万能薬と聞いていた。
もう何年も前、静岡出身の知人から戴いて使い残したもの。

1日3回 食後に10錠飲むと頭痛がなくなり、咳も軽くなった。
1錠は大きさも色も仁丹と良く似ている。
咽喉痛は治らないが快方に向かっているようだ。
どの薬が効いたのか、自然治癒なのかは分からない。


d0124388_22423027.jpg効能書を見ると確かに万能薬。
 腹痛・下痢・食中毒・頭痛・眩暈・息切れ
 咽喉痛・痰・咳・乗り物酔い・日射病
 歯痛・疲労回復・強壮薬などなど。

歌舞伎の外題にもでてくる「ういろう(外郎)」
最初は名古屋名物の菓子と思っていた。
調べると薬も菓子も出何処は同じ。

中国渡来の外郎家伝来の妙薬に
天皇から「透頂香」の名を貰ったが、
後年 商品名を「ういろう」としたとか。
菓子の方も同家が元祖のよう。

現在 小田原で透頂香・ういろうを
製造しているのは外郎家子孫。
菓子の方は小田原・名古屋のほか、
中四国九州など各地にある。


福岡・博多は様々なものの発祥の地となっているが、
この「ういろう」の発祥も博多と言うことになっている。
室町時代、中国から渡来した外郎家初代が滞在した
妙楽寺に「ういろう伝来の地」の碑がある。

風邪が長引いています。 歳とると回復力が弱くなるのだろうか。
快方に向かっているようですが咽喉痛と痰はまだまだです。
通院するほどでも無いし、改めて風邪薬を買わなくてもと思っている。
手元にある600年の歴史を持つ「ういろう」の効能を信じよう。
そして手持ちを飲みきるまでには全快することを願う。

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-27 22:42 | 家族 | Comments(10)
2011年 02月 24日

クライストチャーチ

22日 クライストチャーチで大地震があり、市の中心部が局部的に壊滅的に破壊され、
日本人語学研修生なども多数の行方不明者を出しています。

この事態に日本政府は何時に無く早く政府専用機の起用など
迅速な対応をしていることは評価出来ます。
これが政治のごたごたを目くらましするためのパフォーマンスでないと思うが・・・
国内政治の方も迅速果敢に対応し、予算の早期成立を期待したい。

話はそれたが、行方不明者の一刻も早い救出を心から願うものです



d0124388_1127135.jpg街のシンボル・大聖堂

私は 97年11月 訪問したことがあり、
倒壊した大聖堂の前で記念写真を撮り、
エイボン川がゆったりと流れるハグレ-公園で
食事をしました。

100年以上も前から美しい姿で、
地元の信者や観光客を迎えてきた聖堂が
壊滅的に崩壊したのは局地的直下型地震
だったからでしょう。








d0124388_1205079.jpgハグレー公園

大聖堂から約 1kmの所だと思いますが、
この公園が避難所・救急救護センターに
なっているようですね。
大きな公園で日比谷公園の
10倍以上と聞きましたが?

(カメラ構えているのは私)



私がクライストチャーチを訪ねたのは、
ニュージーランドが規制緩和・小さな政府のモデルとして脚光を浴びていた時期です。
私はある経済団体の視察団の1人として研修旅行に参加しました。
ニュージーランドが日本と同じような地震国とは知りませんでした。

クライストチャーチは土日を利用し観光し、
Mt.クック・クイーンズタウン・ミルフォードサウンドなどへ足を延ばしました。

再び訪問することは無いと思うが、
あの箱庭のような美しい街が元のように早く復興することを願っています。

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-24 11:24 | 旅行 | Comments(10)
2011年 02月 22日

クスノキの南限地:立花山(367m)

4年振りに立花山に登った。
山友と2人で長谷登山口~三日月山(272) ~立花山~松尾岳(342)へと縦走(往復)した。
9:00登山口を出発、山頂で弁当、14:00に下山したが、
風も無く好天に恵まれ自然と歴史を満喫した快適な山歩きでした。

この立花山は自生クスノキの南限地として、
全山ほぼ照葉樹林を中心とする自然林で覆われている。

また、この立花山は奈良時代より博多・大宰府を守る要害として城が造られていて、
南北朝期に立花氏がここに拠り勢力を張ったのが、山の名の由来。
秀吉の天下統一により立花氏は柳川藩主として移る。
 


    三日月山より照葉自然林に覆われた立花山を望む
d0124388_232453.jpg

d0124388_2382352.jpgd0124388_239482.jpg










この森には「立花山の大楠」(幹周8m、樹高30m、樹齢300年以上)をはじめ、
カゴノキ・シロモダ・タブノキなどクスノキ科の樹木のほか照葉樹の大木を中心とした貴重な自然林です。


d0124388_134217100.jpg

d0124388_1343563.jpg立花城石垣跡

立花氏の後、福岡藩主となった黒田長政は
ここを廃城、新しく福岡城築城にあたり、
立花城の石を利用したので殆んど残っていない。


石垣の他、城の名残として
古井戸が中腹にある。





     立花山山頂より海の中道・志賀島方面を望む。
d0124388_13554818.jpg

山頂からは福岡市内、玄界灘などほぼ360度の眺望が楽しめる。
その上、自生クスノキの南限地として自然に恵まれ、
歴史にも彩られていることから、低山ながら九州100名山に挙げられている

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-22 15:58 | 登山 | Comments(8)
2011年 02月 21日

三条に到着(バーチャル日本一周歩こう会)

2月7日 柏崎を通過し長岡を経由して、本日三条に到着。
柏崎から55kmを20日間掛けて歩いたことになる。
この間は、孫達が帰省していたのでウォーキングが少なかった。
今日から新潟に向かう。
d0124388_157993.jpg


    ここ三条市や燕市には実際には訪問したことが無いが、
    工具など金属加工の産業が盛んなところとして名前を良く聞いている。

    我が家の奥さん 愛用のフライパン
d0124388_14431455.jpg
これはご当地F社製のテフロン加工のフライパンだが同社の顧客管理は行き届いていて、
テフロンが痛んでも迅速にリーズナブルな料金で手直しをしてくれる。
我が家にはこのフライパン以外にも鍋や薬缶、同社製ではないがフォーク・スプーンなど
同地方で作られた製品があり、行ったことも無いのに何だか馴染み深い街だ。

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-21 14:36 | アウトドアー | Comments(8)
2011年 02月 20日

高速道路を歩く

福岡都市高速道路5号線の延伸工事が完成し、
2月26日の供用開始を前に高速道路を歩くイヴェントがあった。
高速道路を歩ける機会は滅多に無いことなので、山友と一緒に参加した。 
コースは一般 3.4km、健脚5.6km。
私達は健脚コースに工事中の見学コース1.2kmを加えた6.8kmを歩いた。

    野芥IC 料金所
d0124388_2345366.jpg
日曜日で参加者は多く、TVニュースでは3,000人と発表していましたが、
それより遥かに多いように感じました。


d0124388_23184364.jpg路上にあふれる参加者













d0124388_23204728.jpg高速道と下を走る側道

このようなアングルの写真は
今日しか撮れない。









      美しい曲線が作る現代土木の造形美
d0124388_23285651.jpg


今日 高速道路を歩いてみて、最初に感じたことはコストの掛け過ぎ
耐久性と安全性は必要だが、余分な防音対策・過剰な標識などなど。
確かに丁寧に精巧にデラックスに出来ているが、経営感覚・コスト意識が欠如している。
生活に便利なインフラには違いないが税金で作っていることを意識して欲しい

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-20 22:55 | アウトドアー | Comments(8)
2011年 02月 16日

光の柱

福岡・中心街の交差点、午後3時のスナップ
d0124388_15312534.jpg

交差点の筋向いのコーナーに屹立する某銀行ビル。
ビルの外壁はガラスのカーテンウォール、南西コーナーが曲面ガラス。

丸い太陽が何故か光の柱になっていました。
なぜそうなるのか、理数苦手な私には不思議な現象。

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-16 23:54 | 街並みウォッチング | Comments(9)
2011年 02月 14日

タジン鍋

私の家では最近良くタジン鍋をします。
料理方法が非常に簡単なので、主夫見習いの私には最適な料理法です。
兎に角、食材を野菜でも肉でも魚でもタジンポットに並べて蓋をして火に掛けるだけ。

水やタレを入れる必要は無い。
加熱により食材から出る水分によって、
鍋と蓋の間にウォーターシールが出来て蒸し炊(焼)になる。
食材に香辛料を掛けて熱してもよいし、煮えた後でポン酢などで食べるのも良い。


d0124388_10431234.jpg私が使っているタジンポット

IH 対応タイプで直火でも使えますが、
電子レンジでは使えません。










d0124388_13174173.jpgモロッコのタジンポット

私が始めてタジン料理を経験したのは、
4年前 モロッコを旅行した時。
10日間来る日も来る日もタジン鍋。
タジンポットは北アフリカ一帯で
使われるそうですが、
砂漠地帯が多いので、
水を使わない料理法が生まれたのでしょう。




d0124388_1118046.jpgジャマ・エル・フナ広場
(世界遺産・マラケシュ)

旅行から帰ってタジンのことは
忘れていたのですが、
2年位前からデパートなどで
良く見かけるようになりました。

(屋台で売っているのはオレンジ)





ジャマ・エル・フナ広場のタジンポット売り場
d0124388_13282596.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-14 23:48 | 家族 | Comments(10)
2011年 02月 13日

孫1&2の帰省

長男ファミリーがマイカーで福岡に帰省したのは1年半振り
再会は昨年6月以来、私たちがマイカーで大阪を訪ねて以来です。
d0124388_22115026.jpg

孫1は高 1、背丈はもう母親と変わらぬ高さに。
孫 2は小6、元々小柄で半年・1年振りに会っても、何時も背が伸びないと思っていたが、
今度ばかりは僅か8ヶ月で急に大きくなっていてびっくり、聞けば10cmくらい伸びたとか。

d0124388_22134779.jpg
毎年送ってくれる
バレンタインチョコ
今年は持参で。

高校生の孫1は忙しかったのか既製品だが、
私の好みに合わせて焼酎ボンボン。
孫2は手作りのチョコ。

毎年ホワイトデーのお返しに
悩むのだが、
今年は本人に選ばせ好みの洋服など
早々とお返しをすることが出来一安心。


何時もは爺婆2人の静かな家に一度に嫁と孫二人の女3人増え大賑わい。
主夫見習いを続けていた私は僅か4日間だが、家事から開放され大助かり。
私は長男からこの日のためにリストアップしておいたパソコンのワンポイントレッスンを受講。

彼らが帰省した時は、何時も嫁に手伝ってもらって料理を作る家内が体調不調のため、
今回は昼も夜も外食が多かった。
私はもっぱらレストランなどの予約や、
買い物の同伴など今回は孫達に点数を稼いだと思っている。(笑)

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-13 17:02 | 家族 | Comments(8)
2011年 02月 10日

和洋折衷懐石

先日 ある団体の役員歓送迎会が有った。
某大手企業がスポンサーで久しぶりに「お品書き」が出る宴席だった。
全体的には京風なのだがグラタンスープやロースのグリルなどを組み合わせた和洋折衷の懐石、
それで和食・洋食両方の料理長の名前がお品書きに記されていた。


d0124388_0485.jpg

現役時代にはお品書きが出るような宴席が幾度となくあったが、
このように和洋両料理長の名前を同時に見ることは無かった。

和洋折衷で食べきれるかなと思っていたが、事前に出席者の年齢を把握していたのか、
それぞれが適当なボリュームで年寄に合う味付けでした。

料理の写真を撮りたかったが、何だか憚られるようで出来なかった。
宴席はややフォーマルなもので、久しぶりに現役時代の雰囲気を思い出した。

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-10 00:18 | 地域活動 | Comments(6)
2011年 02月 07日

本日 柏崎を通過(バーチャル日本一周歩こう会)

先月 17日上越を通過、9日間で35km、本日柏崎に到着。1日平均3.6km

湖水のように静かな日本海(出雲崎付近:2010/6/3)
d0124388_21571144.jpg
柏崎は昨年6月ドライブ旅行で新潟から親不知に向かう途中、柏崎原発の建物群を横目に通過したところ。
新潟から日本海沿いに国道352号線をドライブしたが、鏡のような静かな日本海が印象的だった。

d0124388_2226038.jpg
日本一周ウォーキングは柏崎から国道8号線を長岡に向けて歩くことになるが、
ここから新潟までは私にとっては未知のルート。
この当たりは、まだまだ雪が深いんでしょうね。

[PR]

by dojyou38 | 2011-02-07 22:02 | アウトドアー | Comments(8)