<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 30日

今日の散歩で出会った木の実

私は毎週1~2度は散歩を兼ねてコーヒーを飲みに行きます。
行き先は自宅から1km余にあるコーヒー豆などの業務用スーパーのカフェコーナーです。
私もそこでコーヒー豆など食材を定期的に買っています。

そこで買い物をすると、そこのカフェで使える無料のコーヒーチケットがもらえます。
そのチケットを使うためにカフェに通うのですが、
そこへの1kmの道沿いの屋敷の植栽が私を楽しまさせてくれます。

この時期花は少ないですが、木の実はまだまだ残っています。
今日 出会った木の実から名前を知っているものを幾つか紹介します。
もし名前間違っていればコメントで訂正してください。 よろしく。


       カクレミノ                                 西洋ヒイラギ
d0124388_20572614.jpgd0124388_20574186.jpg













       ナンテン                                ユズリハ                        
d0124388_2102941.jpgd0124388_211062.jpg













       ネズミモチ                              クロガネモチ     
d0124388_214530.jpgd0124388_2142658.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2014-01-30 21:57 | 街並みウォッチング | Comments(8)
2014年 01月 27日

3年振りに可也山へ

                可也山展望台から玄界灘を望む(幣の松原)
d0124388_17451863.jpg

d0124388_10454845.jpg久し振りに可也山(365m)に登った。
記録を見ると3年振りだった。

毎日自宅から見ている山なので毎年1~2度は
登っていると思っていたが、随分間が開いていた。

可也山は自宅から西約16kmにある独立峰。
見る位置により富士のように見えるので
糸島富士と呼ばれ地域で親しまれている。

         麓のスパーから見た可也山 →


d0124388_1194989.jpg可也山の大部分は花崗岩、
良質な花崗岩が取れたので江戸初期より
城郭築造などに多く使われたそうです。

中でも、元和4(1618)年 福岡藩主黒田長政が
普請した日光東照宮大鳥居
 (江戸期の石造としてわが国最大)が有名です。

現在でも可也山山腹のあちこちに当時石を
切り出した時の楔の跡が鮮やかに残る岩塊が
残され400年前を偲ぶことができます。





登山口から山頂まで2km余、標高差は約350m。
当日は連合いに合せてゆっくりペースで、登り1時間30分、下り1時間。
天候もよく小春日和だったので平日でしたが何組ものハイカーに会いました。


可也山で出会った花と木

d0124388_13321928.jpgd0124388_13331891.jpg












タンポポ 右は何の実でしょうかフウセントウワタだそうです。とんぼさんのコメント
          (何れも登山口で出会いました)


d0124388_1341867.jpgd0124388_13425089.jpg












               アオキの実(左)と冬芽(右)

d0124388_13474571.jpgd0124388_1348576.jpg












      カゴノキヤブツバキ
可也山の峰は短く概ね東西に走っているが、北側は杉の植林帯、
南側はクスノキ・カゴノキ・ヤブツバキ・アオキなど照葉樹の
自然林に覆われています。
[PR]

by dojyou38 | 2014-01-27 17:45 | 登山 | Comments(12)
2014年 01月 25日

奈良に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

奈良に到着しました。
福岡を出て通過した都道府県は30県目です。(青森県は2回カウント)
京都を出発して11日目、歩いた距離は約50km。1日平均目標5kmには及びませんでした。

これから、伊賀上野・津を経由して遷宮で賑う伊勢神宮に向かいます。
伊勢までは約120km、これからまだまだ寒さも厳しく天候不順も多いと思いますが、
何とか2月中にはお伊勢参りをしたいと思います。


d0124388_9571954.jpg
          桜の花びらを食む奈良公園の鹿
d0124388_1033656.jpg

奈良には何度も行っていますが、2007年4月桜の吉野・斑鳩・奈良公園を訪ねた記憶が鮮明です。
桜の花びらでピンクの絨毯を敷き詰めたような奈良公園で鹿が桜の花びらを食んでいたのが印象的でした。

今年バーチャルで桜を見るのは和歌山城になるのだろうか。
それとも、頑張れば大阪城か大阪造幣局の桜を見ることが出来るかもしれない。

[PR]

by dojyou38 | 2014-01-25 23:48 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 01月 22日

天拝湖

           筑紫野市総合公園展望台から見た天拝湖
d0124388_22195877.jpg

d0124388_22522232.jpg先日天拝山(258m)周辺を歩いた。
天拝山は大宰府の近くにあり、菅原道真が100日間登り、
天に拝み左遷の無実を訴えたと言われる山。

その麓に人造湖・山口調整池(通称天拝湖)がある。
この湖は通常のダムと違い、常に満水状態で、
福岡市とその周辺の飲料水用の調整池です。

九州一の大河・筑後川から導水され、
80m汲み上げられ390万トンが貯水されているそうです。

         天拝山登山口で見たコブシの花芽  → 


d0124388_23162463.jpg九州の首都福岡とその周辺の人口は
ここ何十年も一貫して増え続けている。
だが、福岡市周辺には1級河川は一つもない。
そのため、過去何度も渇水・福岡砂漠を経験している。

福岡市はその対策の一つとして遠く筑後川から導水し、
途中の筑紫野市に平成11年この調整池を設けた。
筑紫野市は池の周辺を整備し市民憩いの場所としている。


 ← 天拝山の山中で見つけたカラスウリ(実) 



d0124388_23384912.jpg福岡市周辺は最近も人口が増え続けているが、
ここ10年以上渇水の時も断水するような危機はない。
それも、このようなインフラ整備の賜物だろう。

福岡市が筑後川の水を貰っていることは知っていたが、
その途中にこのように大規模な調整池を作っていることは、
今回天拝山周辺を歩いて始めて知りました。

もう一度、この周辺をゆっくり歩いて見たいと思います。


天拝湖のフェンスでからむヘクソカズラ(実)→
[PR]

by dojyou38 | 2014-01-22 22:18 | 登山 | Comments(8)
2014年 01月 17日

京都に到着(バーチャル日本1周歩こう会)

12月31日にバーチャルで彦根を通過、14日間79km歩きました。
この間、年始の里山歩き2回と横浜で次男の住宅探しをしている間にいつの間にか京都を通過していました。
僅か14日間でしたが、よく歩いて1日平均は5.64kmでした。


これから奈良に向かいますが、奈良までは約50km。
これから先、寒い天候不順が続くとおもうが間違いなく今月中には奈良に着くでしょう。

d0124388_20193069.jpg
d0124388_20204648.jpg
私の社会人スタートは大阪で17年間勤務しました。
その関係で京都には良く行きました。 大阪を離れてからも仕事で遊びで京都を何度も訪ねています。

上の写真は1990年11月 あるグループで京都の紅葉を訪ね、
清水寺毎年その年の漢字を揮毫する森貫主自らの出迎えを受け懇談した記念写真です。
 私は後列右から4人目。
私も若かったが、その時の森貫主も溌溂として冗談を言って私たちをオモテナシしてくれました。

最近は大阪まで行っても京都には暫く行っていませn。
また、何時か観光シーズンでない静かな京都を訪ねたいと思っています。

[PR]

by dojyou38 | 2014-01-17 17:08 | アウトドアー | Comments(8)
2014年 01月 16日

5年ぶりの富士

d0124388_21211450.jpg
     飛行機から見た富士山 ↑ (15:10.静岡県側上空から)

                     
                                    金沢八景から見た朝日を受ける富士山 ↓
d0124388_21222773.jpg私は本当に富士山に縁が薄い。
5年前の7月富士に初登頂したときも山頂では
猛吹雪、富士の山容を見ることも無く登下山した。

その時は富士吉田市内まで下山してようやく
富士山を仰ぎ見ることが出来ました。

それ以来、何度も飛行機やドライブで
富士の近くを行き来したがその間一度も
富士山を見ることはありませんでした。

今回5年振りにして富士を拝むことが出来ました。



夕焼けに見る富士のシルエット(上の写真と同じ場所から)

d0124388_954406.jpg 今回1人で急遽横浜に出向いたのは、
家の購入を検討していた次男が希望にかなう
住宅があると言うので見に行きました。

交渉もスムーズに進み契約に立ち会いました。
その間、5日ばかり金沢八景に逗留し、
そこからも朝夕富士を眺めることが出来ました。

これまでにも何度か金沢八景を訪ねたが
天候の関係で富士は見えませんでした。



今回は帰りの飛行機からも雲海に浮かぶ富士を見ることが出来ました。
富士山初登頂以来、5年も見ることが出来なかった富士も、たっぷり楽しむことが出来ました。
やはり、富士は気候のよい旅行シーズンより、冬の方が見えるチャンスが多いようです。


雲海に浮かぶ富士山(15:30、山梨県側上空から)
d0124388_1418481.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2014-01-16 21:18 | 旅行 | Comments(14)
2014年 01月 10日

五島産 岩擬宝珠

               
d0124388_16283490.jpg

d0124388_1640113.jpg昨年4月福岡市営花畑園芸公園で
山野草教室』が有り、
そこで『五島産岩擬宝珠』の鉢植えを貰いました。

鉢は小さな3号で、初めて見る山野草でした。
どんな風に成長するのかも分からず育てました。

昨年晩秋の頃から蕾をつけ始めました。
次々と蕾をつけるのですが右写真のように、
やがて3つに弾け枯れていきます。

こんなものかな~と思っていました。





d0124388_1705859.jpgところが、今年になって今までとは
色も形も全く別の蕾が出てきました。
僅か1本だけです。


3日目 紫色の花(直径3cm)が咲きました。

これから後、次々咲いてくれると嬉しいのですが。
紫の蕾が出て6日になりますが後が続きません。


ただ、これまで深緑の蕾とこの紫の花の関係は?
また、ネットで見る岩擬宝珠とは全く違います

どなたか、此花のこと知りませんか?






               急用で1週間ばかりブログ投稿を休みます
[PR]

by dojyou38 | 2014-01-10 06:22 | ベランダ | Comments(6)
2014年 01月 07日

ヒマラヤサクラ

d0124388_21234578.jpg

d0124388_21281278.jpg冬空の下サクラが咲いています。
知人が住まうある団地の緑地帯に
正月前後に咲くサクラがあることを紹介されました。


ヒマラヤサクラと言うそうです。

例年年末に咲くそうですが今年は年末の寒波で、
正月休み明けの此の頃やっと咲いたようです。

公道から中に入った緑地帯でに、
ソメイヨシノに混じって1本だけ植わっています。
教えられないと一般の人は気付かないでしょう。


d0124388_2205250.jpg
ヒマラヤサクラソメイヨシノに比べ花の色は薄く、花の付き方も疎らです。
隣接するソメイヨシノの樹枝に紛れて、遠くからではなお更気付きません。
同じ団地の住民でも知らない人もいるようです。

冬に咲くサクラは何種類か有るようですが、私はこのサクラ以外は知りません。
この地域では珍しいサクラなので多くの人に愛でられればと思いました。

[PR]

by dojyou38 | 2014-01-07 10:29 | 街並みウォッチング | Comments(8)
2014年 01月 04日

叶嶽神社大祭と高祖山周回登山

d0124388_16571925.jpg今日4日は私の里山歩きの
ホームコース叶岳に鎮座する叶嶽神社の例大祭
たくさんの登拝者で賑っていました。

叶岳(341m)は天狗山と呼ばれていたが、
神宮皇后が朝鮮出兵の戦勝を祈願、その心願が
叶ったことにより叶岳と呼ぶようになったそうです。

その後、山頂に叶嶽神社が祀られ
地域の人々から篤く信仰されている。
今日 私は大祭に併せ孫②の高校合格を願った



d0124388_18181516.jpg 9:30 参道登山口から登り始める。
10:25 叶嶽神社参拝
10:45 連合いと一緒に孫②の合格祈願をした後、
連合いと分かれて私は高地山(419m)~高祖山(416)縦走に向かった。

例大祭と正月休みが重なったせいか、
縦走路でもたくさんの登山客に出会いました。

冬枯れの山は特に観察するような山野草・樹木もなく、
また連合いに野外活動センター登山口に
車を回して待ってもらっているので駆け足で縦走しました。



                                    今日歩いたコース(ガイドブックより)
d0124388_18242774.jpg12:05~15 高祖山山頂
12:45 野外活動センター登山口に下山

ほぼガイドブックのコース通りに歩きました。
全体の歩行距離は約7kmでした。

このコース通りに歩いたのは久しぶりでしたが、
思いのほか楽なコースでした。

少し暖かくなって、若葉・若芽が萌える頃、
ゆっくりと観察しながら歩くと、新しい発見に
出会えるだろうと期待しながら下山しました。





d0124388_2315312.jpg高祖山頂直下にある陸軍防空壕跡

叶岳は信仰の山だが
高祖山は昔から戦の山でした。

奈良時代勝宝年間(756年)には
早くも新羅との戦に備え怡土城が作られました。

その後、戦国時代は地元の豪族原田氏の居城となり、
秀吉の九州征伐で小早川に抵抗し落城した。

太平洋戦争では陸軍の敵軍監視所が作られ、
今もその防空壕跡が残っています。

今後再び戦の施設が作られるようなことが無く、何時までも市民憩いの場であって欲しいものです。

[PR]

by dojyou38 | 2014-01-04 17:01 | 登山 | Comments(14)
2014年 01月 01日

初日の出登山・飯盛山

あけましておめでとうございます

昨年度々訪問いただきまして有難うございました。
今年も宜しくお願いいたします。
併せまして、この1年が皆様にとりよい歳でありますようお祈りいたします



d0124388_155502.jpgd0124388_15243229.jpg












7:12 山頂より東を望むも雲厚し。                        登山参加証

初日の出登山に飯盛山(382m)に出かけました。

5:00  山友3人で飯森神社に向かいましたが曇り空。
5:30  神社近くの駐車場は満杯状態。
5:50  参加者は約200人、注意事項を聞き準備体操をしてスタート。明けの明星が瞬く、ご来光が期待出来そう。
6:50  登頂。 福岡の今日の日の出は7時23分。
     荒平山(395m)の上に日の出するのだが雲厚く期待できそうにない。

   7時30分まで待ちましたが、雲が切れそうに無いので山頂でお神酒と参加証を戴いて下山しました。  
[PR]

by dojyou38 | 2014-01-01 15:04 | 登山 | Comments(14)