行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 23日

無声映画:御誂治郎吉格子

d0124388_14345259.jpg福岡市総合図書館では年間を通じて
邦画の名作やアジア各国の映画を上映しています。
その見料は嬉しいことにシニアは250円です。

駐車料も2時間は無料なので年金生活者には
都合の良い暇つぶしの場でもあります。

同じ映画を時間・曜日を変えて3回上映しますので、
私も外題を見て時々見に行きます。
前回は高倉健追悼上映の『網走番外地』でした。

今日の映画は昔懐かしい無声映画です。
 外題は『御誂治郎吉格子

敗戦直後、集落の集会所に時々見に行きました。
鞍馬天狗に丹下左膳などでした。

しかし、今回行ってみて驚いた、私の生れる前1931年の作品でした。



d0124388_1454644.jpg
「江戸で数々の盗みを働た鼠小僧次郎吉は そのほとぼりを冷ますために上方へやってくる」というテロップから映画が始まりました。

原作 吉川英治とあり捕り物娯楽映画と思っていたら違っていました。
捕り物シーンもありましたが、どちらかと言うと恋愛映画のようでした。
私は題名だけ見て無声映画の懐かしさに惹かれて行ったので面食らいました。

フィルムの状態が悪い上に、挿入される字幕の漢字や言葉遣いが余りにも古すぎて理解し辛かった。
しかも、もともと90分の物語がフィルが欠落して上映時間は60分に短縮されて、
映画を楽しむと言う訳にはいきませんでした。

幾ら名画でも製作年度が古すぎて画像や音声の状態が悪いのは楽しめないので、
私はカラーになってからの、1960年代以降の名画を選んで観ることにしています。
ただ、今回は珍しい無声映画だったので見に行きました。
日本映画史の上では16mmの貴重なフィルムのようです。

次はご当地映画「博多っ子純情」(原作 長谷川法世 1978年カラー)に行こうかなと思っています。



図書館で出会った花
上映時間より早く着いたので図書館の周りを歩いてみました。
ゆったりした緑地・庭園がありたくさんの樹木や花が植えられていますが、花には少し早いようでした。

  ユキヤナギ                                             ハナゾノツクバネウツギ(花と果実)
d0124388_17193731.jpgd0124388_17201491.jpg














  ヤブツバキ                                            タブノキ(冬芽)
d0124388_1722225.jpgd0124388_17223078.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-23 14:34 | 映画・観劇 | Comments(12)
2015年 01月 21日

油山ハイキング (1月18日)

                   
室見川左岸より眺めた油山(車窓より)
d0124388_9423053.jpg

d0124388_14573572.jpg新年登山・お清め会から2週間振りに再び油山にきました。

今回は連合いと2人でのハイキングです。
連合いが油山に登るのは平成22年以来2回目。

何時も書いていますが、連合いは私とは真反対の出不精。
運動不足になるので外出を奨めるが、脊椎損傷の後遺症で
硬い舗装道路は歩くのも辛いようで私の散歩には付き合いません。
多少の坂道でも土道なら歩けると言うので時々里山に連れ出しています。

油山(標高597m)は自宅から直線で10km南、
那珂川町との境にあり以前は見えていたが
今はビルが建て込み自宅から直接眺めることは出来ません。

 9:40 自宅を出て、途中コンビニで食料調達。
      今日はサンドイッチとバナナです。

10:20 駐車場より頂上(標高597m)を目指す。 
   
     


d0124388_16163997.jpg油山は福岡市の市民の森であり自然観察の森でもあります。

山中には様々な施設・見所があり、それらを廻る遊歩道が網の目の
ように張り巡らされていますが、良く整備され大変歩きやすい。

私たちは駐車場からモミジ谷・吊橋から
全国都道府県の木を集めた県木の森を通って山頂に至りました。
11:50 山頂、 薄曇りで山頂の気温は4℃でした。

冬枯れの時期でしたが広くない山頂は休む隙間も無いほど混雑。
でも、タイミングよくベンチが確保できて
ゆったりコーヒータイムを過ごすことが出来ました。

下山は藩主が城下の配置を眺めたと言われる国見岩、
草スキー場、中央展望台などを経由する。

13:45 駐車場に下山。 歩行距離 約5km、高低差 350m。
約4時間の里山ハイキングでした。



                         油山山頂より福岡市街を俯瞰(右から志賀島・能古島・玄界島が見える)
d0124388_16204276.jpg


油山で出会った花


ジンチョウゲ                                       ヤツデ
d0124388_17422540.jpgd0124388_17424743.jpg      














ソシンロウバイ                                     ロウバイ
d0124388_17455637.jpgd0124388_17461630.jpg














セイヨウシャクナゲ?                                  シャクナゲ
d0124388_17472320.jpgd0124388_17474279.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-21 09:34 | 登山 | Comments(10)
2015年 01月 17日

春を待つ IN ウォーキング

d0124388_21344883.jpg寒い毎日が続いていますが、
最高気温が10℃以上で雨が降らない日はウォーキングしています。

目的の一つは今年7月13日の誕生日までに
バーチャル日本1周歩こう会」を完遂させるためです。
二つ目の目的は里山ハイキングを長く楽しめる脚力維持のためです。

1日の歩行距離の目標は5km・8000歩です。
でも2つの目的だけで8000歩、自宅周りの同じような道を歩くのは退屈なものです。
そこで、道路沿いの植物を観ながら歩いています。

寒がりの私は早く花の咲く春が来て欲しいと思いながら植物を観ています。
そこにはまだ大寒にも入らないのに春の兆しがありました。
植物たちは寒空の下でも確実に春の準備をしていました。 蕾が膨らんでいました。
その中から6種類を紹介します。


  ハクモクレン                                        ツバキ
d0124388_21583768.jpgd0124388_2159242.jpg














 ハマヒサカキ                                     マロニエ
d0124388_2212858.jpgd0124388_2223789.jpg














 ツツジ                                          ユズリハ(冬芽)
d0124388_2245484.jpgd0124388_225145.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-17 20:51 | アウトドアー | Comments(8)
2015年 01月 15日

三社参り

                  ソフトバンクホークスの大絵馬が掲げられている箱崎神社
d0124388_2216303.jpg



                               博多総鎮守・櫛田神社
d0124388_22185980.jpg



                              筑前一ノ宮・住吉神社
d0124388_2221487.jpg

私の今年の三社参りは小正月前日ようやく14日に、ある懇親団体のグループ参拝で済ますことが出来ました。

15:30 日本三大八幡宮の一つ箱崎神社の社頭に集合し参拝。
     冷たい雨がそぼ降るなか徒歩で旧唐津街道に沿って福岡市街に入る。
     途中 県庁に立ち寄り2019 ラグビーワールドカップの福岡招致の署名に協力。

16:10 博多山笠の会場にもなる櫛田神社に参拝、キャナルシティーを経由して

17:10 日本三大住吉の一つ博多住吉神社に至り無事三社参りを済ます。

     住吉神社に着いたときは既に日没時間、雨で暗くなった境内の灯篭には灯が入っていました。
     
      こんなに遅い時間に三社参りするのは初めてだが、新年会の時刻に合わせたのでこうなった。
17:40 新年会会場に到着、4kmあまり雨の中歩いて冷えた体を
      料亭の女将が暖かい特製の甘酒を用意して待っていてくれました。

新年の初詣で三社参り をする風習は全国でも福岡などごく一部の地域のようです。
私は福岡に赴任して三社参りに何の疑いも無く自然に馴染みましたが、
考えてみるとそれまでに生活した四国・関西・大分などでもそのような習慣はありませんでした。

福岡の三社参りは個人の初詣でも、企業など団体でもやります。
私は現役当時、色々な団体で年始の三社参りに一正月に3回も参加した経験があります。
団体での三社参りは三が日など正月早々にすることが少なく、ゆっくり小正月までにすることが多いです。
お参りする三つの神社は個人・団体がそれぞれの都合で勝手に決めています。




     
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-15 21:42 | 街並みウォッチング | Comments(12)
2015年 01月 13日

延岡に到着(バーチャル日本1周歩こう会) 1月11日

12月18日に大分県別府を通過し、本日1月11日宮崎県延岡に到着しました。
その間24日間で歩いた距離は124km、1日平均5.04km。
この期間、天候の悪い日もあったが忘年登山・新年登山などあり、何とか目標の5kmをクリアーできました。

これから暫くは私が苦手とする寒い日が続くだろうが、
今年7月13日の誕生日までに日本1周完遂するために頑張ります。
福岡まで残すところ807kmだから1日5kmのペースをキープすればまだまだ余裕があります。
でも油断大敵、ウサギとカメのたとえもあることだから気が抜けない。

d0124388_1714194.jpg
d0124388_1715990.jpg


d0124388_1717418.jpg行縢(むかばき)の滝(延岡市) →

延岡市は陸上や柔道チームで有名な旭化成の城下町。
現役時代は営業のテリトリーだったので何度か訪れた
ことがあるが、写真などは残っていない。

延岡市の郊外に九州100名山の行縢山(830m)があり、
その中腹に日本の滝100選の行縢の滝があります。

行縢山は延岡市のシンボルで山容も山頂からの眺望も
素晴らしいと聞いているが、7年前の9月私が登った時は
最悪の天候、土砂降りで何も見えなかった。

西南戦争の最後の激戦地の可愛(えな)山と行縢山に
登るべく延岡に1泊2日で出かけたが天候激変。
可愛山は諦めたが行縢山には強行登山。

是非 気候天候の良い時に再挑戦したい山だが、
なにしろ福岡から高速も通じておらず遠い。


明日から長い海岸線を宮崎~鹿児島を目指します。
宮崎は九州でも最も暖かい地域、
冬のウォーキングには実際に歩くのであれば最適なコース。
プロ野球やJ リーグもたくさんキャンプしています。

[PR]

by dojyou38 | 2015-01-13 10:26 | アウトドアー | Comments(10)
2015年 01月 11日

2人での初ハイキング IN 鐘撞山~高祖山

                  鐘撞山より今宿の街と博多湾(能古島)を望む(1月8日)
d0124388_10105959.jpg


d0124388_10324068.jpg朝から雲一つ無い好天、天気予報では風も強くなく、
気温も最高10度とまずまず。

今年初めて連合いを誘って、2人での初ハイキングに
鐘撞山(314m)~高祖山(416m)を選びました。
歩行距離 約7km、単純標高差 約360m

コース
叶岳神社駐車場~鐘撞山~第1望楼跡~下ノ城跡~
高祖山~叶岳縦走路第1分岐~鉢伏山観音~
野外活動センター~叶岳神社駐車場を廻る周回コース。

10:20 駐車場を後にして、
彼女に合わせてゆっくりペースで歩き始める。
このコースはスタートから約1kmは
人家がまばらに点在する里道や舗装された林道です。


d0124388_1175795.jpg登山道に入ると暫く杉林だが、やがてヤブツバキ・
カゴノキ・クスノキなど照葉樹が多くなる。

登山道を埋め尽くす落葉の多くは照葉樹で
踏み入るとカサカサと乾いた音が心地よいが
滑るので慎重に足の置き場を探してあるく。

鐘撞山の山頂近くになると傾斜が増し、連合いは
叶岳よりかなりきついと何度も立ち止まる。
11:20 ようやく鐘撞山山頂、コーヒータイムです。

山頂からは眺望抜群で西に糸島市街や加也山、
北に博多湾から福岡市街が一望できます。




d0124388_11561862.jpg12:10鐘撞山から尾根道500mで第一望楼跡に着く。

この望楼は7世紀唐・新羅との戦に備えて
造られたそうですが、今は周囲を樹木に覆われて
眺望も無く、ただ碑を残すのみ。

更に、快適な尾根道を南へ1.5km、
途中20人を超す大人数のグループと遭遇。
12:50 下ノ城跡に着く。

ここは戦国時代の山城・高祖城の二の丸。
幾つもベンチが設けられているが冷たい西風に
曝されていたので休まず歩みを進める。

下ノ城跡に建つ遊歩道案内板 →


d0124388_21342865.jpg12:50 今日の最高地点416mの高祖山

高祖山には奈良時代は太宰府を守る出城として
怡土(いと)城が築かれ、戦国時代には
島津陣営の原田氏の居城・高祖山城があった。

現在は周囲を高木に囲まれ、西側に僅かに開けている。
ベンチも無いので、ここも休まず通過。

叶岳縦走路に入り山頂直下で風を避け倒木に
腰を下ろし、2回目のコーヒータイム、行動食を摂る。

小休止後、木陰の縦走路を叶岳に向かい、
第1分岐から野外活動センターを目指し下る。



d0124388_1442677.jpg鉢伏山観音コースと呼ばれる
このルートは野外活動センターまで約2kmと短いが、
谷間の急坂で常に水を含み滑りやすく、
足の置き場を慎重に選びながら下山となる。

途中に、弘法大師や清賀上人縁の観音堂が
スタジイの大木の下に佇んでいる。

14:10 野外活動センターに到着。
ここは市営の私設で夏休みなどは自然観察実習や
キャンプで賑っているが、今は人影もない。

ここからは舗道を約1.5km歩くことになる。
14:30 スタートした叶岳神社駐車場に無事下山。



今日のハイキングは約7km、休憩時間含め4時間10分でした。
普段、叶岳ピストン 約3km 2時間弱の山歩きをしている連れ合いにしては、
昨年11月の久住山以来の長距離ハイキングになりました。

叶岳に比べ急坂が多く、谷間や落葉で滑りやすい歩経路が多かったが、
そこを何とかクリアー出来たのでそれなりの自信に繋がったのではないだろうか。
私としても収穫ある有意義なハイキングになりました。

その日の夕食は行きつけの居酒屋への新年挨拶を兼ね、無事完歩の祝杯を挙げました。



今日出会った植物

この冬枯れの時期は高祖山山系の山中では花は殆ど観られない。
野外活動センターで僅かにただ1輪の白梅が咲いていました。他の蕾はまだ硬そうでした。

イズセンリョウ(蕾)                                  アオキ(冬芽)
d0124388_16252986.jpgd0124388_16255781.jpg














白梅(野外活動センターの庭園)                          ヒメオドリコソウ ?    d0124388_1629854.jpgd0124388_16292541.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-11 10:13 | 登山 | Comments(8)
2015年 01月 08日

カタバミ

d0124388_1630060.jpg

d0124388_1636830.jpg私の散歩コースの道沿いの庭先に
猫の顔をデザインした花壇があります。

顔は白い砕石、輪郭はセダムのような多肉植物。
周りはパンジーで、縁取りの白い花はフヨウカタバミのようです。

そのカタバミに興味を持ちました。
カタバミは植えてはいけない植物・雑草と言われています。

カタバミは繁殖力が非常に強く、種と球根や匍匐茎の
合わせ技で勢力を拡大、除草が大変難しいそうです。

ところが、この花壇ではその強さを逆手にとって、
内側の花は季節季節に合せた花で彩られますが、
輪郭は保守に手間の掛からないカタバミを上手く使っています。


d0124388_20554391.jpgd0124388_97168.png
カタバミは庭などでは嫌われものの植物ですが、
墓石などに刻まれた家紋としては大変ポピュラーです。

カタバミのずば抜けた繁殖力・生命力にあやかって武家を
中心に多くの氏族の家紋として様々にデザインされたようです。

そう思いながら散歩すると道端に幾つもの種類のカタバミがあり、
この寒空の下でも力強く花を付けているものが有りました。

                  調べると外来種も幾つもあり名前の特定には自信ありません。


オオキバナカタバミ ?                                ムラサキカタバミ ?
d0124388_9201515.jpgd0124388_9204755.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-08 16:06 | アウトドアー | Comments(10)
2015年 01月 05日

新年登山とお清め会 IN 油山(597m) 1月5日

                        油山山頂より福岡市街をクローズアップ
d0124388_10134270.jpg

d0124388_1051734.jpg私が加盟している山岳団体の新年登山と
お清め会が市民の森がある油山でありました。

この団体には私は昨年加入したばかりで新年登山は初参加。
お清め会があるので全員最寄のバス停に集合、
そこから歩く人、タクシーで来る人それぞれです。

10:00 油山キャンプ場に集合、22名でした。
初めに支部長の挨拶があり「今年は山の日の制定」に
向けて様々な行事ある
」とのことでした。
その後、油山山頂を目指しましたが
標高差300m余りの軽登山でした。

山頂で、スルメ・コンブ・干しガキを肴に
何時ものマイカップではなく朱塗りの杯でお屠蘇を戴く。


d0124388_11132675.jpg12:00 キャンプ場に下山、お清め会の準備を始める。
初めての参加で要領分かりません。
頂いた案内には「お正月の御節の残りなど1品以上の
おつまみ、お酒をご持参ください
」とありました。

準備が始まると参加者はお酒やつまみを
テーブルに次々と並べていきます。
私も連合いが作ってくれた天麩羅と菊水を持参しました。

準備が整ったところで、世話役の発声により
シャンパンで乾杯、懇親会がスタート。

集まった酒と肴、飲みきれない・食べきれない。
懇親会は延々3時間余。
15:30  記念写真でお開きとなりました。


なぜ「お清め会」と言うのか先輩に聞いても要領得ない。
この団体では別途2月に「新春岳人の集い」があり、今日のお清め会が新年会ではなさそうです。

今年の元日は天候が悪く私は初日の出登山をしていなかったので、これが今年の初登山となりました。
山頂でのお屠蘇、シャンパンでの乾杯、これが「お清め会」と無理やり納得させたが何れも新鮮な経験でした。




油山で出会った花(蕾) 4種

ジンチョウゲ(蕾)                                   トサミズキ(蕾)
d0124388_20395959.jpgd0124388_20402118.jpg














シャクナゲ(蕾)                                     ロウバイ→ソシンロウバイ(とんぼ さんのコメントで訂正
d0124388_20424442.jpgd0124388_2043497.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-01-05 10:10 | 登山 | Comments(8)
2015年 01月 01日

明けましておめでとうございます。

d0124388_21355142.gif


d0124388_21393318.jpg皆様には清清しい新年をお迎えのことと思います
昨年は拙い私のブログに度々訪問いただいて
有難うございました。

今年もアウトドアー中心の話題になると
思いますが宜しくお願いいたします。

私は今年は二人だけの静かな正月です。
孫たちも大学・高校に進み、部活やバイトの
関係で長く休みが取れないようです。

福岡は暫く振りの寒波来襲です。
今日 明日雪が降るかもしれません。
雪が降れば雪山を歩きたいと思います。

では 皆さん本年が素晴らしい年になるよう願っています。


[PR]

by dojyou38 | 2015-01-01 00:00 | 挨拶 | Comments(12)