行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 30日

花見 IN 十坊山

                            登山客で賑う十坊山(とんぼやま)山頂
d0124388_21321589.jpg

d0124388_21533375.jpg十坊山(535m)は福岡・佐賀県境に東西に横たわる
背振山地の西端に位置し山頂に大花崗岩を頂く。
通常は北または東側からで、私も何度か登っている。

今回は西側からの新しいコースを登ることになった。
それは3年前、西側中腹にヤマザクラの巨木が
発見され、その桜を見るルートが開鑿されたからです。

ヤマザクラを発見、新ルートを開鑿したのは、麓の
民芸ギャラリーのオーナー長岡さんのグループ。
そのルートは地図にもなく、初めてだったので
ギャラリーのイベントに連合いと2人で参加した。

9:40 総勢52名、4班に分れ出発。
        登山口の満開のソメイヨシノ →
            (発見されたヤマザクラではない)

d0124388_2235761.jpg新しいルートは長岡さんのギャラリーからいきなり
竹薮に踏み込む。
竹薮は元は段々畑でミカンなどが栽培されていたが、
放棄され真竹が蹂躙するところとなっている。

長岡さんによれば新ルートは発展途上と言うだけに
半藪漕ぎ状態。 竹薮を過ぎると急坂が続くが、
木段・石段もロープもない。

ただ丁寧に付けられているのは赤いテープの
道標だけ、これだけ道標がしっかりしていれば
地図が無くても迷うことは無だろう。





d0124388_239723.jpg歩き始めて20分、竹薮を抜けて尾根にでる。
そこにヤマザクラの大木2本
でも残念ながら1週間早かった。大木の梢にわずか3~5輪。

大きい方は胴回り3.65m、高さ18m、樹齢推定250年。
2本の間隔は17mあるが、花が咲くと上空で手を繋いで
いるように見えるので、地元の方は『相思の桜』と呼ぶ。

周りはアカガシ・マテバシイ・ツバキ・クヌギなどの
照葉樹林で、以前は炭焼きも盛んだったようですが、
この2本の桜は何らかの事情で
伐られること無く残されたのだろう。

それにしても、これだけ大きな桜が周りが高木に
囲まれているとは言え つい4年前まで、
その存在が忘れられていたのは何とも不思議です。

見出されてからは長岡さんたちの手によって獣道の
ようなルートを整備し、毎年何回か花見ツアーが
組まれているそうです。

私の自宅からギャラリーまでは高速で30分余り、
遠くないので、満開時に是非見に来たいもの。



d0124388_9445148.jpgサクラのある尾根道を少し引き返し、
山腹を十坊山への登山道へと入る。
山腹は手入れの行き届かない杉檜の植林帯。

手入れが行き届かないのが幸いしたのか、
植林帯にしては豊かな林床でハナイカダ・
コショウノキ・コウゾウ・イズセンリョウ・ヒサカキ
など様々な低木が繁茂していました。

特にハナイカダの群生は他では見られない。
花が咲く5月の連休のころ再訪したいものです。

12;20 登頂、ゆったり昼食後
山頂の巨岩から360度の眺望をたのしむ。
北に玄界灘、東南に背振の峰々が青空の下
雄大に広がっていました。


                   山頂より玄界灘(唐津湾)を俯瞰する
d0124388_17255697.jpg

13:20 下山開始、下山は登った新ルートではなく、何時もの中村集落へコースを下る。
2合目付近の鹿家分岐から左に分れギャラリーのある登山口に下山。
登り2時間40分のところ、下りの方が若干距離が長いが1時間30分で14:40に下山。

下山後、ギャラリーで長岡さんよりお汁粉や自家製の漬物などの振る舞いに預かる。
連合いとのハイキングは何時も2人のマイペースだが、今回は50名以上の大パーティー。
開発途上の急坂を若い人たちのペースでの上り下りは連合いにはいささかハードのようでした。
でも、最後までパーティーに遅れることなく歩いてくれたのは有り難かった。

今日は「相思の桜」が目当てだったが、一週間ほど早かったようです。
でも、たくさんの他の花に出会えて満足でした。 出会った花の中から10点UPします。


今日出会った花など
花などの名前、自信ありません。間違っていたらコメントで御指摘ください。

ムラサキケマン
                                        ハナダイコン(ショカツサイ)
d0124388_2045535.jpgd0124388_20452521.jpg













ハナイカダ                                         タチツボスミレ ?
d0124388_20481196.jpgd0124388_20484894.jpg













ウバユリ(葉)                                      コショウノキ(花)
d0124388_20553849.jpgd0124388_2056620.jpg













ヒサカキ
(雄花)                                       ミミガタテンナンショウ(?)
d0124388_20585665.jpgd0124388_20592563.jpg





















ムサシアブミ                                          マムシグサ
d0124388_2123984.jpgd0124388_213749.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-30 21:26 | 登山 | Comments(10)
2015年 03月 27日

川端康成 と 九重

d0124388_16103582.jpg先日 立中山に登ったが、鉾立峠から朽網(くたみ)分れへ下りながら、
この登山道を川端康成が歩いたことを思い出した。
私が知ったのは九重を舞台にした小説「波千鳥である。

川端康成は紅葉のシーズンに別府から豊後森を経て筋湯温泉~
長者原~法華院温泉~坊がつる~鉾立峠~
朽網分れを歩いて久住町へと下りてる。

このときの九重高原の美しさに感激した記憶を下に、
九重を舞台として「波千鳥」を書いている。
「波千鳥」は茶道界を舞台にして背徳と人間の愛を
テーマにした「千羽鶴」の続編小説である。
      (右の写真 ネットより借用)


鉾立峠から立中山を仰ぐ
d0124388_20424312.jpg鉾立峠から歩いた景色を、波千鳥のヒロイン文子に
主人公・菊治に宛てた手紙で次のように書かせている。

白口岳と立中山のあいだの鉾立峠を佐渡窪に
下りました。佐渡島の形をした盆地であざみが
たくさん立ち枯れていました。

佐渡窪から鍋割坂を下って、朽網分れに
出ると久住高原の展望が開けます。
鍋割坂は雑木の中をくぐって石道を下りて行きます。
自分の踏む落葉の音を聞くばかりでした。

・・・自然をひとり踏んでいく足音と感じました。
朽網分れへ出て清水山の紅葉も美しい盛りでした。
ここからは阿蘇の五岳が望めるはずですけれど
雲に隠れていました。

佐渡窪から鉾立て峠・立中山方面を望む
d0124388_21255538.jpg祖母・傾の連山はかすかに見えていました。
しかし久住高原は二十キロメートルにわたる草原で
阿蘇の北の裾野、波野ヶ原に遠くつづいて、
大きく広がっています。

九重の山々を南から振り返るわけですが、その頂は
雲にかかっていました。 人の背を没するような薄の
中を抜け、放牧場を通って私は久住の町に着きました。

・・・法華院といい、幾百年の歴史を持つ霊場です。
九重の山々が霊場であったのです。
私も霊場を通ってきたような気がします。 
ほんとうによかったと思います。・・・




立中山登山に同行した仲間に川端康成のことを話すと、
Kさんが川端康成の文学碑が帰路の途中・飯田高原に建っていると言うので立ち寄りました。
文学碑には「波千鳥」の次の一節 (これも文子の菊治への手紙) が刻まれていました。


d0124388_21543639.jpgあるいは四方の山々にささえられて浮かんだ高原と
いう円さがあります。ほんとうに美しい夢の国が
ここに浮かんだような高原でした。

山は紅葉していますし薄の穂波は白いのですけれど、
私は高原にやわらかい紫がただよっているように
感じました。・・・

この飯田高原は多くの人も言うように、ほんとうに
ロマンテックな懐かしさです。やわらかくて明るくて、
そしてはるばるという思いをさせながら静かに内へ
抱き包まれたという思いをさせます。
南につらなる山々も温和で気品のある姿です。



文学碑の説明書によると川端康成は九重山地、飯田高原の美しい魅力に誘われ2度も訪ねられています。
私も30数年前、九州に赴任してこの高原に魅せられ、郷里の縁者や友人が来るたびに案内したものです。
そして、今も飽きることなく毎年何回も九重山地を歩いています。

なお、九州以外の方には九重(くじゅう)山地とか久住(くじゅう)高原とか紛らわしいことと思いますが、
この付近全域は九重山地、その盟主・主峰は久住山と呼びます。
九重山地の北側に広がる高原は飯田(はんだ)高原、南側は久住高原です。

[PR]

by dojyou38 | 2015-03-27 15:59 | 登山 | Comments(6)
2015年 03月 24日

春まだ遠き九重 IN 立中山

             久住高原登山口から久住山・稲星山を仰ぐ
d0124388_9235914.jpg

d0124388_10104670.jpg暫く九重から遠ざかっていたので、
何時もの山友5人で日帰り登山をしました。

日帰り登山では高い山は無理、そこで誰もが
登ったことの無い立中山(たっちゅざん)へ。
運が良ければマンサクに会える期待もありました。

立中山は坊がつるの南端に浮かぶ鈍頂(1464m).
マイナーだが眺望に優れた山です。

7:00 Kさんの車に乗り合わせ天神を出発。
9:00 登山口(レゾネイトくじゅう駐車場)に到着
9:15 朽網分れ~鍋割坂コースへ踏み出す。

 鍋割坂から佐渡窪の向こうに立中山を望む→
 

d0124388_1759486.jpg当日はたまたまスコブル付きの花冷え。
寒いのは予想して出発したが、想像以上の寒さ。

登山道には大きな霜柱、日陰の溝には残雪。
福岡ではコブシが咲き、桜が開花したと言うのに。

標高1200m程度だが山に囲まれた九重では
福岡では想像できない寒さが続いていたようです。

今日も陽射しはあるのに粉雪が吹き付けます。
北風を避け陽だまりで昼食をしたが、
弁当には雪の振りかけ状態でした。



d0124388_11202913.jpg福岡の平地ではすっかり春の装いだが、
ここは未だ寂しい冬枯れの状態です。

鍋割坂から佐渡窪にかけて群落があるという
マンサクの満開を期待しましたが、
写真のように僅かに咲きかけたばかりでした。

佐渡窪湿原の草紅葉は朽ちかけていたが、
まだ新芽の気配もありませんでした。

周辺の落葉樹の新芽は未だ小さく、登山道脇は
アセビの硬くて濃い緑の葉だけが繁っていた。





d0124388_16382135.jpg 11:30 鉾立峠に到着、 11:50 立中山登頂
山頂からは大船山・平治岳・坊がづる・三俣山・
稲星山など360度の眺望を楽しむことが出来ました。

眺望は素晴らしかったが、粉雪が吹きつけ寒い。
早々に鉾立峠まで下山して昼食。

法華院温泉山荘へは現在は北側の長者原からが
主流となっているが、山岳信仰盛んだった頃は
今回私たちが歩いた南からの鍋割坂経由がメインで、
この峠に鉾が立てられていたそうです。

14:30 下山、登山口のレゾネイトくじゅうの
 温泉で冷えたからだと疲れを癒し帰途につく。



  立中山山頂から法華院温泉山荘を俯瞰(周りにカラフルなテントも見えます) 
d0124388_17371148.jpg



この日に出会った植物

本当に写真に納める花などに出会いませんでした。 苦し紛れに霜柱も。

マンサク                                            アセビ(実)
d0124388_1822124.jpgd0124388_1824254.jpg














イワカガミ ?(葉)                                      大きな霜柱
d0124388_1844457.jpgd0124388_1873030.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-24 21:23 | 登山 | Comments(8)
2015年 03月 22日

コブシ(辛夷) 3月21日

d0124388_11435450.jpg

d0124388_1144289.jpgモクレンに続いてコブシが青空の下に咲いています。

コブシという花を知ったのは千昌夫の
白樺青空南風 こぶし咲く・・・北国のああ北国の春

私の生れた四国には自生しているコブシはありません。
街路樹などには有ったかも知れませんが
気が付きませんでした。

千昌夫のせいにするわけではありませんが、
コブシは北国のものと単純に思っていました。

山歩きを始めて九州にもあると聞きましたが、
未だ自生しているコブシに出会ったことありませんが、
公園や街路樹にはあちこちで植栽され珍しくありません。

コブシもモクレンやソメイヨシノなどと同じように葉に先立って花が開くが、
コブシは花の基部に1枚だけ葉を付けて咲くユニークな花です。
花の咲く時期はソメイヨシノより概ね1週間早いそうですから、いよいよ花見のシーズン到来ですね。
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-22 11:41 | 植物観察 | Comments(6)
2015年 03月 20日

スプレンディダ 号(地中海クルーズ)

               カタコロン港(ギリシャ)に停泊するスプレンディダ 号
d0124388_972560.jpg

d0124388_10352532.jpgチュニジアでイスラム過激派のテロが発生、
日本人を含む多数の観光客が死傷しました。
犠牲者のご冥福と負傷者の早期回復を祈りたい。

この犠牲になったのは地中海をクルーズしていた人たちで、
その乗っていたクルーズ船がスプレンディダ号でした。 

私は連合いと5年前 そのスプレンディダに乗ったことがあり、
ニュースを聞いてそのときのクルーズを感慨深く思い出しました。

スプレンディダは2009年に就航した船で、133500トン・
長さ333m・幅38mあり当時は世界最大のクルーズ船でした。



d0124388_975022.jpg今回のクルーズはジェノバを出発、ローマ~シシリー島~
チュニジア~バルセロナ~マルセーユを経てジェノバに帰る
7泊8日のクルーズの予定だったようです。

私たちが参加したクルーズも同じくジェノバ出発でしたが、
東地中海でアテネ~ロードス島~アレキサンドリア~クレタ島~
マルタ島~シシリー島~ポンペイ~ジェノバで11泊12日でした。

当時も訪れた地域には政情や治安に不安のある国もありました。
ギリシャではゼネストが頻繁に行われていた時期で、
オリンピアでは管理人のストで中に入れない遺跡もありました。

アレキサンドリアでは移動する観光バス1台ごとに
軽自動小銃を携えた兵隊が同乗して観光客を警備していました。(私の右側が兵士でスーツの内側に軽自動小銃を携えています)
ルクソールでのテロ事件以来、激減した観光客を回復させるため、
観光客の安全のため実施している措置だと言っていました。
 

石油資源などの無い中東やイスラム圏は観光が主要な産業の国も多い。
そこで、今回のようなテロが発生すると外国からの観光客が激減するだろう。
そうなると、その国の政情がますます流動化の悪循環に陥り、それが世界に拡散するのが心配です。
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-20 09:02 | 旅行 | Comments(10)
2015年 03月 18日

ハクモクレン(3月17日)

d0124388_0312441.jpg

急に暖かくなり福岡でもハクモクレンが満開です。
このモクレンは大きな写真で紹介するほどの樹形や立地条件ではありませんが、
私のウォーキングコースにあり毎年私の注目を浴びている花です。

写真の場所は集合住宅の北東角の緑地帯で寒い海風が吹き付ける半日陰ですから、
一般的な福岡の開花時期より10日ばかり遅れているようです。
モクレンは方向指標植物と言われていますが、このような半日陰でも蕾の先は概ね北の方向を指しています。

これからハクモクレンを先頭にして、次々モクレン科の花が咲きます。
街中で見られるのはコブシ・ユリノキ、少し遅れてタイザンボク
山に入るとホオノキやオオヤマレンゲ、今年もモクレン科の花を追っかけてみます。

d0124388_0315041.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2015-03-18 10:31 | 植物観察 | Comments(6)
2015年 03月 15日

阿久根(鹿児島)に到着(バーチャル日本1周歩こう会) 3月15日

先月 2月24日鹿児島港を通過し、日帰りで沖縄を訪ね鹿児島に帰り、本日3月15日阿久根に到着しました。
この19日間で歩いた距離は94km、1日平均4.95kmでした。

この間は気温も上がり歩きやすくなったが、悪天候や私の体調不良などもあり、
前回に続き目標の1日5kmをクリアーできなかった。

ここで鹿児島県ともお別れ、一路熊本を目指します。
日本1周完成まで残り495km、現在の調子で歩けば目標の誕生日(7月13日)には
余裕を持って6月中にはスタート地点福岡に到着しそうです。

d0124388_2114359.jpg
d0124388_21145290.jpg


d0124388_21202312.jpg阿久根市は全く知らないが
南側は原発再稼動問題で注目を浴びる川内市、
北側は熊本県境の街で鶴の越冬地・出水市。

出水市には1昨年1月 北薩摩最高峰・紫尾山登山に
併せて 鶴が越冬している時期に尋ねたことがあります。

世界中の真鶴と鍋鶴の大部分約13000羽が
出水に集結越冬していました。

出水市の待遇がよいのか出水に集まるようですが、
インフルエンザなど感染症が発生すると全滅の
恐れがあるので分散させたいが容易ではないようです。

越冬していた鶴もこの時期には、
もう殆どシベリア向けて北帰行したことでしょう。


                         出水での越冬を満喫している鶴たち
d0124388_21512767.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2015-03-15 20:40 | アウトドアー | Comments(10)
2015年 03月 12日

今日の小戸公園 ウォーキング

                          小戸公園より飯盛山~叶岳を望む
d0124388_2246199.jpg

d0124388_2125441.jpg今日もウォーキングで小戸公園まで来ています。
小戸公園は前回紹介したように南北に細長い公園で、
北部には小高い丘がありますが、南部は全くフラットです。

その中の緑地帯には元寇防塁が埋まっています。
元寇防塁は鎌倉時代、蒙古襲来に備えて築造された
石の防塁(石垣)で博多湾岸に沿って20kmに及ぶ。

元寇防塁の多くは江戸初期、福岡城築城の石材として
転用されたため大部分は破壊されたが部分的に
残っており、小戸公園の地中にもあり国指定の史跡です。

上の写真に松林がありますが生の松原といいます。
ここにも元寇防塁があり部分的に復元もされています。



d0124388_21574666.jpg小戸公園の北部エリアには球技専用のグランドの他、
隣接して福岡市立ヨットハーバーがあります。

ヨットのことは良く知りませんが、陸上とバースを含め
約550艇を収容することが出来るそうです。

福岡周辺の大学や高校などがヨットを
預けているようで休みともなると多くのヨットの
練習や競技の風景を見ることが出来ます。

ここはヨット専用のようでプレジャーボートは
少し離れた西福岡マリーナを使っているようです。




今日は昼前から晴れ上がり気温も10℃暖かくなってきたが、ウイークデイとあって広い公園も人ではまばら。
球戯場を使うグループも無く、球場の奥からトランペットの練習の音が流れてきていました。

自宅から少し遠回りして公園へ。 公園内を一回りして何時ものカフェでコーヒータイムを取りました。
少し風が強かったが気持ちの良いウォーキングでした。 歩数 10.928歩でした。



今日出会った花たち

ハクモクレン(蕾)                                      ジンチョウゲ
d0124388_22542438.jpgd0124388_22545198.jpg














イヌツゲ(蕾)                                      ツルニチニチソウ
d0124388_22594926.jpgd0124388_2302710.jpg














ユリオプスデージー                                 ナズナ
d0124388_233949.jpgd0124388_2332854.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-12 21:08 | アウトドアー | Comments(10)
2015年 03月 08日

蕗薹 ハンティング IN 背振山系

   鬼ヶ鼻岩(840m)より背振山(1055m)を望む
d0124388_17574011.jpg


d0124388_18124181.jpg              鬼ヶ鼻岩 →

我が家は山菜料理は殆どしませんがフクノトウだけは
連合いの好みで、毎年シーズンが来ると探しに行きます。

でも、野生のフキノトウが自宅の近くには見たらない。
山歩きなどのおり蕗の自生地場は常に
チェックするようにしている。

今年はもう遅いかなと思いながら、天候に恵まれた昨日
連合いと2人でチェックしていたポイントを目指しました。
3箇所ありますが何れも背振山系の中腹や山裾です。





d0124388_13244079.jpg ← 鬼ヶ鼻岩より椎原方面を俯瞰
 (福岡では珍しいメタセコイヤの林が見えています)    


第1ポイント、 鬼ヶ鼻岩への登山道沿い
 何年か前に見つけたときは豊かな蕗畑だった。
 期待して訪れたが、その後の豪雨で地形が変っていた。
 フキノトウはほんのちらほら。 がっかり。

第2ポイント、 背振山頂直下。 
 広い蕗畑があり、タイミング合えば大収穫が期待できる。
 だが、ここは登山客が多く人目に付きやすいので、
 時期的にも遅く多分駄目だろうと思いながら車を廻す。
 やはり、予想通りタイミングを逸したようです。収穫ゼロ。



d0124388_12535653.jpg背振山頂に祀られている背振上宮 → 
     (後ろは航空自衛隊のレーダードーム)


第3ポイント 背振山系山裾・脇山地区

 何年か前 植林メンテナンスのボランティアのとき
 見つけた蕗の自生地。 民家から比較的近いので
 ここも駄目かもと思いながらも最後の希を託す。

 丹念に探していくと、それなりに残っていて
 期待以上の収穫にありつけました。
 
連合いは蕗の薹味噌を造ると言っています。
近日中にあの独特の風味と香りが楽しめそうです。
 
 



                         収穫したフキノトウ
d0124388_14191443.jpg

背振山系の尾根道の全長は約50kmあり、北部九州では人気の縦走路。
昨日は日曜日でもあり、長崎からのパティーなど鬼ヶ鼻岩や背振山でもたくさんのハイカーに出会いました。
気候が良くなるこれからは益々増えるだろう。そして私も山から呼び出されている気分になっています。


 蕗の薹とともにであった花
花の名前は間違っているものがあるかも知れません。 気が付いたら御指摘ください。よろしく。

ミヤマシキミ(蕾)                                   オオイヌノフグリ
d0124388_15354322.jpgd0124388_1536149.jpg













ネコノメソウ                                      ウシハコベd0124388_15404419.jpgd0124388_1541825.jpg














オドリコソウ                                       ウマノアシガタ
d0124388_15451460.jpgd0124388_15453115.jpg
 
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-08 17:36 | 登山 | Comments(10)
2015年 03月 05日

正露丸 3月5日

d0124388_21214578.jpg今日は太宰府四王寺山で開催される樹木観察会に
参加の予定だった。
朝 起きて準備をしたが気力が涌かない。

原因は昨日午後からの頻繁な下痢です。
今朝になっても止まらない。
久し振りに大学の先生を講師に招いての
観察会だっただけに非常に残念だが断念。

昨日 昼食の「めんたいパン」以外に考えられない。
消費期限過ぎた正露丸が薬箱の隅に眠っていたので、
それを服用して1日コタツの番でした。

ちょうど、郷里伊予西条藩を舞台とする山本周五郎の
「風雲海南記」を図書館で借りていたので退屈しませんでした。

お陰様で、消費期限切れの正露丸でも効いたのか午後からは落ち着きました。
昨日・今日と2日続けて晩酌を控えました。
ちょうど良い休肝日になったようです。

樹木観察に参加できなかったのは如何にも残念だが、たまには1日コタツの番・晩酌抜きも悪くないな~
[PR]

by dojyou38 | 2015-03-05 21:21 | 病気 | Comments(10)