行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 26日

葉山山楽会1月例会(ハイキング)

d0124388_21123096.jpg葉山山楽会の1月定例ハイキングがありました。

山楽会は葉山地域の里山ハイキングをしながら、
ハイキング径路の整備・メンテナンスをしたり、
町民ハイキングを企画・開催しているグループです。

メンバーは30名ほどですが、多くの会員は高齢者で
山の知識・経験豊富な登山のベテランです。
私も今月からメンバーに入れていただきました。

集合場所: 御用邸正門前
常時 警察官が歩哨に立っています。
近々、皇族が来られるのか?監視所が改装工事中。



d0124388_1074294.jpg今日のコース

御用邸前→茅木山登山口→大池→国際村→
大楠山登山口→大楠山頂(昼食)→前田川遊歩道
→前田橋バス停(下山予定時刻 14:30)

9:30 参加者12名が御用邸前に集合。

御用邸前から民家を抜ける路地に入りましたが、
先日来の大寒波も ここ葉山の温暖さを
証明するように畑の菜の花が満開でした。

大楠山の山頂に菜の花畑がありますが、
そこの蕾はまだ固かったです。
茅木山中腹から相模湾に浮かぶ伊豆大島を望む

d0124388_16124093.jpg

d0124388_16195280.jpg茅木山に向う途中、相模湾に
大きな島影が浮いています。伊豆大島です。
好天だったせいか想像以上に近く大きく見えました。
富士山がくっきり大きく見えるポイントもあります。

大島を見ながら暫く登ると、
大きな倒木が登山道を塞いでいます。
このような登山道を塞ぐ障害物を撤去するのも
私たち山楽会のボランティアの一つです。

このような大きな倒木を携帯用の小さな鋸で
切除するするのは簡単ではありませんが、
ベテランはその要領を心得ています。




d0124388_1830594.jpg国際村のニュータウンを突ききって、
何時もボランティアをしている「めぐりの森」入り口に
至ると、森の向こうに鈍頂の山が正面に現れます。

この鈍頂が三浦半島の最高峰・大楠山(241m)。
大楠山に以前はたくさんのアンテナが林立して
いましたが今はアメダス観測塔など僅かです。

ボランテアに来る時は何時もマイカーで通りすぎる
ニュータウンの整備された道路を今日は
ゆっくりと周りの施設を見ながら歩きました。



大楠山から横浜市街・中央はランドマークタワー 
d0124388_943568.jpg

d0124388_9474732.jpg今日のウォーキングで市一番ハードだったのは
大楠山山頂直下のゴルフ場から山頂までの800m。
約400段の木段でした。

12:15 山頂到着 平日でしたが人気の山だけに
多くのハイカーで賑っていました。

晴れ渡った青空の下、山頂展望台からは横浜中心街・
たくさんの船舶が行きかう浦賀水道・太平洋に浮かぶ
伊豆大島・東には雪を被った富士山や丹沢の連嶺など
360度のパノマラを楽しむことが出来ました。






d0124388_13545158.jpg約30分昼食を兼ねて休憩。
下りは大楠山へのメインルート、
南に進路を取り尾根筋を湘南海岸に向かって下りる。
途中から前田川の飛び石を伝って終点・前田橋へ。

このルートは「関東ふれ合いの道」に指定されていて、
径路も道標もしっかり整備されている快適な
楽しいハイキングコースでした。
14:30 予定通りに前田橋バス停で解散。

山楽会例会に始めて参加したが、多くの参加者は
高齢ではあるが脚力が強く、山の経験・知識
豊富な方が多いと見受けられました。

これからの例会には積極的に参加して、
地域の山を知りたいとおもいました。

[PR]

by dojyou38 | 2016-01-26 11:31 | 登山 | Comments(12)
2016年 01月 23日

今日のボランティア活動

d0124388_127395.jpg

d0124388_1211186.jpg昨年12月から「森作り」のボランティアに出ています。
葉山町と横須賀市にまたがって「湘南国際村」というニュータウンがあります。

国際村の構想は膨大なものでしたが、バブル崩壊で
未開発地が横須賀市に無償寄付されました。
現在その土地を林野庁の協力でボランティア団体が
市民の森「めぐりの森」として再生させています。

森の範囲は1枚目の写真の奥に見える大楠山の
麓までの広大な面積で、開発するために里山が
伐採され、建設残土の捨て場になった後、20年以上
放置され荒地となった原野のような土地です。




d0124388_169135.jpg市民の森として再生させようとしている土地は
場所によって植生はさまざまですが、
今日入った地区は建設残土で埋立放置された土地。

20年以上も放置された埋立地には自然発生した
アオキ・アカメガシワ・エノキなどが生い茂り、
キズタ・テイカカズラが巻きついています。

今日はこの地区を広葉落葉樹の森に育てるため、
下草刈とアオキ・ツタ・カズラの伐採をしました。

作業後はアカメガシワとエノキだけになり、
下の写真のように子供でも入れるように
明るい林に整備されました。
この後、他の落葉樹も植樹される予定です。


d0124388_16404727.jpgボランティアに登録しているのは老若男女で
30余名ですが、私は最高齢のようです。
作業には多くて15名、少ない日は10名足らず。

森の再生活動は一応3月末前の予定で、
概ね1週間に2回ありますが
私は1週間に1回参加することにしています。
なお、1日の実質作業時間は僅か3時間です。

ボランティアは肉体労働が多いですが、
若い人ともに林の中を流れる風に
吹かれながらの作業には爽快感があり、
登山で流す汗の感覚に似ています。

ボランティア活動を通じて山の植生や
植物の生態が学べれば良いと思っています。
 尚、この記事は寒波来襲前の20日の作業です。
[PR]

by dojyou38 | 2016-01-23 11:49 | 地域活動 | Comments(16)
2016年 01月 21日

今朝の富士

d0124388_10543570.jpg

変り映えのしない森戸海岸からの富士の姿ですが、このところの寒波で雪化粧が濃くなったとおもいます。
右に連なる丹沢山塊の雪化粧も70kmと遠く離れた葉山からも見えるようになりました。

葉山の今朝の最低気温は0.2℃ですが、湘南の海は風も弱く穏やかです。
マリンスポーツ好きが集まる葉山ですが流石に、この寒波ではヨットもボートも釣り船も唯の1隻も出ていません。
寒がりの私は1日も早い寒波後退を願っています。

[PR]

by dojyou38 | 2016-01-21 10:59 | 湘南風景 | Comments(12)
2016年 01月 13日

         初詣   鶴岡八幡宮

d0124388_9242433.jpg
d0124388_925232.jpg3連休明けの12日神奈川に在住する同窓生有志で初詣をしました。
関東の地理に不案内な私のために、
葉山から近い鶴岡八幡宮に設定してくれました。

同窓生と言っても集まったのは5名。
JR鎌倉駅で待ち合わせしたが久し振りに会う友人もあり、
先ずは喫茶店でひとしきり近況報告。

駅前から小町通り を通って八幡宮へ。
連休中は身動きが出来ないほどの観光客だったようですが、
今日も有名な土産店では店の前まで客が溢れていました。

本宮前から舞殿を越えて段葛と呼ばれる参道を望む 

d0124388_1040862.jpg5人揃って本宮に進み今年1年の健康を願って拍手を打ちました。
最近はどこの観光地も外国人観光客が多いと聞きますが、
ここでも外人の参拝客が目立ちました。

参拝後、目的の魚料理の店に行くが、連休明けで生憎休業。
その後、昼食場所を探してうろうろしましたが
今日は今年一番の冷え込みで大変寒かったです。

やっと見つけたレストランも昼食時間とあって、
ゆっくり長話が出来なかったので再び喫茶店へ。
その喫茶店は漫画家の横山隆一の旧邸で情緒ある店構えでした。

同窓生との話は何時も同じで学生時代の話や同窓生の消息など
話尽きないが、この歳になると病気や訃報も多くしんみりすることも。
3時も過ぎ、次回3月の同窓会での再会を約して分かれた。

転居して間もなく近くに知人少ない私を気遣い、
このように誘ってくれる同窓生がいることは有りがたいことで有意義な初詣になりました。


初詣で出会った花


フキノトウ                                              ヒマラヤユキノシタ
d0124388_12303315.jpgd0124388_1231778.jpg













シャリンバイ                                            ロウバイ d0124388_12335978.jpgd0124388_12342647.jpg














リキュウバイ                                            イワフジ
d0124388_12373529.jpgd0124388_12375878.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-01-13 09:25 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 01月 10日

三浦半島最高峰・大楠山

               三浦半島最高峰・大楠山から富士山を望む(相模湾に点在する白点はヨット)
d0124388_21222091.jpg

d0124388_21443950.jpg昨年11月に葉山町の最高峰・茅峠(215m)に登ったが、
今日は三浦半島最高峰・大楠山に登りました。

三浦半島は横須賀市・三浦市・逗子市と葉山町から
なっているが、その最高峰と言っても僅か240mです。
兎に角、葉山の周辺には高い山は有りません。

登山ルートは幾つかあるようですが、今日は平作川
コースを連合いと一緒だったので、途中まで車で行き、
歩いたのは僅か1.5kmほどでした。

風も無い小春日和で、沢沿いには暖冬のせいか、
まだ紅葉が残っていました。



d0124388_2211061.jpg約1時間で山頂に着きましたが、三浦半島最高峰として
人気があるのか広く開けた山頂は登山客で賑っていました。
休憩所には天皇ご一家が登られた写真も掲示されていました。

僅か240mの標高とは言え、地域最高峰の地の利を生かして
たくさんの電波塔が立っています。
山頂からの眺望は抜群、360度のパノマラが楽しめます。

気温暖かく多少霞んでいたが、西にはヨットを浮かべた
相模湾を越えて霊峰富士が雲を従えて聳え、
北の方角には横浜ランドマークタワーが、
東にはたくさんの船舶が行き来する浦賀水道の眺め。


                            湘南国際村から見た大楠山
d0124388_23145561.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2016-01-10 18:37 | 登山 | Comments(8)
2016年 01月 07日

七福神廻り

    逗子市で最も歴史あるお寺 高野山真言宗延命寺(本尊・大日如来)
d0124388_1754220.jpg

d0124388_1830631.jpg関東には九州のような三社参りの風習はないが、
初詣の他に「七福神廻り」が広く行われているようです。
七福神の秘仏が正月10日まで御開帳されているので、
その秘仏を参拝するのが正月の風習のようです。

私が今日巡った「湘南七福神」は逗子市と葉山町に
またがって配置されていて、地元のボランティア団体
が案内する巡礼に参加しました。

最初に参拝したのは弁財天を祀る延命寺。
このお寺は行基の開山で、空海が『延命地蔵の
厨子
』を設けたことからこの地を厨子と呼ぶように
なり、現在の「逗子」になったそうです。
      厨子弁才天 像  →
弁財天は智識・学芸の神とされる。

d0124388_22471799.jpg2番目に参詣したのは
鎌倉時代創建の宗泰寺
本尊・阿弥陀如来で祀る七福神は大黒天
大黒天は財福の神とされる。

3番目は鎌倉時代創建の東昌寺
本尊・大日如来で祀る七福神は宝仙福禄寿を祀る
福禄寿は長寿安泰を願う神

ここには二階堂信濃守行心の墓と伝えられる
国重文の五輪塔がありました。

五輪塔から東昌寺本堂を見る




d0124388_13482196.jpg4番目は鎌倉時代創建の光照寺 


源義朝の長男・悪源太義平を供養するために
建てられた寺院
本尊・阿弥陀如来・祀られている七福神は寿老人
寿老人は不老長寿を願う神

光照寺の門前で参拝の順番を待ちながら
ボランティアガイドから説明を受ける巡礼参加者 

この4番目までが逗子市市内で
   5番目以下が葉山町 


d0124388_14265327.jpg5番目 室町時代創建の真福寺仙光院
本尊十一面観音菩薩・祀られている七福神は
長柄毘沙門天

毘沙門天は力・武運の神とされる

長柄は鎌倉幕府創建の功臣一族の名で、
この地域の地名。
高野山真言宗の寺院のせいか毘沙門天の両側に
   コウヤマキが供えられていました。





d0124388_1534261.jpg6番目 室町時代創建の長運寺
本尊・不動明王、
祀られている七福神は円満布袋尊
             

布袋さんは七福神の中で
唯一実在の人物・中国唐代の僧だそうで、
不老長寿の神 






d0124388_15332299.jpg最後は天平時代創建の遍照寺玉蔵院
東大寺別当の良弁によって創建された葉山町
 最古の歴史を有する寺院。
本尊は大日如来、祀る七福神は葉山恵比寿

恵比寿さんは七福神の中で唯一日本の神。
イザナミ・イザナギの間に生まれた
最初の子供・蛭児命とされている。

西宮恵比須神社の祭神で商売の神

どの地域の七福神廻りも歩いて1日で参拝出来る
限られた地域の寺院が選ばれているようです。


七福神めぐりの参拝客で賑う遍照寺玉蔵院
d0124388_1628539.jpg
私の今日の七福神めぐりは初詣とか願掛けと言うよりは、
正月休みの運動不足解消と、地域の歴史や地図を知るために参加しました。
今日、巡礼で歩いた距離は約9km、私は自宅から集合・解散場所まで歩いたので延べ13km余でした。

地元のボランティアは御開帳の十日間に何回も案内しているようでしたが、
今日だけでも50余名、3班に分れ其々の寺院や地域の歴史を丁寧に説明してくれました。

なお、今日巡った「湘南七福神」は全て真言宗の寺院で、
七福神巡りが定着したのはまだ新しく、精々40~50年前からのようでしたが、
それでも神奈川県内の七福神めぐりでは歴史が有る方だそうです。

七福神巡りは初めてでしたが七福神のこと、鎌倉幕府創建に係るこの地域の武士団のことなど
大変勉強になり、この地域のことが少し分ったような気がしました。


今日出会った花
出会った何れの花も例年より随分早く開花または開花の準備が進んでいるようでした。

ミツマタ(蕾)                                       コスモス
d0124388_17222380.jpgd0124388_17225169.jpg













アザレア ?                                       ロウバイd0124388_17312085.jpgd0124388_17314895.jpg














スイセン(ペイパーホワイト)                            シロバナジンチョウゲ(蕾)
d0124388_17344910.jpgd0124388_17353314.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-01-07 17:39 | アウトドアー | Comments(10)
2016年 01月 03日

故郷からの贈り物

d0124388_14412542.jpg
郷里から地酒と特産の海苔が送られてきました。
と言っても、知人からのプレゼントでは有りません。故郷納税のお礼の品です。

故郷納税のことを昨年12月にTVで良く目にしましたので、初めてでしたので我が郷里・西条市に納税しました。
確定申告用の領収書と謝礼品のカタログが送られてきた。
その中から地酒海苔を選びました。

郷里には酒蔵が幾つかあるが、山が趣味の私としては西日本最高峰・石鎚山を冠した酒でなければならなかった。
2本の内の緑ラベルはANA国際線ビジネスクラスの機内酒に選ばれた人気ブランド。
赤ラベルは純米濁り酒・アルコール度17~18%、飲み応えありそう。

西条の海苔には特別な思い出があります。
私は中学から高校まで、凍てつく海に寒風を突いて海苔漁をしていました。
その頃、遠浅の海・海苔漁場の埋め立て計画が持ち上がりました。
実家はサラリーマンでしたが漁業権があったので、親戚や周りから漁業補償のため海苔漁をすることを求められました。
父は出張や転勤で在宅することが少なかったので海苔漁は専ら私の仕事でした。

私が漁をした海苔漁場はその後埋立てられ工場地帯になりましたが、
埋立てを間逃れた漁場では小規模になりましたが、西条で現在も海苔が作られている。
カタログを見て、若い頃自分が漁をした海で造られた海苔を食べたくなりました。
郷里からの贈り物で新春を祝います。
[PR]

by dojyou38 | 2016-01-03 14:42 | 嗜好品 | Comments(10)
2016年 01月 01日

賀正

d0124388_14325470.jpg

d0124388_14333814.jpg新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

新年が穏やかに明けましたが、
今年の前途を象徴しているとは言いがたいです。

少子高齢化の歪みはますます顕著になるでしょう。
世界は危険な火種をたくさん抱えたままです。

日韓関係も年末に決着したかに見えましたが、
何だか怪しくなってきたようです。

何も出来ない年金生活者としては日本から
海外派兵や原発・兵器の輸出とかで世界を
騒がせることが無いよう願っています。
[PR]

by dojyou38 | 2016-01-01 00:01 | 挨拶 | Comments(12)