行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

マリンスポーツシーズン始る

d0124388_21461151.jpg

d0124388_21464925.jpgさくらの開花と共に
いよいよ本格的なマリンスポーツの開幕です。

葉山~湘南の海岸は
ヨット・ウインドサーフィンなどで満ち満ちてきました。

逗子海岸に建つ『太陽の季節』の記念碑も
太陽に燦々と輝いてきました。

これから太陽の輝きが増すに連れ、
ますます海も海岸も人とボートで狭くなることでしょう。

記念碑には大阪万博「太陽の塔」の岡本太郎の
デザインによる『太陽』が付けられています。


なお、明日から福岡の家の整理のため、福岡に帰るのでブログを暫く休みます
[PR]

by dojyou38 | 2016-03-31 21:46 | 湘南風景 | Comments(6)
2016年 03月 28日

電話番号表札

d0124388_14351987.jpgあるウォーキング大会の途中、
写真のような門柱の前を通りました。

電話番号表札です。
何十年か前までは普通の風景で、
電話がステータスの一つだった時代でした。

私が小学校の頃、私の集落では電話は
伯父の家・本家にしか無く、やはり玄関の
門柱に20何番かのプレートが掲げられていた。

電話が掛かってきたり、電話を借りたりするとき
受話器を持つのが何だか怖かった記憶があります。


その頃はプライバシーとか個人情報の保護
などと言う言葉さえ無かったよき時代だった。
電話表札を見て遠い昔を思い出しました。

[PR]

by dojyou38 | 2016-03-28 14:35 | 街並みウォッチング | Comments(9)
2016年 03月 24日

おんめさま 大攻寺 (鎌倉)

d0124388_16321969.jpg

d0124388_1640048.jpg最近 連合いの眼科治療に付き合って鎌倉通いです。
眼科の近く、鎌倉のメインストリート・若宮大路の
ビルの谷間に頼朝ゆかりの寺院があり参拝しました。

お寺の名前は大攻寺、名前の由来などは説明板の
とおりで、日蓮宗系の独立寺院で檀家はありません。

説明板の通り「産女(うぶすめ)霊神」を本尊と
しているので、私がお参りした日も若い夫婦・母娘、
その他娘の安産を願う母親らしき人など
女性の参拝客が多かったです。

医学が進歩した現代でもお産は女性にとって
人生格別の大役であることの証のようです。


d0124388_215441100.jpg
丁度、本堂は改修工事中で建物はテントで囲われ
お寺らしき雰囲気はありませんでしたが、
女性の信仰を集めるお寺に相応しく山門から
本堂に至る参道や境内は様々な花木や草花で
埋め尽くされていました。

頼朝の戦勝記念で名前まで変えた寺院でしたが、
現在では安産祈念のお寺として信仰を集める
お寺に変身していました。






d0124388_22365451.jpg工事中の本堂に続く本坊に
大きく「安産腹帯守授与所」の表札が
掲げられた一郭がありました。

授与されるお守りセットには
  次の5点が入っているそうです。
御 札(清浄な場所に奉安し、礼拝する御札)
麻の紐(産後、妊婦の髪を結ぶのに用いるひも)
秘妙符(定められたタイミングで頂く3つの赤い粒)
腹帯守(腹帯の間に入れ常に肌身につけるお守り)
御供米袋(御礼参りの際に米を入れて納める袋)



大攻寺で出会った花

ツバキ(はなごろも)                                  ツバキ(みなとのはる)
d0124388_14413061.jpgd0124388_14422459.jpg














ヒマラヤユキノシタ                                    ハナニラ
d0124388_14472364.jpgd0124388_14474892.jpg














トサミズキ                                         ヒュウガミズキ
d0124388_14504348.jpgd0124388_145914100.jpg














アセビ                                          ミツマタ
d0124388_1513514.jpgd0124388_152034.jpg














                          
ボケ                                           クサボケ
d0124388_1516163.jpgd0124388_15162531.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-03-24 16:09 | 湘南風景 | Comments(4)
2016年 03月 18日

日本ヨット発祥の地

    葉山マリーナから眺める富士山(気温の上昇と共にクリアー富士の姿は望めなくなりました)
d0124388_16131657.jpg

d0124388_1617894.jpg寒暖を繰り返した冬もようやく本格的な春を迎えようとしています。
花の便りがあちこちから届き始めました。
マリンスポーツもシーズンを迎える準備が始っています

葉山マリーナのレストランでランチをしましたが、
ここでも、施設やボートの整備で忙しそうでした。

葉山は日本ヨット発祥の地です。 記念碑 →
記念碑はマリーナに隣接する葉山漁港に建っている。
明治15年金子堅太郎商工大臣の子息がヨットを建造、
葉山で楽しんだのが始りだそうです。

昭和30年には葉山が国体ヨット競技の会場にもなり、
全国有数のヨットハバーへと発展しました。


d0124388_17573148.jpg葉山マリーナクラブハウス

クラブハウスには中華・すし・海鮮・西洋料理の
4つのレストランのほかブティックや結婚式場まで
備わっています。

このマリーナが現在のように整備されたのは1965年、
まだ裕次郎など太陽族の名残が漂っていたころです。

シーズンオフのこの時期の平日でさえ、
レストランなどはそれなりに賑って、
さすがマリーンスポーツのメッカだと思いました。


d0124388_22274734.jpgd0124388_2228141.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-03-18 16:13 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 03月 12日

三浦三山縦走ハイキング

      三浦富士から菜の花に見送られて津久井浜へ下山するハイカー
d0124388_1545044.jpg

d0124388_15175195.jpg葉山山楽会の3月例会が三浦半島中央部を
相模湾から浦賀水道へ横断する
三浦三山縦走コースでありました。

一般の参加者も含め27人で開催され、相模湾側の
市民病院前~一騎塚~武山~砲台山~
三浦富士
~浦賀水道の津久井浜駅へと歩く。

 9:30 御用邸前に集合、バスで横須賀市民病院前へ。
市民病院から一騎塚までは平坦な国道・県道です。
一騎塚からが登山道になります。


  モチノキの巨木 ↓        『 一騎塚 』 →



d0124388_1611779.jpg一騎塚」は鎌倉時代、和田合戦で不利を承知で
和田氏の支援にこの地からただ一騎で鎌倉に
駆けつけ憤死した武次郎義国を悼んで
地元の人々によって築かれた塚。

和田合戦は執権北条氏の横暴に対する
有力御家人和田義盛の反乱で、将軍実朝を
擁する北条側が勝利し和田氏は滅亡して、
北条執権政治を確立させた戦いでした。

一騎塚から最初のピーク武山までは
2km足らず、常緑潅木の中を小さな上り下りを
繰り返す。 途中にモチノキの巨木がありました。
直径約1m、このように大きなモチノキは
大変珍しく 暫く見入りました。


d0124388_229611.jpg11:45 武山(201m)に登頂、弁当タイムを取る。

武山山頂には地元の漁師から波切不動と呼ばれ、
安全と豊漁の不動尊として信仰を集めている
武山不動(時経寺)が建っています。

安置されている不動尊は1397年に
東大寺の僧・万立が彫刻したものと言われています。

境内にはツツジ2000本などが植えられていて
花の寺とも呼ばれているが、
この時期はまだ咲いている花は少ない。

サクラとスミレがありましたが種類の同定自信なし。


オオシマザクラ ?                                   タチツボスミレ ?
d0124388_2145545.jpgd0124388_2151032.jpg














昼食後に向った2番目のピークは砲台山(204m)です。 正しく山頂に高角砲の砲台跡がありました。
昭和初期に海軍が砲台を造ったので砲台山と呼ばれるようになったそうです。
壁の四角い穴は弾薬の格納庫で、砲台の直ぐ傍のコンクリートの柱は深照灯(サーチライト)の台座です。

太平洋戦争の遺跡ですが、爆撃を受けた跡も無く、保存状態も良く残っていました。
米軍は占領した後、横須賀を米軍海軍基地として使う予定だったので、横須賀周辺は空爆しなかったと聞きましたが、
横須賀の街だけでなく軍用施設までも破壊されず残っているのはその証しでしょうか。

d0124388_2233894.jpgd0124388_224338.jpg















d0124388_22252681.jpg13:30 今日最後のピーク浅間山(183m) に到着。

何処かの保育園の遠足だろうか、
かわいいハイカーで山頂が占領されていました。
この浅間山は三浦富士と呼ばれ、浅間神社が祀られて
いますがその碑を写真に納めるのに暫く待ちました。

本来なら山頂から富士山の雄姿を遥拝することが
出来るのだが、今日は生憎の曇り空。
ようやく、浅間神社奥宮碑を写真に納め、
津久井浜に向けて下山しました。

下山道の両側は野菜畑ですが、
どの畑も野鳥避けのネットが張りまわされていました。
ここにはまだシカ・サル・イノシシはいないようです。

今日のハイキングの歩行距離は約9km、高低差も少なく、暫くぶりの山歩きでしたが余裕を持って下山できました。
三浦三山の縦走はは初めてでしたが、コースのポイントポイントで世話役から
その土地の歴史など詳しい解説が聞けて、地域のことを何も知らない私にとって大変有意義なハイキングになりました。

14:40 津久井浜駅に到着・解散


[PR]

by dojyou38 | 2016-03-12 14:42 | 登山 | Comments(16)
2016年 03月 08日

めぐりの森 植樹祭

d0124388_17245226.jpg

d0124388_2048177.jpgめぐりの森」で小さな植樹祭がありました。
植樹祭と言っても、ある子ども会の自然体験教室の
一環としたささやかなものでした。

雨模様でしたがたくさんの子供たちや父兄が参加して、
駐車場から苗木や水・藁束・道具を運んでくれました。

植樹する場所は私たちが落葉樹エリアにするために
下刈・間伐をして整備した森で、植樹ポイントに苗木を
支える竹をあらかじめ立てておきました。

植樹の手順は植樹ポイントに穴を掘り、
苗木を運んできた水に浸け穴に植え込みます。
その周りに藁束で囲み、残った水をかけます。


d0124388_141962.jpg
この地域は野ウサギが多いところで、苗木が食べられることがあるので、
植えた苗木を玉葱用のプラスチックネットで囲んで保護しました。
これで完全にうさぎの食害から守れるか少々不安がありますが・・・

今回植えた苗木はオオシマザクラ・ヤマボウシ・カエデ・モミジ・コナラの5種類です。
苗木は既に約1mに成長しているので、早いものは2年程度で花を咲かせるでしょう。
子供たちは毎年何回かはこの森に遊びに来て、木の成長を見守ってくれるものと思います。

[PR]

by dojyou38 | 2016-03-08 17:21 | 地域活動 | Comments(10)
2016年 03月 05日

やられました! 鳥獣害です。

d0124388_1848884.jpg朝食が終わり、孫が登校し部屋が静かになると、
庭から鳥の鳴き声が聞こえます。

自宅は森に隣接しているので野鳥の声が聞こえるのは
珍しいことではないが、庭から聞こえるのは
滅多にありません。

窓から見ると、鳥が二十日大根の葉を啄んでいます。
2羽来ていましたが、カメラの前に1羽が逃げました。

自宅の庭に10坪足らずの菜園があり、
現在植えているのは葉ものでは小松菜・ターサイ・
シュンキク・正月菜など、根菜では二十日大根・小蕪など。

どれも出来栄えはあまり良くありません。


d0124388_2155249.jpgそれにしても、発芽した後の成長が嫌に遅い。
種まき時期を失したので仕方ないと思っていましたが、
葉が大きくならない原因の一つがやっと分りました。

鳥獣害でした。 
今日の鳥はツグミのようですが自信ありません。
皆さんの指摘でヒヨドリと分りました
冬場で雑草の発生も少なく、寒さもあり
余り菜園を注意して観察していませんでした。

改めて、畑に出てみるとターサイを筆頭に小蕪・
二十日大根などが啄まれ哀れな姿になっていました。
これからは精々畑を見回りたいと思います。

下の写真はターサイ(左)と二十日大根(右)

d0124388_22161528.jpgd0124388_22163452.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2016-03-05 22:23 | 菜園 | Comments(10)
2016年 03月 01日

得点王

d0124388_1112245.jpg

d0124388_22124871.jpg地域のU-8のサッカー大会が横須賀フットサルクラブであり、
孫の K が出場するので久し振りに応援に行きました。

各地域にあるサッカー教室(クラブ)の小学校2年までの
生徒で編成されたチームの対戦です。
各チームは7人で編成され、コートは通常のサッカーより
狭いフットサルのコートで試合をします。

優勝までは7試合戦わなければなりませんが、
試合時間は10分と短いので試合数は多いのですが、
試合はどんどん消化されていきました。

Kのチームは優勝戦まで残り、PK戦まで持ち込みましたが
残念ながら優勝することは叶いませんでした。

それでもKは全試合にフル出場し、7試合で6得点の成績で得点王に輝き
ましたが、表彰式では大勢の父兄の拍手に緊張しぱなしでした。
横須賀まで1時間のドライブを費やし駆けつけた私も応援のしがいがありました。

Kも来年からは一クラス上がって、U-10の仲間入り。
今でも、チームでは小さい方ですが、今日の表彰を糧に新年度からも
これまで以上のモチベーションを持って練習に取り組むことだろう。

[PR]

by dojyou38 | 2016-03-01 11:12 | 家族 | Comments(10)