行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 31日

来年もよろしく。

d0124388_10333599.jpg

今年1年様々なことがありましたが、
大晦日は素晴らしい夕焼けを残して穏やかに暮れていきました。
来る新しい年が平和で平穏な年であることを願っています。

今年1年度々訪問いただきまして、本当に有難うございました。
来年も宜しくお願い致します。
それでは、皆さん良いお年をお迎えください。
d0124388_10341366.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-31 10:41 | 湘南風景 | Comments(8)
2016年 12月 29日

リスと野鳥の共存

d0124388_14413279.jpg

d0124388_2244568.jpg自宅に近接して小高い山(丘)があります。
県有の保全緑地で約4000㎡。

その緑地は周りに柵が施され一般の人の立ち入りが
禁止されていて、中に遊歩道などは全くありません。

人手が入らないので針葉樹は殆どありませんが、
常緑樹・落葉樹が混在する伸び放題の自然林です。

タブノキなど高木の梢の一部はアオサギの営巣地に
なっていて、タイワンリスも多数生息しています。

リスの活動状況は晩春から秋にかけては生い茂った
樹木の葉で昼間見かけることは殆どありません。

落葉が進む晩秋から初冬になると野鳥と共に
リスもハゼやセンダンの実を啄みに現れます。

d0124388_2145093.jpg次に、木の実が少なくなると、リスは木の
皮食べるようになり写真のように
丸裸にされた樹木を見かけるようになります。

何の木か、センダンのようですが良く分りません。

リスが皮を食した後に、野鳥が来ます。
写真はヒヨドリ?だろうと思いますが、
メジロやハトなども来ています。

皮を剝かれたところに出る樹液を食べに
来ていて、恰もリスと野鳥の共生を見るようです。

私の菜園もヒヨドリの餌場になっていますが、
共生しているのではなく困っています。



d0124388_22161779.jpgd0124388_22163414.jpg
















[PR]

by dojyou38 | 2016-12-29 14:37 | 植物観察 | Comments(11)
2016年 12月 25日

風の無い休日の葉山海岸

d0124388_1741531.jpg

d0124388_17102580.jpg温暖な湘南もクリスマスを向かえ冷えてきました。
今朝の最低気温は4℃最高は11℃の予想。

今日は風が無いのでサーフィンや
ウインドサーフィンは出ていませんが、
寒くなっても葉山の海岸はヨットSUPなどが
雪化粧をした冨士を眺めながら
楽しんでいるようです。

右側の濃い島影は江ノ島(上の写真)
右の写真の山々は冨士山の左・箱根の山塊です。



d0124388_19595775.jpg私は瀬戸内の海岸育ちですが、
子供の頃より夜と冬の海は危険と教えられていた、
ので、未だに冬の海が遊び賑わっている様子には
違和感を感じています。

(もっとも私は寒がりですが、真冬に遠浅の
干潟で貝掘りや海苔の漁はしていました。)

温暖な湘南海岸では冬でも夏と変わらぬ
大勢のマリンスポーツの愛好家が楽しんでいるのを
日常的に見て感覚を新たにしています。

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-25 17:04 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 12月 22日

朝な夕なの富士

d0124388_10112286.jpg

d0124388_10201227.jpgこのところ天候が安定し朝から
日没まで冨士山が眺めらられる日が多いです。

葉山の海岸には天気の良い日は太公望が
押し寄せます。車のナンバーを見ると都内や
大宮方面など遠くの方も多い。 

朝7時ころから釣りボートが漁船に曳航されて
次々と1km先の岩礁のある釣り場に向う。
午後2時ころ漁船が迎えに行くようです。

日没を迎える頃にはヨットやウインドウサーフも
いなくなり静かな海に戻りますが、海岸には
夕日を眺めながら散歩を楽しむ人で賑わいます。

この時期、葉山からは太陽は冨士山の左、
伊豆半島の山並みに美しい夕焼けを残して沈みます。
d0124388_10182614.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-22 10:03 | 湘南風景 | Comments(12)
2016年 12月 18日

忘年会で中華街へ

                     横浜中華街善隣門
d0124388_1318313.jpg

d0124388_13392430.jpg忘年会で横浜中華街に出てきました。

私はまだ横浜の地理に不案内なので、
何時もはみなとみらい線・中華街駅から会場に
向うのですが、今日は1駅手前の日本大通駅から
中華街善隣門を目指して歩きました。


中華街へは年何回か来ますが殆どは平日、
でも今日は土曜日とあって何時もと違い
凄い人出に驚きました。


途中に横浜スタジアムがあり中華街との
位置関係を改めて認識しました。


d0124388_1493132.jpg会場は中華街大通り入口・善隣門の近く。

中華街は世界に幾つもあるが横浜中華街が
世界最大だそうで、主な入口には門があり
全部で9つあります。その中で
善隣門は中華街をのシンボルだそうです。

中華街は当然のことながら飲食店・食品店が
圧倒的に多いのですが、何故か占い の店舗も
目立ちます。会場の近くにも立派な店構えの
店舗があり、たくさんの客で賑わっていました。






d0124388_17562294.jpg忘年会と言っても神奈川県在住の同窓生の
グループで4ヶ月毎にしている昼食会の延長で、
横浜での開催は何時も同じ広東料理の店です。

その近くには福岡にも出店している広州料理の
本店や有名なシュウマイの本店など
馴染みのある名前が並んでいました。

11:30から14;00まで、今回の参加者は18名。
時事問題や近況など各自3~5分のスピーチなど
であっと言う間に終了時間を迎えます。

4ヶ月毎に集まっていても2時間半では話題尽きず、
会場近くのカフェで15時過ぎまで話し込み、
来年3月の予定を決めて散会しました。



d0124388_2221314.jpgd0124388_2226388.jpg




[PR]

by dojyou38 | 2016-12-18 12:20 | 街並みウォッチング | Comments(12)
2016年 12月 14日

葉山近代美術館

神奈川県立近代美術館葉山(中庭よりエントランスを見る。手前のモニュメントはイサムノグチのこけし像)
d0124388_15303890.jpg

d0124388_16504141.jpg葉山近代美術館は御用邸に続く一色海岸にあり、
もと華族の別荘跡で抜群の風光明媚な
ロケーションに立地しています。

美術館に付属するレストランも素晴らしい海を
眺めながら食事が出来るところと聞いていました。

私は芸術・美術の鑑賞眼などまったくありませんが、
その美術館の見学と素晴らしい眺めでランチを
楽しみたいと思って出掛けました。

美術館では「陽光礼賛」のタイトルで
谷川晃一・宮迫千鶴展が開催されていて、
展覧会では珍しく写真撮影がOKでした。

d0124388_1746246.jpg      大室山脈・秋 ↑(谷川晃一)

 ← 雑木林の生命(谷川晃一)

失礼ながら私は谷川も宮迫も名前すら
存じ上げない方ですが二人はご夫婦で、
現在伊豆・伊東にアトリエを構え
作家活動をしている方でした。

作品のことは良く分りませんが、二人の作品とも
展覧会のタイトルのとおりアトリエのある南伊豆の
明るい陽光と風を感じさせてくれました。




             一色海岸に突き出したレストラン棟
d0124388_2111938.jpg

d0124388_21194298.jpg作品の鑑賞もそこそこにレストランに向いました。
11時半過ぎだったので待つことも無く席に着く。

料理が来る頃にはテーブルは満席になり
何組もの方が廊下で待っていて、レストランの
人気振りを物語っていました。

窓から明るく大きく広がる湘南の海を眺めながら
シーフードカレーを頂きましたが、エーゲ海か
南イタリアの海岸で食事している気分でした。

ワインを飲みたい気分でしたが、車で来ているし
ローカで待っている方もあるので、
デザートの後は早々に席を立ちました。



d0124388_10135943.jpg
レストランを出た後、美術館の庭園を1周しましたが、
広い庭園にはイサム・ノグチや柳原義達ほか有名な作家の彫刻やオブジェがたくさん配置されていました。
庭園に続く砂浜では今日は風が少し強いのでサーファー達が寒さに負けず良い波を求めて海に入っていきました。

この美術館に隣接して、葉山御用邸付属邸跡地に『葉山しおさい公園・博物館』が開設されていますが、
まだ入ったことがありません。
博物館には昭和天皇の海洋生物研究の標本やヨットなどが展示されているそうなので近いうちに立ち寄り、
あわせて美術館のレストランにも再び入りたいと思いました。

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-14 15:16 | 湘南風景 | Comments(10)
2016年 12月 11日

初冬の裏山・黄葉3題

d0124388_11152521.jpg

d0124388_17310100.jpg夏から秋になっても裏の山の緑は衰えず、
全山常緑樹のような様相でしたが、さすがに
数日来の冷え込みでやっと広葉樹が色付きました。

裏の山は雑木林で常緑樹に混じってセンダン・
イヌビワ・アカメガシワ・ムラサキシキブ・サクラ・
キズタなど黄葉するものが多く、ハゼやカエデなど
紅葉するものは大変少ない。

ただ、人手が入らない荒れ放題の雑木林なので
紅葉しても絵になるような風景にはなりません。

       アカメガシワ →


  ムラサキシキブとセンダン 

d0124388_1004122.jpgd0124388_1012780.jpg














d0124388_10101091.jpg藪の中の見える範囲では花は
ツワブキヤブツバキだけです。
ムラサキシキブの実も落ちてしまいました。

この頃になると野鳥の声を良く聞くようになりますが、
姿を見ることは稀です。
もっとも、姿を見ても名前が分かりません。

メジロだけは分りますが、
メジロはこのヤブツバキの蜜を狙っているようです。





d0124388_10273791.jpgこの藪に飛来している野鳥で
他に名前を知っているのはアオサギです。

アオサギは何故か晩春から初秋の頃までは
姿や鳴き声が有りません。

落葉樹が色付き始めた頃にやって来て、
営巣を始めるようです。

やってくるのは6~7羽ですが、
木の葉が繁っていてまだ良く見えません。
木の葉が散って良く見えるようになれば
改めてブログUPします。




[PR]

by dojyou38 | 2016-12-11 20:35 | 植物観察 | Comments(8)
2016年 12月 07日

再び三浦アルプスへ

                三浦アルプス(連絡尾根)から見た富士
d0124388_21232626.jpg
今日のコース
 新沢バス停~南尾根~森戸川林道終点~中尾根~六把峠~森戸源流~森戸川林道~川久保~長柄バス停


d0124388_21194932.jpg今日は山楽会忘年例会の下見ハイキング、
参加者7名、全員 ノコギリ・剪定ハサミを携帯。

 9:40  新沢バス停に集合。
今日のコースはあまりポピュラーでないルート。
参加者も最近は殆ど歩いていないとのこと。

民家や畑を通って山道に入ると、
もうそこから荒れていて最近使われていない
道のようです。

山道の入口に置かれてあった朝鮮風の石像。
どこから持ってきたものだろうか?→




d0124388_1002527.jpg新沢登山口から南尾根へのルートは
歩く人が少ないようです。

先日降った雨で谷筋はぬかるんで、
ツタやササが道を塞ぎ、その上に倒木まで。

私たちは選定ハサミや鋸で取り除いて
道を広げながら登ったので、
30分も掛らないところを約1時間を要した。

この時期、花は少ないが注意して歩くと
トリカブトなど幾つかの花が残っていました。





d0124388_10373252.jpg10:55 ようやく南尾根に上ってきました。

暫く休んだ後、南尾根から南北の
連絡尾根を通って森戸川林道終点に向いました。
連絡尾根で木の間に雪を戴いた富士が望めました。
富士は何時見てみ何度見ても
見飽きない美しさと威厳があります。


連絡尾根ではちょっとしたアクシデント。
どこで道を失ったのか藪漕をしてやっとの思いで
森戸川林道に飛び出しました。

そこから、正規の連絡尾根道を逆戻りして、
道を間違えた地点まで帰り、何処でどうして
間違ったかを確認し道標を付けました。


    シロヨメナ ?                                ヤマトリカブト ?
d0124388_1056058.jpgd0124388_10562353.jpg














d0124388_12105421.jpg道を間違えた地点に道標を付けて、
林道終点広場まで帰って昼食としました。


林道終点から中尾根通り六把峠まで歩き、
森戸川源流の沢に沿って林道終点に
帰って着ましたが沢筋は大変荒れていて
一般参加者に歩かせる道ではないようでした。

検討の結果、この沢筋は例会のコースから
外し、別のルートに変更しました。


雑草が繁り狭い歩径路の中尾根コース→



d0124388_16385688.jpgその後は、通りなれた林道を経由して
川久保へ出て長柄バス停まで歩き解散。
私は解散後、自宅まで歩きました。

今日、歩いたコースの内
連絡尾根・林道終点~六把峠~森戸川源流部は
私は初めて歩くコースでした。

私は忘年登山に参加できないので、
何時か再度一人でゆっくり歩いてみます。


←歩行に困難を極めた森戸川源流の沢筋




ヤブコウジ(実)                                  サラシナショウマ ?
d0124388_1735092.jpgd0124388_1735258.jpg

















[PR]

by dojyou38 | 2016-12-07 11:44 | アウトドアー | Comments(10)
2016年 12月 04日

ハヤトウリ その後(最終報告)

d0124388_217528.jpg

d0124388_21172726.jpgハヤトウリのことを何回か取り上げましたが、
今日、最後の収穫と蔓の刈り取りをしました。

上の写真は今日の収穫です。
食べられるのは2個でした。

9月26日に最初の1個を収穫。
9月の月間収穫は 7個。 
10月は220個。

11月 94個
12月  2個   累計316個です。
予想をはるかに越えた大豊作でした。



d0124388_21243131.jpgでも、ハヤトウリのツルは生垣に沿って
菜園の端から端まで、藤棚までも覆って、
隣の植木にまで手を延ばしました。
隣の方にも収穫してもらって食べてもらいました。

10月になって冬野菜の準備をしていると、
ハヤトウリの根は5mも先まで細いゴボウの
ような太い根を伸ばしていてびっくりしました。


11月下旬、収穫量が減ってきたところで、
タイワンリスがやってきて齧るようになりました。

夜中に来るので齧っているところを見て
いませんが、リスに間違いないでしょう。




累計収穫量316個の内10個くらいは生垣の影で収穫が遅れ、大きくなりすぎて食用には適しません。
これらは、来年の種瓜になります。

ハヤトウリは2~3年の宿根性があるといわれていますが、自分で体験したことはありません。
来年同じ場所から芽が出るか見守りたいと思いますが、念のため種瓜も植えて見ます。

今年、余りにもたくさん収穫があったのでご近所にお裾分けしたところ、
近所の奥様方の評判が良く来年は自分で作ってみたいそうなので、
種瓜を来春まで保管しておき栽培のお手伝いをする予定です。

[PR]

by dojyou38 | 2016-12-04 21:17 | 菜園 | Comments(10)