行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 29日

体組成チェック

d0124388_17345379.jpg長寿検診に併せて体組成チェックがありました。

現役のころは勤務先の規定で人間ドックから脳ドックまで
定期的に受けていましたが、リタイアー後は
痛風の薬を処方してもらうために必要な血液検査をする以外は
殆ど身体の検査はしていませんでした。

今回 掛かり付け医のアドバイスで長寿検診を受けると
自動的に体組成チェックをしてくれました。

私は健康には注意している積りですが対処療法以外は
無関心で、体組成チェックを受けたことも無く、
その言葉さえも知りませんでした。

d0124388_11503168.jpg


体組成チェックの結果

全てのチェック項目で標準・
普通・平均値に納まっており、
体脂肪率と筋肉量による
体形判定も標準で
この歳にしては満足と言うか安心できる結果でした。

ただ、体内年齢が53歳と判定されました。
これが何を意味するものか良く分りません。

最近の私はウォーキングでもよく躓き向こう脛に怪我ばかりしています。
白髪頭ははますます薄くなり、手足の爪も硬く割れ易くなりました。
手や足の皮膚はかさかさでアカギレ・ヒビワレの一歩手前です。

こんな状況で体内年齢が実年齢より25歳も若く表示されても、
何かの間違いではないかと疑っていますが、
実年齢より若く表示されたことを、その逆よりは喜ばしいことと素直に受け取ることにしました。




[PR]

by dojyou38 | 2017-01-29 17:24 | 病気 | Comments(12)
2017年 01月 27日

長寿健康診査

d0124388_1837845.png長寿健康診査を受けました。
受信票のようなものは役所からは4月ころ送られてきていましたが、
忘れていたら掛かり付医から受けてくださいと催促されました。

持病?の薬は毎日のんでいるものの、これと言って気になるところは
ないので、検査の必要ないと思いながらも、
2ヶ月毎に薬を処方してくれる医師の意向もも無視できません。

審査は眼底検査・心電図検査・大腸がん検診・
胸部レントゲン検査・前立腺がん検診などです。

歳ですから検査すればどこか悪いところが出るのは仕方ないが、
新たな治療や薬を処方されるのは嫌だなと思っていました。
診査の結果、心電図検査で洞性徐脈の傾向があるが
経過観察ということで、他は心配ないと言われホッとしました。

d0124388_9242876.jpg結果が良かったので飲んでいる薬を減らせないか
相談すると、今の服用状態でこの結果だから
現在の薬を続けましょうと言うことになりました。

今飲んでいる薬は右の3種類。
痛風・前立腺肥大と血液さらさらへの対応する薬です。
福岡にいる時から、もう何年も飲んでいます。
痛風の薬は30年以上昔からです。


医師から現在飲んでいる薬を続けるよう指示されましたが、私は何とか減らせないものかと悩んでいます。
実は、現在も通院の度に50日分処方されていますが、
時々(稀に意識的に)飲み忘れて通院するのはほぼ2ヶ月毎になっています。
そのことを医師が気が付いているか分らないが何も云われないので、これを続けようと思っています。

[PR]

by dojyou38 | 2017-01-27 18:36 | 病気 | Comments(14)
2017年 01月 20日

山楽会1月例会

         大楠山頂より相模湾を越えて冨士山を望む(手前はアメダス観測塔)
d0124388_16543522.jpg

d0124388_1743979.jpg葉山山楽会の1月例会がありました。
私は初めての世話役です。

世話役は毎月4人が指名されていますが、
4人の内2人が止む得ない事情で参加していません。
先輩のNさんと役割分担して誘導していきます。

今月の参加者は17名(内女性6名)
9:50 大楠山登山口バス停に集合しました。

新年の挨拶をし、コースの概要を説明して、
早速大楠山頂目指し出発です。





d0124388_102137.jpg今日のコース

登山口バス停~横横道路アンダーパス~
阿部倉温泉下~平作川源流~大楠山頂(昼食)
~芦名堰~安穏寺~国道134号大楠入口~
佐島しおさいトンネル~佐島漁港(バス停)

歩行距離 約8km、累積高低差 約400m。

10:30 阿部倉温泉下に公衆トイレがあり、
ここから坂道になるので、汗をかかないように、
小休止を兼ねて衣服調整をしてもらう。





d0124388_1026325.jpg阿部倉温泉下からは平作川源流に
沿って登っていくが坂道や階段が続く。

葉山の今日の天気予報では
最低気温ー0.3℃、最高気温8.7℃。

相当冷え込んでいるが、
風も無く木漏れ日を受けて坂道を登ると、
防寒対策のせいもあり汗ばむくらいです。








d0124388_10493527.jpg11:20 予定より15分遅れで大楠山頂到着

大楠山(241m)は三浦半島最高峰なので、
平日でもそれなりに賑わっているのだが、
今日は冷え込んだせいか登山者は少ない。

快晴で山頂からは丹沢の連嶺~冨士山~
箱根の山並み~伊豆の天城山~伊豆大島
房総半島~君津工場群~横浜ランドマーク
など360度の素晴らしい眺望を楽しむ。


12:20 ゆっくり昼食タイムをとり下山開始。




d0124388_11423815.jpgd0124388_1143295.jpg
















d0124388_1145515.jpg大楠山から相模湾に向ってへの下山は
何時もは前田川に向って尾根を下りるが、
今日は佐島漁港に向うので芦名コースを下りる。

コース沿いには野草の花は殆どありませんが、
サクラ(川津桜?)や白梅があちこちで咲いていた。

国道134号に出るまでに安穏寺に立ち寄りました。
境内に安置されたお地蔵さんに水を掛け自分の
悪いところをたわしで磨くとご利益があるという。

私もお地蔵さんの膝に水をかけ磨かせてもらう。





d0124388_1242424.jpg安穏寺の拝観を済ませ、国道を横断して、
新しく開通した佐島しおさいトンネルを潜って、
14:00 佐島漁港に予定の時間に着きました。

直ちに解散、自宅まで歩いて帰る2人を除き、
全員14:06 のバスにて帰途に就きました。

歩いて帰ったNさんは朝の集合場所までも歩いて
来ましたので、今日1日で20km近く歩いたと
思います。私より年配だけに、その健脚ぶりに
驚きました。

私は初めての世話役で、世話役が2人だったので
多少不安であったが、山楽会のI会長やベテランの
Kさんなどの協力で無事予定通りの時間で、
計画通りのハイキングとなりホッとしました。



[PR]

by dojyou38 | 2017-01-20 16:42 | アウトドアー | Comments(14)
2017年 01月 17日

新年会で何時もの横浜中華街へ

d0124388_22325712.jpg

d0124388_22393264.jpg学生時代の同窓生有志の新年会があり、
何時もの横浜中華街に行きました。

何時もはみなとみらい線中華街駅から行きますが、
今日はJR関内駅から行って見ました。

関内駅から中華街への途中に横浜スタジアムがあり
駅前には横浜市役所もあるのですが、駅の外観は
横浜ベイスターズ専用駅のようなデザインです。

JR関内駅に降り立つのははじめてであったが、
目の前が市役所で隣接して横浜スタジアムがあり、
中華街へも500mほどの立地なのに
平日とは言え大変閑散とした印象をうけました。



d0124388_22585626.jpg横浜スタジアムの外壁には
2020年オリンピックの野球・ソフトボール主会場
決定を祝う横断幕が掲げられていました。

おそらく、これから大規模な改修工事が
実施されることでしょう。









d0124388_23143514.jpg


      中華街へ移動 ( ↓ 春節を祝う九龍陳列窓の飾りつけ)
d0124388_23504431.jpg

d0124388_23484863.jpg 横浜中華街の主な通りの入口には客を迎える
豪華な門があります。

今日は西通りの延平門から入り
中華街大通りの善隣門を潜って会場に向う。

延平門の近くに九龍陳列窓と言う
ショウウインドウのようなものがありましたが、
春節を祝った飾り付けがされていました。

北門通りの入口・玄武門のすぐ傍に
中華街なのにパクティー料理専門店があり ⇒
最近のトレンドを垣間見ました。




d0124388_8523977.jpgこれは中華街の中にある
銀行のATM店舗の入口です。
控えめですが中華街らしいデザイン。





行きつけの「萬珍樓」に入ると
ウエイティングコーナーに迎えいれられ
年夜菜を振る舞ってくれました。

年夜菜は春節に先祖に供える料理のようです。

 ↓ 先祖に供える年夜菜


d0124388_8472153.jpg新年懇親会では同級生ですから、
何時ものことながら学生時代のエピソードに
始り当時の学友の消息や近況など。

更には、トランプ大統領など最近の世界情勢から
阿部首相の政策など多岐にわたり話題尽きず、
論壇風発 学生時代に還り意見をぶっつけあう。

気が付くと15:00を回っていました。
11:20に集合して、11:30から始めた会食だが
大した料理も酒も注文しないのに、行きつけだけに
嫌な顔せずにこやかに長居させてくれました。

記念写真を撮り、4ヵ月後の再会を約して散会。


d0124388_9255257.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2017-01-17 22:39 | 街並みウォッチング | Comments(10)
2017年 01月 11日

トビの集団帰宅

d0124388_1741619.jpg

先日 アオサギを出しましたので序でに今日はトビです。

私はバードウォッチャーでは無いのですが、
自宅のリビングから丘を眺めていると、しばしばトビが20羽くらい集団で舞っていることがあります。

相当高い50m?くらいのところなので餌を狙って舞っているようではありません。
時間帯は今の季節で概ね午後4時過ぎです。
10分間ほど舞った後、何時の間にか姿が全く見えなくなります。

私は瀬戸内海の海岸生れで、フィッシングしているトビは良く見かけましたが、
こんなに集団で高いところを舞っている姿を見たことがありませんでした。
福岡の市街地でマンション暮らししている時も、トビは良く見かけましたが集団行動は知りませんでした。

不思議に思ってネットで調べて見ると、
トビは塒(ねぐら)から餌場にいく時と、餌場から塒に帰る時、集団で舞うそうです。
トビに集団行動をせねばならないほどの天敵がいると思えないのに不思議な行動です。

多分、リビングから見える丘の藪に塒(ねぐら)が有るのでしょう。
私が葉山に来るまでトビの集団を見なかったのは、
瀬戸内の実家や福岡のマンションの近くにトビの塒が無かったからでしょう。

[PR]

by dojyou38 | 2017-01-11 17:39 | 植物観察 | Comments(12)
2017年 01月 08日

アオサギ

d0124388_17424172.jpg

d0124388_17455858.jpg近接する藪にアオサギの営巣地があるようです。
毎年と言っても私は2度目ですが、秋が深まるころ
アオサギの一群れがやってきます。

アオサギは繁殖期を迎えるとクチバシや足が
ピンク・オレンジ色になるそうですが、
そのように思ってみるとそのように見えます。 

私は野鳥・アオサギに特別の思いは無いのですが、
朝夕余り美しいとはいえない鳴き声を聞かされ、
庭や玄関先の道路に余り歓迎しない落し物も
しばしば残してくれるので、
自ずから毎日顔を上げて注目せざるを得ません。




d0124388_18161674.jpg営巣地があるといいましたが、
子育てしているところは見ていません。
常緑高木・タブノキなど葉陰に作っているようです。

左の写真は何年か前のものらしい。巣の周りを
覆っていた枝葉がなくなり使ってないようです。

巣を葉陰に作るのは雨露を凌ぐ他に
外敵から卵や雛を守るためでしょう。

この森は人手が入らないので野鳥だけでなく、
リスやヘビなど様々な生物が生息していますが、
一番の外敵はカラスのようです。




d0124388_21501495.jpgトビもやってきますが、アオサギと仲良く並んで
羽を休めているのを見ますが、カラスが来ると
数羽のアオサギがチームワークで威嚇しています。














d0124388_20445241.jpg ← アオサギの傍で羽を休めるトビ















d0124388_2051599.jpg



.
[PR]

by dojyou38 | 2017-01-08 17:31 | 湘南風景 | Comments(10)
2017年 01月 05日

昨日に続いて連日の三浦アルプス(1月3日)

                    仙元山頂より相模湾を俯瞰
d0124388_180887.jpg

d0124388_188233.jpg昨日に続いて今日も三浦アルプスへ。
今日は連合いと2人です。

最近 連合いの体調不良は運動不足ではと思い昨日も同行させる
積りだったが、都合悪かったので今日改めて出直しました。

コースは昨日と殆ど同じです。
連合いはこのコースは初めてで、
あの250段の急坂が登れるか心配しながら連れ出しました。

10:10 自宅を出発、10:40 仙元山頂という超スローペース。
 今日も昨日同様晴れ渡っているが西の空には薄雲がかかり、
 冨士山は雲の中に僅かに輪郭を見るのみです。

 相模湾にたくさんのヨットが遊弋しています。
 昨日は帆影は殆どなかったのに、この違いはなんだろう。



d0124388_11264655.jpg山頂のベンチで一休みして歩き出しました。

だが、急坂の階段を見て引き返そうと言い出すかと
思いきや、ゆっくりではあるがダブルストックで
どんどん上り下りをこなしていきます。

「大丈夫かい」ときくと、金時山より楽と言う。
家にいるときはついそこまでの買い物も
歩きたがらないのに、登山の効用・魅力だろうか。

11:30 見晴台に出てコーヒータイム。
此処まで来ると、引き返すより下沢分岐まで延ばし、
実教寺へ下りた方が楽だろうと誘導しました。




d0124388_11561384.jpg道中 足元にスミレが早くも咲いていました。
咲いていたのは僅かに2 輪。

実は先日、このコース歩いた shimasaan さんの
ブログでスミレが咲いているのを知り、
注意しながら歩いていてやっと見つけました。

この歩径路沿いにはたくさんのスミレの株(葉)は
ありましたが、殆どタチツボスミレのようでしたが、
これはタチツボスミレではないようです。

ナガバノスミレサイシンのようだが自信有りません。
それにしても、いくら湘南が温暖と言っても
余りにも早い開花に驚きました。



d0124388_13335379.jpg下沢分岐まで来ましたが、
昨日は手前の坂をクリーンセンタへ降りました。

クリーンセンターへのコースは直ぐに舗装道路に
なるので、今日はその奥の実教寺へ下りる
ハイキングコースを辿りました。

此処からのコースは私も初めてでしたが、
樹木に覆われながらも西側が開け眺望も良く、
落葉を踏んで快適な散歩道でした。

住宅街まで下ると左に実教寺という寺があります。
日蓮が鎌倉入りの道中腰を掛けて休んだと云う
言い伝えから「腰掛山実教寺」と呼ばれている。


12:30 葉山小学校前前まで下りてきましたが、連れ合いにまだ余裕がありそうだったのでバスには乗らず歩きました。
途中、魚料理「海人市場」に寄りましたが、
打ち合わせもしてなかったのに偶然次男と孫が来ていて次男におごってもらってラッキー!

連れ合いは昨年11月26日 昇仙峡観光から帰ってから、
帯状疱疹と神経痛で体調優れずスーパーで買いもする以外殆ど外を歩いたことがなかったので、
いきなり6km余の山歩きは翌日に堪えるのではと心配していました。

ところが、翌日も何時もより体調が良く動きもスムーズだという。
足腰に違和感を訴えていたのは運動不足が原因だったのかも知れない。
これからは、暖かい日を見つけて時々ハイキングに連れ出したいと思います。








 
[PR]

by dojyou38 | 2017-01-05 17:38 | アウトドアー | Comments(14)
2017年 01月 04日

初歩き・三浦アルプスハイキング(1月2日)

d0124388_1022571.jpg初ハイキングは次男と孫の3人で一番手近な
三浦アルプスのメインルートを歩きました。
自宅から登山口の木の下交差点へ。

そこから急坂の舗装道路を登り、標高50mに
教会があり、その左側をすり抜けるように
ハイキングコースが始ります。


葉山教会は日本キリスト教会の葉山唯一の教会。
教会は1924年に始ったそうですが、幾多の
変遷を経て現在の建物は2000年に改築された。





d0124388_10225414.jpg三浦アルプス南尾根を仙元山に向いますが、
コースに入ると昨年までは無かった
「イノシシ出没」の看板が掲示されていました。

そう言えば昨年末から町の回覧板や広報誌でも
イノシシ出没の警告記事が繰り返し掲載され
注意喚起を促していました。

仙元山山頂近くのコース沿い両側の
アズマネザサが5m幅で刈り倒されていたが、
これもイノシシ対策なのだろう。






d0124388_10574550.jpg13:20に自宅を出て、13:50仙元山に着いたが、
眼下に広がる相模湾は穏やかで鏡のよう。

何時もの休日はヨットやウインドウサーファーなどで
賑わう湘南海岸だが、帆影も殆どなく
マリンスポーツ愛好者もまだ正月休みのようでした。

穏やかに晴れ渡ってはいるが暖かく霞がかかり、
冨士は雲の上にかすんでいました。

d0124388_11391480.jpg







仙元山頂で一休みして南尾根を下沢尾根分岐に向いました。
元気いっぱいの孫は道草しながら後になったり先になったり、
木の根っこも坂道もお構い無しに走りづめでした。

尾根道を下沢分岐で分れ、クリーンセンター経由で
葉山小学校へ下山し15:50自宅まで歩きました。

歩いた距離は約7kmでした。
次男や孫と歩くのは久し振りでしたが、
これを機会に時々一緒にハイキングしたいと思っています。




[PR]

by dojyou38 | 2017-01-04 09:04 | アウトドアー | Comments(12)
2017年 01月 01日

謹賀新年

d0124388_16532825.jpg

あけましておめでとうございます

今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
葉山の元旦は雲ひとつ無い穏やかな暖かい日本晴れ、冨士山も相模湾の上にくっきり雄姿を現しています。
[PR]

by dojyou38 | 2017-01-01 14:35 | 家族 | Comments(10)