行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 31日

季節はずれの雪に見舞われ2泊3日の伊豆周遊(3)  3月27日

                   下田街道(国道414号)川津のループ橋(先頭の青いバスは警察車両)
d0124388_14524342.jpg

d0124388_14442155.jpg2日目 曇り勝ちながら雨は降っていません。

今日は下田観光、下田街道の途中には修善寺物語
伊豆の踊り子の舞台となった名所旧跡がありますが、
前回見物済みなのでパスしひたすら下田を目指す。

9:20 ホテルスタート、下田までは約55km。
途中一部高速道もあるので90分もあれば十分の距離。
しかし、着いたのは12時を過ぎていました。

途中、道の駅でトイレ休憩している間に警察車両(バス)
が追い越しました。そのバスが制限速度40kmを
25kmほどでのろのろ運転。 いらいらしながらも
追い越すことも出来ず到着が1時間以上遅れる。


数日前から天皇皇后両陛下が下田須崎の御用邸に御静養に来られていて、
今日の午後下田駅からお召し列車で帰られる。 そのための警備要員を搬送するためのバスでした。

d0124388_15575817.jpg

d0124388_17383649.jpg下田は江戸時代より江戸~大阪航路の風待ち
港として温泉地として栄えていたが、私達の記憶では
何と言っても幕末の日米和親条約による開港地で
アメリカ領事と唐人お吉」の舞台としてだろう。

私達が訪ねた日は「唐人お吉」で有名な「斎藤きち」の
命日で、お墓がある宝福寺では「お吉まつり 墓前法要」
が行われていて墓前には「唐人お吉」を演じた役者や
歌手の花輪が所狭しと並んでいました。

下田検番の芸者さんも多数参列し、法要の後で
踊りや歌謡を披露して悲劇の生涯を送った
お吉の命日に毎年偲んでいるそうです。



d0124388_16283923.jpg

この宝福寺は当時下田仮奉行所として、
アメリカやロシアとの和親条約準備のための
日本側役人の協議の舞台でした。


坂本竜馬の像が建っていますが、
土佐藩主山内容堂が奉行所として使われていた
当寺にたまたま滞在している時に勝海舟
仲介により竜馬は脱藩の罪が許され、
ここから飛躍的な活躍が始ったそうです。





d0124388_2221036.jpgこのなまこ塀の民家は安直楼と言います。
明治15年より2年間「お吉」が営業していた料亭、
その後寿司店として使われていたが、現在は
下田市が史跡として公開している。

お吉は下田一の人気芸者だったが、病気になった
ハリスの看護を時の役人の執拗な要請で3ヶ月間
看護しただけだったが、外国人の妾になったと
今では考えられない差別を受けアルコール依存症に
なり料亭も僅か2年で止め、その後投身自殺。

差別されていたお吉の遺体を引き取り弔う者がない
なか宝福寺の住職が哀れに思い弔ったそうです。
明治になっても地方では攘夷思想が根強く
残っていた証しの一つでしょう。


                  ペリーロード(かっての花柳街) 
d0124388_2282280.jpg

d0124388_8485829.jpg下田は江戸から明治に掛けて、東西海運の風待ち港として
大いに栄え「伊豆の下田に長居はおよし
     縞の財布が空になる
」(下田節)と唄われた。

華やかだった弥治川沿いの花柳街は今も飲食街ですが、
黒船を率いて来航した提督の名を冠しペリーロード呼んでいる。

この川沿いにはアメリカやロシアと和親条約を締結した
了仙寺や長楽寺なども並んでいます。

このように日本の夜明け前後の景色を色濃く残す街で
吉田松陰が黒船で密航を企て捉えられたのも下田でした。

まだまだたくさんの見所がある下田でしたが、
警察車両のため1時間以上到着が遅れた上に、
午後から冷たい小雨も降ってきたので早めに切り上げました。

帰りは石廊崎などを見物する予定だったが、これも省略。
ただ、海岸沿いの道路から見る景色は風浪が造形したのか
奇岩怪石 松島を思わせる素晴らしい景色も広がっていました。

d0124388_850719.jpg




西伊豆海岸を北に向かって進むにつれ、
天候も回復し夕焼けに輝く冨士山も美しい姿を見せてくれました。


明日は天城山ハイキングの予定ですが、
明日こそは天気予報どおりの快晴が予感されます。





                        西伊豆海岸から眺めた富士山
d0124388_9712100.jpg



[PR]

by dojyou38 | 2017-03-31 14:27 | 旅行 | Comments(10)
2017年 03月 29日

季節はずれの雪に見舞われ2泊3日の伊豆周遊(2)3月26日の続き

d0124388_1861560.jpg

d0124388_9345266.jpg芦ノ湖スカイラインから国道1号に入り長岡温泉を
目指しましたが、ミズバショウが見れなかった分、
時間に余裕が出来たので伊豆の一宮・三島大社
拝観し、今回の旅の安全を祈願することにしました。

午後の時間でしたが雨模様のにも関わらず、日曜と
言うことも有って大勢の参拝客で賑わっていました。

三島大社は頼朝が源氏再興を祈願したところとして
有名で、明治期に定めた社格は最高の官幣大社。

宝物には頼朝の妻政子が奉納した国宝・梅蒔絵手箱
の他多数の重要文化財が納められていて、
本殿も重要文化財だそうです。
          三島神社の舞殿(手前)と本殿 →


d0124388_11545717.jpg三島神社参拝を済ませ長岡温泉に着きました。

長岡は三島神社を起点とする下田街道沿いにあり、
伊豆の玄関口で三島から僅か30分の距離です。

近くには世界遺産の韮山反射炉跡や頼朝の
流刑地・蛭ヶ小島などがありますが、
既に前回観光しているので今回はパスしました。

伊豆観光するには大変便利な場所ですが、
温泉としては大変地味な小さな温泉町です。

 写真正面は空海ゆかりの西琳寺
      右は共同浴場 「あやめの湯」



d0124388_13441665.jpg西琳寺は空海が庵を結んだところとされている。
境内には姿美しく咲いている枝垂桜と長岡生まれで
鳥羽上皇に仕えた「あやめ御前」の供養塔が有った。

あやめ御前は院で最も美しい女性とされ、
後に鵺(ぬえ)退治で有名な源頼政の妻となったが
頼政が平家に敗れた後、故郷・長岡に帰り頼政の
霊を弔いながら89歳の天寿を全うしたそうです。



葉山を出る朝の予報では今日は午後晴れとなっていたが
回復しない。明日は晴の予定だが怪しいものだ。
明日は下田観光を予定している。
せめて雨だけはご遠慮願いたいと思っています。



[PR]

by dojyou38 | 2017-03-29 17:59 | Comments(8)
2017年 03月 29日

季節はずれの雪に見舞われ2泊3日の伊豆周遊(1)3月26日

                  季節はずれの雪に覆われた箱根仙石原
d0124388_11224140.jpg

d0124388_11344482.jpg家族との調整でこの時期に二人で伊豆周遊を決め、
早めにホテルを予約していた。

4~5日前までは好天が予想されていたが、
その日が迫るにつれ雲行きが怪しくなってきた。

出発当日朝、箱根は前夜に雪が降ったことを知る。
でも、3月末の雪は大したことはないと判断し
マイカーをスタートさせました。

宿泊は伊豆長岡温泉ですが、途中 箱根湿生花園の
ミズバショウを見ていこうと国道1号から
仙石原方面に入ると前から来る車が雪を被っている。

路肩の雪は進むにつれて多くなります。


d0124388_1529334.jpg11:50 湿生花園に着きましたが、『積雪のため閉園』
という告知板とともに『午後から開園』の告知板が
ありましたので近くで昼食をして再訪しました。

しかし『午後から開園』の告知板が外されていました。
残念ながらミズバショウを諦め長岡に直行することに。

仙石原から長岡へは芦ノ湖スカイラインが近道。
ゲートに向う途中は1枚目の写真のような雪景色。

標高1000mのスカイラインの通行止めを心配しながら
ゲートにいくと、御殿場方面は閉鎖だが三島方面は
今除雪が終わり通れるようになったとのこと。




                         スカイラインからの芦ノ湖(静かなモノトーンの世界ですが漁する船が出ています)
d0124388_15585676.jpg

d0124388_1631131.jpg芦ノ湖スカイラインは湖の北端から南端まで
標高1000m近いところを約12kmの長さです。

乗り入れるとまさに除雪が終わったばかりのようで、
すれ違う車は殆どありません。

スカイライン両側は樹氷の壁で、
私には登山の時にしか見られない景色を楽しみながら
順調に国道1号へとドライブしました。

道路わきのパーキングには除雪作業を終えたばかりの
スクレーパーを作業員が掃除していました。

   
     つ づ く




[PR]

by dojyou38 | 2017-03-29 10:58 | 旅行 | Comments(6)
2017年 03月 25日

小網代の森(今日のウォーキング)

d0124388_2214579.jpg

d0124388_22151767.jpg今日は神奈川県の近郊緑地保全区域に
指定されている「小網代の森」を歩きに来ました。

場所は三浦市、京急三崎口駅から2kmのところ。
森ですが山ではなく小さな川の両側に広がり、
元は田畑や林のようなところだったそうです。

1980年代ゴルフ場や宅地になる計画があったが、
森・湿地・干潟の状態で生態系豊なところとして、
現状のまま保全されることになった森です。

広さは70ha あり干潟や汽水域があり貴重な
動植物が生態系を営んでいるところで、
アカテガニなど甲殻類が数多く生息しています。



d0124388_2249726.jpg今日は春休みの土曜日と言うことで、
家族連れや様々なグループが生物観察を兼ねて
ハイキングに来ていましたが、お目当てのアカテガニ
などが活動するのは1ヶ月後だそうです。

でも、私はここでウラシマソウに初めて出会ったので
満足でした。ウラシマソウは図鑑などでは
何度も見て知っていましたが、現物を見るのは初めて。

タチツボスミレも珍しくありませんが、その群落に
おいてその広がりにも驚きました。






d0124388_23152585.jpg今日は自宅を8:30にでて、9:50 京急三崎口に。
観光案内所で「小網代の森」の案内所を
貰って歩き始めました。

小網代の森は70ha あるが散策できるルートが
決まっていて約2.5kmと短かったので、
14時には三崎口駅まで帰ってきました。

様子が分ったので、動植物が活発に活動する
時期に改めて観察に来たいと思いました。



     小網代の森に接続する入り江 ↓
d0124388_23114955.jpg


今日出会った花など

      ウラシマソウ
d0124388_2349078.jpgd0124388_2349175.jpg














ハマダイコン                                      ハマボッス(ロゼット状の葉)
d0124388_23581331.jpgd0124388_23583936.jpg














カントウタンポポ                                    タチツボスミレの群落
d0124388_06955.jpgd0124388_062748.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2017-03-25 21:45 | アウトドアー | Comments(6)
2017年 03月 20日

同窓会 IN 日吉(横浜)

d0124388_17502785.jpgたまの旅行を除いて私の遠出は横浜と決まっています。
その殆どは知友人との懇親昼食会です。
今日は神奈川地区の同窓会で日吉(横浜)へ。

日吉は横浜から東横線で行くことだけ調べました。
横浜までは新逗子から京急電車。
羽田空港行きのエアポート急行で30分です。

乗車時間1時間も有れば日吉に着くのですが、
11時30分から始る懇親会に、自宅を9時に出て
ヲーキングを兼ねて徒歩で新逗子に向いました。

9:44 の列車に乗車。


d0124388_20222655.jpg横浜では中央出口から
東横・みなとみらい線乗り場の地下プラットホームに向う。
ホームに着くと森林公園行き特急が入って来た。

森林公園がどこか、特急が日吉に止まるかが分りません。
近くの人に聞くが分からないと言う。

時間に余裕があるのでその特急をやり過ごしました。
次に保谷行き各駅停車が来ました。
急がないし、各停なら確実に日吉に止まるので乗り込む。

電車の中では本を読みながらも、
乗り過ごさないようきょろきょろ。全くのお登りさんです。


d0124388_20315491.jpg10:50 日吉に到着
今日の会場は日吉にある有名私大のキャンパス内に
あるレストラン。

そのキャンパスはサテライトキャンパスのようですが、
さすが有名大学、広壮なものです。

駅前に真直ぐ伸びる銀杏並木の道路を挟んで両側に
大きなビルが並んでいます。

ここは私達の母校ではありませんが、美味しい料理が
リーズナブルな値段で提供され20名以上の
個室があるので決めたようです。




d0124388_14593676.jpg懇親会までに時間があったので、
キャンパス内を少し散策しました。

キャンパスの施設では陸上競技場が目を惹きました。
聞けば、全天候型で日本陸連の公認競技場とのこと。

隣接する建物には、立派なフィットネスクラブがあり、
大勢の利用者で賑わっていました。

また、少しはなれたところにはサッカーグランドや
その付属施設も整っていました。

噂によれば、このキャンパスの陸上競技場などが、
2020年の東京オリンピックでは、イギリスチームの
練習拠点に決まっているそうです。


d0124388_1556262.jpg11:00 懇親会は予定通り始りました。

この神奈川地区の同窓会の登録会員は22名で、
4ヶ月毎に開かれるが毎回の参加者は
15~6にとどまることが多い。

懇親会では毎回、飲食をしながら参加者が一人一人
3分間スピーチをしますが、質問があったり脱線が
あったりで常に時間オーバーとなります。

スピーチの内容は政治や経済など時事問題が多いが、
参加できない友人の消息や学生時代を振り返る
ことなど、談論風発で制限時間の15:00があっと言う間。


結局、席を同じキャンパスのカフェの移し、4ヶ月に1度、略同じメンバーで会っているのに、16:30まで延々と話が続きました。
昼食会に参加するのに、自宅を9時に出て帰宅したのは18時近くでした。
女は話が長いといいますが、男の話も結構長いものです。



[PR]

by dojyou38 | 2017-03-20 16:59 | 湘南風景 | Comments(10)
2017年 03月 16日

今日のウォーキング、逆周りで仙元山へ

                        仙元山より江ノ島(相模湾)方面を俯瞰
d0124388_2213872.jpg

今日のウォーキングコース
d0124388_2237881.jpg

d0124388_224952.jpg今日はまずまずの天候で特に予定も無かったので、
ホームグランドの仙元山コースを歩きました。

何時もは時計回りに図書館通りから仙元山に向うのですが、
今日は消防署前から実教寺~戸根山~仙元山へと歩く。

9:50 自宅を出て図書館前を通りますが、
図書館周りの藪からは野鳥の囀りが賑やかです。

トレーニングを始めたばかりのウグイスやヒヨドリの声。
よく似た小鳥の姿もありましたが私は名前が分かりません。


まずは実教寺を目指すのですが、そこまでま舗装道路。

とんぼさんからイソヒヨドリジョウビタキと教えてもらいました。とんぼさん有難うございました。
d0124388_16563790.jpgd0124388_1657892.jpg














d0124388_18452787.jpg10:10 実教寺に着く。
実教寺は親鸞ゆかりのお寺。山号を腰掛山と云う。 

門前の碑に次のように刻まれている。
 「鎌倉さしてのぼりたる こしかけ山にて休息なされり
  南無妙法蓮華経  日蓮聖人一代記一節


1253年日蓮は日蓮宗を開祖し安房から鎌倉に
入りましたが、途中ここ鎌倉を通ったようです。

日蓮以前からここに腰掛山があったのか、
日蓮が腰掛けて休んだから、この辺りの丘を
腰掛山と言うのかは知りません。
現在 腰掛山と呼ばれている山は無いようです。

d0124388_22113360.jpg実教寺からは落ち葉に彩られた地道。
やっとウォーキングに出た気分になります。

落ち葉の無い路面に、土が黒く盛り上がっています。
 モグラ塚です。

花や植物の芽吹きだけでなく、
このようなところにも春の訪れを見ることが出来ます。

私の菜園もこうなるのも時間の問題かな~





d0124388_17152767.jpg11:10 戸根山(189m)まで登ってきました。
今日の最高点です。

可愛い賑やかな声が響き渡ります。
保育園の野外授業でしょうか。

写真撮っていいですかと聞くと、
先生から「顔が分らなければ良いですよ」

でも、写真を撮ろうとすると、園児たちは
こちらを向いて近寄ってきます。
もう終わったよ!と言って離れてもらいました。



d0124388_21225149.jpg戸根山で園児たちとの交流を楽しんだ後、
仙元山へ向いました。

途中にこのコース最大の難所・階段が有ります。
上り下り併せて約230段の急坂の階段です。

広い三浦アルプスでも鎖が設けられている階段は
ここだけだと思います。

ただ、この階段の途中にはスミレがたくさんあり、
スミレをゆっくり観察しながら上り下りすれば
疲れることも少ないでです。

ミヤマツボスミレ ↓

d0124388_2155452.jpgスミレを愛でながら急坂の階段を上り下りして
11:50 仙元山に到着

仙元山は冨士山の遥拝ポイントですが、
上空は晴れ渡っていても冨士の廻りは濃い霞みが
架かって山影は見えません。

見下ろす相模湾にはウイークでですがたくさんの
ヨットが出ていました。

自宅に帰りついたのはジャスト12:00
何時も道草せず真直ぐ歩くと1時間30分のところ
今日は2時間10分もかかりました。
 歩行距離は約6,5kmでした。


このコースは私のレギュラーコースですが、これまでは何時も時計回りでした。
今日、逆周りに歩いてみて、この方が全般的には楽なようです。
ただ、戸根山と仙元山との間にある急な階段の下りは気をつけなければいけない場所です。

ウォーキングしていて街の中でも季節の移ろいは感じますが、
それは人工的で家人によって植え替えられたりしたものが目立ちます。
その点、里山でも自然林の中では変化は目立ちませんが、本当の季節の移ろいを感じます。
また、街の中では行きかう人と挨拶を交わすことは稀ですが、山の中では様々に挨拶を交わして行き違います。
こんなことから、私は街中ヲーキングよりも里山が好きです。

[PR]

by dojyou38 | 2017-03-16 21:55 | アウトドアー | Comments(12)
2017年 03月 12日

専守防衛

d0124388_1031461.jpg

d0124388_1033880.jpg私の菜園、奥に隠れているのはレタス類でヒヨドリ対策に
レジ袋で風除けを兼ねて囲っています。
エンドウとコマツナには其々異なるネット。
手前のマルチはダイコンです。

このようなささやかな菜園にも、
空から地上から地中から敵兵が来襲します。

わが軍には敵地攻撃能力もサードもありません。
我が家の平和主義家憲を遵守して、もっぱら専守防衛です。

カラスやヒヨドリにはカラスのフィギャーやCDとネット、
野良猫にはペットボトルです。
CDは探照灯紛いの光線を振りまいています。


野良猫は野菜は食べないのですが、種まきした後の柔かい畝を掘り返してトイレにします。

もう少し温かくなると地下からモグラです。モグラも野菜は食べないのですが、畑を穴だらけに。
これには効果的な対策が見つかりません。

空からの攻撃にはネットは効果が有りますが、追肥や除草の邪魔になります。
これから温かくなると蝶や昆虫の来襲も頻繁になり、
収穫は大したことないのに防衛予算を上積みしなければならないのが辛いです。


                           ヒヨドリに齧られたボケの花とエンドウの茎

d0124388_8536100.jpgd0124388_855621.jpg











[PR]

by dojyou38 | 2017-03-12 10:03 | 菜園 | Comments(12)
2017年 03月 06日

田浦梅園観梅ハイキング(山楽会3月例会)

d0124388_1840363.jpg

 今日のコース
     長柄交差点バス停~南郷公園~二子山分岐~馬頭観音~白赤稲荷~青少年自然の家~田浦梅園(解散)
d0124388_2155212.jpg

d0124388_2114117.jpg3月4日 山楽会の3月例会が町民ハイキングを兼ねて行われ、会員外も含め30人の参加で開催されました。
 9:20 長柄交差点バス停に集合、準備体操の後スタート。

当日の天気予報は曇り時々晴れで、最高気温は14度と
なっていましたが、スタート時点ではまだまだ寒かった。

南郷公園に向う途中の道路沿いには菜の花のほか、
綿の実(種)の弾けたコットンボールが
白い雪洞のような珍しい風景を見かけました。


10:20 南郷公園でトイレ休憩でしたが、
タイミング良くグランドでは小3の孫のチームが
サッカーの練習試合をやっていました。
もう少し試合を見てやりたかったが、
已む無く後ろを振り返りながらその場を離れました。

d0124388_2284775.jpg








d0124388_9301169.jpg




今日は二子山山系を縫って田浦に出るコースです。
馬頭観音から乳頭山へのルートは何度も歩いていますが、
田浦に向うルートは私は初めて歩くルートです。

馬頭観音まで来ると温かくなり、ベストを脱いで
衣服調整をしましたが、田浦梅林への最後の
長い階段では汗ばんできました。


                         田浦梅林展望台より東京湾を俯瞰
d0124388_1012425.jpg

d0124388_10223982.jpg12:20 約7km歩いて田浦梅林に着きましたが、
最後の500段にも及ぶ階段が今日の最大の難敵でした。
でも東京湾が一望できる絶好の展望スポットでした。

今年は梅の開花が早いと聞いていたので、
殆ど散っているのではと思いながら登っていきました。
確かにピークは過ぎていましたがまだまだ残っていました。

観光協会による梅祭りが開催中で、お茶だけでなく
茶菓子まで出す手厚い接待をしてくれました。

展望台近くまで登ると風が出て肌寒くなりましたが、
私は何時ものサーモスでインスタントラーメンを作り
温かく昼食し、その後温かいコーヒーで暖をとりました。



d0124388_10432679.jpg田浦梅林は三浦半島では有名なそうで私も以前から
名前だけは聞いていましたが、訪れるのは初めて。
2700本の梅が咲き三浦半島最大の梅林だそうです。

元々は昭和9年 皇太子(現天皇)の誕生祝って、
鎌倉時代から地元の守り神・大六天神を祀っている
この地に地元の梅林組合が700本の梅を
植えたことからスタートした梅林だそうです。








d0124388_11272996.jpg
昼食後、ゆっくり梅園内を散策し 14:00 梅園内で解散しました。
参加者の過半数は歩いて葉山方面に何グループかに分かれて帰っていきました。

私はまだ横須賀~葉山の土地勘が不安なので、所要時間・ルートとも歩いて帰る自信が無かったので、
国道16号まで下りてバスで逗子を経由して帰ってきました。
帰宅した後、バスルートや歩行ルートをチェックしたところ歩いて帰れる距離だと理解しました。
次回、機会があれば歩いて帰って来たいと思いました。

[PR]

by dojyou38 | 2017-03-06 09:12 | アウトドアー | Comments(10)
2017年 03月 02日

久し振りの万作・萬斎(能狂言公演)

d0124388_937577.jpg先日近くの逗子「なぎさホール」で能狂言公演がありました。

こちらでも能狂言は逗子や横須賀で時々上演されるが、
今回は野村万作・萬斎が揃って出演するというので
連れ合いと2人で出掛けました。

福岡ではときどき大濠の能楽堂に出掛けていましたが、
こちらに来てからは初めてです。
演目は仕舞「花筺」、狂言「貰聟」、能「安達原」の3題。

花筺は春の恋の物狂能で世阿弥の傑作だそうですが、
正直私にはよく理解できませんでした。

貰聟は酒好き親父が引き起こす
家族間のトラブルを狂言らしいコミカルに
演出していましたが、シテの「万作」さんにしても
年齢85歳はさすがに隠せないな~が私の感想。

安達原は福島県安達太良山の麓が舞台。
巡礼の山伏とそこに棲む鬼女との戦いの物語だが、
その合間にアイ役として「萬斎」がシリアスな能の中で
良く通る声でコミカルな演技をしていたのはさすがでした。


「なぎさホール」は逗子文化ホールの中にあるのですが
開演の前から大勢の和服を召したご婦人方がたむろして、観劇会独特の雅な雰囲気を漂わせていました。
そんななかで、野暮ったい普段着で出かけていたのは私たち2人でした。

[PR]

by dojyou38 | 2017-03-02 17:37 | 映画・観劇 | Comments(12)