2017年 02月 27日

ミモザの花が咲いたよ~

d0124388_11405653.jpg

d0124388_21293138.jpg今年もミモザの季節になりました。
福岡にいる時は余り見かけなかったが、
葉山ではかなりポピュラーな庭木です。

私の町内15軒ほどですが、
その内3軒ではシンボルツリーになっています。
匂いは余り強くなく、かすかな甘い香りがします。

普通にミモザと呼ばれていますが葉山周辺には
フサアカシアとギンヨウアカシアの2種類があります。
ここに紹介したのはフサアカシア。

オーストラリア原産の常緑の高木です。
早く高木に成長し早く花も早から付けますが、
寒さに弱くあるとき突然に枯れることがあるそうです。


d0124388_10461015.jpgd0124388_10462793.jpg















花期が長く、これから4月頃まで全身を鮮やかな黄色い花で飾り、道行く人に元気を与えてくれることでしょう。

ちなみに花言葉は豊かな感受性・プラトニックな愛・秘密な恋・友情・神秘・エレガンス・気まぐれな恋だそうです。




[PR]

# by dojyou38 | 2017-02-27 11:36 | 街並みウォッチング | Comments(8)
2017年 02月 23日

我が家にも春の訪れ

d0124388_1964673.jpg

d0124388_21234292.jpg我が家の貧弱な庭にも春の訪れ。

朝 庭に出ると何処からとも無く芳しい芳香。
ジンチョウゲです。
その横にはボケの蕾です。

ボケの方が早く蕾を付け、今日は咲いている
かと訪れてみると、哀れなり鳥に齧られています。
多分ヒヨドリの仕業と思われます。

だから、未だに咲いたボケを見ていません。

d0124388_2138657.jpg


生垣で囲まれた我が家の狭い庭は菜園と芝生。

花は殆ど植わっていません。
今咲いているのはジンチョウゲとボケだけです。

それも手入れの仕方を知らないので、
ほったらかしですから自慢できるような開花ではありません。

それでも、この二つの花が咲くと我が家にも
春が来ていることを実感します。

d0124388_21535374.jpgこの二つ以外に、枯れた芝生にピンクの花が
私も見てちょうだいと咲いています。

これは私が育てているものでは有りません。
芝生の中に勝手に咲いています。

勝手に咲いていますが花の少ない庭では目立ちます。
名前はオキザリス?何方か名前教えてください。
カタバミに似ていますが葉の形が全く違います。

この3つの花が我が家に春を継げる花の全てです。



[PR]

# by dojyou38 | 2017-02-23 18:24 | 植物観察 | Comments(8)
2017年 02月 19日

雛飾り

d0124388_9505672.jpgひな祭りの話題が聞こえてくる季節です。

しかし、実家では私の兄弟は男ばかり、
子供2人も男で、今同居している孫も男。

そんな訳で私の子供の頃も、
私の子供が小さかったころも雛飾りをしたことが無かった。

でも、何時の頃からか雛祭りの頃になると、
写真のようなケースに入った内裏雛だけが
飾られるようになった。

この雛飾りは連れ合いが木目込み人形を習っていた頃、
ある作家の展示会で求めた作品だそうです。

連れ合いとしては男ばかりで余りにも殺風景なので
せめてもの潤いをと飾るようになったのだろう。

今となっては「女の子」いない我が家だが、
ひな祭りシーズンに年に一度のお出ましです。
[PR]

# by dojyou38 | 2017-02-19 09:51 | 家族 | Comments(8)
2017年 02月 14日

先月に続いて中華街へ

d0124388_11114317.jpg
先月に続いて今月も横浜中華街に出掛けました。

今月は連れ合いと横浜に
買い物に出掛けたので中華街に立ち寄った。

私は知人と何度も来ているのですが、
連れ合いは葉山に転居してからは初めての中華街でした。

中華街の主な通には来場客を歓迎する門があります。
何時もは電車などで行くので善隣門を潜って入りますが、
今日は車で立ち寄ったので市場通り門から入りました。

丁度、春節(1月28日~2月11日)の期間中で
中華街の中は春節の飾り付けがあり、ウイークデーでしたが
それなりににぎわっていました。

中華街に祀られている関帝廟や媽祖廟などを廻りたかったが、
食事後の予定がありゆっくりと見物することが出来なかった。


春節の人出で賑わう市場通り門付近 ↓

d0124388_16513679.jpg

d0124388_1782732.jpg今日入ったのは初めての店ですが、連れ合いの希望で
ブログなどで話題になっている上海料理の店。

話題になっているだけに団体客やサラリーマンなどで
込み合ってテーブルの空き待ちでした。

ただ、ブログなどで話題になっているにしては、
材料も味も私が友人たちと利用している
広東料理の店に比べると今ひとつでした。

近くのサラリーマンなどが利用するにはリーズナブルな
値段でボリュームがあるといったところでした。




d0124388_9573192.jpg横浜中華街には150軒もの中華レストランがあるが、
自分にあった味と値段の店を見つけるのは難しい。

地元にいる友人が何時も同じ店を
使っているのが分るような気がしました。



北京ダックのショウウインドウ →

[PR]

# by dojyou38 | 2017-02-14 11:11 | 街並みウォッチング | Comments(10)
2017年 02月 09日

湘南国際村から衣笠へ(山楽会2月例会)2月4日

                     湘南国際村から大楠山望む(白い塔はアメダス観測塔)
d0124388_15142088.jpg
今日のコース
 湘南国際村~大楠山~衣笠分岐~平作町~大畑橋~衣笠城址~衣笠山公園~JR衣笠駅(歩行距離 9 km、)


d0124388_14394222.jpg 10:00 国際村センター前をスタート →

2月4日 朝は大変冷え込んでいたが
山楽会の例会にしては参加者は21名と何時もより多い。
今日のコースの大楠山までは何度か歩いていますが、
衣笠分岐から先は私は初めて歩くルートです。

先ずは大楠山山頂を目指して歩きますが、
途中、ベテランから国際村の開発の経緯や
現状について説明がありました。

国際村と大楠山の間の広大な原野はバブルが弾け、
開発を断念したデベロッパーが神奈川県に寄贈した土地。
元はゴルフ場と民有の山林だったそうです。

d0124388_1524281.jpg 11:15 大楠山頂に着きましたが昼食前に
アメダス観測塔周りの大楠自然公園を散策しました。

先日から寒波がぶり返していたが、
川津サクラやウメのほか菜の花もほぼ満開でした。

山頂広場に移りましたが今日は土曜日、
食事場所確保もままならないほどの賑わい。

何とか場所を見つけ、何時ものサーモスの湯で
カップラーメンが出来る間にバナナを、食後は
マイカップにコーヒーを入れる。




       大楠山頂展望台から三浦アルプスを望む(ゴルフ場の向こうに横たわる低山の連なりが三浦アルプス)
        ハイキング愛好者から三浦アルプスと呼ばれている二子山山系が私の一番身近な散歩コースです。
d0124388_16264261.jpg

d0124388_16421561.jpg12:10 衣笠城址を目指してスタート
山頂から長い階段を下りて、ゴルフ場の
フェンス沿いに進むと衣笠への分岐があります。

大楠山は三浦半島最高峰(242m)で山頂には
自然公園もあり人気のハイキングコースなので、
登山コースは幾つもある。

私の住いは大楠山の西側なので、西や南北からの
ルートは何度も歩いているが、横須賀市からの
東側のルートは今日が初めてです。

このルートもタブやスダジイなど照葉樹が生い茂り
眺望は良くないが風弱く寒さを感じない。


分岐を過ぎて平作町に向って暫く下ったところで私の携帯が鳴る。今日の参加メンバーのSさんからです。
最後のグループのSさん達が途中の分岐で間違って迂回路へ入って道迷いしたようだ。
私が電話を受けた以上他のメンバーに迎えを頼むことも出来ず、若くも無い私が引き返した。

初めての道で樹木が生い茂り見通しがきかないので、探しながら引き返す僅な距離も長く感じあせりました。
何年か前ならば坂道も小走りに走れたが、もう走れないのがもどかしかった。
それにしても、今月の世話役でもない1年生会員の私に何故電話が掛かってきたのか不思議です。


d0124388_992211.jpg ←衣笠城址は三浦半島の中心部に位置し、
標高100mほどの山城だが樹木に囲まれ
現在ではその全容を外から覗うことは難しい。

桓武平氏の支流平為道が前九年の役の軍功により
三浦の地を領し三浦氏を名乗ったことに始り、
鎌倉時代北条氏に滅ぼされるまで三浦氏5代の
居城が衣笠城址と呼ばれている。

標高は僅か100mだが細い尾根と急傾斜で
囲まれた山城なので石垣や天守閣はないが
三浦半島一帯の要害の地だったのでしょう。



d0124388_10333814.jpg衣笠城址から衣笠山公園への尾根道 →

衣笠山公園は衣笠城に続く開けた小高い丘で
明治40年に開園された歴史ある公園です。

公園の展望台からは北側が大きく開け
東京湾岸の景色を一望することが出来ました。

公園は土曜日なのに人出もまばらで淋しそうだが、
2000本のサクラが満開の頃の賑わいを
想像しながら衣笠駅へ住宅街を下りていきました。

15:45 予定より若干遅れたが全員無事
JR衣笠駅前に到着し解散しました。


             衣笠山公園から追浜工場地帯を俯瞰(奥の高層ビル群は横浜市街)
d0124388_10262610.jpg
今日の気温は時間と共に暖かくなり好天に恵まれて快適なハイキング日よりでした。
ただ参加者が21人と多く、高齢者が多いので脚力に相当ばらつきがあり、世話役もまとめるのに苦労されていました。

葉山に転居して1年を経過しましたが、歩行範囲のエリアでもまだまだ知らないところがたくさんあること、
またこのエリアの歴史も殆ど知らないことを認識したハイキングでした。


今日のハイキングで出会った花と野鳥

スイセン                                          ヤブツバキ ?
d0124388_17305098.jpgd0124388_17312338.jpg













オオイヌノフグリ ?                                 ミツマタ  d0124388_17341653.jpgd0124388_17343670.jpg














ガビチョウ                                        ト ビ
d0124388_17393515.jpgd0124388_1740045.jpg
[PR]

# by dojyou38 | 2017-02-09 14:04 | アウトドアー | Comments(8)