行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 16日

異業種交流会の同窓会

先日 私が現役時代に所属していた異業種交流会の30周年記念パティーが
東国原知事を招き、私のようなOBも招待され盛大に福岡国際ホールで開催されました。
出席者数は230人、その内OBは40名に過ぎないが、懇親会では
キャリアーと年の功で現役を圧倒し、現役からすれば庇を貸して母屋を取られた様だった。

記念講演をする東国原知事
d0124388_17334794.jpg
講演会で知事は就任して最も注力したのは前例踏襲を打破させるための
「職員の意識改革」であると強調。
そして素人がいきなり知事になったので様々な失敗の連続だったことを披露したが、
それをユーモアを交え聴衆をひきつける話術は、さすがタレント出身知事の真骨頂でした。

来賓挨拶d0124388_19482095.jpgd0124388_19484478.jpg
← 西日本新聞 川崎社長

  杉岡 元九大総長 → 
  (福岡アサヒ会会長)








久しぶりの再会楽しむ仲間たち
d0124388_19574392.jpg
同会のOBたちは東京・大阪などに散らばっていますが、各地区でOB会を作り活発に交流・懇親をしています。当日は各地からOBたちが駆けつけ旧交を温めました。

那能津会による余興
d0124388_22183071.jpg

懇親会のフィナーレは博多古謡の那能津会によるアトラクションです。
今は東京・大阪などに散っているOBたちも九州を舞台に経済活動をし、
中洲の夜を楽しみ博多の伝統文化を吸収し会得した兵たちです。
博多祝い歌・しゃもじ踊り・手一本も往時を思い出し直ぐに本番に入っていけます。
d0124388_22185652.jpg

久しぶりに、現役時代に帰ったような気分で杯を重ね、
往時の楽しかった思い出を振り返りました。
そして近況報告をし、最後は互いの健康を気使いまたの再開を約し散会しました。

[PR]

# by dojyou38 | 2008-11-16 17:30 | 地域活動 | Comments(8)
2008年 11月 04日

念願の市房山へ

市房山(1721m)は九州山地では3番目に高い山だそうです。
登山の先輩が計画したので付いて行くことにしましたが、登る高低差が約1000m。
私の登山では最大の高低差です。 登山計画では朝 福岡を出発し、その日に登るというので、ネットで情報を取り身構えて準備をしました。

麓(湯川温泉)から見た市房山
d0124388_14453338.jpg

三合目から市房神社中宮(四合目)への参道
d0124388_1446218.jpg
参道は樹齢800年・幹周り7mを超えるような巨杉が立ち並び鬱蒼として薄暗い、路面は土が見えないほどに根が折り重なっている荘厳な景色でした。

d0124388_1535474.jpg市房神社中宮
(四合目・標高800m)


ここから、自然石の階段・崖・
木の梯子など急坂が延々と
七合目近くまで続く。





ヒメシャラの群生地
d0124388_14492578.jpg
六合目と七合目の間にヒメシャラの群生地がある。 外見はサルスベリに似て、
赤茶色で九州の各地の山に点在するが、この様に群生しているのは珍しい。 
この辺りから登山道の坂はややなだらかに。

山頂より韓国岳・高千穂峰(左奥)を望む
d0124388_1562567.jpg

証明写真
d0124388_1591354.jpg山頂からは北に阿蘇・祖母山・大崩の連山が、南には韓国岳・高千穂峰を多少かすんでいましたが展望することが出来ました。










d0124388_1517399.jpg
   山頂よりチョックストーンに向け
            急坂を下る。 ⇒








d0124388_15203713.jpg

  ← チョックストーン
   『心見の橋』とも言われ、心の卑しい人は渡れないといわれている。 私は怖い思いをしながらも通してもらいました。








福岡を朝6時に出発、予定通り林道終点の登山口に9時到着。 準備体操をして3合目に向かう。巨木に囲まれた参道を登ること50分4合目・市房神社中宮に到着。

ここで、大失態に気が付く。 水を忘れてきた。 前日から500ml2本用意していたのに、むなしく空のホルダーだけがリックのサイドに。四合目・ここには水場があるが、これから後はありません。 覚悟を決めて登りましたが、何とか事故無く4合目まで帰ってこられました。

その日は麓の湯山温泉・民宿川原に宿を撮りましたが、私には極上の温泉でした。久しぶりに長湯をして疲れをとることが出来ました。 また、夕食は京・大阪で修行をした若主人の料理で、地元の食材を使いながら民宿とは思えぬ洗練された味と粋な料理に満足しました。

登山を終えて市房山は大変重厚な山でした。
1000mの高低差、登山道に生い茂る巨木、巨岩が登る者を圧倒します。
登るに従って変わる樹相、オブジェのように山腹を飾る倒木が自然の厳しさを訴えています。
頂上からの360度の眺望、その近景と遠景の荘厳さが古くから霊山として崇めさせたのだろう。
[PR]

# by dojyou38 | 2008-11-04 14:43 | アウトドアー | Comments(10)
2008年 11月 02日

作為か不作為か

d0124388_1845850.jpg


先日 博多湾沿いのニュータウンを歩きました。
と あるビルの歩道に面した駐車場で見かけた光景です。思わずカメラを向けました。

2台の車、ナンバープレートの県名と仮名の記号は違いますがナンバーはまったく同じ
お互い吸い寄せられたように隣同士に駐車していました。
  はたして作為か、不作為か・・・
[PR]

# by dojyou38 | 2008-11-02 17:17 | 街並みウォッチング | Comments(4)
2008年 11月 01日

2度目の宝満山

紅葉の季節を迎え、登山もハイシーズンに入る。
これからの登山を控え、山好きの仲間と訓練と称し宝満山に登る。
私は2度目ですが、昨年登った時には気付かなかったことも多々あり、有意義な登山でした。

d0124388_17591450.jpg

   一合目の鳥居









d0124388_1804182.jpg
  中腹から見た宝満山
 




  登山道の途中に救急箱が設置されている。 それだけ この山は登山者が多く、道も険しいということか。↓


d0124388_1822060.jpgd0124388_183316.jpg
宝満山登山道のシンボル: 100段ガンギ 石段が
100段続く。








山頂より古処三山を望む
d0124388_1416255.jpg
山頂からの北に福岡市内・博多湾、東に古処三山から英彦山まで眺望できるが、当日はやや霞があり明瞭には見えなかった。

d0124388_185417.jpg山頂に祀られた宝満神社上宮
ススキが秋の風情を醸すが、紅葉はこれからと言うところ。

それでも山頂を吹き渡る風は冷たく、これからの登山装備の示唆を得た。






d0124388_18112238.jpg登りは正面道から男道を通ったが、
帰りはキャンプ場経由で降りた。
山頂の直ぐ下に絶壁があり鎖を使う。
落差が短いので、遊びだが気を抜くことは許されない。
[PR]

# by dojyou38 | 2008-11-01 18:03 | アウトドアー | Comments(6)
2008年 10月 26日

ここも埋立地の街

先日 福岡市の博多湾の海を埋め立てして出来た街を歩きました、

バス停・海岸通
d0124388_13281615.jpg















バス通り裏の道
d0124388_13255381.jpg















埋立地に出現したマンション
d0124388_13295880.jpg
上の写真のバス停の名は香椎浜海岸通となっていますが、その辺りの高台からからどこを探しても海岸は見えません。

2枚目の写真は
バス通りの裏道・側道です。
陽光が差し込まないほど両側に高木・低木が生い茂り、あたかも登山道を歩いているような気分になります。

聞くところでは、ここは約40年前の埋立地で、現在ではその外側に新しい埋立地が出来、潮騒の香りすらなくなっています。 40年も経つと人工的に作られた土地に人工的に植えられた樹木も森のようになっていました。

バス停の街から水路を経て人工島が建設されています。
その土地はバス停の町から数えると3世代目の町です。
そこに超高層マンションが出現しています。
この街もやがて、植えられた樹木がその土地に馴染み昔からの自然に生えていたような風景になるんでしょうね。
[PR]

# by dojyou38 | 2008-10-26 13:30 | 街並みウォッチング | Comments(8)