行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 07日

雨の行縢山

先日山好き仲間と延岡市の郊外にある可愛(えの)岳と行縢(むかばき)山を目指し出発したが、天候悪化し可愛岳は登山口で地元の方から危険だとの忠告を受け中止。
翌日も小雨模様であったが、行けるとこまでと行縢山を目指した。


滝見橋からの行縢ノ瀧d0124388_1530493.jpg
行縢山は日本の滝100戦に選ばれた「行縢ノ滝」を擁する九州100名山

林道終点から500m余で滝見橋に着く、そこから樹林越しに滝を仰ぎ見ることが出来た。
滝は行縢山の雄岳と雌岳の間に懸かっている。





雨はやや多くなるも取り敢えず滝までと歩を進めるが、途中の落石注意の表示板があるところは登山道に岩が覆いかぶさり暗く表示板が現実味を増す。 ↓


雨中の行軍 ↓
d0124388_15324166.jpg

行縢ノ滝
d0124388_15364119.jpg
滝つぼ近くまで来ると滝見橋からは水量が少ないのではと思ったが、昨日からの雨で見事に巾いっぱいの絹布を掛けたような優雅さで、さすが滝100選の実力を見せていた。

滝つぼからの行縢山雄岳
d0124388_9141989.jpg

ここまできてやっと行縢山山頂を仰ぎ見ることが出来た。 ↑
やはり、登らざるを得なくなった。  しかし、途中は石ばかりの道なき道、雨で石を覆う苔は滑りやすく、水かさ増した沢を幾度も渡らなければならないリスキーな登山となった。 ↓

d0124388_9213840.jpg

d0124388_9181691.jpg
 途中に「一の汗」「二の汗」「三の汗」「岩の汗」とユニークな表示。
岩の汗 よくわからないが風も無く雨具で汗は発散せづ、衣服ははびっしょり、カメラのレンズは水滴と曇りで写真はまともに撮れず。

d0124388_9232479.jpg









d0124388_9251662.jpg
雄岳山頂まで無事たどり着いたが、眺望まったく無し。
晴天ならば日向灘から、可愛岳・大崩なども展望できると言うが残念。








雨の登山は危険であるし、頂上からの眺望も無く、写真もまともに取れない。
これからは、天候を見極めて晴天の日を選び登りたいものだ。
良い経験となった。
[PR]

# by dojyou38 | 2008-10-07 15:13 | アウトドアー | Comments(6)
2008年 10月 03日

マンション大規模改修4:ベランダの片付け

着工するとまず作業用の足場でマンションを囲う作業に入ります。
入居者は足場が完成し改修工事に入るまでに、ベダンダや廊下の専有部分に
置いている植木鉢など全ての私物を撤去しなければなりません。

マンションの大規模改修は建物の共用部分が対象になります。
ベランダや共用廊下の専有部分はマンションの共用部になるので改修の対象です。


d0124388_22445183.jpg
d0124388_22482152.jpg














 片付け前のベランダ ↑
        片付け後のベランダ →
        (もう、足場が組まれています)


d0124388_1481936.jpg
 共用廊下専有部分(玄関前) 片付け前 ↑
                   片付け後 ↓ (窓の面格子が改修のため外されている)
d0124388_14151573.jpg

温室兼物置と化した居室
d0124388_14231757.jpg
 ベランダなどから居室の1室に疎開した植木鉢など ↑ 
      (水遣りなど3ヶ月間のメンテナンスが大変)
各家庭から出てきた不用品の山   ↓
  (ベランダの不用品は駐車場の一画に集められ施工業者によって処分されます。) 

d0124388_14244685.jpg


入居して14年目、ベランダにはさまざまな物が溜まっています。
この際、思い切って思い出に残るものも処分しました。
残したい植木鉢などはマンションの緑地(庭園)に移動させることも出来ますが、
私は洋室の1つを植木鉢などの置き場にしました。
ただ、朝顔など今を盛りに咲いているのを処分するのは忍びないものがありました。
[PR]

# by dojyou38 | 2008-10-03 20:37 | 地域活動 | Comments(6)
2008年 09月 19日

事件発生

昨日 自宅の近くで事件が発生しました。
ヘリが何台も昨日に続き、今日も上空を朝から旋回します。
被害者は小学生です。


旋回する取材ヘリ
d0124388_22191390.jpg
不安な気持ちで授業を受ける児童はヘリの爆音で余計落ち着かない事だろう・

取材陣
d0124388_22205644.jpg
被害者が通っていた学校の前はマスコミ取材陣でごった返しています。 
これもまた、児童を不安な気持ちにさせるだろう。

父兄の出迎え
d0124388_22222959.jpg
今日は一斉下校です。
下校時間が近づくと父兄が不安な面持ちで次々と迎えにきます。

集団下校
d0124388_22263159.jpg通学路を父兄・教職員に引率され集団下校する児童。








事件がおきるとマスコミの取材攻勢の賑やかさ・狂気じみた取材攻勢はTVで良く見るところだが、こんなに身近で見るのは初めて。 地区の防犯活動の手伝いをしている関係で、学校へ出かけると早速 私までインタビューされる始末。

それよりも、平素から地域で防犯活動をやっており、これが犯罪の抑止になるんだと自負していたが、全く役立たなかった事を見せ付けられた。 私たちは毎日防犯のためパトロールカーを校区くまなく巡回させているが、将にその巡回している時間帯に事件が起きたのだ。
私たちの活動が形骸化していたのか、無力感を味合わされた事件でした。
もっとも、事件現場は道路から深く入り込んだ車を乗り入れできない所だったが。
[PR]

# by dojyou38 | 2008-09-19 22:29 | 地域活動 | Comments(12)
2008年 09月 13日

金山(背振山系)登山

山歩き、私はビギナーなので、初めての山は何時も先達に付いて行く。
今回初めて、ガイドブック頼りに家内と2人で金山(962m)に登る。
福岡市内からR263で三瀬峠方面へ、途中上石釜を左へ滝川に沿った林道に入る。

林道の終点に車を止め、登山口へ。
登山道も、滝川を右に左に沢渡りを幾度も幾度も繰り返しながら頂上へ向かう。

花乱の瀧d0124388_16195833.jpg
最初の瀧がこの花乱の瀧で、林道終点の少し手前に現れる。

水飛沫が花の乱れる風情に似ている所からこの名が付いた。
高さは15m、水量多く滝つぼが浅いので昔は滝行が盛んに行われたとの事。













d0124388_1702734.jpg 林道から先の登山道も滝川に沿って登るが、川の名に相応しく小瀧の連続だ。
これから先にも小滝とは言いながら、見事な景観の滝も数多くあるが名前はない。
樹木に覆われて昼間も薄暗い中に、水飛沫が踊る。




このルートの登山道は頂上の直ぐ下まで滝川に沿っていて、まるで沢登りの風景だ。
水量多く、崖や山道は緑濃い苔がむし、屋久島の白谷雲水峡を彷彿とさせる。
このような景色の中を登山するのは初めてだ。

d0124388_17513693.jpg

金山山頂
d0124388_21414183.jpg
石釜からのルートでは登山道からの眺望は望めない。
頂上に近づいても山容は見えない。 頂上の眺望も僅かに南西面が開けているだけ。
代わりに、潤いのある苔むした岩肌と水量豊富な瀧と沢が疲れを癒してくれる。

佐賀藩番所跡
d0124388_2212016.jpg
頂上で昼食を摂り下山開始。
帰路は登りの反対側にある佐賀藩番所跡を経由して三瀬峠へのルートを選ぶ。
昔 眺望が良かったので番所を置いたというが今は全く眺望が効かない。
代わりにこのルートは落葉樹の自然林に囲まれた快適な遊歩道である。

アゴ坂峠の標識d0124388_22285283.jpg
三瀬への途中、アゴ坂峠から進路を右((北)に取り、往路の滝川へと下りていく。
やがて、室見川の源流の一つに出会う。



人面石d0124388_22362812.jpg 







往路で通った道に合流して暫らく下りると、登りのとき気がつかなかったが写真のような人面石がほの暗い登山道脇に現れた。







初めて、先達無しに知らない山に入った。
ガイドブックがあるからと気軽に出発したが、先ず国道から林道への入り口が分からない。
人に聞こうにも人がいない。 
林道に入って少しいくと工事中の看板、大型ダンプ通行に就き進入禁止。 
登山中止しようかと思案してるところへダンプ、運転手にOKを確認、やれやれ。

100名山にリストアップされた山でも、平日で入山者に会うことなし。
ただ唯一、頂上手前で長崎からのパーティー6人が追い越して行った。
登山道はそこここに貧弱ながら目印があり何とか頂上へ。

帰路、番所跡からアゴ坂峠までは標識少なく、また往路で通った道も向きが変わると
景色が変わり、標識も登り中心に設置されていて迷いそうになるなど不安な思いもした。
やはり、どんな山でも充分な下調べの必要性を痛感した初挑戦だった。

[PR]

# by dojyou38 | 2008-09-13 22:20 | アウトドアー | Comments(2)
2008年 09月 13日

男の料理教室

今日は公民館で男の料理教室がありました。
公民館活動をしている女性が先生役で、年に4回ほどやってくれます。
料理を習うのも目的ですが、転勤族の私は地域の方を知らないので、
料理教室を通じ地域の方とコミュニケーションが出来るのを楽しみに参加しています。


レシピd0124388_16453775.jpg
私の場合料理教室で料理を習っても家で復習する事は殆ど無い。
でも、毎回のレシピはちゃんと取ってある。 
この料理教室では難しい料理が無いのが嬉しい。
レシピ見ながらやろうと思えば出来る料理・酒の肴になる料理です。



レシピの説明
d0124388_17226100.jpg
    1回の教室で料理を4種作ります。 最初に4種類全ての説明があります。 


作業開始
d0124388_1841347.jpg

d0124388_1864998.jpg参加者の皆さんなれているのか手際がいい。 
しかし、作業開始と共に最初の説明忘れ、その都度何回も先生に聞く始末。 

それでも4種のメニューを90分くらいで概ね終了。 
出来栄えもVery Good !





お待ちどう様  乾杯!
d0124388_18194365.jpg
これが楽しみで参加される方も結構居ます。 
ビールがあります。 焼酎もどこからか出てきます。
会話が弾みます。  
リタイアーして参加される方が多いようですが、
地域に馴染みの薄かった私もこの教室を通じて地域の仲間入りです。

d0124388_18333379.jpg ← ちらし寿司

 今日は写真以外に吸い物もあり、
残った「ちらし寿司」を持ち帰りました。 妻孝行になりました。





 
[PR]

# by dojyou38 | 2008-09-13 16:55 | 公民館 | Comments(6)