行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 18日

久しぶりの登山、矢筈岳に登る

富士登山以来、梅雨や孫の帰省などで40日振りの登山である。
100名山も近場の踏破は終わり、
足場が遠くなったのと猛暑の中なので簡単な山を選び矢筈岳(687m)にした。

熊本には天草にも同名の山があるが、登ったのは熊本・鹿児島県境に座し、
山頂に寛政の三奇人のひとり・高山 彦九郎の歌碑があることで有名な矢筈岳である。
山の名は東側に隣接している峰(女岳)と本峰を有明海から見たシルエットが
「矢筈」に見えるからだろう


矢筈林道から見た矢筈岳(右側は女岳)
d0124388_1123785.jpg

d0124388_11555515.jpg通行止めの県道117号線

福岡を7amに出発、
日奈久で高速を降りR-3で
水俣へ、県道117号線で
湯鶴温泉を経由して登山口に向かうのであるが、登山口直近で路肩崩壊のため
全面通行禁止。 
停止線の手前の路上に駐車、10分余分な歩行を強いられる。

d0124388_13361856.jpg照葉樹林を縫って山頂へ

杉の植林帯の林道を矢筈岳と女岳の鞍部まで進む。
折角なので藪の中を
女岳(615m)まで往復してから、本峰を目指す。

登山道は照葉樹林となり、夏季なので昆虫が多い。
せみ時雨の中、
様々な蝶が飛び交う。

高山 彦九郎の歌碑
d0124388_14372576.jpg山頂には1等三角点が設けられ山ノ神を祀る祠があるが、何と言っても巨石に刻まれた高山彦九郎の歌碑である。 

「草も木もなびかさんとや梓弓 矢筈が岳に登る楽しさ 
寛政3年3月4日」 と読める。

幕府に追われた彦九郎は
薩摩に入ろうとして、
この地まで来たのだろう。 
しかし薩摩入りを果たせず、
                                     結局 久留米で自刃している。
d0124388_15242649.jpg
山頂は潅木に囲まれているが、
一段下がった西側が開け水俣市街から有明海が広がって眺望抜群。

また、山頂は様々な蝶やトンボなどがたくさん乱舞する珍しい風景だ。
だだ蝶と共に虻がたくさんいて、
昼食中、その攻撃に悩ませられた。



d0124388_1539115.jpg湯鶴温泉モニュメント

下山後、近くにある平家落人ゆかりの湯鶴温泉で疲れと汗を流す。

旅館の風呂は掛け流しで、
2人で貸切状態。
そんなに流行っているとは
思えないが清掃が行き届き
とてもいい湯であった。


今回の登山は山歩きの先輩Kさんと二人だけ、この二人だけで登山するのは初めて。
Kさんの登山計画によって登ったが、出発から温泉まで、計画通りに行動できた。

ただ、登山口までの県道が豪雨で通行禁止だったのは予定外。
それが登山口直前だったので時間配分に影響するほどでなかったのは幸いだった。

残念だったのは、後で分かったことだが山頂で彦九郎の歌が刻まれた巨石に登らなかったこと。
何だか登るのが憚れるような雰囲気だったので登らなかったが、
岩上からは360度の眺望がが楽しめるとのことでした。  ああ惜しいことした。
[PR]

by dojyou38 | 2009-08-18 10:54 | 登山 | Comments(5)
Commented by hayatan at 2009-08-19 07:06 x
dojyou38 さん 九州百名山も近場が終わり着々と達成目指していますね!兎に角矢筈岳登頂おめでとうございます。(暑かったでしょうね!)おつかれさま!

私も行きたい心がありましたが夏場の山は敬遠する事にしています。背中を10箇所も咬まれて今も痛いとか蚊が多かったですか?蛇がそんなに多かったですか?蛇は苦手です。でもトンボと蝶が乱舞していたとか写真撮りませんでしたか?高山 彦九郎の歌碑に登らず残念でしたね!

でも貸切の垂れ流しの湯鶴温泉で疲れを癒され気分爽快に万歳!
Commented by dojyou38 at 2009-08-19 16:26
hayatan さん
今回の登山は盛夏にしては涼しかったよ。
殆んどの登山道は木陰、有明海からの涼風に助けられました。

参ったのは虻の来襲、まだ背中が痛みます。

歌碑のある巨石が彦九郎の墓標見え、
何時も山頂の岩上で V サインする K さんも
登ろうとは言わなかった。  惜しいことしました。
Commented by taminamikawa1 at 2009-08-19 22:31
矢筈岳、登頂おめでとうございます。
私も、家庭の事情がなかったら、同行したかったのですが・・・。
高山彦九郎の歌碑もあるんですね。
機会があったら、登りたい山です。

Commented by dojyou38 at 2009-08-20 09:26
taminamikawaさん
奥様のケアー頑張ってください。
そして、奥様が早く元気になり貴兄が自由にアウトドアーを楽しめる日が早く来ることを念じています。

矢筈岳に登ることがあったら、
是非 彦九郎の歌が刻まれた巨石に登って眺望を満喫してください。
Commented by とんぼ at 2014-03-15 07:06 x
おはようございます。
お二人での登山、よい思い出になったのではないですか?
高山彦九郎の名前が出てきたのには驚きました。


<< 窓からの景色ー観覧車      ベランダのゴーヤ、豊作です。 >>