行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 12日

那珂川に遊ぶ

中洲は九州を代表する、いや日本でも有数の歓楽街。
その側を流れる那珂川は中洲に風情を添える癒しの風景。
先日、この那珂川に船を浮かべて遊んだ。本当に久しぶり。


夕闇迫る那珂川・中洲(であい橋の下から)
d0124388_17171573.jpg
 屋形船
d0124388_17423128.jpg 福博であい橋の袂に数隻の
屋形船が係留されている。

今回はその中でも小型の船を
他の客に迷惑掛けないように
仲間10名で借り切った。

両岸や博多湾の夕景を眺めながら、何時ものように近況や
選挙結果を語りながら宴会は静かに始まった。


大道芸人姉妹
d0124388_1025537.jpg
夕闇が川面を包む頃 乗り込んできたのが大道芸人姉妹。
ここは貸切 船の上、鉦・太鼓、三味線に合わせ、誰憚ることなく嬌声高吟、小唄に端唄、古謡・俗謡入り乱れ、
まるで学生時代に還ったのごとくはしゃぎ鋭気を養う老人の元気が有りました。



夕闇に包まれた那珂川
d0124388_18175538.jpg
那珂川は静かに中洲の喧騒を川面に映していましたが、
この船の高吟熱唱には河岸に休む水鳥には迷惑だっただろう.




現役の頃は週に何回と無く足を踏み入れた中洲だが、
今はもう中洲に入るのは年に数回。

中洲と言えばビジネスマンの社交場だったが、最近は若い女性連れの客も多いと聞く。
でも、最近の中洲は風俗店や物販店が増えたように思う。
昔あった高級クラブやラウンジも随分と無くなってるようです。
もう昔の情緒あふれる中洲の風情は帰ってこないだろう

[PR]

by dojyou38 | 2009-09-12 16:56 | 街並みウォッチング | Comments(8)
Commented by udon at 2009-09-14 12:38 x
夜の那珂川遊覧船、粋な遊びをされましたね。

中洲の店も、個性のあるマダムの引退つづきで
随分と変わっているんでしょうね、 私は中洲の
夜の店には、この歳まで数回しか入ったことありません
Commented by taminamikawa1 at 2009-09-14 21:29
屋形船での舟遊びとは、風流で、しゃれていますね。
さぞや、楽しいひとときを過ごされた事でしょう。
羨ましい限りです。
たまには、こういう非日常のときを持つことは必要ですね。
Commented by dojyou38 at 2009-09-14 22:28
udon さん
いや~本当に久しぶりでした。
私が博多に転勤してきた25年前の中州は風情がありましたね。
 それ以前のことは知りませんが。

中洲懸橋には何組かの大道芸人が居て、
チップを弾んで歌や踊りのリクエストをしたものでした。
そういえば、うなぎ釣がありましたね。今は見かけません。

中洲のママは若いサラリーマンの面倒を良く見ていました。
私のような転勤したばかりの者が
トラブルに巻き込まれないよう気をつけてくれました。
そんなママも既に引退、跡を継いだ店も閉めて寂しくなりました。
Commented by dojyou38 at 2009-09-14 22:40
taminamikawa1さん
屋形船はほんとに久しぶり。
現役の頃は、社用で様々な宴会・酒盛りをしましたが、
今は昔のことです。

歌舞・音曲をする芸人も少なくなりました。
そう云うリクエストが少なくなったんでしょうね。
しかし、博多は芸どころ、いろいろな芸が残っているようです。
歳を取ると昔の酒盛りが懐かしくなりましたが、年金生活では・・・
Commented by gxmwm944 at 2009-09-15 15:35
dojyou38さん 懐かしい~屋形船の舟遊びを思い出しました。
現役のころ西中洲から屋形船で那珂川を遊覧しながら飲食
した事が昨日のように思えます。

今も、まだ有るのですね!夜の中州の街を船で見るのも
乙な物です。dojyou38さんは引退後も風流で元気ですね!
何時までも風流人で元気でいて下さい。
Commented by dojyou38 at 2009-09-16 09:50
gxmwm944さんも屋形船で遊びましたか。

那珂川の屋形船、数は以前より減りましたが未だ有ります。
小さいのは定員14~5人のも有りますよ。

潮騒の香りをかぎながら、夕日が博多湾の西に沈む夕日を
浴びての酒盛りもなかなかのものです。
でも、現役を引くと特別なことないと機会がありませんね。
Commented by hervy at 2009-09-16 14:29 x
老人ホームの会話でしょうか。
舞台裏に押し込められた名優みたい、、 どんどん中州に親不孝通りも大名も行ってください。
街の品格を上げるのは、若者ではありません。 人生経験豊かな中高年です。

先日8月29日中州ジャズ祭りがありました。 日野酷正出演で無料とは
すごい人が集まりました。
演奏は音響がよかったので、道路中でも素晴らしいの一言でした。
でも姿は全く見えません。小柄ですから 当然ですが、、。
Commented by dojyou38 at 2009-09-17 16:43
hervy さん訪問ありがとうございます。

どんどん中洲も親不孝通りも大名も行きたいのですが、
年金暮らしでは資力と体力に自信がありません。
古稀を過ぎていますから、老人ホームと言われても仕方ありません。

でも、正面からそう言われると反論したくなります。
老人ホームも酒が入ると若者に負けない元気と知恵が出てきます。
また、年寄りの冷や水と言われそうですね。

親不孝通りにマハラジャが出来た頃が懐かしい。
日野酷正には以前ブルーノートで時々遭っていましたが、最近は・・・
彼はまだ元気! 何よりですね。


<< 孫3の三態      全山自然林の白鳥山 >>