行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 23日

ビルの谷間に涼む夕日

今日は秋分の日
日の出の頃、ようやく雨が止み時間ごとにだんだんと雲が薄くたって来ました。
昼過ぎには薄日も差し始めました。
日没の頃には秋晴れとなり、明日の晴天を約束する黄金の雲をたなびかせ、
6時18分 可也山の北側・ビルの谷間に夕日が沈んでいきました。
d0124388_18284545.jpg


真夏に比べ随分昼が短くなり、日没が早くなりました。
日没の位置も随分変わりました。
夏至の頃は、この写真の右端を遥かにはみ出しています。
多分、冬至には左にはみ出すでしょう。 
[PR]

by dojyou38 | 2009-09-23 18:25 | ベランダ | Comments(2)
Commented by taminamikawa1 at 2009-09-26 22:37
赤く染まった夕空、
まさに沈まんとする太陽。
絵になりますね。
それにしても、旅愁というか、
ロマンチックになりますね。
このようなひとときを持ちたいですね。
Commented by dojyou38 at 2009-09-28 18:13
陽は東から登り西に沈みますが、その位置は
1年の間には随分と変わるんですね。

福岡は北回帰線より随分北にあるのに、
夏は真西より随分北の位置から登り、そして沈みます。
地球が平面で無い証ですね。


<< 秋近し油山      1枚の名刺 >>