人気ブログランキング |

行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 14日

糸島四山縦走(4月11日)

       二丈岳(711m ) 山頂 より十坊山方面を望む(一番奥の山)
d0124388_17235883.jpg

d0124388_17572137.jpg私の所属する山仲間で糸島四山の縦走をしました。
糸島四山は背振山脈の西端に位置する二丈岳、女岳、浮岳と
十坊山の4座の総称です。

8:30 参加者11名
JR筑前深江駅に集合しタクシーに分乗し,
     林道を経て二丈岳登山口に向かう。

9:05 準備体操をして登山道に入りましたが、
     最初から杉林の急坂でところどころにロープが有ります。
     植林帯が自然林となり巨岩が点在する山頂が見えて来る。

10:05 標高差300mを60分で山頂到着。
     眼下に深江湾(玄界灘)を望むが春霞でクリアーではない。
     西方に今日踏破する女岳・浮岳・十坊山が屹立している。

     遠望では連なっているように見えるが半独立峰。
     一座づつ300~400m下って登らなければならない。
     
d0124388_1651767.jpg

d0124388_16374977.jpg     参加者の平均年齢は72歳、
     でも多くの方は平素宝満山で鍛えているので強い。
     休憩もそこそこに女岳目指し下山。

  
10:50 二丈城の遺構など見ながら
     標高差300m下り広域林道が通る真名子に降りる。
     林道を進み「つばき橋」から植林帯に入り女岳を目指す。

     女岳も登り口は植林帯だが急坂を登り山頂が近づくと
     ヤブツバキなど照葉樹などの自然林に変わる。 

11:50 女岳山頂到着。
    20分間の休憩で昼食タイム。
      
12:10  荒谷峠(標高542m)を目指し下山開始。   

     3km先の浮岳登山口(標高700m) を目指す。
     この間は比較的平坦な登山道。


d0124388_2032130.jpg

d0124388_20361772.jpg今日 歩いたのはスタート地点から印のポイントやピークを廻るゴール地点までのルートです。 
歩行7時間、距離は約10km。

通常の縦走は尾根を辿って歩き
上り下りは比較的少ないので、
距離が長くてもそんなに疲れることは無い。

しかし、今日の縦走する4山は半独立峰、
尾根歩きは無く谷筋を登ったり下ったり。
私は最後の十坊山に登る時は足の疲れが
限界状態になっていて、脚力の衰えを実感しました。     

16:40 十坊山から下山「まむしの湯」で疲れを癒し
仲間とジョッキーを傾け完歩を喜び合いました。


d0124388_21335644.jpg



今日 出会った花と木写真はクリックすると大きくなります

d0124388_21391864.jpgタチツボスミレの群落


スミレがこのように群生しているのは大変珍しい。









d0124388_21463542.jpgミヤマシキミの花

シキミの花は既に終わっていましたが、
ミヤマシキミは今が盛り。









d0124388_21531426.jpgアオキの実と新芽・花

このように花や新芽と実を同時に見ることは
平地の植物では珍しいが、山では良く見かける。









d0124388_2234859.jpgこれは何でしょうか?


ちょっと見にはヤブレガサに似ているようだが、
違いますね ?
何方か教えてください。







d0124388_22113250.jpg竹の進入


浮岳から下山中に出会った光景。
標高500m付近の植林帯ですが、
放置され竹が侵入しています。

このまま放置が続けば竹以外の樹木は駆逐され、
豪雨がくれば崩落することにもなりかねない。
このような状況は山の至る所で見かける。



d0124388_22262093.jpgゼンマイ

この時期、山に入ると様々な山菜に出会う。
山菜好きには絶好の時期だろうが、
浜育ちの私には猫に小判です。









d0124388_22311748.jpgムサシアブミ












d0124388_22343194.jpgアケビの花


アケビは秋に熟す実だけでなく、
この時期の新芽もてんぷらにすると美味しいとか。

by dojyou38 | 2014-04-14 17:09 | 登山 | Comments(10)
Commented by hibochan at 2014-04-17 07:17 x
一口に縦走と言いますがアップダウンもありきつそう
そのパワーに驚き 先日から孟宗だけの駆除三日でダウン
いつの間にかはびこってました
Commented by とんぼ at 2014-04-17 07:19 x
おはようございます。
半独立の4山を縦走のコースは、きついように感じました。
観察しながら歩くのは疲れを忘れるコツでしょうかね。
Commented by dojyou38 at 2014-04-17 08:16
hibochan  さんの山も竹が猛威を振るっていますか。
昔は竹を農作業などの道具として重宝していたようですが、
最近は使うことが少なくなったのでしょう。
Commented by dojyou38 at 2014-04-17 08:21
とんぼ さん
今回のグループは植物観察や山菜採るメンバーは殆ど無く、
皆さん前へ前へと歩みを進めます。
写真を撮っていると置いてきぼりになるので、ゆっくりシャッターを切ることが出来ませんでした。
Commented by PANDORA at 2014-04-17 08:59 x
お早うございます!
 4山縦走、ご苦労様でした!思い切り登山と植物の写真撮影を楽しまれたようですね!Mさんと一緒でしたか?
Commented by dojyou38 at 2014-04-17 09:35
PANDORA さん
この縦走、Mさんの紹介で参加しました。Mさん、歩き強いです。
私は脚力の衰えを実感しました。
他のメンバーは花などに見向きもせず歩くので、おちおち写真を撮ることが出来ませんした。
Commented by tetsu807-2 at 2014-04-18 23:50
四座縦走、相変わらずの健脚ぶりに脱帽し、また羨ましく思います。
この中では二丈岳が好きで一番多く登っています。
山仲間は少し若返り60代が多く、とてもついていけません。
Commented by matutaka31 at 2014-04-19 09:21
糸島4山縦走とは、その意気込みと脚力に恐れ入りました。
私が登った山はは、二丈岳と十坊山だけ、それも1日一山です。
登山愛好家にとって、絶好のシーズン到来ですね。
Commented by dojyou38 at 2014-04-19 18:08
tetsu807-2 さん
この4山の中で浮岳だけは登っていませんでしたのですが、やっと登れました。
しかし同行者は皆兵ばかり、付いていきかねました。
Commented by dojyou38 at 2014-04-19 18:14
matutaka31 さん
仲間が計画したので付いていきましたが、もう少しで落後するところでした。
浮岳は未登頂だったのですが、やっと帳面消しが出来ました。
これから梅雨まで絶好のアウトドアーシーズンです。
頑張って、バーチャル日本1周の距離を伸ばしたいと思っています。


<< 私の登山歴(その2)      今日の叶岳(4月9日) >>