行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 08日

リベンジ果たした可愛岳(5月6日)

                 東側山麓から眺めた可愛岳(えなだけ
d0124388_1743123.jpg

d0124388_20394292.jpg可愛岳は延岡市にあり、西南戦争で最後の
激戦地・延岡で敗れた西郷軍が官軍の包囲網を
突破したところとして歴史に残っています。

遠景では良く分りませんが大崩山同様、
険しい山容が特徴で九州100名山の一つ。

この山は7年前、登山口まで来たが悪天候で
断念した経緯があり、今回 明日の大崩山登山の
足慣らしとしてリベンジすることにした。

何時もの山友5人で登る予定だったが、
1人が通風発症で来れなく4人での山旅となり、
6.00 福岡を出発、先般開通して佐伯~延岡間が
無料の東九州道を経て 9:30 登山口到着。


d0124388_941958.jpg登山口から暫く続く杉の植林帯を過ぎると、
なだらかな雑木が混ざるアカマツ林にはいる。
やがて、明るく開けた「ザレの頭」に着く。

「ザレの頭」はガレバの始まりを意味するのか、
登山道はガレバとなり傾斜を増す。

ガレた急坂で高度を稼ぐうちに5合目付近に至り
水場のある三足川の沢を渡る。








d0124388_9314918.jpg      炭焼き釜跡 

水場を過ぎると沢沿いの急登となり、
途中にはロープの懸かった崖もある。

今は照葉樹の葉の交代時期、硬い乾いた
落葉が急坂を覆って滑りやすく歩き辛い。

だが、ノリウツギ・ギンリョウソウ・ヤマツツジ・
マムシグサなどが優しく迎えてくれます。

登山道沿いには炭焼窯跡や前屋敷と呼ばれる
ところがあり標高500m以上にも昔の
生活の跡が偲ばれます。


d0124388_9594970.jpg登山道沿いに祀られた仏像

首を落とされているが、明治時代の
神仏分離・廃仏毀釈の跡にしては
切断面が新しいように見える。

はては「イスラム国」の輩の仕業か ?









d0124388_10172867.jpg        鉾 岩   

南北尾根の分岐を過ぎると尾根の南側は
「千丈覗」急峻な大岩壁だが上からは見辛い。


尾根道は巨岩が点在、山頂近くの「鉾岩」も
その一つで、そこから延岡方面が
一望出来るはずだがガスが出てきました。







山頂より眼下を俯瞰(蛇行する北川の先に日向灘が広がる)
d0124388_103812100.jpg

d0124388_10384387.jpg山頂の眼下には北川が大きく蛇行しています。
この河畔周辺で西南戦争の最後の激戦が繰り広げられ、
西郷軍は破れ鹿児島への撤収を決める。

可愛岳・烏帽子岳の麓には西郷軍逗留の屋敷だけでなく、
戦死した兵士の墓石も幾つも有りました。

 リベンジ 登頂証明写真





復路は北側の尾根・烏帽子岳を経て16:00 西郷資料館のある登山口に下山。
歩行時間6時間30分、歩行距離 8.8km。足慣らしにしては少しハードだったようです。

18:00 民宿・祝子(ホウリ)川渓流荘に到着、汗を流し乾杯して明日の大崩登山の英気を養う。
      明日の天気を気にかけながら就寝。


可愛岳で出会った花

ヤマツツジ                                       ノリウツギ
d0124388_11393746.jpgd0124388_11395935.jpg














ムサシアブミ                                     ギンリョウソウ
d0124388_1144274.jpgd0124388_11442781.jpg
[PR]

by dojyou38 | 2015-05-08 17:32 | 登山 | Comments(8)
Commented by とんぼ at 2015-05-09 13:50 x
リベンジできてよかったですね。
ノリウツギがもう咲いていたのですね。
これからいろいろな花がまだまだ咲いてきますね。
Commented by dojyou38 at 2015-05-09 14:05
とんぼ さん
今年は全般的に開花が早いような気がします。
ノリウツギだと思うのですが、厳密に言うと自信ありません。
Commented by hibochan at 2015-05-10 07:53 x
海抜は 高くないようですが
由緒あるやま歴史をたどりながら楽しい登山
でも歴史遺産の破壊 いたずら許せません
千葉でも見たことがあるのこぎり山仏像二三日前破壊されたとのこと気持ちがわかりません
Commented by matutaka31 at 2015-05-10 09:23
私は全く無知の山ですが、西郷軍撤退の歴史が刻まれている山だと聞き、
感慨深いものがあります。
仏像の破壊、何者でしょうか。
先日、福岡市の警固神社の狐の像が壊されたとのニュースを聞きました。
こんな悪戯は止めてほしいですね。
Commented by taminamikawa1 at 2015-05-10 22:43
リベンジの可愛岳登頂、おめでとうございます。
痛風は薬の服用で収まっています。
プリン体入りの飲料や食品を避けるようにとの
診断もあり、健康第一に山歩きも楽しみたいものです。
Commented by dojyou38 at 2015-05-11 10:27
hibochan さん
この山にもたくさん見所がありますが、自宅から遠いので時間の制約があり全てをお伝えできないのが残念です。
最近、文化財を毀損させる事件が多いです。
修復しても元には戻りません。腹立たしい限りです。
Commented by dojyou38 at 2015-05-11 10:36
matutaka31 さん
私は九州に来るまでは、西郷軍は田原坂から鹿児島に直接引き返したと思っていました。
山歩きをするようになって、南九州のあちこちの山々に西郷軍の転進敗走の跡を知るようになりました。
最近 全国的に文化財毀損の犯罪が増えているようです。
どのような神経の持ち主が遣っているのでしょうか。許しがたいことです。 
Commented by dojyou38 at 2015-05-12 14:12
taminamikawa1 さん
可愛岳,リベンジ出来てすっきりしました。
通風、回復してよかったです。
食事気をつけねばなりませんが、そんなに神経質にならず、
プリン体のを含む食材は今までより多少少なめに程度でよいのでは・・・


<< 3年ぶりの大崩山(1643m)      佐賀県鹿島に到着(日本1周バー... >>