行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 30日

昇仙峡

                          昇仙峡「覚円峰(左)と めまい岩・天狗岩(右)」
d0124388_1642494.jpg

                                              水しぶきが虹色に輝く仙蛾滝
d0124388_14571819.jpg2日目、昨日より多少暖かく感じますが、
甲府市内は霧に覆われて陽射が無く寒いです。
8時前ホテルを出て大菩薩峠に向いました。

途中、弁当を調達する前に大菩薩峠の山小屋「介山荘」に
連絡し、登山口までの道路の状況を尋ねました。
国道から上日川登山口までの林道積雪25cm。
現在除雪作業中だがスノータイヤでないと無理とのこと。

私の車は4WDなのでスノータイヤでなくても何とかなると
思いましたが、林道よりも山はもっと雪が深い
可能性があり、初めての山を雪の中歩くのは
危険と判断し大菩薩嶺登山を諦めました。

葉山を出る前日、54年振りの早い積雪があったが、
天気予報ではその後2日間晴天が続くので
何とか登山は可能と判断して出てきたが甘かった。

林道は冬期閉鎖と聞いていたがので問い合わせると
通常12月中旬だとの回答だったので、雪も直ぐ解けると
判断したが、考えてみると登山口でも標高1700m。
九州の山と同じに考えたのは非常識でした。

大菩薩峠を諦め急遽「昇仙峡」観光に変更しました。

                                         
d0124388_221118.jpg昇仙峡、地名だけは知っていたが初めてです。
大菩薩への途中で引き返したので9時前に
昇仙峡観光の入口・長潭橋に着きました。

昇仙峡観光する予定でなかったので、
どのように行動すればよいか見当つきません。

うろうろしていると親切な地元の方が、
渓谷沿いの道をドライブして上流の無料駐車場
に車を止めて観光するのがよいと教えてくた。

その渓谷沿いの道は「後5分、9時から進入禁止
になる、早く急ぎなさい」と言われ、
何とか間に合ってゆったりと渓谷を眺めながら
グリーンライン駐車場へ向いました。
9時以降は渓谷沿いではなくバイパスを通おる。

d0124388_239565.jpg

d0124388_10212638.jpg駐車場からは乗合いタクシーでロープウエイへ。

朝早かったので待つことも無く、ゴンドラも空いて
周りの景色をゆったり楽しめましたが、
下山の頃のゴンドラはすし詰め状態でした。

ロープウエイから見る周りの樹木は樹氷状態で、
展望台の売店の方も50年以上商売しているが 
11月に雪が降ったのは初めてと戸惑っていた。








d0124388_1183887.jpgロープウエイから見下ろす
昇仙峡上流の荒川ダム(能泉湖)は多目的の
ロックフィルダムでサクラの名所だそうです。

展望台から見下ろす甲府の街は厚い霧に覆われ
雲海の中に沈み何も見えませんでした。

その雲海のおくには御坂山地が横たわり、
富士山は山地や雲海を睥睨するように聳え
朝日に輝いていました。




甲府の街を覆い隠す雲海と富士山 ↓

d0124388_11433691.jpg

d0124388_23183662.jpg昇仙峡は奇岩怪石と紅葉の景勝地として
古くから全国的に有名で名前の由来は、
「渓谷の美しさが千岳に昇る想い」から
名付けられたそうです。

駐車場や休憩所の周辺には店舗が
立ち並んでいますが、その殆どは水晶・宝石店と
名物の「ほうとう」を出す飲食店です。

両方扱う店もあり宝石屋さんか食堂かどちらが
本業か分らないような店もありました。

私たちの昼食も「ほうとう」↓ にしましたが、
初めてだったのでその美味しさが良く分らなかった。


d0124388_11583314.jpg巨大な花崗岩に囲まれた「石 門」 ↑
 先端が僅かに離れている。

昇仙峡の見所は長潭橋から荒川ダムまで
約5kmもあります。
観光の仕方も幾つもあるので事前の予備知識が
必要ですが今回はぶっつけ本番。

予備知識無しに訪ねたので見落としたところも
たくさんあるようでした。
機会があれば紅葉のピーク時に改めて訪ねたい。









[PR]

by dojyou38 | 2016-11-30 16:49 | 旅行 | Comments(14)
Commented by kiyotao at 2016-12-03 03:59
富士山が綺麗ですね。
Commented by hibochan at 2016-12-03 07:39 x
昇仙峡は 紅葉の名所三十年前訪れましたが記憶の外
甲府は 信玄 ほうとう 宝石
富士山ナイスショット日本一の山確認
Commented by とんぼ at 2016-12-03 08:25 x
雪のための予定変更は残念でしたね。
大昔ですが、京都の山で細い山道を車で通る際、雪に出会って難儀した思い出があります。
あんな思いは二度としたくないです。
Commented by PANDORA at 2016-12-03 08:36 x
お早うございます!

 昇仙峡の奇岩と紅葉を楽しまれたようで、大菩薩峠の登山が
できなかったことも結果オーライだったのではないでしょか。
大菩薩峠は来春のお楽しみに取っておきましょう!
Commented by dojyou38 at 2016-12-03 09:55
kiyotao さん
大菩薩嶺からこの綺麗な富士山を眺めたかったです。
Commented by dojyou38 at 2016-12-03 10:00
hibochan さん
昇仙峡は紅葉のピークを過ぎていたのが残念でした。
その昇仙峡の沿道にあんなにたくさん水晶・宝石店が立ち並んでいるとは予想しませんでした。
Commented by dojyou38 at 2016-12-03 10:04
とんぼ さん
私も何度かノーマルタイヤで難儀した経験があります。
スノータイヤがあればと思うことありますが、
年に1~2度のことなので我慢して付けていません。
Commented by dojyou38 at 2016-12-03 10:19
PANDORA さん
おはようございます。今日は福岡も好天のようですね。
止む得ず昇仙峡に急遽変更、ぶっつけ本番の観光となりました。

大菩薩嶺へは雪が解けたら挑戦します。
こんなに早く雪が降るのだったら、最初から天城山にしておけばよかったと反省しています。
Commented by matutaka31 at 2016-12-03 21:30
大菩薩峠に行けなかったのは残念でしたね。
でも、楽しみが先送りになっただけでしょう。
昇仙峡の様子、おかげで久しぶりに思い出しました。
ありがとうございました。
Commented by dojyou38 at 2016-12-04 09:53
matutaka31 さん
昇仙峡はぶっつけ本番だったので紅葉のピークはすぎていましたが、
天気が良くくっきりと雲海に浮かぶ富士を眺めることが出来ました。
Commented by taminamikawa1 at 2016-12-04 14:15
やはり富士と雲海は絵になりますね、これからもアップを楽しみにしております。
Commented by dojyou38 at 2016-12-04 16:45
taminamikawa1 さん
展望台から富士を普通に狙ったのですが、
何故かモノトーンのような画像になりました
Commented by Uchan at 2016-12-04 18:02 x
ロープウエーからの紅葉綺麗でしょうね。
昭和50年代初め京都にいたころ昇仙峡で団体の観光バスの転落事故があったのを思い出します。
Commented by dojyou38 at 2016-12-04 22:11
Uchan さん
ロープウエイの周りは紅葉は少ないのですが、
針葉樹に雪が被り樹氷になって綺麗でした。
昇仙峡で観光バスのそんな大事故がありましたか、忘れていました。


<< ハヤトウリ その後(最終報告)      信玄の国・甲州へ(2) >>