行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 05日

畠山から塚山公園へ(山楽会3月例会)

d0124388_15020413.jpg
3月例会は町民ハイキングとして一般参加者を含め22名(一般10名)で行われた。
今回のコース
  木古庭バス停~畠山~十三峠~安針塚~塚山公園~横須賀IC前~大谷戸~不動橋バス停
一般参加があるので通常より短く歩行は約6kmに設定されている。


d0124388_11060380.jpg
2月例会は雨天のため中止となったが
今日は快晴での開催となった。

山楽会は毎月例会があるが、年に3回は
会員外が参加する町民ハイキングを行っている。

9:35 木古庭集合であったがバスが
遅れたため10時出発となった。

出発に先立ち一般参加者のために、何時もより
丁寧なコース説明と準備体操が行われた。


d0124388_11503608.jpg
コースの里道沿いにはあちこちに梅が植えられていて、
特に白梅は今を盛りと咲き誇り早春の雰囲気を盛り上げています。


d0124388_11534973.jpg


d0124388_15122690.jpg
里道から登山道に入ると暫く竹林の中を
進むが、この竹林は筍畑で良く管理されていて
爽やかな風が流れていました。


竹林を過ぎると左右からネダケやアオキなどの
幼木がせり出し道が狭くなって進行が滞ります。

山楽会のメンバーは各々鋏やノコギリで
道に倒れ掛かった竹や足元に絡む蔓などを
除きながら進むことになりました。




d0124388_15472341.jpg
10:50ようやく畠山に到着。

山頂では一般参加者に山の名前(畠山)や
馬頭観音・2等三角点の謂れなどについて
ベテラン会員から
説明があり、
参加者からは会員には博識の方が多いと
賞賛の声が上がっていた。

快晴ではあったが、矢張り春。
山頂からの房総半島や東京のビル群は霞の中。



d0124388_21070384.jpg


d0124388_09531730.jpg
畠山山頂で休憩した後、安針塚を目指して
降りて行きますが急坂が続きます。

東電の管理道になっている部分は鉄製の
階段で歩きやすいが、他の部分は沢筋なので
ぬかるんで歩き辛い。

ここでも会員達は倒れた竹木を除いたり、
急斜面には持参のロープを架けたりしながら
誘導していきました。





d0124388_10241393.jpg

d0124388_10334957.jpg
横横道路の下を潜って十三峠に出てきました。

今日歩いた横横道路までは11月に
連れ合いと歩いたコースでしたが、
それ以降は初めての道で十三峠は
市販の地図にも記載されているので
どんなところか少し期待していました。

十三峠は山道が舗装道路に飛び出した三叉路。
何の変哲もないところで、
その標識たるや何ともお粗末。

消防の標識に申し訳程度に印刷された
テープが貼られていました。



d0124388_11312062.jpg


十三峠から僅かのところに『安針塚』↑があります。
三浦安針については高校の教科書で習った記憶がある程度で詳しいことは知らなかったが、
神奈川に転居して横須賀に安針塚という駅があることを知り、一度は訪ねてみたかった。

今日 三浦安針の供養塔(安針塚)に参り、その説明板や顕彰碑でその功績と苦労を知りました。
何故、彼の供養塔がこの地にあるのか疑問だったが、
家康から横須賀のこの地(逸見)に領地与えられていたことを知りました。


d0124388_14123568.jpg

12:15 「塚山公園」に着き、 暖かい陽光を請けながら昼食タイムをとりましたが、
食事を始めると敵機来週です。
2羽のトビが頭上を旋回し始めたので気を付けていましたが、
私の隣で食事していた仲間が手に持っていたサンドイッチを持っていかれました。
最近のトビは油断なら無いと言うか怖い存在です。

安針塚を含むこの小高い丘一帯が県立公園「塚山公園」で桜の名所だそうですが私は初めてです。
東側に眺望が広がり東京湾を経て房総半島の山並が春霞に霞んでいました。
眼下の米軍横須賀基地には巨大な原子力空母「ロナルド・レーガン」が
有事に備えてメンテナンスを受けているようでした。

12:10 一部の参加者は安針塚駅へ降りていきましたが、
私を含む多くは下山川に沿って不動橋バス停に向って帰途に就きました。

d0124388_15020413.jpg
           塚山公園から俯瞰した米軍横須賀基地とロナルドレーガン

[PR]

by dojyou38 | 2018-03-05 15:16 | アウトドアー | Comments(12)
Commented by shimasaan at 2018-03-05 17:18
dojyouさん、こんばんわ

やはり、葉山山楽会のみなさんと歩くと、いろいろな説明があって、楽しそうですね。
十三峠への道は、一部谷道になっているので、サポートがあっても歩きにくかったのでは。
春のお花見の頃の塚山公園は、屋台やカラオケのステージなどもあり、とても賑やかですので、ぜひ今度は奥様と…
Commented by taminamikawa1 at 2018-03-05 22:08
山歩きやハイキングしながら、鋏やノコギリで
道に倒れ掛かった竹や足元に絡む蔓などを
除去されておられますが、我々も見習わなければいけないですね。
Commented by dojyou38 at 2018-03-06 08:44
shimasaan さん
私は新人で山楽会会員の経歴は知りませんが、
ベテランメンバーは葉山生れの方も多く
郷土の歴史などの造詣が深い方も多いようです。

連れ合いを誘ってハイキングしたいのですが、
連れは花粉症で暫くは機会が少なくなるでしょう。
Commented by PANDORA at 2018-03-06 08:50 x
お早うございます!
 いよいよウォーキングシーズンが始まり、早速でかけられたようですね。
 地図で見ると三浦半島を葉山から横須賀へ横断されたようで、天気も良くて
一般参加の方も満足されたのではないでしょうか。その中から新しい会員が
増えてくれば会も盛り上がりますね。
Commented by dojyou38 at 2018-03-06 09:10
taminamikawa1 さん
藪漕ぎも一つの登山のスタイルなので全てのルートで
障害物を除き歩き易くする必要は無いと思いますが、
私たち山楽会の例会で歩くルートは市民の
ハイキングルートになっているので、
何時も鋸やロープを持って歩くことになっています。
Commented by dojyou38 at 2018-03-06 09:36
PANDORA さん
このコースの少し離れたところに有名な田浦梅林があるので3月例会はこちらにして、
塚山公園は桜の名所なので4月例会にすればよかったのではと個人的には思っています。
何故このようなコース設定になったのかは分りませんが、
私は新人なのでただ着いて行くだけです。
Commented by matutaka31 at 2018-03-06 18:00
湘南と言えばつい海を連想してしまいますが、ハイキングコースも多く
皆さん楽しんでいるようですね。
山を大切に守りながら、ウォーキングを楽しむグループが育っていることは
素晴らしいことです。
 三浦安針のこと、もう忘れていましたが、改めてネットで検索して
認識を新たにしました。
Commented by とんぼ at 2018-03-07 07:27 x
  三月に入って暖かな日が続きましたので楽しいハイキングになったことでしょう。
 これからは春の兆し探しの宝探しが楽しめますね。
Commented by hibochan at 2018-03-07 07:47 x
ハイキングは 楽しみしかも仲間と
風景も楽しみ
しばらく歩いてません来週から暖かくなるとの予報
仕事開始と思ってますが
Commented by dojyou38 at 2018-03-07 09:50
matutaka31 さん
湘南地域には全国的に有名な山はなく、標高300m以上の山は殆ど有りませんが、
三浦アルプスなどと呼ばれる山塊が市民のハイキングコースとして親しまれています。
三浦安針については私も転居して来るまでは名前程度しか知りませんでした。
Commented by dojyou38 at 2018-03-07 10:26
とんぼ さん
この冬は天候不順で予定していたハイキングも中止が多かったです。
これからは近くの里山も花を飾って迎えてくるものと楽しみにしています。
Commented by dojyou38 at 2018-03-07 10:41
hibochan さん
今日はたまたま戻り寒波で寒いですが、これからは本格的な春になるでしょう
冬枯れの里山から新緑の萌える景色になるのを楽しみにしています。



<< 三浦アルプス南尾根を歩く      春一番 >>